猛暑の夏にこそ行きたい!東京の鍾乳洞洞窟おすすめ5選

ここ数年の夏は猛暑とが続きますね。どこへ行っても暑さに参ってませんか?そんなときは鍾乳洞へ行ってみてはいかがでしょうか。太陽の熱の届かない地下世界は、涼しいことまちがいなし!しかも長い年月をかけた天然の造形美は圧巻です。今回はそんな鍾乳洞を東京近郊から5つご紹介します。涼しさとネイチャー気分どちらも求めたいあなたにおすすめします!

大岳鍾乳洞

大岳鍾乳洞
photo by otone89   /   embedded from Instagram

東京の西、あきる野市にある大岳鍾乳洞は、昭和37年(1962)開業の東京都天然記念物に指定された鍾乳洞です。ひんやりとした洞内は入り組んだ道の連続、外とはまるで違う別世界を探検しているかのよう。ワクワクのアドベンチャー気分が楽しめますよ。近くにはキャンプ場もあるので自然をまるごと満喫できちゃいますよ!夏旅のアウトドアプランに鍾乳洞を加えてみてはいかがでしょう。

■基本情報
施設名:大岳鍾乳洞
住所: 東京都あきる野市養沢586
TEL:042-596-4201
営業時間:9:00~17:00
定休日:木曜(祝日は営業)
アクセス:JR武蔵五日市駅からバスで35分 大岳鍾乳洞入口バス停から徒歩で25分

HP:https://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000001132.html
地図:「大岳鍾乳洞」への地図

清見が岡鍾乳洞

清見が岡鍾乳洞
photo by ciao.cave   /   embedded from Instagram

東京から船で26時間、小笠原諸島の母島にある清見が岡鍾乳洞は、小規模なカルスト地形が造りだした小さな鍾乳洞です。入口は六角形のお堂の後ろの崖にある扉にあり、入るとすぐ壁際に鍾乳石の壁を見ることができます。広くはないですが、南国らしくガジュマルの根も垂れ下がり、野性味あふれる洞窟探検気分が味わえますよ。見学希望者は当日、母島観光協会に申し込みが必要です。小笠原諸島への旅に訪れてみてはいかがですか?

■基本情報
施設名:清見が岡鍾乳洞
住所:東京都小笠原村母島字元地
TEL:04998-3-2300(小笠原母島観光協会)
営業時間:8:00~17:00(観光協会営業時間)
定休日:
アクセス:沖港 母島観光協会より徒歩5分

HP:https://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/info_hahajima/

石門鍾乳洞

石門鍾乳洞
photo by natyumee   /   embedded from Instagram

石門鍾乳洞は、小笠原諸島母島の石門一帯にある鍾乳洞です。石門は凹凸のあるカルスト石灰岩の地形が特徴的で、亜熱帯気候により動植物が原生状態を保つ自然の豊かな地域です。なお現在、母島の自主ルールにより貴重な自然資源の保護のために10月~2月まで入林が禁止されており、入林の場合もガイド同伴が必須となります。また平成15年より、鍾乳洞自体への入洞はできなくなっていますので、入口を見るにとどまっています。母島の玄関口、沖港から車で15分。石門入口から徒歩で往復約6時間ほどかかります。

■基本情報
施設名:石門鍾乳洞
住所:東京都小笠原村母島 石門の森
TEL:04998-3-2300(小笠原母島観光協会)
アクセス:母島沖港より車で15分、石門一帯は徒歩往復6時間

地図:「石門鍾乳洞」への地図

日原鍾乳洞

日原鍾乳洞
photo by mugggi01   /   embedded from Instagram

多摩地区の奥地、日原にある日原鍾乳洞は、秩父古生層の石灰岩が地下水で浸蝕され、溶解された自然洞窟です。かつては山岳信仰のメッカとして知られていました。洞窟内は年間を通じて11℃、夏はひんやり涼しく、冬は暖かく感じます。関東の鍾乳洞では最大の規模を誇り、洞内も様々な幻想的な景観を楽しむことができます。見学時間は約40分。地上とはまるで違う圧倒的な自然の様相に驚きの連続です。ライトアップや音声ガイドもあり、より楽しむことができますよ。奥多摩の別世界へぜひ行ってみてくださいね!

■基本情報
施設名:日原鍾乳洞
住所:東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
TEL:0428-83-8491
営業時間:8:00~17:00(12月~3月は8:30~16:30)
定休日:無休(年末年始のみ休業)
アクセス:奥多摩駅よりバスで40分

HP:http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html
地図:「日原鍾乳洞」への地図

三ツ合鍾乳洞

三ツ合鍾乳洞
photo by mxmxmxm16   /   embedded from Instagram

三ツ合鍾乳洞は、あきる野市にある全長120m縦穴鍾乳洞です。三段になった形状の洞内には、自然の造形美が堪能できるオーロラ天井や、不老長寿の水と言われる龍神の滝、また、「竜宮の亀」は首を伸ばした亀の形のユニークな石も見られます。縦穴形状のため、急な階段があり広くはないですがそんなところも洞窟探検の醍醐味を味わわせてくれますよ。短時間で廻れるのでお子様連れにもおすすめです!

■基本情報
施設名:三ツ合鍾乳洞
住所:東京都あきる野市養沢1075
TEL:042-596-4225
アクセス:JR武蔵五日市駅からバスで30分 三ツ合鍾乳洞入口バス停から徒歩で15分

HP:http://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000001132.html
地図:「三ツ合鍾乳洞」への地図

東京都内にある鍾乳洞をご紹介しました。小笠原諸島は泊まりがけですが、他は日帰りでも行ける範囲にありますので、非日常の涼と景観を楽しむのには最適ですよね!今年の夏は鍾乳洞へ探検に行ってみてはいかがですか?

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事