歴史ある名所満載!姫路で人気のおすすめ観光スポットランキングTOP10!

姫路といえばやはり思いつくのは世界遺産の姫路城ですよね。2015年に総工事期間5年半に及んだ「平成の大修理」を終えた姫路城は、美しい白壁に戻ったこともあり、観光客の方も急増しています。また歴史ある城下町の姫路は姫路城以外の見所も多く、駅に新しくできた観光案内所はとても充実しています。姫路の玄関口、姫路駅周辺は大規模な再開発が行われて街は綺麗に歩きやすくなり、ショッピングも楽しめますよ。今回は姫路でおすすめするオススメスポット10つをご紹介していこうと思います。


[sponsored link]

1. 姫路といえばここは外せない!「姫路城」

1. 姫路といえばここは外せない!「姫路城」

姫路城は1993年に世界遺産に登録され、城郭建築の最高峰、日本一のお城として知られています。姫路城は、1346年頃赤松貞範が築城したことから始まり、その後、戦国の世が訪れ黒田官兵衛、豊臣秀吉など歴史に名を残す城主が時代で変わっていきました。その都度、姫路城は改築を繰り返していき、現在、我々が見ている姫路城の大天守は、1609年に建築されたもの。江戸時代が終わり、一度は新政府との戦いの懸念もあったのですが、その時の城主は城を明け渡しました。その後、新政府は歴史的建造物として保存していくことになり、現在でも私たちが見学できる施設となりました。

ところで姫路城「白鷺城」との愛称で知られる理由はご存じですか?白漆喰総塗籠造りの鮮やかな白の城壁がシラサギを連想させるからなのです。この白漆喰は時代が経つと汚れてくすんでしまうため、2015年、総工事期間5年半に及んだ「平成の大修理」を終え白壁を塗り直したてた今は一番美しい姫路城本来の美しさを楽しめるチャンスです。どうかこの時を逃さないでくださいね。まずは姫路城に行きましょう!

■基本情報
名称:姫路城
住所:兵庫県姫路市本町68番地 姫路城三の丸広場北側(姫路城管理事務所)
電話番号:079-285-1146
営業時間:9時~16時 ※夏季は9時~17時
定休日:12月29日・30日
アクセス:姫路駅から徒歩20分

HP:http://www.city.himeji.lg.jp/
地図:「姫路城」への地図

2. 美しい景色が望めるスポット!「キャッスルビュー」

2. 美しい景色が望めるスポット!「キャッスルビュー」
photo by honeypoisoning   /   embedded from Instagram

姫路駅に到着し、まず出迎えてくれるのがキャッスルビューです。姫路駅の再開発で整備されたデッキはお城を望むのに一番の立地。デッキの天井・壁・床には姫路産をはじめ国産材がふんだんに使われています。屋根付きなので天候にかかわらずお城を眺めることができますね!周囲にはJR駅ビル「piole姫路」や地下1階レベルまで掘り下げられた通称「キャッスルガーデン」、そこから地下街「グランフェスタ」に続く道となっています。

駅前から姫路城までを望む大手前通りは車両規制が行われており、歩行者に優しい街づくりが実現しました。国内最大級の駅前広場へと生まれ変わった姫路駅前を体感しにいきませんか?

■基本情報
名称:キャッスルビュー
住所:兵庫県姫路市駅前町188
アクセス:JR姫路駅すぐ

地図:「キャッスルビュー」への地図

3. 広大な土地に作られた日本庭園を楽しめる「好古園」

3. 広大な土地に作られた日本庭園を楽しめる「好古園」

市制百周年を記念して建造された「好古園」は、約1万坪の日本庭園。もともとは姫路城西御屋敷跡であった敷地は発掘調査で、元和4年(1618)に本多忠政に造営された西御屋敷や武家屋敷、通路跡等の遺構が確認されました。現在では発掘調査をもとに庭園として整備され、姫路城を借景にした9つの庭園が広がる広大な施設となっており、園内ではレストランや茶室もあるので、ゆったりと庭園を楽しむことができます。

姫路城のすぐ横にあるので、姫路城に行く前後によりやすいですよ!都会の喧噪から離れて、リラックスしたいという方には、ぜひ訪れて欲しい庭園です。

■基本情報
名称:姫路城西御屋敷跡庭園 好古園
住所:兵庫県姫路市本町68番地
電話番号:079-289-4120
営業時間(4月27日~8月31日):9時~18時
営業時間(9月1日~4月26日):9時~17時
定休日:12月29日、30日
アクセス:JR姫路駅から徒歩20分

HP:http://himeji-machishin.jp/
地図:「姫路城西御屋敷跡庭園 好古園」への地図

4. 屋上から望める姫路の情景「イーグレひめじ」

4. 屋上から望める姫路の情景「イーグレひめじ」
photo by taaaaaaaaaaaa19   /   embedded from Instagram

姫路駅から商店街のアーケイドをあるいて10分程度。その終点にある大手門公園、その前にあるのがイーグレひめじです。主に市民の施設としてつかわれており、レストランやショップなども入居しています。実はこの施設の最上階(5階)の屋上展望台は無料で開放されているので、姫路城を望むのにぴったりなんです。大きすぎて近くではよくわからない姫路城も、このイーグレひめじからは、周りに障害物はなく一番近い位置で望むことができるので、姫路城の全体図がよくわかります。

入居しているレストランもお食事しながらお城を眺めることができるおすすめスポットです。夏場はビヤガーデンも開催されることもある屋上ではお城が白く浮かび上がる夜景も楽しむこともできますよ。無料の休憩所もあるので、姫路城のお立ち寄りの際は屋上にいってみてくださいね。

■基本情報
名称:イーグレひめじ
住所:兵庫県姫路市本町68番290
電話番号:079-289-3443
定休日:年始年末、不定休
アクセス:JR姫路駅から徒歩15分

HP:http://www1.winknet.ne.jp/
地図:「イーグレひめじ」への地図

5. 多くのベルギーの美術品が展示されている「姫路市立美術館」

5. 多くのベルギーの美術品が展示されている「姫路市立美術館」
photo by tsubomi5296   /   embedded from Instagram

美術作品に触れて、感性を研ぎすましてはみませんか?姫路公園内にある、姫路城東側にある「姫路市立美術館」は旧陸軍兵器庫を改装して造った赤レンガ造りの建物群です。姫路の海外姉妹都市がヨーロッパのベルギーにあるので、ベルギーの作品を主に取り扱っています。マグリットなどのヨーロッパを象徴する美術家の作品から、現在美術に至るまで幅広く収集しています。

常設展は地元の作家をメインに展示されています。美術館に併設されているカフェもゆっくりできる空間なので、観光客から人気があります。お城の周りを散策する途中に立ち寄るにもちょうど良い場所なので、ぜひ訪れてみてくださいね!

■基本情報
名称:姫路市立美術館
住所:兵庫県姫路市本町68-25
電話番号:079-222-2288
営業時間:10時~17時
定休日:毎週月曜日(祝日・休日の場合を除く)、その他不定休
アクセス:姫路駅から徒歩22分

HP:https://www.city.himeji.lg.jp/
地図:「姫路市立美術館」への地図

[sponsored link]

6. 映画「ラストサムライ」のロケ地にもなった寺「天台宗別格本山 書寫山圓教寺」

6. 映画「ラストサムライ」のロケ地にもなった寺「天台宗別格本山 書寫山圓教寺」
photo by karma.okan   /   embedded from Instagram

書写山は、姫路市の北部にある山で、標高370mと市内で一番高い山。その書写山にある天台宗のお寺が圓教寺です。圓教寺は西国霊場の第27番札所として知られており、西の比叡山とも呼ばれている由緒正しきお寺です。摩尼殿(マニどう)は970年創建。山の斜面に建てられて下から眺める姿は京都の清水寺を思い浮かぶ構造で舞台作りになっています。

その他、大講堂、食堂、常行堂など国の重要文化財に指定されている木造建築が山の中に立ち並びます。近年はトムクルーズ主演の「ラストサムライ」のロケ地でつかわれた為に有名になった圓教寺。山の中ですがロープウェイもあるので、ぜひお参りしてみてください。

■基本情報
名称:天台宗別格本山 書寫山圓教寺
住所:兵庫県姫路市書写2968
電話番号:079-266-3327
定休日:不定休
アクセス:JR姫路駅から神姫バス「書写ロープウェイ行」で終点下車(約30分)、そこからロープウェイで4分

HP:http://www.shosha.or.jp
地図:「天台宗別格本山 書寫山圓教寺」への地図

7. 歴史が好きならここは外せない!「林田大庄屋旧三木家住宅」

7. 歴史が好きならここは外せない!「林田大庄屋旧三木家住宅」
photo by donmomo1130   /   embedded from Instagram

林田大庄屋旧三木家住宅は、江戸時代の豪農、いわゆる農民ではあるが、名字帯刀を許され、格別の特権と扱いを受けていた庄屋の三木家の旧住宅です。江戸時代初期に建てられたと推定され、大庄屋の建築としては兵庫県で年代が推定できる最古のものなのです。

茅葺きの大きな屋根は見応えがあり、主屋、長屋門等の6棟に加え庭園も。敷地は約4,200㎡もあり、これだけ大きな庄屋住宅が残っているのは全国的にもめずらしく、室内のしつらえからも、当時の豪農ぶりをうかがうことができます。近くには江戸時代に林田藩藩主が開いた学校、藩校の講堂も公開されており、あわせて見学するのをオススメします。

■基本情報
名称:林田大庄屋旧三木家住宅
住所:兵庫県姫路市林田町中構74
電話番号:079-261-2338
営業時間:10:00~16:00
定休日:火水木(12月28日~1月4日は休館)
アクセス:JR本竜野駅から車で約10分

HP:http://npo-shinpoohayashida.net
地図:「天台宗別格本山 書寫山圓教寺」への地図

8. 動物と触れ合うことができる場所!「姫路セントラルパーク」

8. 動物と触れ合うことができる場所!「姫路セントラルパーク」
photo by hcpsafari   /   embedded from Instagram

姫路セントラルパークは姫路駅からバスで30分ほどの位置にある、広大なサファリパークに遊園地が併設している施設です。車にのったまま放し飼いの動物を楽しめるサファリパークは、ライオンやチーター、トラなどの肉食動物をはじめ、キリンやシマウマなどの草食動物ゾーンも楽しめます。自家用車が無い場合もサファリバスが用意されているので、気軽に楽しめるのがよいですね。

隣にある遊園地には絶叫マシーンや、お子さんも楽しめる観覧車やゴーカートなど、さまざまな乗り物があるので一日楽しむことができるオススメの施設です。家族でいらしてくださいね!

■基本情報
名称:姫路セントラルパーク 
住所:兵庫県姫路市豊富町神谷1436-1
電話番号:079-264-1611
定休日:不定休
アクセス:姫路駅から直通バス約30分

HP:http://www.central-park.co.jp
地図:「姫路セントラルパーク」への地図

9. 古き良き日本の酒造を見学できる場所「灘菊酒造」

9. 古き良き日本の酒造を見学できる場所「灘菊酒造」
photo by ayane.yamada   /   embedded from Instagram

1300年前、奈良時代に編纂された「播磨国風土記」の中の一節に日本酒製造の記述があったことから播磨(姫路)は日本酒の発祥の地と言われています。その姫路で、日本でも数少ない女性杜氏がいる日本酒の酒造メーカーがこの「灘菊酒造」さんです。酒蔵内の見学や試飲・販売コーナーとともに、「前蔵」というレストランも併設されており、ヘルシーなお豆腐や酒蔵(発酵食品)を意識させるコース料理がいただけます。売店では甘酒たっぷりの、黒蜜味十年熟成さみりんで仕上げたソフトクリームを食べることができますよ。

どれも酒造所ならではのグルメを楽しめますので、あまりお酒が飲めない方にもおすすめできるスポットです。

■基本情報
名称:灘菊酒造 
住所:兵庫県姫路市手柄1丁目121
電話番号:079-285-3111
営業時間(直売所):10:00~18:00
定休日:年末年始
アクセス:姫路駅から徒歩20分

HP:http://www.nadagiku.co.jp
地図:「灘菊酒造」への地図

10. 山の上にたたずむ由緒正しき神社「広峯神社」

10. 山の上にたたずむ由緒正しき神社「広峯神社」
photo by tae.tiku   /   embedded from Instagram

広峯神社は広嶺山の頂上(標高約300m)に鎮座する、創建733年右大臣・吉備真備公により創建された、全国にある牛頭天王(ごずてんのう)の総本宮とされています。この、牛頭天王ごずてんのうとは、日本の神仏習合の神であり、本殿も神殿と仏間を交互においた神仏習合の建物が特徴的です。またこの広峰神社は戦国時代の武将「黒田官兵衛」にゆかりが深い神社とも知られています。黒田家は広峯神社の御師(おし)が配る神符とともに黒田家秘伝の目薬を売って財を蓄え、黒田家発展の基礎を築いたそうです。

駐車場からは山頂へは徒歩10分の軽い山道が続きますが、広嶺山の頂上からは天気の良い日は姫路城や瀬戸内海も望むことができ、オススメの展望スポットでもあるので、ぜひ一度訪れてみてください。

■基本情報
名称:広峯神社
住所:兵庫県姫路市広嶺山52
電話番号:079-288-4777
定休日:無休
アクセス:姫路駅から神姫バスで20分

HP:http://www.hiromine-j.jp
地図:「広峯神社」への地図

 

歴史ある街・姫路で観光を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?姫路城は桜の名所でも知られ春になるとお堀の周りは桜でピンク色に染まりますよ。秋の紅葉の美しさも有名で、どちらの時期も夜間のライトアップが楽しめます。季節の変化も楽しめてしまいますよね!姫路にいらした際には、ぜひ姫路城を見学するだけではなく、お城の周りを歩いて城の大きさやお庭の美しさをを実感してみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



この記事に関するキーワード

同じカテゴリの人気記事




この記事の著者