四国の名物といえばコレ!人気のご当地グルメを味わえるおすすめの名店10選!

本州の南西に位置し、瀬戸内海を隔てて存在する四国地方は、徳島・香川・愛媛・高知の4つの県から構成されています。穏やかな瀬戸内の海の幸と、その気候によってはぐくまれた農産物に恵まれ、それぞれの県で独特のグルメ文化が発展していきました。ここでは、そんな四国地方の各地域でぜひ食べておきたい絶品グルメをご紹介します。あなたも四国へ遊びに行きましょう!


1. 「うどん県」香川といえばやっぱり讃岐うどん!「山越うどん」

1. 「うどん県」香川といえばやっぱり讃岐うどん!「山越うどん」
photo by ayako_1129   /   embedded from Instagram

うどんで有名な香川県。お手軽でトッピングもたくさん選べるうどんは、香川県民のソウルフードです。香川県内にあるうどん屋さんは、コンビニの数の二倍ともいわれているそうです。

その気候から、上質の小麦ときれいな水、醤油の生産地という条件からうどんの名産地になったともいわれます。噛み応えのあるつよい「コシ」のある讃岐うどんが好きという人も多いのではないでしょうか。

そんなうどんで有名な香川の中でも、行列の絶えない人気店は「山越うどん」です。今や多くのうどん店で販売されている「かまたまうどん」の発祥のお店です。熱々のうどんにつやつやの生卵が和えられ、ふわふわの山芋がのったふわとろ食感のかまたまうどんは当然のごとく大人気です。並んででも食べたいかまたまうどん、香川にお越しの際はぜひともご賞味ください。

■基本情報
名称:山越うどん
住所:香川県綾歌郡綾川町羽床上602‐2
TEL:087-878-0420
営業時間:9:00~13:30
定休日:日曜日
アクセス:綾川駅より徒歩35分

HP:http://yamagoeudon.com/
地図:「山越うどん」への地図

2. 幸せを呼ぶスイーツ・おいりソフトが人気の「ナカノヤ琴平」

2. 幸せを呼ぶスイーツ・おいりソフトが人気の「ナカノヤ琴平」
photo by fuka_mako   /   embedded from Instagram

食べると幸せになるスイーツとして、若い女性を中心に人気なご当地スイーツが香川の「おいりソフト」です。このソフトクリーム、見た目がポップでとても愛らしいのです。ソフトクリームに、カラフルな「おいり」と呼ばれる伝統和菓子がちりばめられています。さくさくとしたおいりの食感が、冷たくて甘いソフトクリームにマッチして癖になるお味です。

このおいりは、この地域で嫁入りの際に新しい家族や周辺に配る伝統があることから、食べたら幸せになる、良縁に恵まれる、などと言われるようになったとか。
そんなおいりソフトが食べられるのは、観光地としても有名な神社金刀比羅宮のふもとにある「ナカノヤ琴平」です。和三盆かお芋の味から選べる「嫁入りおいりソフト」が名物の金刀比羅宮でお参りした後にこのソフトクリームを食べると、さらなるご利益を預かれるかもしれませんよ!

■基本情報
名称:ナカノヤ 琴平
住所:香川県仲多度郡琴平町796番地
TEL:0877-75-0001
営業時間:8:30~17:00
定休日:無休
アクセス:琴平駅より徒歩で10分

HP:https://www.nakanoya.net/
地図:「ナカノヤ 琴平」への地図

3. 徳島名物の徳島ラーメンの人気店!「いのたに本店」

3. 徳島名物の徳島ラーメンの人気店!「いのたに本店」
photo by haruchang02   /   embedded from Instagram

豚骨醤油味で、トッピングの豚バラ肉や生卵が特徴的な徳島ラーメンは、1999年に新横浜のラーメン博物館に出店したことから人気に火が付いたご当地ラーメンです。その人気のきっかけを作ったのが「いのたに」です。

「いのたに」は、約50年の歴史をもつ老舗店です。中細でもっちりした麺が、甘辛いスープによく合います。席は40席ほどありますが、カウンター席となっています。お昼の時間帯はかなりにぎわうため、時間をずらしていくことをお勧めします。中華そば単体は中盛で550円ですが、ぜひお肉と卵を追加した肉・卵入り(中盛650円)で味わってみてください。徳島ラーメン代表格のお味を堪能しに、足をお運びくださいね!

■基本情報
名称:いのたに 本店
住所:徳島県徳島市西大工町4-25
TEL:088-653-1482
アクセス:徳島駅より徒歩約15分

地図:「いのたに 本店」への地図

4. 徳島県で骨付阿波尾鶏を楽しむなら「一鴻」

4. 徳島県で骨付阿波尾鶏を楽しむなら「一鴻」
photo by ryo_hei_24   /   embedded from Instagram

独特のフレーズと、ハードな踊りで人気の徳島発祥の盆踊りといえば、阿波踊りです。その阿波踊りにちなんで名づけられたグルメが、地鶏「阿波尾鶏」です。阿波牛、阿波ポークと合わせて阿波畜産3ブランドともいわれています。低脂肪で、適度な歯ごたえと、甘みとコクが特徴。

この地鶏をおいしくいただけるのが、「一鴻」です。人気は「骨付きおや」です。ニンニクがきいた秘伝のタレの味付けに、カリッと焼けた歯ごたえのあるお肉が癖になります。お酒好きな人はお酒が進み、お酒が飲めない人は白いご飯にもあいますよ。

観光に疲れた夜、ジューシーなお肉でエネルギーを充てんするにもピッタリなボリューム満点のご当地グルメです。

■基本情報
名称:一鴻
住所:徳島県徳島市仲之町1-46
TEL:088-623-2311
営業時間:17:00~24:00
定休日:不定休
アクセス:JR徳島駅より徒歩10分

HP:http://www.i-kko.com/
地図:「一鴻」への地図

5. お酒を盗みたくなるくらい美味しい高知県の名物グルメ!「本池澤」の酒盗

5. お酒を盗みたくなるくらい美味しい高知県の名物グルメ!「本池澤」の酒盗
photo by __vulm   /   embedded from Instagram

高知県にはお酒好きな人が多いと言われています。そんな高知県には酒の肴にピッタリなご当地グルメがあります。それが、「酒盗」です。口にすると、お酒を盗みたくなるくらいお酒に合うと言われている酒盗は、高知の名産でもある鰹の内臓を塩辛にしたものです。

そんな美味しい酒盗が食べられるのは、魚屋でもある高知の台所、「本池澤」。テクアウトも、イートインもでき、「おいしい酒盗」のほか、新鮮な魚を中心とした高知の郷土料理が味わえます。お酒好きはもちろん、魚料理が好きな人も、ぜひとも訪れて、高知のご当地料理を堪能してください。

■基本情報
名称:本池澤
住所:高知県高知市本町2-1-19
TEL:088-873-3231
営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:00
定休日:年末年始
アクセス:大橋通より徒歩1分

HP:http://www.ikezawa.co.jp/
地図:「本池澤」への地図

6. 高知名物!猟師直伝のかつおのたたき、一本釣り藁焼きたたきの「明神丸」

6. 高知名物!猟師直伝のかつおのたたき、一本釣り藁焼きたたきの「明神丸」
photo by kt_sabino   /   embedded from Instagram

高知の代表的なご当地グルメというと、鰹を表面だけあぶり、薬味とタレでいただく鰹のたたきです。香ばしくあぶった新鮮な鰹に、たっぷりの薬味をのせて、お酢やポン酢のきいたたれでいただくと、止まらなくなるくらいのおいしさです。

そんな土佐の恵みを美味しくいただけるのは、「明神丸」です。こちらのお店、「一本釣り藁焼きたたき」という鰹のたたきで有名な水産会社の直営店ということもあり、漁師直伝の鰹のたたきを味わえます。注文してから焼き始める藁焼きたたきは絶品。塩味とタレ味とあるので、ぜひ堪能してくださいね!

■基本情報
名称:漁師料理 明神丸ひろめ市場店
住所:高知県高知市帯屋町2-3-1 ひろめ市場内
TEL:088-820-5101
営業時間:11:00〜21:00(日曜は10:00〜20:00)
定休日:ひろめ市場休館日に準ずる
アクセス:大橋通駅より徒歩2分

HP:http://myojinmaru.jp/
地図:「漁師料理 明神丸ひろめ市場店」への地図

7. 大自然の中で、自然と美味しい地鶏土佐ジローを味わえる、「はたやま憩の家」

7. 大自然の中で、自然と美味しい地鶏土佐ジローを味わえる、「はたやま憩の家」
photo by norinoripan   /   embedded from Instagram

高知県の幻の地鶏ともいわれる「土佐ジロー」。そんな土佐ジローを、贅沢にも生産者のところで味わえるのが、「はたやま憩の家」です。基本は宿泊施設なので、宿泊で行くことをお勧めしますが、日帰りで行く場合はランチ営業でいただくことができます。

予約が必要ですが土佐ジローを満喫したいという人は、土佐ジロー欲張りコース(5000円)などのコース料理がおすすめです。そのほか通常メニューの親子丼(1000円)や卵かけご飯(500円)もあります。

また、時間が許す方は、宿泊予約にして、ゆったりと過ごしてみて欲しいスポット。わずか3部屋という限られたお部屋数なので、行きたいと思った方、ご予約はお早めに。空気もおいしい自然の中で、地鶏料理を味わってみてはいかがでしょうか。

■基本情報
名称:はたやま憩の家
住所:高知県安芸市畑山甲982-1
TEL:0887-34-8141
営業時間:11:00〜15:00
定休日:水曜日
アクセス:球場前駅より車で約45分

HP:http://tosajiro.com/
地図:「はたやま憩の家」への地図

8. 愛媛県に伝わる、室町時代からの歴史的郷土料理!宇和島鯛めしなら「ほづみ亭」

8. 愛媛県に伝わる、室町時代からの歴史的郷土料理!宇和島鯛めしなら「ほづみ亭」
photo by nabesaku0316   /   embedded from Instagram

愛媛県宇和島でとれた新鮮な真鯛の刺身を熱々のごはんに盛り、だし汁と薬味をかけていただく伝統的な郷土料理が宇和島鯛めしです。その歴史は室町時代にまでさかのぼるともいわれています。ちなみに、「鯛めし」は、焼いた鯛を入れた炊き込みご飯が入ったタイプのものと2種類あるそうです。

そんな伝統的な美味しい鯛めしが食べられるお店は「ほづみ亭」です。その総席数は183席と広いため、ご家族連れやグループでも安心です。雰囲気のある一軒家で味わう鯛めしもまた格別です。他にも愛媛県の伝統的郷土料理が味わえるため、鯛めし以外にもいろいろと食べてみたい、という人にもおすすめです。せっかくの観光で訪れるのなら、普段味わえない郷土料理を食べつくすのもいいですね。

■基本情報
名称:ほづみ亭
住所:愛媛県宇和島市新町2-3-8
アクセス:JR宇和島駅より徒歩4分

地図:「ほづみ亭」への地図

9. 愛媛県の郷土料理・もぶり飯をいただく「すし丸本店」

9. 愛媛県の郷土料理・もぶり飯をいただく「すし丸本店」
photo by capricious_410   /   embedded from Instagram

愛媛県松山地方の郷土料理で、お祝い事やお客様のもてなしの時に出される「もぶり飯」と呼ばれるちらし寿司があります。「もぶる」とは、方言で「混ぜる」ことを言います。もぶり飯は、瀬戸の小魚でだしをとった甘めの合わせ酢の酢飯に、刻みアナゴや野菜を混ぜ、錦糸卵をちらした、華やかな見た目をしています。

「すし丸本店」では、そんな郷土料理のもぶり飯が味わえます。もぶり飯はお吸い物付きでいただけます。

そのほかにも、瀬戸内の新鮮な魚を使ったお料理がたくさんあります。愛媛に住んでいたこともある日本の文豪、夏目漱石も愛したと言われる愛媛の郷土料理のそのお味、文豪の気分を味わいながら試してみては。

■基本情報
名称:すし丸本店
住所:愛媛県松山市二番町2-3-2
TEL:089−941-0447
営業時間(平日):11:00~14:00 / 16:30~22:30
営業時間(土日祝):11:00~22:30
定休日:無休
アクセス:松山市電(いよてつ)大街道電停より徒歩5分

HP:http://www.sushimaru.co.jp/
地図:「すし丸本店」への地図

10. ボリューム満点のご当地B級グルメ・焼豚玉子飯が人気の「白楽天」

10. ボリューム満点のご当地B級グルメ・焼豚玉子飯が人気の「白楽天」
photo by pakupakumeshi   /   embedded from Instagram

安価で庶民の味として今や日本で大ブレイク中のB級グルメ。「焼豚玉子飯」は、愛媛県今治市の名物B級グルメです。もともとは中華料理屋の賄いごはんだったものが、その店で修業した料理人が独立してメニューに加えたところ、人気になりました。ご飯の上に薄く切った焼豚と半熟の目玉焼を載せ、焼豚のタレでいただきます。

その焼豚玉子飯発祥ともいわれているお店が「白楽天」です。先ほどの話の賄いご飯をメニューへと考案した料理人というのが、先代の店主とのことです。人気の元祖焼豚玉子飯(750円)は、ボリューム満点。旅の途中、おなか一杯に食べたいときにピッタリです。今大人気のご当地B級グルメ、愛媛にお越しの際は、いかないともったいないですよ。

■基本情報
名称:白楽天
住所:愛媛県今治市常盤町4-1-19
TEL:0898-23-7292
営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:00
定休日:火曜日
アクセス:今治駅より徒歩約8分

HP:http://www.hakurakuten.net/
地図:「白楽天」への地図

四国地方へ観光に行ったら、美味しいご当地グルメを堪能しよう!

いかがでしたでしょうか?今回は、四国地方のおいしいご当地グルメを、お店とともにご紹介しました。海の幸から伝統的郷土料理、B級グルメと、たくさんの美味しいグルメが四国地方にはあります。観光の合間に食事、というのももちろんですが、「美味しい食事のための観光」を計画してみるのもいいのではないでしょうか?四国を堪能してくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者