美味いものを食べたいなら!三宮で人気のおすすめな名物ご当地グルメランキング10選!

神戸にある三宮。ここは神戸観光をするのであれば三宮は絶対に外すことができない地域となります。三宮は明治時代に外国人の移住地として使われていたことから、関西のなかでも外国の街並みの情調が、比較的強く残っている場所になります。そんな三宮へ観光いらした際にぜひとも食べて欲しい絶品グルメランキング10選をご紹介します。ぜひ行ってみてくださいね。


1. ご当地メニューの代表格「明石焼き」

1. ご当地メニューの代表格「明石焼き」
photo by shooojijiji   /   embedded from Instagram

関西出身ではなくても、名前だけは聞いたことがあると思います。しかしたこ焼きに比べて、いまいちピンとこないというのも事実。明石焼きとたこ焼きは似ているようで、全然違いますよ!

明石焼きは玉子を多く使用しているため、「玉子焼き」とも呼ばれています。そしてできあがったら昆布出汁につけてどうぞ!明石焼きでおすすめしたいのはこちら、「菊兆」。

夜から深夜にかけて営業しているお店なので、大人な雰囲気で明石焼きが楽しめます。カウンター席もあるので、おひとり様でも入りやすい。明石焼きは600円というお手軽に楽しめる値段になっています。飲んだあとの〆などにも丁度良さそうですね。

▽【関連記事】

■基本情報
店名:明石焼 菊兆 北野坂店
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-10-5 中一東ビル
TEL:078-331-9813
営業時間:17:00~翌3:00
定休日:不定休
アクセス:阪急・地下鉄「三宮駅」徒歩4分

HP:http://www.hontosaya.com/
地図:「明石焼 菊兆 北野坂店」への地図

2. 丼ものをかき込んでスタミナを付けよう!タレのついたご飯が堪らない「カルビ丼」

2. 丼ものをかき込んでスタミナを付けよう!タレのついたご飯が堪らない「カルビ丼」
photo by hisayoshi7347   /   embedded from Instagram

今日はがっつり肉ものの気分、というときにおすすめなのがこちら。焼肉をしたときに肉汁とタレが混ざり合ったご飯が好きという方には堪らない一品です。そんなカルビ丼を提供してくれるおすすめのお店は「十番」。

独自で開発した秘伝のタレを惜しみなく使用したお肉の味は、さらに食欲を誘います。店内に入った途端に鼻腔を通り抜ける香ばしい匂いに、注文するのが待ちきれない! カルビ丼並、¥700です。

他のメニューも試してみたいという方は、ハラミ丼(並¥700)や豚ロース丼(並650)なども。さすが有名焼肉丼店です。お肉好きにはたまらないお店です。

■基本情報
店名:十番 三ノ宮店
住所:兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-1-396 高架下
TEL:078-261-8989
営業情報:11:00~00:00
定休日:12月31日~1月2日
アクセス:JR三宮駅より徒歩2分

HP:http://www.hontosaya.com/
地図:「十番 三ノ宮店」への地図

3. B級グルメトップ、不動の王者。絶対に食べておきたいのは「ぼっかけそばめし」

3. B級グルメトップ、不動の王者。絶対に食べておきたいのは「ぼっかけそばめし」
photo by ryotaro_itani72   /   embedded from Instagram

B級グルメといえば「そばめし」。それくらい有名なご当地メニューです。「ぼっかけ」とは煮込んだ牛スジのこと。それがそばめしの上に乗っかっているのですから、聞いただけでももう美味しそうですよね!

こちらの「長田タンク筋」のぼっかけそばめしは大人気。ライスの気分ではないという方にも、ぼっかけ焼きそばもあります。メディア取材されたこともあるという「長田タンク筋」のぼっかけそばめし、味はお墨付きです!

その他、ユニークなメニューも取り揃えていますので、ぜひまず一度、足を運んでみてください!

■基本情報
店名:長田タンク筋
住所:兵庫県神戸市中央区三宮町1-8-1 さんぷらざB1F-20
電話番号:078-962-6868
営業時間:11:00~22:30
定休日:不定休(原則火曜日)
アクセス:三宮駅から徒歩3分

HP:http://www.kobe1te2.com/
地図:「長田タンク筋」への地図

4. 昔懐かしの素朴な味。子どもの頃を思い出す優しさ「コロッケ」

4. 昔懐かしの素朴な味。子どもの頃を思い出す優しさ「コロッケ」
photo by noda_sekisin   /   embedded from Instagram

誰もが知る「コロッケ」。全国津々浦々、どこでも食べることができるグルメですが、ここ三宮周辺ではまさに昔ながらの家庭の味がいただけます!外はサクッ、中はほっこり。シンプルな味が堪りません。ご紹介したいのは、「水野家」。

三宮駅から徒歩3分の場所にあります。揚げ物の種類が豊富で、おすすめは和牛ビーフコロッケ。衣がしっかりしていて、特に底冷えする冬には幸せな気持ちにしてくれます。周囲を散策しながらの食べ歩きもよし、テーブル席もあるのでゆっくり味わっていくのもよし。

ユニークな卵入りのハムカツもあり、何を食べようか困ってしまいますね。足を運ぶ価値ありですよ!

■基本情報
店名:水野家 三宮店
住所:兵庫県神戸市中央区雲井通6-1-15
TEL:078-242-3477
営業時間(平日):10:00~20:30
営業時間(休日):9:00~20:30
定休日:年始
アクセス:JR三宮駅から徒歩3分

HP:http://mizunoya.jp/
地図:「水野家 三宮店」への地図

5. たまにはリッチに! 舌の上でふわりと溶ける「神戸ビーフ」

5. たまにはリッチに! 舌の上でふわりと溶ける「神戸ビーフ」
photo by meeeeemee_   /   embedded from Instagram

日本が誇るビーフの中でも最高級の神戸ビーフ。飼育段階から手間暇をかけ、厳しい基準をクリアした稀少価値の高い牛のことをそう呼びます。それにさらに手を加えられ、最高の料理に仕上げられているのですから多少お値段が張るのは仕方ありませんよね。

しかし三宮に来た際には一度は訪れていただきたいのが、「神戸プレジール」。入店するとシックな雰囲気でつい背筋が伸びてしまいます。前菜やスープ、デザートなど、高級感溢れるメニューがずらり。その中で一際存在感を放っているのが神戸ビーフメニューです。

神戸ビーフの鉄板焼きディナーAコースは¥11,000(美肌酢、食前のお愉しみ、季節のスープ、魚料理又はフォアグラのソテー、ビーフステーキ、フレッシュサラダ、本日の焼野菜、お食事、デザート、コーヒー)。観光でしかできないラグジュアリーな体験をしてみませんか?

▽【関連記事】

■基本情報
店名:神戸プレジール
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通2-11-5 ザ・ビー神戸ビー神戸1F
TEL:078-571-0141
営業時間:11:30~15:00 / 17:00~22:30
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日休み)

HP:http://www.kobe-plaisir.jp/
地図:「神戸プレジール」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:

→神戸牛を美味しくステーキで!神戸で人気のおすすめ店ランキングTOP10!

→関西の名物といえばコレ!絶対におすすめな人気のご当地グルメの名店11選!

6. ユニークな食べ方がまさにご当地「餃子」(味噌だれ)

6. ユニークな食べ方がまさにご当地「餃子」(味噌だれ)
photo by xia8115e   /   embedded from Instagram

餃子といえば栃木を思い浮かべがちですが、三宮で味わえる餃子は一味違います。醤油や酢、ラー油などではなく、味噌ダレでいただくんです!その味噌ダレが店ごとに違うというのも特徴。これはハマってしまったら、店ごとの味比べをしてみたくなりますね。

餃子専門店「赤萬餃子」。なんと餃子、ビール、水の三択です。それでもその人気をキープしているというのだから、味は間違いありません。薄い皮に中身がぎっしり詰まった餃子を、味噌ダレに付けていただきます。横にビールもあれば完璧です。

仕事帰りの一杯には堪らない!三宮へ観光にいらした際にはぜひお越しください。

■基本情報
店名:赤萬餃子
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通2-2-1
TEL:078-331-0831
アクセス:JR三ノ宮駅より徒歩4分

地図:「赤萬餃子」への地図

7. リーズナブルに食べ歩き。ふわふわの皮にほっかほかの具材!「豚まん」

7. リーズナブルに食べ歩き。ふわふわの皮にほっかほかの具材!「豚まん」
photo by asahina_mikoto   /   embedded from Instagram

食べ歩きにはぴったり!中身がぎっしり詰まったジューシーな肉まんに、歩きながら簡単に幸せ気分。大抵リーズナブルな値段でコストパフォーマンスは最高に良いので、1人で何個も平らげてしまえます。

三宮でおすすめの豚まんが食べられるのはこちら、「三宮一貫楼」。出来立てを購入できるため、熱々を食べながら周りを探索できるのが嬉しいところですね。

豚肉やタマネギなど、食材にもこだわった豚まんが食べられます。しかもここの豚まんは全て手作り。せっかく神戸市三宮へいらしたのでしたら、一度ご賞味くださいね!

▽【関連記事】

■基本情報
店名:三宮一貫楼 本店
住所:兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-9
TEL:078-331-1974
営業時間:10:30~22:00
アクセス:大丸前駅から徒歩1分

HP:http://www.kobe-plaisir.jp/
地図:「三宮一貫楼 本店」への地図

8. どこでも売っているほどの有名人。地元民に愛される「いかなごのくぎ煮」

8. どこでも売っているほどの有名人。地元民に愛される「いかなごのくぎ煮」
photo by m.smile_life   /   embedded from Instagram

イカナゴという魚の幼魚を醤油やみりん、砂糖、生姜などで水分がなくなるまで煮込んだのがこの「いかなごのくぎ煮」。佃煮の一種で、子どものお弁当にも入れる定番の一品になっているほど、地元民からも愛されるグルメです。

他では見られないご当地グルメのお土産にはおすすめ。ご飯が進みそうな一品です。中でも「大黒屋」の「いかなごのくぎ煮」はとても優秀!

神戸沖で取れる新鮮なイカナゴを使用し、味も山椒風味としょうが風味、2種類から選べるというこだわり。三宮地元民から愛され続けているご当地グルメを堪能しましょう!

■基本情報
店名:大黒屋 北野本店
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通2-25-5
TEL:078-241-3533
営業時間:9:30~17:30
アクセス:JR三宮駅から徒歩7分

HP:http://www.kobe-daikokuya.co.jp/
地図:「大黒屋 北野本店」への地図

9. 異国文化と日本文化の美しい融合。昔の趣を感じながら食べる「洋食」

9. 異国文化と日本文化の美しい融合。昔の趣を感じながら食べる「洋食」
photo by yuuki923i   /   embedded from Instagram

日本史上、港町であった神戸はいち早く異国文化を取り入れました。「洋食」といえばご当地グルメというよりもジャンルに近いですが、神戸界隈の人々は洋食と共に育ってきました。レトロな雰囲気で食べる洋食は、異国情緒を感じさせてくれます。

こちらの「グリル末松」は、まさに洋食屋さんという感じの佇まい。お洒落な雰囲気を感じさせながらも、中に入ると座敷席も。提供されるのはもちろん洋食メニューです。

中でもおすすめは末松オリジナルのサクラライス(スープ付)。ケチャップライスにポークカツを乗せ、その上にクリームソースをかけるというユニークなメニューです。お座敷でいただけば異国の味と和の空間を併せ持った、素晴らしい空間を体験できますよ!

■基本情報
店名:グリル末松
住所:兵庫県神戸市中央区加納町2-1-9
TEL:078-241-1028
営業時間:11:30~14:30 / 18:00~22:00
定休日:火曜日
アクセス:JR三ノ宮駅から徒歩10分

HP:http://www.grill-suematsu.com/
地図:「グリル末松」への地図

10. 食後にちょっと甘い物でもいかが? 満腹になってもまだ終わらない!「鯛焼き」

10. 食後にちょっと甘い物でもいかが? 満腹になってもまだ終わらない!「鯛焼き」
photo by feivida   /   embedded from Instagram

観光や外泊、ちょっとした遊びにでも食は付き物。お腹が一杯になった後は「鯛焼き」の優しい味でもいかがでしょうか?

三宮に来た際にはぜひ訪れてほしいおすすめの鯛焼き屋さんがあるんです。三宮駅から徒歩3分というところにある、「鳴門鯛焼本舗」。こちらでは天然たいやきといって、一匹ずつ丁寧に焼く手法を取り入れているので、一つひとつに職人さんの想いとこだわりが込められています。

あんこと鳴門金時いもの2種類がありますよ。鯛焼きの中でも薄皮が好きという方には特におすすめです!ぜひ食べてみてください!

▽【関連記事】

■基本情報
店名:鳴門鯛焼き本舗 阪急三宮駅前店
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通1-9-5
TEL:078-321-5520
営業時間:11:00~24:00
定休日:無
アクセス:神戸三宮駅から徒歩3分

HP:http://www.taiyaki.co.jp/
地図:「鳴門鯛焼き本舗 阪急三宮駅前店」への地図

三宮で美味しいグルメを食べよう!

神戸の三宮。ここははじめにご説明したように、異国の文化が混じり合った外国の情緒が溢れる町になります。そんな三宮に観光にいきたいという方も多いのではないでしょうか?ですが観光にはグルメがつきものですよね。せっかく三宮に来たのですから、三宮の美味しいお店にいってみてくださいね!散策ついでに探してみるのも楽しいかもしれませんよ!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者