日本全国の人気の温泉はココだ!絶対行くべきおすすめの温泉地10選!

日本独自の文化でもある温泉は1日の疲れや旅の疲れを癒すだけではなく、最近では温泉に入る事をメインとして旅行をする人が増えてきています。日本各地には名の知れた有名な温泉地をはじめ温泉マニアの人達や地元の人など少数の人しか知らない温泉など数多く存在します。今回は日本でぜひとも行ってほしい、地方ごとに厳選した温泉地を紹介していきます。


1. 癒しがテーマの温泉地!「朝里川温泉」

1. 癒しがテーマの温泉地!「朝里川温泉」
photo by step_thirteen   /   embedded from Instagram

北海道にある朝里川温泉は昭和29年に開湯されて以来、札幌からも小樽からもアクセスが良い立地にあるため観光客を中心に人気のある温泉地です。有名な観光地が近いだけでなく、スキー場にも隣接しており季節を問わずいつ宿泊しても楽しむ事ができます。

また癒しをテーマにかかげ散策路の整備やホタルの飼育もおこなっており遠出をしなくても宿でのんびり過ごすなどゆっくりしたい人にもおすすめの温泉地です。日本の北の地北海道は東京に比べても寒いため、温泉のありがたみも感じますよね!ぜひ行ってみてくださいね!

■基本情報
名称:朝里川温泉
エリア:北海道小樽市

2. 多種多様な温泉郷で温泉を満喫!「乳頭温泉」

2. 多種多様な温泉郷で温泉を満喫!「乳頭温泉」
photo by mitu0315   /   embedded from Instagram

秋田県にある乳頭温泉は、乳頭山麗に点在する七湯を全て合わせて乳頭温泉郷と呼ばれています。ここの温泉では各温泉ごとにそれぞれ源泉を持っているため、泉質が場所ごとに違っているのが特徴です。そのためさまざまな温泉を楽しむことが出来ます。その源泉数は合計で十種類以上。温泉好きにはたまらない場所の一つですよね。

温泉周辺にはブナの原生林があり空気が澄んでいてリフレッシュできる事間違いなし。綺麗な空気を吸いながら温泉を堪能してみてはいかがでしょうか。ぜひとも足を運んでみてくださいね!

■基本情報
名称:乳頭温泉
エリア:秋田県仙北市

3. 城下町の雰囲気を感じる事ができる「会津東山温泉」

3. 城下町の雰囲気を感じる事ができる「会津東山温泉」
photo by kinakorin.kana   /   embedded from Instagram

福島県の会津若松にある会津東山温泉は、東北の雄大な自然の中にある山間の温泉です。温泉街というと周囲が繁華街となっており、ゆっくりできないこともあったりしますが、ここの周辺には繁華街などもなく自然が多くあるため、忙しい日常を忘れ心身ともにリフレッシュするにはぴったりの温泉です。

また周辺には観光地として有名な湯川渓谷や東山ダムもあるため、観光目的でも宿泊するにもおすすめの温泉地です。日本の会津で、自然に囲まれた城下町の奥座敷の雰囲気を楽しみながら、しっとりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

■基本情報
名称:会津東山温泉
エリア:福島県会津若松市

4. 関東の温泉地と言えば忘れてはいけない「箱根温泉」

4. 関東の温泉地と言えば忘れてはいけない「箱根温泉」
photo by kyosuke.i912   /   embedded from Instagram

有名な温泉地として常に上位にランクインする神奈川県の箱根温泉は、東京から約1時間で行けるという事もあり、観光客も多く訪れています。ここの周辺には温泉はもちろんですが、他にも様々な観光地やアクティビティなども楽しむ事ができる場所が多数存在します。そのため、家族旅行にもおすすめの地域でもあります。

温泉は単純泉と硫黄泉の2種類があり宿泊する宿によって違った湯質を満喫できます。温泉地は箱根登山鉄道の最終駅近辺。季節によって移り変わる様々な山の風景を楽しむ事もできます。自然を楽しみましょう!

■基本情報
名称:箱根温泉
エリア:神奈川県足柄下郡箱根町

5. 歴史ある日本の名湯で疲れを癒す!!「白骨温泉」

5. 歴史ある日本の名湯で疲れを癒す!!「白骨温泉」

長野県の山間にある白骨温泉は、鎌倉時代から数百年の歴史がある名湯で、山間にひっそりと佇んでいる事から秘湯と言われています。湯質は単純硫化水素の為湯口から出ているお湯の色と湯船のお湯の色が違う事が特徴で、三日はいれば風邪を引かないと言われる効能が有名です。

文人墨客に愛されてきた温泉で、小説にも登場した事温泉地です。周辺には滝や池など観光名所もあり自然のマイナスイオンを浴びながら温泉、観光共に満喫できる温泉地です。長野県で温泉を楽しみたい!といった際には、ここに足を運んでください!

■基本情報
名称:白骨温泉
エリア:長野県松本市安曇

6. シンボルを眺めながら温泉に入る事ができる「富士河口湖温泉」

6. シンボルを眺めながら温泉に入る事ができる「富士河口湖温泉」
photo by sesamiho   /   embedded from Instagram

山梨県にある富士河口湖温泉は、東京からも気軽に行ける温泉地域として人気が高いエリアです。ここの温泉は日本のシンボルでもある富士山と河口湖を眺める事の出来る露天風呂や展望風呂を備えた宿が点在しており、総称で富士河口湖温泉郷と言われています。

温泉は複数の源泉が湧出ており、天水の湯、霊水の湯、芙蓉の湯、麗峰の湯などと宿によって違った温泉を楽しむ事ができます。訪れる時期によって四季折々の富士山の風景を堪能しながらエネルギーをチャージできる事間違いなしの温泉地です。ぜひ行ってみてくださいね!

■基本情報
名称:富士河口湖温泉
エリア:山梨県南都留郡富士河口湖町

7. 日本屈指の温泉郷!和歌山県の人気温泉街「白浜温泉」

7. 日本屈指の温泉郷!和歌山県の人気温泉街「白浜温泉」
photo by oniobake_31   /   embedded from Instagram

関西地方に位置する和歌山県。ここにも多くの温泉街があります。そんな和歌山県にある温泉の1つ白浜温泉は、熱海温泉や別府温泉と並ぶ日本屈指の温泉郷です。日本最古の和歌集「万葉集」にもうたわれたことのある場所でもあります。

温泉周辺には長い年月をかけて自然が作り上げた景勝地が多数あり、またアミューズメント施設も豊富にあるため、一人旅はもちろん、家族連れにもおすすめの温泉地です。マリンスポーツの拠点として人気が高い場所でもあり、レジャーを楽しんだ後にゆったりと温泉に浸かり疲れをとるのにもおすすめです。

■基本情報
名称:白浜温泉
エリア:和歌山県

8. 松尾芭蕉も称えた「加賀温泉」

8. 松尾芭蕉も称えた「加賀温泉」

石川県にある加賀温泉は鶴仙渓沿いに広がる温泉地で、近隣には観光名所として有名なこおろぎ橋やあやとり橋など鶴仙渓遊歩道があります。北陸地方の石川県の豊かな自然を満喫する事ができる温泉街でもあります。実はここはかつて日本の文化人「松尾芭蕉」が扶桑三名湯に称えた古湯であるとも言い伝えられています。

こちらの温泉の湯質は肌にやさしいのが特徴的で、まろやかなお湯に感じるでしょう。日頃の疲れをそっと癒してくれる温泉です。ゆげ街道という温泉街がありますので、ぜひ浴衣で歩きながら温泉情緒を堪能してみてはいかがでしょうか。

■基本情報
名称:加賀温泉
エリア:石川県加賀市

9. 観光の拠点としておすすめ!「宮島・宮浜の温泉」

9. 観光の拠点としておすすめ!「宮島・宮浜の温泉」
photo by machinoeki201   /   embedded from Instagram

広島県にある宮島・宮浜の温泉は、日本三景としても有名な「宮島」の島内にある温泉です。ここの温泉は湯量が豊富なのが有名でもあります。神経系や関節系に効くと言われる効能は観光客をはじめ、地元宮島の人からも人気の温泉です。また保温効果が高い事でも有名です。

広島県の宮島といったら、見所が多い広島県の中でも特に観光スポットが多いエリア。周辺には世界遺産などの観光地が多く点在するため、観光の拠点として利用するにもおすすめの温泉地です。広島県へお出かけの際には、ぜひここの温泉を楽しんでください。

■基本情報
名称:宮島・宮浜の温泉
エリア:広島県廿日市市宮島町

10. 名物の砂蒸し風呂が人気!「指宿温泉」

10. 名物の砂蒸し風呂が人気!「指宿温泉」
photo by yuimiel   /   embedded from Instagram

鹿児島県にある指宿温泉は薩摩半島の東南位置しており、湯量が豊富で湧き出ている源泉は約800もあると言われています。市内各所で湧き出ている温泉もいいですが、おすすめは名物の砂蒸し風呂。

通常イメージするのは暖かいお湯の温泉かもしれませんが、こちらの温泉はちょっと変わっています。海岸の砂浜で頭だけを出し砂を被るというユニークな入浴方法の温泉。エステ効果があると女性をはじめ人気があります。お湯に浸かる入浴法もいいですが、観光ついでにいつもとは違った入浴方法を試してみてはいかがでしょうか。

■基本情報
名称:指宿温泉
エリア:鹿児島県指宿市

日本全国の温泉を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?日本全国には多数温泉が存在しますが同じ場所の温泉でも宿ごとに湯質が違ったり、入浴方法が違ったりと、ただ入浴するだけではなくその場所や宿での違いを感じるのも温泉の楽しみ方の一つです。また観光の宿泊先として温泉に入る人が多いですが、温泉そのものを旅の目的として利用するのもいつもの旅行とは違って良いのではないでしょうか。ぜひ日本の温泉を楽しんでくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者