真っ黒なお湯にびっくり!? 東京で楽しめる黒湯の温泉7選

東京温泉〜黒湯に浸かってリフレッシュ〜

東京名物、黒湯。湧出が最も多い大田区と品川区を中心に、都内全域に美肌効果の期待できる黒湯スポットが点在しています。黒湯はうっすら茶褐色のものから、底の見えない漆黒のものまで、場所によって異なる色味も楽しみながら、じっくりと浸かってみませんか?

東京名物、黒湯。湧出が最も多い大田区と品川区を中心に、都内全域に美肌効果の期待できる黒湯スポットが点在しています。黒湯はうっすら茶褐色のものから、底の見えない漆黒のものまで、場所によって異なる色味も楽しみながら、じっくりと浸かってみませんか?
photo by love_yonoa   /   embedded from Instagram

黒い温泉のトリビア

黒湯は、太古の植物が蓄積した地層から湧出する温泉ですが、そこにはフミン酸という成分を含んでいます。このフミン酸が太陽の可視光線を吸収することで、温泉が黒く見えるのだそうです。泉質は肌の角質を柔らかくする弱アルカリ性。つるつるになることから「美人の湯」とも言われています。

黒湯は、太古の植物が蓄積した地層から湧出する温泉ですが、そこにはフミン酸という成分を含んでいます。このフミン酸が太陽の可視光線を吸収することで、温泉が黒く見えるのだそうです。泉質は肌の角質を柔らかくする弱アルカリ性。つるつるになることから「美人の湯」とも言われています。
photo by j_uru_613   /   embedded from Instagram

1.「蒲田温泉」昭和レトロな雰囲気が味わえる銭湯

1.「蒲田温泉」昭和レトロな雰囲気が味わえる銭湯
photo by marikofujioka   /   embedded from Instagram

建物も内装も、雰囲気も昭和レトロなこの蒲田温泉は、高音と低音の2種類の天然黒湯温泉をはじめ、ジェットバスや電気風呂、水風呂、サウナ(無料)など、充実した設備が自慢の施設です。フロントではタオルや歯ブラシ、さらにはこの銭湯のオリジナルグッズ等も販売している他、2階は飲食やカラオケなどが楽しめる大広間もあるので、東京にいながら温泉旅行気分を楽しむことが出来ます。温泉ならではの「温泉釜めし」も食べられます!

テレビドラマの「昼の銭湯酒」にも登場した銭湯です。

■基本情報
施設名:蒲田温泉
住所:東京都大田区蒲田本町2-23-2
TEL:03-3732-1126
アクセス:京浜蒲田駅から徒歩12分

HP:http://kamataonsen.on.coocan.jp/
地図:「蒲田温泉」への地図

2.「ゆ〜シティー蒲田」地域密着した清潔感のある黒湯銭湯

2.「ゆ〜シティー蒲田」地域密着した清潔感のある黒湯銭湯
photo by jonkostar   /   embedded from Instagram

蒲田駅からほど近い、入り組んだ住宅街の中にある銭湯です。内湯と半露天に分かれており、内湯にはバイブラ、ジャグジー、座風呂、電気風呂とサウナ、水風呂があります。半露天には打たせ湯やツルツル&ポカポカの恩恵を受けられる黒湯があります!上の階には宴会場や食事処があり、歌手を招いてのイベ電子マネー対応(浴場)・無料Wi-Fiスポット有(ホール)・お荷物の一時お預かり可能。施設内には英語表記の案内があったり英語サイトもあるので海外から訪れる方にも利用しやすくなっています。

■基本情報
施設名:ゆ〜シティー蒲田
住所:東京都大田区蒲田1-26-16
TEL:03-5711-1126
アクセス:JR蒲田駅東口から徒歩5分

HP:http://youcity.sakura.ne.jp/
地図:「ゆ〜シティー蒲田」への地図

3.「改正湯」大浴場に金魚が泳ぐ蒲田で有名な温泉

3.「改正湯」大浴場に金魚が泳ぐ蒲田で有名な温泉
photo by ofurooooo   /   embedded from Instagram

改正湯は、昭和4年創業の大田区蒲田に根付いた銭湯です。 日本ではここにしかないと言われる黒湯天然温泉に炭酸泉を加えた『黒湯炭酸泉』、エリアでもトップクラスの濃さである『黒湯天然温泉』、超微細気泡のマイナスイオンによる真っ白い『シルク風呂』が楽しめます。こちらの施設の名物は、真っ黒い温泉だけではなく、なんと浴室の壁の一部が水槽になっており、色とりどりの金魚が泳ぐ温泉としても有名です。

毎月『風呂ふぇす』や黒湯の足湯体験などのイベントも催されています。お子様が無料で入浴できるサービスデーもあります。

■基本情報
施設名:改正湯
住所:大田区西蒲田5−10−5
TEL:03-3731-7078
アクセス:京浜東北線「蒲田」より徒歩7分

HP:http://www.kaiseiyokujou.com/
地図:「改正湯」への地図

4,「SPA&HOTEL 和」休日にゆっくり温泉を楽しめる場所

4,「SPA&HOTEL 和」休日にゆっくり温泉を楽しめる場所
photo by nawenger   /   embedded from Instagram

SPA&HOTEL 和は、『天然黒湯温泉』が源泉かけ流しで楽しめるスーパー銭湯です。料金にはタオルや館内着、サウナ使用の料金も含まれており、入浴時間は1時間限定のスピードコース大人1,250円、子供1,050円をはじめ、5時間コースや朝5時から8時まで利用できるモーニングコースもあります。また別料金で利用できる貴陽石を使った岩盤浴もあり、温泉とのお得なセット料金もあります。浴室内には黒湯源泉かけ流し大浴場、黒湯源泉かけ流し冷泉浴、水風呂をはじめジャクジーや露天風呂、サウナなど趣向を凝らした温泉が楽しめます。4階フロアにはレストラン「和楽」があり、お風呂上りにぴったりのビールやおつまみはもちろん、食事系メニューも充実しています。

■基本情報
施設名:SPA&HOTEL 和
住所:東京都大田区西蒲田7-4-12
TEL:03-5710-2222
アクセス:JR京浜東北線・東急線蒲田駅西口下車徒歩1分

HP:https://www.spa-nagomi.com/
地図:「SPA&HOTEL 和」への地図

5,「深大寺天然温泉 湯守の里」岩盤浴やヨガ教室もある!

5,「深大寺天然温泉 湯守の里」岩盤浴やヨガ教室もある!
photo by eri_1124   /   embedded from Instagram

地下1,500メートルの地層から、漆黒の黒湯をひいている東京都調布市の「深大寺天然温泉 湯守の里」。湧出する天然温泉は「塩化物・ナトリウム温泉」。体の塩分と同じ濃度のため、体への負担がとても少ない優しい温泉です。

風水のパワーを高める設計をしている施設です。館内には食事処も併設されており、ゆっくりとくつろぐことができるほか、近隣の駅からは無料シャトルバスも運行しています。

■基本情報
施設名:深大寺温泉 湯守の里
住所:東京都調布市深大寺元町2-12-2
TEL:042-499-7777
アクセス:調布駅北口から、調34深大寺行き「深大寺」停留所下車、徒歩6

HP:http://www.yumorinosato.com/
地図:「深大寺温泉 湯守の里」への地図

6,「そしがや温泉21」スーパー銭湯の火付け役

6,「そしがや温泉21」スーパー銭湯の火付け役
photo by ellie_tu   /   embedded from Instagram

祖師谷大蔵駅から「ウルトラマン商店街」を烏山方面に進み、スーパーオオゼキを過ぎて左手奥にあるのが、スーパー銭湯のパイオニア『そしがや温泉21』です。

お肌にやさしい軟水を使用した浴槽は大きく分けて温泉槽、白湯槽、シルキーバス、水風呂、ジャグジーの5種、サウナは高温サウナ、低温ミストサウナ、冷凍サウナの3種があります。(アクアマッサージ、高温サウナは別料金)

■基本情報
施設名:そしがや温泉21
住所:東京都世田谷区祖師谷3-36-21
TEL:03-3483-2611
アクセス:祖師谷大蔵駅より徒歩5分

HP:http://www.soshigaya-onsen21.com/
地図:「そしがや温泉21」への地図

7.「府中駅前天然温泉 縄文の湯」天然木をたっぷり使った館内で森林温浴効果も

7.「府中駅前天然温泉 縄文の湯」天然木をたっぷり使った館内で森林温浴効果も
photo by 5050curry   /   embedded from Instagram

駅前ビル内の半露天風呂。その格子越しに外のビルなど見下ろすことができ、電車の走る音も聞こえてきます。12階の男性風呂からは、晴れていると富士山まで見渡せます!サウナは一人分ずつスペース区切られて横たわれるようになっており、入り口には体に巻くための専用のタオル状のものが置かれています。

全館天然木で森林温浴効果もとのこと。駅近で快適な温泉を利用することができます。

■基本情報
施設名:府中駅前天然温泉 縄文の湯
住所:東京都府中市宮西町1-5-1 フラココ第8ビル
TEL:0120-041-265
アクセス:京王線「府中駅」西6出口より徒歩1分

HP:http://www.to-ji.net/
地図:「府中駅前天然温泉 縄文の湯」への地図

まとめ

黒湯コミュニケーションを楽しみませんか。

東京滞在中、のんびり黒湯巡りするのも旅の醍醐味。暖簾の向こうには、人々を日常から解き放ってくれる至福の世界が待っています。黒湯を通じ、そこに暮らす人と旅人とのコミュニケションをはかってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事