東京で買い物するならココ!人気のおすすめショッピングスポット10選!

日本の中心地でもあり、顔でもある東京は、巨大な商業施設が各所に点在しています。出店店舗もハイブランドからロープライスまで様々。高級感溢れる施設もあれば、家族で気軽に楽しめる施設もあり、ショッピングを楽しみたい人にとっては、まさに選びたい放題の都市です。またショッピングだけでなく、アミューズメントや展望台といった観光気分を味わえる施設が一緒になっているところが多いのもポイントです。今回はそんな東京で是非とも訪れてみたいショッピングスポットを紹介します。

1. ショッピングだけなんてもったいない!東京のお台場にある「ヴィーナスフォート」

1. ショッピングだけなんてもったいない!東京のお台場にある「ヴィーナスフォート」
photo by kaana__k   /   embedded from Instagram

青海駅からすぐの場所にある「ヴィーナスフォート」は、約170店ものショップを抱える巨大ショッピングモールです。それだけに対象商品はキッズファッションからレディース、メンズ、雑貨とバラエティに富んでいます。

ヴィーナスフォートの魅力は、その多種様々なショップもそうですが、遊べる施設にもあります。親子で遊べるアスレチック施設である「アネビートリムパーク」や、サバイバルゲームができる「ASOBIBAお台場ヴィーナスフォート店」、カジノの雰囲気を味わえる「CASINO VENUS」などがあり、買い物を抜きにしても遊べる施設となっています。

■基本情報
名称:ヴィーナスフォート
住所:東京都江東区青海1-3-15
TEL:03-3599-0700
営業時間(物販):11:00~21:00
営業時間(飲食):11:00~23:00
※店舗による
定休日:不定休
アクセス:青海駅より徒歩すぐ

HP:http://www.venusfort.co.jp/
地図:「ヴィーナスフォート」への地図

2. 東京スカイツリーの横!ショッピングも楽しめる!「東京ソラマチ」

2. 東京スカイツリーの横!ショッピングも楽しめる!「東京ソラマチ」

東京スカイツリー駅の目の前にある「東京ソラマチ」は、新しい下町の雰囲気を感じさせる300店舗以上のショップが集まる商業施設です。ファッション・雑貨といったショップでの買い物以外にも、毎日のように開催されるイベントで訪れる人を飽きさせません。

また、都内を一望できる展望台を有する「東京スカイツリー」や、学習型水族館「すみだ水族館」、満点の星空を眺められるプラネタリウム「”天空”in東京スカイツリータウン」などと隣接しているのも魅力的。イベントや隣接施設で遊びながら、ショッピングを楽しむことができる商業施設となっています。

■基本情報
名称:東京ソラマチ
住所:東京都墨田区押上1丁目1−2
TEL:0570-55-0102
営業時間:10:00~21:00 ※レストランフロアは11:00~23:00
定休日:不定休
アクセス:東京スカイツリー駅よりすぐ

HP:http://www.tokyo-solamachi.jp/
地図:「東京ソラマチ」への地図

3. 東京の人気エリアで気軽にショッピングを楽しめる!「アクアシティお台場」

3. 東京の人気エリアで気軽にショッピングを楽しめる!「アクアシティお台場」
photo by kj_nakashima   /   embedded from Instagram

台場駅から徒歩1分の好アクセスを誇る「アクアシティお台場」は、約140店のショップを持つ商業施設です。内部はファッションを中心としたショッピングゾーンと飲食店を中心としたグルメゾーン、そして13スクリーン数の大型マルチプレックスシネマに分かれています。

大型ショッピングセンターというと敷居が高く感じる場所も多いですが、アクアシティお台場には「しまむら」や「ダイソー」といった低価格ショップもあり、気軽にショッピングを楽しめるのがポイント。お台場臨海公園に隣接しているので、ショッピングのついでにのんびり散策を楽しむこともできますよ。ぜひ足を運んでみてください。

■基本情報
名称:アクアシティお台場
住所:東京都港区台場1丁目7−1
TEL:03-3599-4700
営業時間(物販):11:00~21:00
営業時間(飲食):11:00~23:00
定休日:不定休
アクセス:台場駅より徒歩1分

HP:http://www.aquacity.jp/
地図:「アクアシティお台場」への地図

4. 幻想的なイルミネーションも魅力のショッピングスポット!「東京ミッドタウン」

4. 幻想的なイルミネーションも魅力のショッピングスポット!「東京ミッドタウン」

地下鉄六本木駅と直結している「東京ミッドタウン」は、約130店舗ものショップを抱える商業施設です。注目すべきはデザイン&アートに関連するイベントが多いところ。「21_21 DESIGN SIGHT」や「サントリー美術館」といったデザイン&アート関連施設を抱える東京ミッドタウンならではのイベントは、ただショッピングをして帰るだけでは勿体ないと感じさせます。

また、冬ともなると「ミッドタウン・クリスマス」と題されたイルミネーションに彩られる東京ミッドタウン。東京の新たな風物詩として話題になっているイルミネーションを見に訪れるのもいいかも知れませんよ。

■基本情報
名称:東京ミッドタウン
住所:東京都港区赤坂9-7-1
TEL:03-3475-3100
営業時間(ショップ):11:00〜21:00
営業時間(レストラン):11:00〜24:00
定休日:不定休
アクセス:六本木駅直結

HP:http://www.tokyo-midtown.com/
地図:「東京ミッドタウン」への地図

5. 高級感溢れる大型複合商業施設!東京でショッピングなら「六本木ヒルズ」

5. 高級感溢れる大型複合商業施設!東京でショッピングなら「六本木ヒルズ」

東京メトロ六本木駅と直結している「六本木ヒルズ」は、低層階のショッピングモール、中層階の賃貸オフィス、高層階の会員制施設や美術館からなる大型複合商業施設です。ショッピングを楽しむだけでなく、さまざまな施設があり、一日中いても飽きない人気スポット。

360度ガラス張りの展望台「東京シティビュー」から、都心の景色を見下ろしたり、「森美術館」や「森アーツセンターギャラリー」などの美術館でアートを味わったり、「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」で映画を楽しんだりすることができます。

他にも、以前は非公開だった「毛利庭園」もあり、滝や渓流、川といった自然溢れる景観の中、散策をすることもできます。

■基本情報
名称:六本木ヒルズ
住所:東京都港区六本木6丁目10−1
TEL:03-6406-6000
営業時間(ショップ):11:00~21:00
営業時間(レストラン):11:00~23:00
アクセス:日比谷線六本木駅より直結

HP:http://www.roppongihills.com/
地図:「六本木ヒルズ」への地図

6. 2017年4月にオープン。東京の新ショッピングスポット!「GINZA SIX」

6. 2017年4月にオープン。東京の新ショッピングスポット!「GINZA SIX」
photo by hanasan7977   /   embedded from Instagram

東京メトロ銀座駅より徒歩2分の場所にある「GINZA SIX」は、2017年4月にオープンしたばかりの出店数241ブランドにも上るラグジュアリーな商業施設です。銀座最大級の広さを誇るだけあり、ブランドの旗艦店も多く、その数はなんと122店舗。GINZA SIXが初出店となるブランドも81店舗に上り、流石は日本有数のラグジュアリーショッピングエリアである銀座らしい顔ぶれとなっています。

またファッションや雑貨、レストランだけでなく、日本の伝統文化「能楽」の最大流派である観世流の拠点ともなる「観世能楽堂」もあり、伝統文化の発信地としての側面も持ち併せています。東京で買い物を楽しむならここに行きましょう!

■基本情報
名称:GINZA SIX
住所:東京都中央区銀座6丁目10−1
TEL:03-6891-3390
営業時間(ショップ):10:30〜20:30
営業時間(レストラン):11:00〜23:30
定休日:不定休
アクセス:銀座線銀座駅より徒歩2分

HP:https://ginza6.tokyo/
地図:「GINZA SIX」への地図

7. 食事もショッピングもアトラクションも「デックス東京ビーチ」

7. 食事もショッピングもアトラクションも「デックス東京ビーチ」
photo by decks_tokyo_beach   /   embedded from Instagram

お台場海浜公園駅から徒歩2分、「アクアシティお台場」と繋がっている「デックス東京ビーチ」は、デッキボード張りが特徴的なオープンテラス型の複合商業施設です。

様々なショップが軒を連ねるほかに、「レゴランド・ディスカバリー・センター・東京」や「マダム・タッソー東京」がある「アイランドモール」と、レストラン・カフェを中心に、「東京トリックアート迷宮館」や「お台場たこ焼きミュージアム」などがある「シーサイドモール」に分かれています。

アイランドモールで買い物を楽しむもよし、シーサイドモールで食事を味わうもよし、それ以外のアトラクションを楽しむもよしな施設です。

■基本情報
名称:デックス東京ビーチ
住所:東京都港区台場1丁目6-1
TEL:03-3599-6500
営業時間(ショップ・カフェ):11:00~21:00
営業時間(5Fレストラン):11:00~23:00
営業時間(6Fレストラン):11:00~24:00
※店舗により変動あり
アクセス:お台場海浜公園駅より徒歩2分

HP:http://www.odaiba-decks.com/
地図:「デックス東京ビーチ」への地図

8. 日本初の広告ミュージアムがあるショッピングスポット!「カレッタ汐留」

8. 日本初の広告ミュージアムがあるショッピングスポット!「カレッタ汐留」
photo by azu_19851108   /   embedded from Instagram

山手線新橋駅の汐留改札から徒歩4分の場所にある「カレッタ汐留」は、約60店舗のショップなどからなる複合商業施設です。飲食店やショップの他に、これまでの日本の広告を展示しているミュージアムの「アド・ミュージアム東京」や、客席数1216席を誇る劇場「大同生命ミュージカルシアター 電通四季劇場[海]」などがあります。

46・47Fには地上約200メートルの高さから東京湾の景観を臨める展望台もあり、ただ買い物を楽しむだけではない観光スポットとなっています。冬には青を中心とした約27万個ものLED電球が、幻想的なイルミネーションを織りなし、訪れた人々の目を楽しませてくれます。ショッピングだけではもったいない、そんなおすすめスポットです。

■基本情報
名称:カレッタ汐留
住所:東京都港区東新橋1丁目8-2
TEL:03-6218-2100
営業時間(ショップ):10:00~20:00
営業時間(レストラン):11:00~23:00
アクセス:汐留駅より徒歩1分

HP:http://www.caretta.jp/
地図:「カレッタ汐留」への地図

9. 有楽町マルイを中心に若者向けの東京のファッションスポット!「有楽町イトシア」

9. 有楽町マルイを中心に若者向けの東京のファッションスポット!「有楽町イトシア」

山手線有楽町駅の中央口から徒歩1分の場所にある「有楽町イトシア」は、有楽町マルイを中心とした複合商業施設です。有楽町丸井マルイ以外では、食物販を中心とした「イトシアフードアベニュー」と、飲食店や映画館が入っているイトシアプラザがあります。

ちょっと変わった響きの「有楽町イトシア」の「イトシア」の意味は、「愛しい」と場所を表す名詞語尾「ia」を足したもの。若年層向けのショッピングスポットとして、その名の通り愛される場所となっています。東京駅からも近いので、東京でのショッピングはここに決まりですね!

■基本情報
名称:有楽町イトシア
住所:東京都千代田区有楽町2-7-1
TEL:03-6267-0800
営業時間(ショッピング):11:00~21:00
営業時間(レストラン):11:00~23:00
アクセス:有楽町駅より徒歩1分

HP:http://www.itocia.jp/
地図:「有楽町イトシア」への地図

10. やはり若者の流行発信地といえばここ!東京渋谷のど真ん中!「渋谷109」

10. やはり若者の流行発信地といえばここ!東京渋谷のど真ん中!「渋谷109」

山手線渋谷駅から徒歩6分ほどの場所にある「渋谷109」は、約120店舗ものショップがひしめき合う商業施設です。日本の若者のトレンドを知りたかったら原宿か渋谷と並び称されるように、原宿と対比されることも多い渋谷ですが、若者の流行発信地としての勢いは健在。

その中でも、90年代からファッションリーダー的位置付けとして、若者のトレンドを引っ張ってきた「渋谷109」は観光においては外せないショッピングスポットでしょう。

どちらかというとレディース向けの商品が充実している「渋谷109」。少し離れた場所にはメンズ向けの「109MEN’S」もあるので、男性はそちらも覗いてみるといいでしょう。東京でもトップクラスに賑わっている渋谷の町で、ショッピングを楽しんでください。

■基本情報
名称:渋谷109
住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目29-1
TEL:03-3477-5111
営業時間(ショップ):10:00~21:00
営業時間(カフェ・レストラン):10:00~22:00
アクセス:渋谷駅より徒歩4分

HP:http://www.shibuya109.jp/
地図:「渋谷109」への地図

東京でショッピングを楽しもう!

今回は東京で買い物を楽しみたいならぜひとも行ってほしいショッピングスポット10選をご紹介しました。お台場や六本木、渋谷にと東京の人気観光エリアには大型ショッピング施設が必ずあります。ショッピングはもちろん他にも楽しめるイベントが満載!東京で買い物を楽しむなら、ぜひともこの記事を参考にしてください。あなたのお気に入りの一品が見つかりますよ!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者