これが名物!千葉県で必ず食べたいおすすめご当地グルメ10選!

県の西側にある房総半島が太平洋に面している千葉県。東京ディズニーランドや鴨川シーワルドなど、プレイスポットも満載な場所です。房総半島の採れたての海の幸を使ったなめろうやはかりめ、県の特産品でもある落花生を使ったお菓子などが有名ですが、他にもマンゴー、イワシ、うなぎ、アナゴ、更にはラーメンと様々なご当地グルメがあり、訪れる観光客の舌を楽しませてくれます。今回はそんな千葉でおすすめのご当地グルメをご紹介していきます。観光の合間やお土産に、千葉のご当地グルメを是非どうぞ。


[sponsored link]

1. 千葉といえば落花生!アイスクリームに仕立てた「ピネキ」

1. 千葉といえば落花生!アイスクリームに仕立てた「ピネキ」
photo by kei693   /   embedded from Instagram

千葉県民の間で必ずといっていいほど特産品として語られるのが「落花生」です。昭和の中期にテレビなどのメディアで取り上げられ、全国的に知られるようになってから現在に至るまで、千葉といえば落花生を思い浮かべる日本人は少なくありません。

落花生の直売所である「ピネキ」では、名物落花生をソフトクリームに仕立てた「ピーナッツソフトクリーム」を販売しています。ピーナッツの風味にソフトクリームのまろやかでミルキーな味わいがマッチした絶品スイーツは、わざわざ訪れてでも食べたい観光客で賑わっています。

定番の「落花生太鼓」や「落花生おこし」など、直売所では他の商品も多数取り扱っていますので、日本のお土産やおつまみに購入してみてはいかがでしょう。

■基本情報
名称:ピネキ(木村ピーナッツ)
住所:千葉県館山市下真倉236-3
電話番号:0470-22-3488
営業時間:9:00〜18:00
定休日:無休
アクセス:館山駅より徒歩20分
HP:http://kimura-honpo.com/
地図:「ピネキ」への地図

2. 房州名物の枇杷をふんだんに使った絶品メニューの「枇杷倶楽部」

2. 房州名物の枇杷をふんだんに使った絶品メニューの「枇杷倶楽部」
photo by kanayan_0423   /   embedded from Instagram

案外、千葉のご当地グルメとして知られていない枇杷。千葉の枇杷の歴史は古く、1751年に千葉県の富浦で栽培が始められたと伝えられています。歴史ある枇杷の美味しさはもちろん折り紙つきで、中でも「房州びわ」は毎年皇室に献上されるほどの逸品です。

その富浦にある「道の駅とみうら」の「枇杷倶楽部」では、びわソフトクリーム、びわカレー、びわドリンクなど、日本の枇杷発祥の地として、枇杷を使用した様々な種類のメニューを提供しています。一番人気はやはりソフトクリームです!

通常のソフトクリームとは別に、「超プレミアムびわ葉ソフトクリーム」というアップグレードの一品があり、こちらにはなんと枇杷の実もトッピングされているとあって、より枇杷らしさをを感じることができますよ。

■基本情報
名称:枇杷倶楽部
住所:千葉県南房総市富浦町青木123-1 道の駅とみうら内
電話番号:0470-33-4611
営業時間:10:00〜18:00
定休日:無休
アクセス:富浦駅より徒歩15分
HP:http://www.biwakurabu.jp/
地図:「枇杷倶楽部」への地図

3. 漁師料理が味わえるイワシの専門店「海の食処 なむら」

3. 漁師料理が味わえるイワシの専門店「海の食処 なむら」
photo by yutakatakubo   /   embedded from Instagram

耳馴れない呼び名をしている「ひしこ」というものをご存知でしょうか?インターネットで検索しても、日本海側の「へしこ」がヒットすることが多く、全国的な知名度としては「へしこ」に一歩劣ります。そんな「ひしこ」の正体は、「カタクチイワシ」です。

ご当地グルメとして有名なのは押し寿司ですが、「食処 なむら」ではいわし料理を数多く扱っているだけあって、押し寿司の他に餃子なんかも頂くことができます。ひしこを扱っている店は多かれど、餃子として提供している店はなかなかありませんよ。

また、豊富ないわし料理のメニューは、千葉の漁師料理の代表格でもある味噌といわしをたたいた「なめろう」、いわしの刺身をタレに漬け込んだ「づけ丼」、じっくりとトマトで煮込んだ洋風料理「いわしのトマト煮定食」など、バリエーションもとても豊かなのが嬉しいポイント。「ひしこの押し寿司」と「いわしのなめろう」という千葉の2大ご当地グルメを両方味わえるおすすめのお店です。

■基本情報
名称:海の食処 なむら
住所:千葉県南房総市和田町海発196-1
電話番号:0470-47-5477
営業時間:11:00〜16:00
定休日:水曜日
アクセス:南三原駅より徒歩15分
HP:http://www.algamarina.jp/
地図:「海の食処 なむら」への地図

4. 猪メンチカツや筍メンマが自慢の道の駅レストラン「たけゆら食堂」

4. 猪メンチカツや筍メンマが自慢の道の駅レストラン「たけゆら食堂」
photo by ishiimegumi0904   /   embedded from Instagram

千葉県夷隅郡大多喜町の名産品といえば、筍と猪です。近年、日本でブームとなっている道の駅。道路脇に設置された無料で利用できるその施設には、地域の名産品や特産品が並びます。「道の駅 たけゆらの里 おおたき」も、そんな道の駅のひとつです。

「道の駅 たけゆらの里 おおたき」の施設内にあるレストラン「たけゆら食堂」では、地元産の名産品である猪や筍をふんだんに使用したメニューがずらりと揃っています。人気メニューは猪をメンチカツにした「猪メンチカツ」(200円)や、猪メンチカツを添えた「忠勝カレー」(980円)に、猪のチャーシューを贅沢にも3枚使用した「里山ラーメン」(800円)などがあります。

他にも、筍のメンマを乗せた「たけゆらラーメン」(600円)や、「筍肉まん」(270円)、「ウリ坊まん」(200円)、「ウリ姫まん」(200円)などがあり、バラエティ豊かな猪、筍メニューを堪能することができるお店となっています。

■基本情報
名称:たけゆら食堂
住所:千葉県夷隅郡大多喜町石神855
電話番号:0470-82-5566
営業時間[9月〜6月]:9:00〜16:30
営業時間[7月〜8月]:9:00〜18:00
定休日:年末年始
アクセス:東総元駅より徒歩20分
HP:http://www.takeyura.net/
地図:「たけゆら食堂」への地図

5. どんぶりたっぷりの穴子がおいしい「いそね」

5. どんぶりたっぷりの穴子がおいしい「いそね」
photo by 2ou16   /   embedded from Instagram

千葉県富津市の名物は穴子こと「はかりめ」です。はかりめの呼び名は、穴子の背中の模様が天秤量りに付いている目盛に似ているところに由来しています。穴子料理といえば、真っ先に思いつくのが「穴子丼」です。

富津市の東京湾近くにある「いそね」では、穴子の白焼きと蒲焼の両方を丼に仕立てた「はかりめ2色丼」(1960円)が食べられます。穴子丼といえば、通常は蒲焼を思い浮かべるものですが、上品な白焼きも味わえるこちらのメニューが一番人気となっています。

丁寧な職人技によって生み出される「はかりめ2色丼」は、なんと一日限定10食と、非常に希少価値の高いメニューとなっています。「はかりめ2色丼」を目的にする場合は、訪れる時間に注意して下さいね。通常の穴子丼や、定番の穴子天丼の他、寿司も扱っていますので、こちらも是非味わいたいところです。器たっぷりの名産の穴子を味わってみてはいかがでしょうか。

■基本情報
名称:いそね
住所:千葉県富津市岩瀬993-4
電話番号:0439-65-3535
営業時間:11:00〜20:00
定休日:月曜日
アクセス:大貫駅より徒歩10分
HP:http://www.isone.jp/
地図:「いそね」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→成田空港でおすすめの空き時間のまったり楽しい過ごし方8選!

→東京に来たらコレを食べろ!おすすめ江戸前ご当地グルメ10選!

6. リーズナブルな串焼きで鯨のベーコンが味わえる「串あげ処 しの」

6. リーズナブルな串焼きで鯨のベーコンが味わえる「串あげ処 しの」
photo by atazy   /   embedded from Instagram

日本でははるか昔から食用として食べられてきた鯨肉。そんな鯨肉は、昔は公家や武家の間で贈答品として扱われてきた希少品でした。民間に鯨肉の常食が広まったのは江戸時代で、この頃には食用として組織的な捕鯨が行われるようになっていました。千葉県もそのひとつであり、房総半島ではツチクジラなどが捕鯨されていて、鯨肉の干物や鯨のたれといった加工品も扱われていたようです。

近年では捕鯨問題もあり、なかなか身近な食品になりにくくなった鯨肉。しかし、千葉県柏市にある「串あげ処しの」では、そんな鯨肉をベーコンでいただくことができます。リーズナブルな串揚げを味わった後の口直しの一品として、鯨のベーコンはぴったりのメニューですよ。お値段は600円と少し値が張りますが、鯨ならではの味と風味をぜひ楽しんでみてくださいね。

■基本情報
名称:串あげ処 しの
住所:千葉県柏市柏4-4-8 SKビル2F
電話番号:04-7169-9494
営業時間:11:30〜14:00 / 17:00〜22:00
定休日:第2・3木曜日
アクセス:柏駅より徒歩5分
HP:http://kushiage-shino.com/
地図:「串あげ処 しの」への地図

7. ノンメタポークを使用した炙り丼が有名な「千葉らぁ麺」

7. ノンメタポークを使用した炙り丼が有名な「千葉らぁ麺」
photo by chibaramen   /   embedded from Instagram

ご当地グルメといえば、由緒や歴史を感じさせるものが多いものですよね。そんな中、最近になって新しい千葉のご当地グルメが誕生しました。その名も「千葉ぶた丼」です!こちらのぶた丼は、千葉県の地元のいすみ米と地元野菜を使用した「純・千葉産」の丼です。

そんなぶた丼の肉はというと、千葉大学が開発した「ノンメタポーク」です!10年の歳月をかけて開発された千葉発のヘルシーな豚肉と、地元食材のハーモーニーをぜひ味わってみてはいかがでしょう。

お値段は単品700円です。「千葉らぁ麺」では、千葉ぶた丼の他にも、通常のぶた丼も提供しています。こちらもふさこがね米を筆頭に、千葉の食材をふんだんに使用した一品で、値段は並盛り650円となっています。

■基本情報
名称:千葉らぁ麺
住所:千葉市中央区川崎町52-7 Ario蘇我1F フードコート
電話番号:043-208-1616
営業時間:10:00〜21:00
定休日:無休
アクセス:蘇我駅かより徒歩15分
HP:http://chibaramen.info/
地図:「千葉らぁ麺」への地図

8. 内房に行ったら是非とも食べたい竹岡ラーメン「梅乃家」

8. 内房に行ったら是非とも食べたい竹岡ラーメン「梅乃家」
photo by wei_ramen   /   embedded from Instagram

富津市の竹岡漁港に伝わる「竹岡ラーメン」は、一風変わったトッピングでラーメン愛好家の間で知られる料理です。通常のラーメンは煮込んだスープにチャーシューやネギをトッピングするものですよね。しかし、竹岡ラーメンはチャーシューを煮込んだスープをそのままスープのタレとして使用します。

たっぷり敷き詰められたチャーシューに、角切り玉ねぎをトッピングした豪快なものです。「梅乃家」の竹岡ラーメンは、山盛りの玉ねぎが特徴的な一品です。チャーシューの旨みをとことん味わえる竹岡ラーメン。近くに立ち寄った際には、是非味わってみてくださいね。

→ここだけは絶対に食べたい!東京都で人気のおすすめラーメン10選!

■基本情報
名称:梅乃家
住所:千葉県富津市竹岡401
電話番号:0439-67-0920
営業時間:10:00〜19:00
アクセス:竹岡駅より徒歩30分
地図:「梅乃家」への地図

9. 駅を出ないで食べられるご当地グルメ「弥生軒」

9. 駅を出ないで食べられるご当地グルメ「弥生軒」
photo by shimanagashi8   /   embedded from Instagram

最近では、交通網の発達により、ご当地グルメはご当地だけでなく全国各地で食べられるようになってきました。しかしながら、地元で地元民の胃袋を満足させている、これからの新しいご当地グルメも少なからず存在します。JR我孫子駅のホームにある「弥生軒」の「唐揚げそば・うどん」もそのひとつです。

駅から出ずにそのまま食べられる庶民のB級ご当地グルメは、いつからか自然と人気となり、今では我孫子を代表する料理となりました。立ち食いそばの店ですので、回転率は早いものの、わざわざ下車してまで食べに来る客がいるほどの盛況ぶりです。

麺を覆い隠す巨大な唐揚げが二つ乗ったこちらのメニュー。それでいて値段は540円とコストパフォーマンスに優れたB級ご当地グルメとなっています。電車を降りてでも食べる価値はありますので、ぜひ行き来のついでに立ち寄ってみてくださいね。

■基本情報
名称:弥生軒
住所:千葉県我孫子市本町2-4-3 JR我孫子駅ホーム内
電話番号:04-7182-1239
営業時間[平日]:7:00〜23:00
営業時間[土曜]:7:00〜22:30
営業時間[日曜]:7:00〜21:30
定休日:無休
アクセス:JR我孫子駅内
地図:「弥生軒」への地図

10. 地元米を贅沢に使用した本醸造酒が自慢の「木戸泉酒造店」

10. 地元米を贅沢に使用した本醸造酒が自慢の「木戸泉酒造店」
photo by supapa   /   embedded from Instagram

日本を代表するお酒である日本酒の中でも、やはり出来上がったばかりの新酒は美味しいものです。厳寒の折に仕込まれた日本酒は、冬を迎える頃に新酒としてしぼられます。酒造では、このしぼったばかりの新酒を「初しぼり」と呼び、通常の酒と区別しています。新鮮な味わいが通常の酒とは違うと、酒通の間では有名なんですよ。

千葉県にあるここ「木戸泉酒造店」では、55℃の高温で仕込んだ「アフス」や、地元米である総の舞を使用した「初しぼり 本醸造」、「初しぼり にごり酒 本醸造」などが人気となっています。ビジネスマン向けの雑誌やメディアで取り上げられることも多数あるほどの人気ぶりです。日本酒通にはたまらない地元の味を、ぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。

■基本情報
名称:木戸泉酒造店
住所:千葉県いすみ市大原7635-1
電話番号:0470-62-0013
営業時間[平日・土曜]:9:00〜16:30
営業時間[日曜]:10:00〜15:00
アクセス:大原駅より徒歩5分
HP:http://kidoizumi.jpn.com/
地図:「木戸泉酒造店」への地図

千葉県で美味しいご当地グルメを堪能しましょう!

いかがでしたでしょうか?千葉県は都心近くにありながらも、自然豊かな土地なため、おいしい食材が本当に豊富にあります。だからこそ、ここで生まれるご当地グルメも本当においしいものが揃っています。成田空港やディズニーランドなど、関東地方の旅行には欠かせないスポットも多数ありますので、ぜひその際に千葉県のご当地グルメを堪能してみてくださいね。

 
こちらも合わせてどうぞ:
→絶対乗りたい!東京ディズニーランドのおすすめ人気アトラクション10選!

→東京ディズニーシーで必ず乗りたい!おすすめ人気アトラクションTOP10!

→フライト前に食べたい!成田空港で人気のおすすめレストラン10選!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



同じカテゴリの人気記事




この記事の著者