子供から大人まで楽しめる!東京で人気のおすすめ動物園10選!

日本の中心東京。ここ東京には美味しいグルメ店から有名観光スポットまでたくさんあります。そんな中、東京の動物園を特集していきます!題して、「東京へお出かけの際に、ぜひとも行ってほしいおすすめの動物園10選!」。代表的なあの動物園から、少しニッチなあの動物園まで集めてみましたので、ぜひあなたも参考にしてくださいね!可愛い動物達に合いに行きましょう!


1. 東京の動物園といったらここ!「上野動物園」

1. 東京の動物園といったらここ!「上野動物園」

東京の上野にあって、歴史的建造物とともに、およそ350種2500もの動物を飼育しているのがここ、「上野動物園」です。最近、パンダが生まれたことがニュースとなり、パンダグッズもたくさんあります。園内は東園と西園に分離、東園は上野の丘陵地で、パンダをはじめとした動物、西園は蓮の花が点在する不忍池があります。

この東西園の間をモノレールが走り、見学に退屈したら乗り物に乗る楽しみも味わえますよ!近くに美術館をはじめ、たくさんの見どころもあるので、東京で動物園にいきたくなったら、ますここへ足を運んでみてくださいね!

■基本情報
園名:上野動物園
住所:東京都台東区上野公園9-83
電話番号:03-3828-5171
営業時間:9:30~17:00
定休日:月曜日 / 年末年始
入園料:一般600円 / 65歳以上300円 / 中学生200円 / 小学6年生以下無料
アクセス: 上野駅より徒歩5分

HP:http://www.tokyo-zoo.net/
地図:「上野動物園」への地図

2. 緑が多く、動物たちが自由に生活している動物園「多摩動物公園」

2. 緑が多く、動物たちが自由に生活している動物園「多摩動物公園」

多摩モノレールの多摩動物公園駅より歩いてすぐの場所にある、こちらの「多摩同部t公園」も東京にあるおすすめの動物園です。ここの緑豊かな園内は、アジア園、オーストラリア園、アフリカ園、そして昆虫園と分かれています。檻ではなく壕で仕切るように設計されているため、動物たちとの距離が非常に近く感じるのが特徴です。

広い敷地内で、動物たちが自由に生活をしている姿を見ることができます。園内すべて回ると、およそ10kmほどにもなるという広さ、園内散策が疲れたら、無料のシャトルバスもあります。320種以上の動物を楽しく見学してください。

■基本情報
園名:多摩動物公園
住所:東京都日野市程久保7-1-1
電話番号:042-591-1611
営業時間:9:30~17:00
定休日:水曜日 / 年末年始
入園料:一般600円 / 65歳以上300円 / 中学生200円 / 小学6年生以下無料
アクセス:多摩動物公園駅より徒歩1分

HP:http://www.tokyo-zoo.net/
地図:「多摩動物公園」への地図

3. さまざまな動物たちに出会える動物園「井の頭自然文化園」

3. さまざまな動物たちに出会える動物園「井の頭自然文化園」

開園100周年を迎える、吉祥寺の観光スポットとしても有名な井の頭恩賜公園の、実に敷地面積3分の1にあたるというのが、こちらの「井の頭自然文化園」です。動物園(本館)には、リスの小径、ふれあいコーナー、いきもの広場など、動物を身近に見ることができるほか、彫刻園やミニ遊園地もあります。

水生物館(分園)には、魚ばかりではなく、両生類、昆虫なども住んでいて、様々な生態系を学ぶこともできます。自然文化園という名のとおり、自然と文化が融合した施設といえるでしょう。あなたもぜひここへ行ってみてください。

■基本情報
園名:井の頭自然文化園
住所:東京都武蔵野市御殿山1-17-6
電話番号:0422-46-1100
営業時間:9:30~17:00
定休日:月曜日 / 年末年始
入園料:一般400円 / 65歳以上200円 / 中学生150円 / 小学6年生以下無料
アクセス:吉祥寺駅より徒歩10分

HP:http://www.tokyo-zoo.net/
地図:「井の頭自然文化園」への地図

4. さまざまなプログラムで体験できる「足立区生物園」

4. さまざまなプログラムで体験できる「足立区生物園」
photo by float845   /   embedded from Instagram

「足立区生物園」は小さな哺乳類から鳥類、爬虫類、両生類、魚類、昆虫と、身近な動物が300種7200も生息する動物園。スタッフが常駐するコーナーなどがあるほか、さまざまなプログラムもあります。特に生き物に触れ合いながら生き物の生態を学べる体験コーナーでは、生き物の命の尊さを感じ、自然環境の大切さや自然との共生について考えることができます。

他にも乳幼児限定のプログラムネコの気まぐれタイムやその日に羽化したばかりのチョウを放すプログラムなど種類はいろいろ。ぜひあなたも参加してみてくださいね!

■基本情報
園名:足立区生物園
住所:東京都足立区保木間二丁目17番1
電話番号:03-3884-5577
営業時間(2月~10月):9:30~17:00
営業時間(11月~1月):9:30~16:30
定休日:月曜日
入園料:一般300円 / 70歳以上無料 / 小中学生150円 / 未就学児無料
アクセス:竹の塚駅より徒歩20分

HP:http://seibutuen.jp/
地図:「足立区生物園」への地図

5. 小型動物と触れ合える、入園無料の「江戸川自然動物園」

5. 小型動物と触れ合える、入園無料の「江戸川自然動物園」

東西線の西葛西駅から歩いて約15分程度の場所にある「江戸川自然動物園」では、レッサーパンダ、ワラビー、プレーリードッグなど愛嬌のある動物が住んでいます。他にもウサギやモルモット、ヒツジやヤギなどに触れ合うこともできます。園内でスタンプラリーもあり、楽しみが満載です。スタンプを集めるとステキなプレゼントがもらえますよ。

園内ではヒツジの毛刈りショー、動物園のうらがわ探検など、体験型のイベントも開催されています。何より入園無料というのが嬉しいですよね!気軽に立ち寄ることができる、そんな動物園です。

■基本情報
園名:江戸川区自然動物園
住所:江戸川区北葛西3丁目2番1号
電話番号:03-3680-0777
営業時間:10:00~16:30(土・日・祝日は9:30~)※11月から2月は16:00まで ※夏季(7月21日~8月31日は9:30~16:30)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
入園料:無料
アクセス:西葛西駅より徒歩15分

HP:http://edogawa-kankyozaidan.jp/zoo/
地図:「江戸川区自然動物園」への地図

6. 身近な動物と触れ合いポニーに乗ることもできる!「板橋区こども動物園」

6. 身近な動物と触れ合いポニーに乗ることもできる!「板橋区こども動物園」
photo by dot024   /   embedded from Instagram

「板橋区こども動物園」は、東板橋公園内にある小さな動物園です。ここの動物園では、人数制限があるもののポニーに乗馬できるほか、放し飼いにされたヤギやヒツジに触ったり、餌をあげることもできます。さらにはモルモットの抱っこコーナーもあり、存分に触れ合うことができますね。

子どものためのさまざまなイベントや講習会なども充実していて、学習要素も満載です。毎年秋ごろには親子まつりも開催されます。板橋区内の子どもたちにはポニー教室や動物クラブなどもあるため、地域密着型動物園とも言えるのではいでしょうか?

■基本情報
園名:こども動物園
住所:東京都板橋区板橋3-50-1
電話番号:03-3579-2525
営業時間:10:00~16:30(12月~2月は10:00~16:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は直後の平日に振替) / 年末年始
入園料:無料
アクセス:板橋区役所前駅より徒歩10分

HP:http://www.city.itabashi.tokyo.jp/
地図:「こども動物園」への地図

7. アットホームな雰囲気の動物園「羽村市動物公園」

7. アットホームな雰囲気の動物園「羽村市動物公園」
photo by ayako_onno   /   embedded from Instagram

こちらの動物園は、東京都にある小さいながらもキリンなどの大型動物も住んでいる「羽村市動物公園」です。ここにはサバンナ園、なかよし動物園、芝生広場など、さまざまなエリアに分かれています。なかよし動物園ではヤギやブタなどに餌をあげる体験ができます。

またどきどきハンズオンでは、モルモットやヒヨコなどの小動物と触れ合い体験ができますよ。動物のいる施設のほか、さまざまな遊び施設もあるため、一日中いても飽きずに、楽しむことが出来る動物園ではないでしょうか?ぜひあなたも訪れてみてくださいね!

■基本情報
園名:羽村市動物公園
住所:東京都羽村市羽4122番地
電話番号:042-579-4041
営業時間:9:00~16:30(11月~2月は16:00まで)
定休日:月曜日 / 年末年始
アクセス:羽村駅より徒歩20分

HP:http://www.t-net.ne.jp/
地図:「羽村市動物公園」への地図

8. 自然に近いリスを触れ合える動物園「まちだリス園」

8. 自然に近いリスを触れ合える動物園「まちだリス園」
photo by hinyachi   /   embedded from Instagram

障がいのある子どもたちが働ける動物園として1988年にオープンしたのが、「まちだリス園」です。放し飼い広場には200匹ほどのタイワンリスが自由に生活している姿を観察することができます。休日に園内で行われるふれあい広場では、3歳以上の子どもにはモルモット、8歳以上の子どもにはウサギと接することができます。

モルモットスペースやウサギスペースでは、餌やり体験もできますよ!年間を通じてアットホームなイベントが多数催されています。リス園の向かいには紅葉の名所で知られる薬師池公園などもあるので、ぜひ行ってみてください。

■基本情報
園名:まちだリス園
住所:東京都町田市金井町733-1
電話番号:042-734-1001
営業時間:10:00~16:00(4月~9月 日曜・祝日のみ 10:00~17:00)
定休日:火曜日(祝日の場合は開園、翌平日休園) ※6月・9月・12月は第一火曜日~金曜日(園内整備) /年末年始
入園料:一般(中学生以上)400円/子ども(3歳以上小学生まで)200円
アクセス:玉川学園前駅より車で約8分

HP:http://www.machida-risuen.com/
地図:「まちだリス園」への地図

9. 山の中に生きる猿を観察!「高尾山さる園」

9. 山の中に生きる猿を観察!「高尾山さる園」
photo by a.k.i.k.o_0526_o.k.i.k.a   /   embedded from Instagram

東京都心からアクセスがよく、一年を通して訪れる人が多い高尾山の中腹にある動物園が、こちらの「高尾山さる園」です。ここにはおよそ70頭のさるが生活しています。スタッフによって家系図もしっかりと作られ、その秩序ある社会は人間社会をかいま見ているようで非常に興味深いですよね!

猿の他にも300種ほどの野草が見ることのできる野草園も併設されているので、合わせて見学してみるのをおすすめします。さるも野草も観察し、そして高尾山へ登山する、なんてアクティブな過ごし方もできてしまいます。立ち寄ってみては?

■基本情報
園名:高尾山さる園
住所:東京都八王子市高尾町2179
電話番号:042-661-2381
営業時間:9:30~16:30(5~11月) / 9:30~16:00(12~2月) / 10:00~16:30(3~4月)
入園料:大人(中学生以上)420円 / 子ども(3歳以上)
アクセス:ケーブルカー高尾山駅より徒歩3分

HP:http://takao-monkey-park.jp/
地図:「高尾山さる園」への地図

10. 伊豆大島にある動物園「大島公園動物園」

10. 伊豆大島にある動物園「大島公園動物園」
photo by miis_98   /   embedded from Instagram

東京は、なにも本州だけが東京ではありません。太平洋に浮かぶ島々も東京都になります。ここはそんな太平洋の島にある動物園。火山島である伊豆大島の地形を生かし、動物たちを身近に見ることができる「大島公園動物園」です。

日本屈指のフライングケージでは、フラミンゴやクジャクなどがのびのびと生活し、天然記念物に指定されているカラスバトの繁殖では国内はじめて成功しています。また国内最大級のサル山は一見の価値ありますよ!伊豆大島へ観光に訪れたら、ぜひこの「大島公園動物園」へ足を伸ばしてみてください。

■基本情報
園名:大島公園動物園
住所:東京都大島町泉津字福重3
電話番号:04992-2-9111
営業時間:8.30〜17.00
定休日:無休
入園料:無料
アクセス:岡田港より車で15分

HP:http://www.soumu.metro.tokyo.jp/
地図:「大島公園動物園」への地図

東京都の動物園へ遊びに行こう!

いかがでしたでしょうか?今回は東京都でおすすめの動物たちと触れ合える動物園ランキング10選をご紹介しました。定番の動物園から、地域密着型のアットホームな動物園まで、さまざまな動物園が東京にはあります。伊豆大島もいいですよね!動物は見ているだけで心が和みます。あなたも日頃の喧噪から離れて、たまにはゆっくり動物と触れ合ってみてはいかがでしょうか?




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者