人気ルートを大公開!淡路島でおすすめの観光スポットランキングTOP10!

瀬戸内海最大の島「淡路島」。雄大な海の絶景を楽しめるだけでなく、洲本温泉や南あわじ温泉郷などの温泉地や名物の玉ねぎを使った絶品グルメなど観光地としても人気の高いスポットです。そこで今回は「淡路島」で必ず行きたいおすすめ観光スポットをご紹介!自然を満喫できるスポットからイルカと触れ合えるスポットなど厳選した10選です。最後まで御楽しみください!


1. コアラのいる農業公園!「淡路ファームパーク イングランドの丘」

1. コアラのいる農業公園!「淡路ファームパーク イングランドの丘」
photo by kinaco157   /   embedded from Instagram

イギリス湖水地方をテーマにした自然いっぱいの農業公園「淡路ファームパーク イングランドの丘」でリフレッシュしてはいかがでしょうか。広大な園内にはコアラやうさぎ、ひつじなどの動物達に出会うことができます。施設の至る所に季節の花々が咲いており、時期によってさまざまな景色を楽しむことができます。

また、バーベキューエリアもあり、家族連れでも半日たっぷり遊ぶことができる施設です。パン作りやアイスクリーム作りなど小さなお子さんでも気軽に参加できる体験教室もあります。せっかくの休日、家族みんなでたっぷりとリフレッシュしましょう!

■基本情報
名称:淡路ファームパーク イングランドの丘
住所:兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
TEL:0799-43-2626
営業時間(3月~9月):平日9:00~17:00 / 土日祝9:00~17:30
営業時間(10月~11月):9:00~17:00
営業時間(12月~2月):10:00~17:00
定休日:年中無休
料金:大人800円 / 小学生400円
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道「洲本IC」から車で約13分

HP:http://www.england-hill.com/
地図:「淡路ファームパーク イングランドの丘」への地図

2. 世界の有名な観光スポットがミニチュアに!「淡路ワールドパークONOKORO」

2. 世界の有名な観光スポットがミニチュアに!「淡路ワールドパークONOKORO」
photo by ognh_5515   /   embedded from Instagram

休日遊びに行く場所といえば、そう「遊園地」ですよね!ここは大観覧車やメリーゴーランド、ゴーカートなど子どもから大人まで楽しめる淡路島の遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」です。こちらの遊園地の目玉は世界の建築物を精巧なミニチュアにした「ミニチュアワールド」。イタリアのピサの斜塔やインドのタージ・マハル、中国の万里の長城などの世界的有名建造物が、1/25スケールで再現されています。

またガラスの絵付けやキャンドル作りなどの、家族連れには嬉しい体験教室も開催しています。みんなで遊園地に行きましょう!

■基本情報
名称:淡路ワールドパークONOKORO
住所:兵庫県淡路市塩田新島8-5
TEL:0799-62-1192
営業時間(3月~9月):9:30~17:30
営業時間(夏休み期間):9:30~18:00
営業時間(10月~2月):9:30~17:00
定休日:年中無休
料金(入園料):大人1,000円 / こども500円
料金(入園料+のりものフリーパス):大人3,500円 / こども3,000円
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道「津名一宮IC」から車で約15分

HP:http://www.onokoro.jp/
地図:「淡路ワールドパークONOKORO」への地図

3. 世界最大級の渦潮を間近で体験!「うずしおクルーズ」

3. 世界最大級の渦潮を間近で体験!「うずしおクルーズ」
photo by tomokohama   /   embedded from Instagram

クルーズ船に乗って大海原へ出かけてみませんか?こちらは淡路島の名物のひとつ「うずしお」をクルーズ船に乗って間近で体感できる「うずしおクルーズ」です。淡路島の南端にある福良港から観光船が出航しており、約1時間のクルーズが楽しめます。乗船できる船はレトロな「咸臨丸」と重厚感のある「日本丸」の2種類。

どちらもアッパーデッキで海風を感じながら鳴門海峡散策ができます。うずしおは生まれては消滅してを繰り返すので、じっと水面に目を凝らして、見逃さないようにしてくださいね!あなたが巨大なうずしおに出会えることを祈ってます。

■基本情報
名称:うずしおドームなないろ館
住所:兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
電話番号:0799-52-0054
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
料金:大人2,000円 / 小学生1,000円
アクセス:福良バスターミナルから徒歩2分

HP:http://www.uzu-shio.com/
地図:「うずしおドームなないろ館」への地図

4. 淡路島のお土産に最適!「たこせんべいの里」

4. 淡路島のお土産に最適!「たこせんべいの里」
photo by tamutamu33   /   embedded from Instagram

こちらはタコ、イカ、エビを中心とした約40種類ものお煎餅を販売している「たこせんべいの里」。おいしいお煎餅が食べられると評判のお店です。お煎餅の販売所には、工場も併設しているため、ガラス越しからお煎餅の製造風景を見学できます。販売しているお煎餅の試食は食べ放題。

また、休憩コーナーでは無料のコーヒーが飲めるなど、至れり尽くせりの施設です。ちなみに一番人気の商品は様々な種類が入ったボリューム満点の「いろいろ(540円)」です。たこせんべいの里を訪れた際には、ぜひお土産に買って帰ってくださいね。

■基本情報
名称:たこせんべいの里
住所:兵庫県淡路市中田4155-1
TEL: 0799-60-2248
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道「津名一宮IC」から車で約5分

HP:http://www.takosato.co.jp/
地図:「たこせんべいの里」への地図

5. 名物グルメが満載!「うずの丘 大鳴門橋記念館」

5. 名物グルメが満載!「うずの丘 大鳴門橋記念館」
photo by pansy2047   /   embedded from Instagram

ショッピングやランチも楽しめる複合施設で一日中ゆっくりしませんか?淡路島南ICをおりてすぐのところにある「うずの丘 大鳴門橋記念館」はさまざまな施設が入っています。1階には渦潮について学べる「うずしお科学館」があり、2階には地元の魚介類を使ったレストラン、3階では大鳴門橋の眺望を楽しめる展望台があります。

さらにご当地バーガー全国1位を受賞したことがある「あわじ島オニオンビーフバーガー」を食べることができる「淡路島オニオンキッチンうずの丘店」もあります。淡路島にいらした際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

■基本情報
名称:うずの丘 大鳴門橋記念館
住所:兵庫県南あわじ市福良丙936-3
TEL:0799-52-2888
営業時間:店舗により異なる
定休日:年中無休
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道「淡路島南IC」から車で約5分

HP:http://kinen.uzunokuni.com/
地図:「うずの丘 大鳴門橋記念館」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→こんなものまで!?淡路島で一度は食べたい人気のおすすめご当地グルメ10選!

→名物グルメを食べ歩き!神戸の中華街でおすすすめの人気店10選!

→人気の名所を巡ろう!神戸で必ず行きたいおすすめ観光スポットランキング10選!

6. 絶景の夕日が美しい!「慶野松原海水浴場」

6. 絶景の夕日が美しい!「慶野松原海水浴場」
photo by y.kusachi   /   embedded from Instagram

鮮やかな大海原と白い砂浜、そして美しい夕日を見に出かけませんか?淡路島の西側に位置する「慶野松原海水浴場」には2.5㎞に渡り約5万本の松が植えられた美しい海水浴場です。「日本の渚百選」「日本の水浴場88選」「日本の快水浴場百選」などにも選ばれており、その美しい海辺を求めに、多くの観光客が海水浴シーズンには訪れてきます。また「日本の夕陽百選」にも選ばれているので、オフシーズンには静かに夕日を眺めることができます。

夫婦の特別な記念日や、カップルにはたまらないスポットですね!ぜひ、淡路島の夕日を堪能してください。

▽【関連記事】▽

■基本情報
名称:慶野松原海水浴場
住所:兵庫県南あわじ市松帆古津路
電話番号:0799-36-5959
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道「西淡三原IC」から車で約10分

地図:「慶野松原海水浴場」への地図

7. 海を望む自然いっぱいの公園!「国営明石海峡公園」

7. 海を望む自然いっぱいの公園!「国営明石海峡公園」

海を間近に眺めながら、ゆっくりとしてはいかがでしょうか?明石海峡大橋を望む海に面した高台にある「国営明石海峡公園」。総面積は330ヘクタールを誇る公園で、公園のさまざまなスポットでは四季折々の花々が楽しめるうえ、広大な「芝生広場」や150種類もの遊具がある「夢っこランド」などもあるため、大人はもちろんですが、小さなお子様連れのご家族でも楽しめるスポットになっています。

また海沿いにはバーベキュー施設もあり、潮風を受けながらのバーベキューが楽しめます。美しい自然に触れて、日頃の疲れを癒してはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:淡路島 国営明石海峡公園
住所:兵庫県淡路市夢舞台8-10
TEL:0799-72-2000
営業時間(4月1日~8月31日):9:30~18:00
営業時間(9月1日~10月31日):9:30~17:00
営業時間(11月1日~2月末日):9:30~16:30
営業時間(3月1日~3月31日):9:30~17:00
定休日:年末年始(12月31日~1月1日)、2月の第1月曜日とその翌日
料金:シルバー210円 / 大人410円 / 小人80円
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」から車で約5分

HP:http://awaji-kaikyopark.jp/
地図:「淡路島 国営明石海峡公園」への地図

8. 受け継がれる500年の伝統芸能!「淡路人形座」

8. 受け継がれる500年の伝統芸能!「淡路人形座」
photo by harukaorin   /   embedded from Instagram

淡路島で受け継がれている伝統芸能を観賞してはいかがでしょう?国の重要無形民俗文化財にも指定されている淡路人形浄瑠璃を鑑賞できる「淡路人形座」。陰陽師と化け狐の壮絶な戦いが繰り広げられる「玉藻前曦袂」や、夫婦の愛が奇跡を呼ぶ「壺坂霊験記」など500年の伝統を受け継ぐ人形浄瑠璃が上演されています。

なお上演スケジュールは日によって異なるので、ホームページ等でチェックしてからおでかけください。日本古来から受け継がれている伝統芸能を観賞しに、淡路島まで旅行に来てみてはいかがでしょうか?きっと心動かされる物がありますよ!

■基本情報
名称:淡路人形座
住所:兵庫県南あわじ市福良甲1528-1地先
TEL:0799-52-0260
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休
料金:大人1,500円 / 中高生1,300円 / 小学生1,000円
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道「西淡三原IC」から車で約15分

HP:http://awajiningyoza.com/
地図:「淡路人形座」への地図

9. イルカと触れ合えるキャンプ場「じゃのひれアウトドアリゾート」

9. イルカと触れ合えるキャンプ場「じゃのひれアウトドアリゾート」
photo by shu1974   /   embedded from Instagram

淡路島の大自然を満喫したい方におすすめの「じゃのひれアウトドアリゾート」。オートキャンプ場やコテージで宿泊できるうえ、海上釣り堀の「フィッシングパーク」もあり、マダイやハマチ、ブリなどの高級魚が釣り放題できます。またイルカと交流できる施設「ドルフィンファーム」もあり、握手などができる「ふれあいコース」と一緒に泳ぐ「スイムコース」、そしてジャンプなどのサインが出せる「トレーナーコース」の3つがあります。

憧れのイルカとのふれあいが堪能できますよ!こどもにも喜ばれること間違いなしです。お休みはここで決まり!

■基本情報
名称:じゃのひれアウトドアリゾート
住所:兵庫県南あわじ市阿万塩屋町2660
TEL(オートキャンプ場&コテージ):0799-52-1487
TEL(フィッシングパーク):0799-52-4477
TEL(ドルフィンファーム):0799-50-3353
TEL(バーベキューガーデン):0799-52-1234
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道「西淡三原IC」から車で約20分

HP:http://www.janohire.co.jp/
地図:「じゃのひれアウトドアリゾート」への地図

10. 一面のお花畑で癒される!「兵庫県立あわじ花さじき」

10. 一面のお花畑で癒される!「兵庫県立あわじ花さじき」
photo by yura_eko   /   embedded from Instagram

目の前に広がる景色に圧倒されることでしょう。ここ「兵庫県立あわじ花さじき」では1年を通して美しい花々を楽しむことができます。春には一面の菜の花やムラサキハナナ。夏にはひまわりやサルビア。秋冬にはコスモスやストックなどがあたり一面を覆います。季節によって見せる姿が変わるのが素敵ですよね!

しかも入園料無料、駐車場料金も無料の施設です。標高235mから298mにかけての高原地帯となっているため、花々とともに大海原や明石海峡を望むことができます。映画のワンシーンにでてきそうな、そんな美しい景色を見に行きませんか?

■基本情報
名称:兵庫県立あわじ花さじき
住所:兵庫県淡路市楠本2865-4
TEL:0799-74-6426
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」から車で約12分

HP:http://www.hyogo-park.or.jp/
地図:「兵庫県立あわじ花さじき」への地図

淡路島の観光スポットを楽しもう!

いかがでしょうか?今回は淡路島のおすすめ観光スポット10選をご紹介しました。淡路島は瀬戸内海の温暖な気候なため、美しい花々が見られる場所でもあります。また海のレジャーや山のレジャーなども豊富にあり、まさに自然の宝庫。もちろん瀬戸内のグルメも満喫できます。ぜひこの記事を参考に淡路島の観光を楽しんでくださいね!今度の連休は淡路島で決まり!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者