お土産にも最適!東京で絶対買うべきおすすめな人気のビスケット10選!

東京では、ポテトチップスに代表されるスナック菓子や、甘い物に目がない女性に人気なチョコレート、そしてほどよい甘さと上品な見た目が魅力の和菓子など、様々なお菓子を楽しめます。今回は、そんなお菓子の中でも幅広い世代から長い間支持されているビスケットについてまとめてみました。東京で食べるべきおすすめのビスケットランキング10選。ぜひ参考にしてくださいね!


1. お土産にはこれ!東京ならではの「トーキョーステーションビスケット」

1. お土産にはこれ!東京ならではの「トーキョーステーションビスケット」
photo by fairycake_fair   /   embedded from Instagram

どこかに観光や旅行に行ったとき、最終的に必ず気にしなくてはならないのはお土産の存在。例えば京都では八ッ橋、沖縄ではちんすこう、岡山では桃やきび団子など、各地に特産品というものがあります。

しかし日本の中心地でもある東京では、一体何が有名なのでしょうか?東京は確かにショッピングに良い場所かもしれませんが、人気のある食事や名産品といえば、すぐに思い付く人はいないかもしれませんね。

もしお土産に困ったなら、ぜひオススメしたいのがこちらの「トーキョーステーションビスケット」。東京駅構内、待ち合わせ場所として有名な銀の鈴の前にある「Fairycake Fair」というお店で買うことが出来ます。東京駅を模ったビスケットですので、東京からのお土産だとすぐに分かる優れもの。喜ばれること間違いなしですよ!

■基本情報
店名:Fairycake Fair
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1
TEL:03-3211-0055
営業時間(月~土):8:00~22:00
営業時間(日祝日):8:00~21:00
定休日:GranStaに準ずる
アクセス:東京駅構内

HP:http://www.fairycake.jp/
地図:「Fairycake Fair」への地図

2. 上品なビスケット!東京でしか買えない「マルコリーニビスキュイ」

2. 上品なビスケット!東京でしか買えない「マルコリーニビスキュイ」
photo by sora2325807   /   embedded from Instagram

ビスケットといえば誰もが子どもの頃から慣れ親しんだ、手軽に楽しめるスナックのひとつですが、中にはこだわり尽くされた上品な一品を提供しているお店もあるのです。東京駅構内にある「ピエールマルコリーニ」では、東京駅限定販売となっている「マルコリーニビスキュイ」を2,484円で手に入れることが出来ます。

値段だけを見ると決してリーズナブルとは言えませんが、甘すぎない風味と口の中に広がるジンジャーの香りに、ファンは少なくありません。食感も軽いので、気軽に食べることがでいますね!東京のお土産にもぴったりなので、ぜひとも購入してみてください。

■基本情報
店名:ピエールマルコリーニ GranSta(JR東京駅)店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1F
TEL:03-5220-4560
営業時間(月〜土):8:00~22:00
営業時間(日・祝):8:00~21:00
定休日:GranStaに準ずる
アクセス;東京駅構内

HP:http://www.pierremarcolini.jp/
地図:「ピエールマルコリーニ GranSta店」への地図

3. これひとつでお腹いっぱい!デザートにぴったりな「カステラビスケットサンド」

3. これひとつでお腹いっぱい!デザートにぴったりな「カステラビスケットサンド」
photo by makinco11   /   embedded from Instagram

銀座にある有名店、「銀座ベーカリー」。こちらはなんと、多くの人が小さな頃から親しんでいるであろうスナック、たべっ子どうぶつビスケットやアスパラガスビスケットなどを発売している会社が手掛けたというお店。中でもイチオシは「カステラビスケットサンド」です。味はプレーンとラムレーズンがあります。

中にはたっぷりとクリームが詰まっていてかなりボリューミー。ひとつでかなりの満腹感を得られるので、ちょっと小腹が空いたな、というときやティータイムのお供などにも最適な一品となっています。東京の銀座を訪れる際には、ぜひ買ってみてください。

■基本情報
店名:銀座ベーカリー
住所:東京都中央区銀座1-55
TEL:03-3538-0155
アクセス:銀座駅より徒歩8分

HP:http://www.ginbis.co.jp/campaign/2013_10_03.html
地図:「銀座ベーカリー」への地図

4. 甘いだけがビスケットじゃない!専門店で食べる「ビスケットサンドイッチ」

4. 甘いだけがビスケットじゃない!専門店で食べる「ビスケットサンドイッチ」
photo by maikyasl   /   embedded from Instagram

ビスケットといえば誰もがスナックとして食べるようなものを想像してしまいがちですが、実は新宿のルミネエストに入っている「BBB」はなんとビスケット専門店。様々な種類のビスケットを見ることが出来ます。

中でも注目していただきたいのは、「ビスケットサンドイッチ」。通常のサンドウィッチに使用されているのは当然パンですが、これは代わりにビスケットで仕上げたもの。メルトチーズチキンビスケットサンドやTACO Beansビスケットサンドなど、ユニークなメニューがずらり。新しい食感にファンになること間違いなし!東京の繁華街新宿にお越しの際にはぜひ足を運んでみてください。

■基本情報
店名:B.B.B ルミネエスト店 (ビービービ)
住所:東京都新宿区新宿3-38-1ルミネエスト新宿店8F
TEL:03-3341-7092
営業時間(平日):11:00~23:00
営業時間(土日祝):11:00~22:30
定休日:無休
アクセス:新宿駅より徒歩2分

地図:「B.B.B ルミネエスト店」への地図

5. こだわり抜かれた味だから間違いない「ベルギーラスク」

5. こだわり抜かれた味だから間違いない「ベルギーラスク」
photo by kyoooooona   /   embedded from Instagram

東京駅構内に店舗を構えるこちら、「MAISON DANDOY」。ベルギーからやって来た本格派ワッフルとビスケットのお店です。ビスケットはなんとベルギーから直接輸入しているという徹底ぶり。そしてワッフルも時間に余裕があるのであれば焼き立てをいただくことも出来てしまいます。

もちろんワッフルも魅力的なのですが、このお店でご紹介したいのはビスケットのひとつ「ベルギーラスク」。出来上がりまでに3日間という時間を掛けて作られるラスクにはしっかりと甘さが染み込んでいて、ティーのお供には最高です。今まではベルギーにしか店舗を構えていなかったのですが、東京進出を果たし手軽に楽しめる一品となっています。

■基本情報
店名:MAISON DANDOY 東京店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
TEL:03-3212-8011
営業時間(月〜金):10:00〜21:00
営業時間(土日祝):10:00〜20:00
アクセス:東京駅より徒歩2分

HP:http://www.cselect.jp/
地図:「MAISON DANDOY 東京店」への地図

6. これで幸せになれるかも!ホロホロ感が堪らないビスケット!「ポルトボヌール」

6. これで幸せになれるかも!ホロホロ感が堪らないビスケット!「ポルトボヌール」
photo by calamel   /   embedded from Instagram

リーズナブルな値段で幸せを手に入れる。そんな夢のような話が、浅草にはあるんです。それが「NOAKE TOKYO」で購入することが出来る「ポルトボヌール」という商品。別名「幸福のお守りサブレ」とも言われています。

小さな箱の中に鳩や桜、犬や鯛など、日本で縁起物といわれているものを模ったサブレが具合良く収まっています。値段も1箱565円と比較的手が届きやすい設定となっているため、ばら撒き土産などにも良いかもしれませんね。味は苺とうぐいすと麦こがしの3種類。3種類セットもあります。もちろん、サクサクとした食感も魅力的ですよ!

■基本情報
店名:NOAKE TOKYO浅草店
住所:東京都台東区浅草5-3-7
TEL:03-5849-4256
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜日・月曜日
アクセス:浅草駅より徒歩14分

HP:http://noake.jp/
地図:「NOAKE TOKYO浅草店」への地図

7. 手軽に世界を味わえる!?東京でしか買えない「Bitte

photo by romi_feel_so_nice   /   embedded from Instagram

コンビニやスーパーマーケットなどでもよく目にする、Bitte。日本国内では有名なスナック菓子となっていますが、それに東京限定バージョンがあるのは知っていたでしょうか?

しかも世界中の人が集まる東京というコンセプトのもと、使用されているラムはジャマイカから、ロックソルトはフランス、カカオはガーナ、アーモンドはアメリカ、クリームは北海道、パイナップルはタイ、クリームチーズはオーストラリアからなどと、1つの商品は様々な国が関係しています。これを知っているだけで、実際に食べるときの感じ方がまた変わってきそうですね。東京駅にお越しの際にはぜひ!

■基本情報
商品名:Bitte
購入場所:東京駅

HP:http://cp.glico.jp/

8. シックな黒い缶にプレゼントで喜ばれる「手焼き花椿ビスケット」

8. シックな黒い缶にプレゼントで喜ばれる「手焼き花椿ビスケット」
photo by ayumimmim   /   embedded from Instagram

いかにも高級感漂うビル「資生堂パーラー」。その中で購入することが出来るのは、こちらの「手焼き花椿ビスケット」。落ち着いた趣のある黒い缶に入れられたビスケットは、見るからに高級品。しかしその価値は充分にあります。

素材は厳選され、一枚一枚菓子職人の手によって丁寧に焼き上げられた風味は一度食べれば忘れられません。プレゼントとして持って行けば喜ばれること間違いなしですよ! 賞味期限が60日というのも、急いで食べる必要がなくて魅力的ですね。東京では購入間違いなしのビスケットですよ!ぜひ忘れずに買って帰ってくださいね!

■基本情報
店名:資生堂パーラー 銀座本店
住所:東京都中央区銀座8-8-3
TEL:03-3572-2147
営業時間:11:00~21:00
定休日:年末年始
アクセス:銀座駅より徒歩7分

HP:http://parlour.shiseido.co.jp/
地図:「資生堂パーラー 銀座本店」への地図

9. これぞ元祖の真髄!ほんのり効いた洋酒の味が上品な「レイズン・ウィッチ」

9. これぞ元祖の真髄!ほんのり効いた洋酒の味が上品な「レイズン・ウィッチ」
photo by yukari__o   /   embedded from Instagram

オフィスイメージの強い新橋を訪れた際にぜひ寄っていただきたいのは、「巴裡 小川軒(OGAWAKEN)」。こちらでいただくことができるのは、「元祖レイズン・ウィッチ」。ふんわりとしたビスケット生地にクリームとレーズンがサンドされています。

洋酒に漬け込まれたレーズンはなんとも上品な風味で、まさに大人の味。個包装されているため、お土産にも自分で少しずついただくにもうってつけです。レイズンをビスケット生地に挟んだサンドはたくさん出回っていますが、歴史あるこだわりの一品をいただけるのはこの「巴裡 小川軒」だけですよ。

■基本情報
店名:巴裡 小川軒
住所:東京都新橋2-20-15
TEL:03-3571-7500
営業時間(平日):9:30 〜 19:00
営業時間(土曜日):9:30 〜 17:00
定休日:日祝日、不定休
アクセス:新橋駅より徒歩2分

HP:http://www.ogawaken.co.jp/
地図:「小川軒」への地図

10. 和と洋の融合!程よく混ざり合いハーモニー抜群のビスケット「あんボーロ」

10. 和と洋の融合!程よく混ざり合いハーモニー抜群のビスケット「あんボーロ」
photo by morinooton   /   embedded from Instagram

当然ですが、ビスケットやクッキーの類というのは洋菓子。しかしそれを自分たちの好みに変えて楽しむのもまた日本流といえるのではないかと思います。和菓子で有名なとらやのカフェ、「TORAYA CAFE」で購入可能な「あんボーロ」。これはアーモンドプードル入りの生地でこしあんを包んだものです。口に入れた瞬間広がる甘味と柔らかな生地の食感に、焼き菓子や甘いものが好きな方は一瞬で惹き込まれること間違いなしです。

テイクアウトOKでリーズナブルさも魅力。気軽にスナックとしていただくことが出来るのでオススメです。なお、「TORAYA CAFE」自体には青山店と表参道ヒルズ店など数店舗ありますので、東京へお越しの際にはぜひ立ち寄ってみてください。

■基本情報
店名:AN STAND新宿店
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan新宿
TEL:03-6273-1073
営業時間(月~金):10:00〜22:00
営業時間(土日祝):10:00~21:30
定休日:無休
アクセス:新宿駅より徒歩2分

HP:https://www.toraya-group.co.jp/
地図:「AN STAND新宿店」への地図

東京で美味しいビスケットを食べよう!

いかがでしたでしょうか?今回は東京へ観光や旅行にお越しの際や普段使いの時にぜひとも購入して食べてほしいおすすめのビスケットとそのお店を10選ご紹介しました。どこも人気店ばかりなので、どこに行こうか迷ってしまうかもしれませんね!ビスケットといえばその軽い食感が人気のお菓子。あなたもビスケットを片手に東京の町を散策してみてはいかがでしょうか?




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者