パワースポットで運気アップ!東京でおすすめな神社9選!

日本全国津々浦々にある神社。東京は首都だけあって、さまざまなご利益のある神社が存在しています。大都会の中でも、神社の敷地内だけは荘厳な空気が漂っていて、別世界に訪れたような感覚になりますよね?最近ではパワースポットとして、若い女性の参拝客も増えている神社も多くあります。そこで、今回は東京で必ず行きたいおすすめの神社をご紹介します。


1. 東京の神社といったらここ!観光スポットとしても人気な「明治神宮」

1. 東京の神社といったらここ!観光スポットとしても人気な「明治神宮」

明治神宮は、大正9年に創建され、明治天皇と昭憲皇太后が祀られている神社です。若者の街、原宿駅より歩いてすぐの場所にありながら、一歩その敷地に入ると、回りの喧騒が嘘のようにとても静かな空気が流れています。

お正月には初詣の参拝客が日本で1番多いことで知られていますが、通常はそんなに混み合うことはありません。土日には和装で結婚式を挙げているカップルを見かけることもあり、外国人にも人気の場所です。東京で神社へお参りや観光に行きたいと思ったなら、まずはアクセスも抜群な明治神宮へ行ってみてくださいね!

■基本情報
名称:明治神宮
住所;東京都渋谷区代々木神園町1-1
TEL;03-3379-5511
アクセス;原宿駅より徒歩3分

HP:http://www.meijijingu.or.jp/
地図:「明治神宮」への地図

2. 歴史感じる、人形町の神社「水天宮」

2. 歴史感じる、人形町の神社「水天宮」

東京の水天宮前駅より歩いて約1分というところにある、こちらの「水天宮」は、安産祈願の神様として有名な場所です。妊娠5ヶ月の戌の日に安産祈願をすると元気が母子ともに無事に出産できるという言い伝えがあるので、戌の日には安産祈願の夫婦や家族連れで大混雑します。境内の前にあるお犬様の像を触ると、子宝に恵まれるとも言われています。

また本堂は白木を基調として作られていて、その彫刻はその昔から受け継がれている物です。その反面耐震技術などをはじめとした最新のテクノロジーも採用していて、そのハイブリットな神社と言えます。

■基本情報
名称:水天宮
住所;東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1
アクセス;水天宮前駅より徒歩で1分

HP:http://www.suitengu.or.jp/
地図:「水天宮」への地図

3. その景色は圧巻。東京の神社といえば「東京大神宮」

3. その景色は圧巻。東京の神社といえば「東京大神宮」

東京大神宮は、近年縁結びのご利益があるということで、若い女性に特に人気の神社です。もともとは、「東京のお伊勢さま」と親しまれていて、伊勢両宮の御祭神である天照皇大神と豊受大神を奉斎しています。他にもここは縁結びだけでなく、家内安全・商売繁昌などさまざまなご利益を期待できる神社です。

アクセスも東京の真ん中を走る中央総武線の飯田橋駅から徒歩5分という場所にあるため、他の観光地を巡る合間に立ち寄れる立地ですね!ぜひ行ってみてください!

■基本情報
名称:東京大神宮
住所;東京都千代田区富士見2-4-1
TEL;03-3262-3566
アクセス;飯田橋駅より徒歩約5分

HP:http://www.tokyodaijingu.or.jp/
地図:「東京大神宮」への地図

4. 東京の政治の中心にある神社「日枝神社」

4. 東京の政治の中心にある神社「日枝神社」

日枝神社は、日本の政治の中心地・総理官邸や国会議事堂のすぐそばにある由緒正しい神社です。徳川家康が江戸城の鎮守とした神社で、「山王さま」として親しまれています。

珍しい形の白い鳥居をくぐると、目の前には長くそびえ立つ階段が広がります。階段の横にはエスカレーターもあるので、階段を登るのはちょっとという人でも、簡単にで境内に上がることができます。境内の中には桜の木もあり、春の時期には美しい桜を観賞することも出来ます。小さな神社ながら、都心の観光とともに一度は立ち寄りたい場所です。

■基本情報
名称:日枝神社
住所;東京都千代田区永田町
TEL;03-3581-2471
アクセス;赤坂駅より徒歩3分

HP:http://www.hiejinja.net/
地図:「日枝神社」への地図

5. 歴史とアニメが融合した神社「神田明神」

5. 歴史とアニメが融合した神社「神田明神」

神田明神は、お茶の水駅から歩いて5分程度、秋葉原の電気街からも歩いて7分ほどの場所にあります。昔から商売繁盛の神様として有名です。というのも、神田明神は東京の中心(神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、築地魚市場)108町会の総氏神様だからです。

現在は秋葉原に近いという場所柄か、アニメの聖地としても有名で、国内外からアニメファンがたくさん訪れます。アニメとコラボレーションしたグッズや像があり、歴史と新しさの融合する空間となっています。ぜひ東京にお越しになったら立ち寄ってみてくださいね!

■基本情報
名称:神田明神
住所;東京都千代田区外神田2-16-2
TEL;03-3254-0753
アクセス;御茶ノ水駅より徒歩5分

HP:http://www.kandamyoujin.or.jp/
地図:「神田明神」への地図

6. 東京で有名な学業の神様が祀られる神社「湯島天満宮」

6. 東京で有名な学業の神様が祀られる神社「湯島天満宮」

東京メトロ湯島駅より徒歩で2分の場所にある、こちらの湯島天満宮は、言わずと知れた学問の神様・菅原道真を祀っています。このため、1月から2月頃の受験シーズン前には、多くの受験生やその家族が合格祈願に訪れます。

湯島天満宮といえば、梅の名所ということでも有名です。2月中旬頃から紅白の梅が咲き始め、甘酸っぱい香りが漂います。境内に撫で牛の像があり、撫でると賢くなると言われています。受験の予定などがない方でも、訪れた際はぜひ牛を撫でてみましょう。きっと御利益があると思いますよ!ぜひ足を運んでみてください。

■基本情報
名称:湯島天満宮
住所;東京都文京区湯島3-30-1
TEL;03-3836-0753
アクセス;湯島駅より徒歩で2分

HP:http://www.yushimatenjin.or.jp/
地図:「湯島天満宮」への地図

7. 繁華街新宿に佇む商売の神様「花園神社」

7. 繁華街新宿に佇む商売の神様「花園神社」

花園神社は、新宿の中心にほど近い場所にある有名な神社です。新宿でのお買い物や観光がてら寄ることができる立地にあります。比較的小規模な神社ですが、朱色の本殿が美しく周囲の喧騒から離れ、気持ちがすっきりする雰囲気です。

この神社で有名なのが、夏祭りと酉の市。夏祭りでは盆踊りを踊ったり、出店がずらっと並んだりして、観光客も楽しむことができます。酉の市では商売繁盛のための熊手が販売されています。色とりどりのさまざまな種類の熊手がありますので、遠目に眺めるだけでも楽しめます。新宿へお越しの際にはぜひちょっと寄って見てくださいね!

■基本情報
名称:花園神社
住所;東京都新宿区新宿5-17-3
TEL;03-3209-5265
アクセス;新宿山頂部駅より徒歩すぐ

HP:http://www.hanazono-jinja.or.jp/
地図:「花園神社」への地図

8. 東京の観光地浅草にある有名神社「浅草神社」

8. 東京の観光地浅草にある有名神社「浅草神社」

浅草といったら、日本の古き良き時代の雰囲気が街全体を覆っていて、観光スポットとしても人気ですよね!そんな浅草にあるこちらの「浅草神社」は、「三社さま」という愛称で親しまれている神社です。近くには、浅草寺や仲見世通りがあり、国内外の観光客が多く訪れる場所でもあります。

仲見世通りは常に賑わっていますが、浅草神社の敷地に一歩足を踏み入れると、びっくりするほど静かで驚きます。神社の独特の張り詰めた空気を感じられるはずです。神社からは東京スカイツリーも眺められ、新旧の東京を一目に見ることができます。

■基本情報
名称:浅草神社
住所;東京都台東区浅草2-3-1
TEL;03-3844-1575
アクセス;浅草駅より徒歩で7分

HP:http://www.asakusajinja.jp/
地図:「浅草神社」への地図

9. 日本の下町の美しさに触れる「根津神社」

9. 日本の下町の美しさに触れる「根津神社」

根津神社は、古き良き下町の風情が残る根津にある神社です。神社に参拝するまでの道のりも、下町の雰囲気を味わうことができて楽しいものです。

ここは、江戸時代からツツジの名所としても有名です。敷地内には約3,000本のツツジが植わっており、4月頃には色とりどりのツツジの花が咲きます。ツツジの時期でなくても、朱色の千本鳥居や楼門などフォトジェニックな風景を楽しむことができるので、外国人観光客も多く訪れる場所です。ぜひここの神社の美しい景色を楽しみにお越しになってくださいね!

■基本情報
名称:根津神社
住所;東京都文京区根津1-28-9
TEL;03-3822-0753
アクセス;東大前駅より徒歩5分

HP:http://www.nedujinja.or.jp/
地図:「根津神社」への地図

東京の神社を巡ろう!

いかがでしたか?今回は、観光スポットとしても有名な日本の歴史を感じるスポット神社を大特集、東京23区内でおすすめの神社をご紹介しました。神社はご利益はもちろんこと、境内の自然を楽しむこともできる場所です。電車やバスなど、公共交通機関でもアクセスしやすい場所が多いので、東京へ観光や旅行に訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者