スカイツリーに来たらコレを食べろ!おすすめグルメランキングTOP10!

2012年に開業したばかりの東京の新名所「東京スカイツリー」。そんな東京スカイツリーとソラマチには、絶品グルメがたくさん!東京スカイツリーを模したセットメニューやテイクアウトグルメから、東京名所が一望できるロケーション抜群の飲食店、そして正統派グルメまで まとめてご紹介いたします!ぜひ参考にしてみてくださいね。


1. 地上345メートルにある日本一高いレストラン「Sky Restrant 634」

1. 地上345メートルにある日本一高いレストラン「Sky Restrant 634」
photo by kazumi_private   /   embedded from Instagram

東に東京湾、南にお台場、北には隅田川、西には富士山が見える東京スカイツリー。そんな絶好の景観を料理とともに楽しめるレストランが、日本一高い345メートルの場所にある「Sky Restrant 634」です。江戸東京野菜を始めとする全国各地から取り揃えた旬の食材を使用した料理は絶品揃い。

前菜、メイン、デザートなどのコース料理のみの取り扱いとなっていますが、江戸前の心意気とフランス料理の繊細さを組み合わせた「新日本料理」をコンセプトとしているだけあり、どの料理にも細やかな気配りが感じられます。料金は4,860円~と、少々割高ですが、345メートルからの絶景を眺めながら食事ができるのは、日本でもここだけ。料理と景色に舌鼓を打ってみませんか。

■基本情報
店名:Sky Restrant 634
住所:東京都墨田区押上1−1−2 東京スカイツリー
TEL:03-3623-0634
営業時間:11:00~16:00 / 17:30〜23:00
定休日:無休
HP:http://restaurant.tokyo-skytree.jp/

2. スカイツリー公式キャラクターのスイーツを味わおう「SKYTREE CAFE」

2. スカイツリー公式キャラクターのスイーツを味わおう「SKYTREE CAFE」
photo by theshawmo   /   embedded from Instagram

東京スカイツリーのフロア350と340にある「SKYTREE CAFE」は、350がスタンディング形式のドリンクカフェ、340が東京スカイツリー公式キャラクターのテッペンペンやソラカラちゃんのスイーツや、サンドイッチなどの軽食を扱うカフェとなっています。

特にフロア340にあるカフェは、東京スカイツリー&ソラマチ通じて唯一の公式キャラクターのスイーツを扱ったカフェとして大人気!気になる公式キャラクタースイーツの値段は、青いゼリーで空を表現したパフェにソラカラちゃんのモナカをのせた「ソラカラちゃんパフェ」が700円。ほうじ茶ゼリーといった和風の素材の上にソフトクリームをのせた「テッペンペンサンデー」が750円となっています。

どちらも見た目が可愛らしく、特に女性や子供が喜びそうなスイーツ。ここにしかないスイーツを食べに足を運んでみてはいかがでしょう。

■基本情報
店名:SKYTREE CAFE
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリー
TEL:03-5809-7686
営業時間:8:00~21:45
定休日:無休(天候不良時などを除く)
HP:http://www.tokyo-skytree.jp/

3. 寄席とともに食事が楽しめる「江戸味楽茶屋 そらまち亭」

3. 寄席とともに食事が楽しめる「江戸味楽茶屋 そらまち亭」
photo by siiko73   /   embedded from Instagram

東京ソラマチのイーストガード7Fにある「江戸味楽茶屋 そらまち亭」は、寄席を間近にしながら食事を楽しめるレストラン。遠目の席でも見えるように、各席にTVモニターを配置しており、どの席からでも寄席を楽しみながら食事ができます。

寄席は「ねぎし三平堂(林家)」プロデュースの落語や色物という本格派。食事も江戸時代から受け継がれた「江戸甘味噌」を使用した、「国産豚の江戸味噌ロースカツ丼」や「そらまち亭江戸味噌漬け丼」といった御膳料理が中心となっています。寄席にせよ、料理にせよ、どちらも江戸の心意気を現在に伝えるものばかり。東京スカイツリーという新名所を楽しむついでに、かつての東京であった「江戸」を感じてみませんか。

■基本情報
店名:江戸味楽茶屋 そらまち亭
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 7F
TEL:03-5809-7047
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休(東京ソラマチに準ずる)
HP:http://solamachitei.jp/

4. 揚げ物で東京スカイツリーを表現「とんかつ新宿さぼてん」

4. 揚げ物で東京スカイツリーを表現「とんかつ新宿さぼてん」
photo by naco0318   /   embedded from Instagram

東京ソラマチのウエストヤード6Fにある「とんかつ新宿さぼてん」は、老舗のとんかつ専門店。とんかつの素材には拘っていて、肉と油との相性抜群の特性パン粉を開発・使用するほど。また、ソースに胡麻を混ぜているのも特徴的。

そんな「とんかつ新宿さぼてん」の目玉メニューは、東京スカイツリーを揚げ物で表現した「スカイツリープレート」。2~3人前とのことで、ボリュームも値段もそれなりのものになりますが、ロースや野菜など5種類の揚げ物が味わえます。そんなに沢山揚げ物は食べられないという人にはロースやヒレを使った定食メニューもあります。キャベツはおかわり自由とのことなので、箸休めにどうぞ。

■基本情報
店名:とんかつ新宿さぼてん
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 6F
TEL:03-6658-5300
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休(東京ソラマチに準ずる)
HP:http://www.ghf.co.jp/saboten/

5. 丼にそそり立つ天ぷら「江戸 東京 寿し常」

5. 丼にそそり立つ天ぷら「江戸 東京 寿し常」
photo by ecchang527   /   embedded from Instagram

東京スカイツリーのイーストヤード7Fにある「江戸 東京 寿し常」は、握りや丼ものを扱う寿司屋。テーブル席だけでなく、店舗脇スペースには立ち食いコーナーも用意。江戸前の立ち食い寿司を楽しめる店でもあります。こちらの目玉メニューは、一日限定20食の「スペシャル超天丼(ツリー丼)」です。まるでスカイツリーのような見た目で、そのボリュームはなんと2人前、天ぷらがどんぶりの上にそそり立つほどです。

天ぷらの具材は、大正海老2本・穴子1本・旬の野菜のかき揚げと驚きの分量。お腹いっぱいになること間違いなしです。値段は、汁物、茶碗蒸し、お新香が付いて、一食3900円。もう少しリーズナブルに食事を済ませたいという方には、1,380円からのランチメニューや、190円からのお好み握りなどもあります。足を運んでみる価値ありです!

■基本情報
店名:江戸 東京 寿し常
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 7F
TEL:03-5809-7083
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休(東京ソラマチに準ずる)
HP:http://www.tokyo-solamachi.jp/

6. 創業1860年の宇治茶専門店「宇治茶 祇園辻利」

6. 創業1860年の宇治茶専門店「宇治茶 祇園辻利」
photo by megu0423megu   /   embedded from Instagram

東京ソラマチの6Fにある「祇園辻利」は、京都の祇園に本店を持つ抹茶の専門店。ソラマチ店の店内では、抹茶のお菓子やソフトクリーム、ドリンクなどを味わうことができます。この店の人気メニューにして目玉メニューなのが、「つじりツリーソフト」。

なめらかな抹茶のソフトクリームを中央に、周囲に白玉や小豆などを配したコーンカップタイプのソフトクリームです。甘くもほろ苦い抹茶のソフトクリームを頂くのは、東京スカイツリーの形をしたスプーン!白く可愛らしいツリー型のスプーンですくって食べる甘味は、外の景色も相まって、また格別の味わいですよ!

■基本情報
店名:祇園辻利
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 6F
TEL:03-6658-5656
営業時間:11:00〜23:00
定休日:不定休(東京ソラマチに準ずる)
HP:http://www.giontsujiri.co.jp/

7. 1760年創業の親子丼の老舗「たまひで いちの」

7. 1760年創業の親子丼の老舗「たまひで いちの」
photo by dominocat66   /   embedded from Instagram

創業1760年にして、親子丼発祥の店として知られる「たまひで いちの」は、東京ソラマチのイーストヤード7Fにあるレストラン。この「たまひで いちの」、人形町に本店があり、ソラマチ店は姉妹店になります。それだけにここにしかないオリジナルメニューも楽しめます。本店の一子相伝の秘伝の親子丼のタレを、ソラマチ店用に改良したというオリジナルのタレは、濃い目のはっきりとした味わい。

人気メニューはランチメニューの「”粋”親子丼」や、ディナーの「”雅”親子丼」など。やはり親子丼発祥の店だけあり親子丼が人気ですが、「から揚げ膳(1,700円)」など、親子丼以外の御膳ものも扱っています。ぜひ立ち寄ってみては?

■基本情報
店名:たまひで いちの
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 7F
TEL:03-5809-7228
営業時間:11:00~23:00(土日は10:30〜)
定休日:不定休(東京ソラマチに準ずる)
HP:http://www.tokyo-solamachi.jp/

8. 香川から直送した讃岐うどんを東京ソラマチで「宮武讃岐うどん」

8. 香川から直送した讃岐うどんを東京ソラマチで「宮武讃岐うどん」
photo by regulus_0810   /   embedded from Instagram

東京ソラマチのウエストヤード3Fにある「宮武讃岐うどん」は、1948年創業の製麺所が営業しているうどん屋さん。香川の製麺所から直送したうどんは、もっちりとしてコシのある讃岐うどん。フードコート内にあり、セルフ式となっているので、待ち時間が少ないのが嬉しい点です。フードコートでありながら、店内で麺を打っている様子も窺える本格志向な側面も持ち合わせています。

人気メニューは、別料金でうどんにのせる天ぷらを選べる「冷かけ(並)」と「温かけ(並)」で、ともに290円とリーズナブルな価格設定になっています。天ぷらはナスやさつまいもなどの野菜類から、玉子や鶏のかしわまで幅広い種類が揃っているので、自分だけのオリジナルうどんを作ってみましょう。

■基本情報
店名:宮武讃岐うどん
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 3F
TEL:03-5637-2055
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(東京ソラマチに準ずる)
HP:http://seimensho.jp/

9. オリジナル天かす入りのたこ焼きの名店「築地 銀だこ」

9. オリジナル天かす入りのたこ焼きの名店「築地 銀だこ」
photo by mst3113   /   embedded from Instagram

「宮武讃岐うどん」と同じく、東京ソラマチのウエストヤード3Fにある「築地 銀だこ」。全国にチェーン展開している「築地 銀だこ」のソラマチ店です。「築地 銀だこ」ならではの外はカリッと、中はドロッとしたたこ焼きはここでも健在。6個で450円のたこ焼きは、マヨネーズをからし入りか普通かを選べます。カリッとした皮の中には大ぶりのタコが!

天かすは店の秘伝のタレを使用、たこ焼きを焼き上げる鉄板には南部鉄を使用と、細かいこだわりが見受けられる同店。フードコート内にあるたこ焼き屋なので、待たずに購入でき、その場で直ぐに食べられますよ!小腹が空いたら行ってみてくださいね!

■基本情報
店名:築地 銀だこ
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 3F
TEL:03-5819-3103
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(東京ソラマチに準ずる)
HP:http://www.gindaco.com/

10. 石臼挽きの粗めの蕎麦が喉越し抜群の「肉そば業平」

10. 石臼挽きの粗めの蕎麦が喉越し抜群の「肉そば業平」
photo by mokyun   /   embedded from Instagram

東京ソラマチのウエストヤード3Fにある「肉そば業平」は、石臼挽きの蕎麦に刻み海苔と長ネギがたっぷりのった「肉そば」が看板メニューの蕎麦屋さん。削りたての本鰹を使用したつけ汁には、豚バラ肉とニラが入っていて絶品!辛い方が好きな人用に「辛肉そば」も用意されているので、好みに応じて選んでみてくださいね!

その他にも「鴨汁そば」や、「山菜あめことろろそば」などの定番メニューももちろん美味しいです。店先にはお湯入りのポットが用意されているので、そば湯を〆に味わうこともできます。手軽に蕎麦を楽しみたい人は、寄ってみてはいかがでしょうか。

■基本情報
店名:肉そば業平
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 3F
TEL:03-5809-7064
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(東京ソラマチに準ずる)
HP:http://www.nikusoba-narihira.com/

スカイツリーでおいしいグルメを食べましょう!

いかがでしょうか?地上350メートルと450メートルには展望台、そして眼下には新下町流をコンセプトにしたショッピング施設「東京ソラマチ」や、水族館、プラネタリウムと「東京スカイツリータウン」は朝から晩まで楽しめる場所ですよね。そんな人気観光地ならではのグルメを心ゆくまで堪能してきてくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者