人生で一度は行くべき!鳥取県でおすすめな人気観光スポット10選!

日本人でも、鳥取県の場所がわからない方は結構いるようです。人口も約57万人と、日本全国で一番少ない県となっています。ですが待ってください!鳥取には日本を代表するようなたくさんのおすすめ観光スポットがあるのです。今回は、「鳥取県で必ず行きたいおすすめ観光スポットランキング10選」をご紹介します。鳥取へお越しの際には、観光を楽しみましょう!

1. ココに行かなきゃ始まらない!鳥取観光の定番観光スポット「鳥取砂丘」

1. ココに行かなきゃ始まらない!鳥取観光の定番観光スポット「鳥取砂丘」

やはり、鳥取といえばココでしょう!東西16km、南北2.4kmに及ぶ海岸砂丘の「鳥取砂丘」です。「馬の背」と呼ばれる、砂丘で最も高い場所から眺める景色は最高です。登るのには少し苦労しますが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ラクダに乗っての砂丘遊覧や、サンドボード体験などのアクティビティーも充実しています。また、近くには「鳥取砂丘砂の美術館」がありますので、そちらで砂の彫刻作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。普段は美術館に行かない方も、実際に訪れてみるとテンションが上がりますよ!鳥取の代名詞へ、ぜひ行ってください。

■基本情報
名称:鳥取砂丘
住所:鳥取県鳥取市福部町湯山
アクセス:鳥取駅より車で20分

HP:http://sakyu.city.tottori.tottori.jp/
地図:「鳥取砂丘」への地図

2. 神話の舞台にもなった鳥取の観光名所!「白兎神社・白兎海岸」

2.  神話の舞台にもなった鳥取の観光名所!「白兎神社・白兎海岸」

日本の有名な神話「因幡の白兎」の舞台となった「白兎(はくと)神社」「白兎海岸」は、鳥取県にあります。神域には白ウサギが傷口を洗ったという池もあり、皮膚病や火傷にご利益があると言われています。また、神話の中で白ウサギは大国主命と八上姫を結び付けたことから、縁結びの神社としても有名です。

神社の近くには美しい「白兎海岸」があります。夏になると海水浴やサーフィンを楽しむ方で賑わう場所です。沖合には、白ウサギが渡ってきたとされる「淤岐ノ島(おきのしま)」も見えます。ぜひ訪れてみてくださいね。

■基本情報
名称:白兎神社
住所:鳥取県鳥取市白兎603
TEL:0857-59-0047
授与時間:9:00~16:00(社務所)
アクセス:鳥取駅よりバス約40分

HP:https://hakutojinja.jp/
地図:「白兎神社」への地図

3. 今や世界でも人気な漫画の世界を体験!名探偵コナンの「青木剛昌ふるさと館」

3. 今や世界でも人気な漫画の世界を体験!名探偵コナンの「青木剛昌ふるさと館」
photo by aiueo5525   /   embedded from Instagram

人気漫画「名探偵コナン」の作者である青山剛昌さんは、鳥取県北栄町由良宿のご出身です。平成27年には「鳥取空港」の愛称が「鳥取砂丘コナン空港」になるほど、地元でも愛されています。

「青木剛昌ふるさと館」はその名の通り、青木剛昌さんの博物館です。館内には英語・中国語・ハングルでの展示もあります。ふるさと館は「コナン通り」と呼ばれる道にあり、途中には「コナン大橋」やキャラクターのブロンズ像などがありますので、コナンファンの方にはたまらないスポットになっています!日本の人気漫画の世界を体験しましょう!

■基本情報
名称:青木剛昌ふるさと館
住所:鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414 
TEL:0858-37-5389
営業時間:9:30~17:30
定休日:年中無休
入園料:【大人】700円 /【中学生・高校生】500円 /【小学生】300円
アクセス:コナン駅(由良駅)より徒歩30分

HP:http://www.gamf.jp/
地図:「青木剛昌ふるさと館」への地図

4. 行くまでの道も楽しい!人気漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の町「水木しげる記念館」

4. 行くまでの道も楽しい!人気漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の町「水木しげる記念館」
photo by kitty_mitamura   /   embedded from Instagram

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげるさんは、鳥取県境港市出身。そんな水木さんのこれまでの作品を存分に楽しめるのがこちらの「水木しげる記念館」です。ここでは、水木しげるさんと妖怪たちの世界を思い切り楽しめます!

また、境港駅から記念館の間には「水木しげるロード」という道があります。鬼太郎や目玉の親父などのブロンズ像(その数なんと153体!) ・河童の泉・妖怪神社などがあり、水木しげるさんワールドにどっぷりと浸ることができます。まさに妖怪の街です!あなたもそんな町を歩いてみませんか?

■基本情報
名称:水木しげる記念館
住所:鳥取県境港市本町5番地(本町アーケード通り)
TEL:0859-42-2171
営業時間:9:30〜17:00(入館受付 16:30まで)
定休日: 年中無休
入館料:【一般】700円 / 【中高生】500円 / 【小学生】300円
アクセス: 境港駅より徒歩10分

HP:http://mizuki.sakaiminato.net/
地図:「水木しげる記念館」への地図

5. 鳥取の地に古くから佇む歴史ある観光スポット!「金持神社」

5. 鳥取の地に古くから佇む歴史ある観光スポット!「金持神社」
photo by sayuri.ta0322   /   embedded from Instagram

鳥取には、何とも景気が良さそうな名前の神社があります。その名も「金持(かもち)神社」です!こちらの神社を訪れたら、宝くじに当選した・ビジネスが上手くいった・・・という声もあるそうです。その噂が本当かどうか、確かめにいってもいいのでは?

こちらの神社は実は非常に歴史が長い由緒正しいスポット。なんと1200年も前と伝えられています。もともとこの地には金色に輝く黄金にも勝ると言われていた「玉鋼」の産地だったことが名前にも由来しています。鳥取県へ観光に訪れた際には、ぜひここの神社へも足を運んでみてくださいね!

■基本情報
名称:金持神社
住所:鳥取県日野郡日野町金持1490
TEL:0859-72-0481
営業時間:10:00~16:00
定休日:年中無休
アクセス:根雨駅より車で約7分

HP:http://kanemochi-jinja.net/
地図:「金持神社」への地図

6. 他では体験できない鳥取の珍名所!「江島大橋」

6. 他では体験できない鳥取の珍名所!「江島大橋」

橋といったら、あなたはどのような形をイメージしますか?一般的には陸と陸の間にまっすぐ通っている姿を思い浮かべますよね。ですが、鳥取にあるこちらの“ベタ踏み坂”こと「江島大橋(えしまおおはし)」はそんな一般的な橋とはちょっと異なります。島根県松江市八束町と鳥取県境港市渡町とを結んでいるこの橋、傾斜が凄すぎます!

最も高い地点は、水面から44.7mだそうです。なぜこんな構造になったかというと、大型船舶でも通過できるようにするためだったそうです。他では味わえないあの傾きを、一度は体感していただきたいです!

■基本情報
名称:江島大橋
住所:島根県松江市八束町から鳥取県境港市渡町の間
TEL:0859-47-0121(境港市観光案内所)
アクセス:境港駅より車で約10分

地図:「江島大橋」への地図

7. 伯耆富士との異名を持つ美しい山。鳥取の自然を感じる「大山(だいせん)」

7. 伯耆富士との異名を持つ美しい山。鳥取の自然を感じる「大山(だいせん)」

鳥取の名峰・大山は、「日本名峰ランキング」でベスト3に入るほど美しい山です。西側から見ると富士山のように見えることから、「伯耆富士」とも言われています。大山隠岐国立公園にも指定されており、西日本を代表する登山スポットでもあります。

この鳥取県を体表する山で楽しめるのは登山・ドライブ・温泉など、遊び方は様々です!春には綺麗な花、夏は新緑で森林浴、秋には鮮やかな紅葉、そして冬には雪景色と季節によって、また違った楽しみ方ができるので、何度でも訪れていただきたい山です。

■基本情報
名称:大山
住所:鳥取県西伯郡大山町末長500(大山町役場 観光商工課)
TEL:0859-52-2502(大山町観光案内所)

HP:http://www.daisen.gr.jp/
地図:「大山」への地図

8. なぜそんなところに!?目を疑うスポット!「三徳山三佛寺投入堂」

8. なぜそんなところに!?目を疑うスポット!「三徳山三佛寺投入堂」
photo by kenichi.tatsuhama   /   embedded from Instagram

三徳山三佛寺(さんぶつじ)は、開山して1300年にもなる天台宗のお寺です。その中でも特に目を引くのは「投入堂(なげいれどう)」です。切り立った壁に建てられている建物で、国宝に指定されています。その立地から、「日本一危ない国宝」とも言われています。

こちらの投入堂を近くで見るためには、厳しい山道を登る必要があります。参拝登山をする際は、服装と靴のチェックを受けなければならないほどです。決して軽い気持ちで登らないようにしてくださいね。なお、冬期や荒天時などは登ることはできません。鳥取に来たのなら一度はチャレンジしてみてください!

■基本情報
名称:三徳山三佛寺
住所:鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
TEL:0858-43-2666
アクセス: 倉吉駅より車で25分

HP:http://www.mitokusan.jp/
地図:「三徳山三佛寺」への地図

9. 鳥取で温泉を楽しむ。ほたるの光を一緒に。「三朝温泉」

9. 鳥取で温泉を楽しむ。ほたるの光を一緒に。「三朝温泉」

鳥取の名所「三徳山」に参拝する前、かつて心身を清める場とされていたのがこちらの「三朝温泉」でした。こちらは鳥取県にある有名な温泉街になります。ここ三朝温泉のお湯には高濃度のラドンが含まれています。そのお湯を浴びると、体の免疫力や自然治癒力が高まるそうですよ。

毎年6月になると温泉街では暗闇の中、綺麗に輝くホタルも見られます。宿泊しなくても入浴できる、日帰り温泉もありますので、せっかく三徳山まで来たらぜひ立ち寄っていただきたい温泉です。ぜひ旅の疲れを癒しに、ここへ足を運んでみてくださいね!

■基本情報
名称:三朝温泉
住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝(三朝温泉旅館協同組合・三朝温泉観光協会)
TEL:0858-43-0431(三朝温泉旅館協同組合・三朝温泉観光協会)
アクセス:倉吉駅より車で20分

HP:http://spa-misasa.jp/
地図:「三朝温泉」への地図

10. 鳥取で絶対に行ってほしい観光スポット!「智頭町の町並み」

10. 鳥取で絶対に行ってほしい観光スポット!「智頭町の町並み」
photo by iriekko   /   embedded from Instagram

恋山形駅より車で8分程度走った場所にある、鳥取でも特におすすめの観光スポットが、こちらの「鳥取県智頭(ちづ)町」です。鳥取県智頭(ちづ)町は、人口8,000人ほどの小さな町です。江戸時代には鳥取藩最大の宿場町として栄えました。当時の智頭町には、お茶屋や奉行所などが置かれていたそうです。

ここで楽しめるのは風情のある街並み。国指定の重要文化財として指定されている建物も多く有り、辺りを散策しているだけでも楽しい気分になれます。カメラを片手にゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。ぜひとも訪れてほしい観光スポットです。

■基本情報
名称:智頭町
住所:鳥取県八頭郡智頭町大字智頭2067-1(智頭町観光協会)
TEL:0858-76-1111(智頭町観光協会)
アクセス: 恋山形駅より車で8分

HP:http://www1.town.chizu.tottori.jp/
地図:「智頭町(智頭町観光協会)」への地図

鳥取県の有名観光スポットを巡ろう!

いかがでしたでしょうか?今回は鳥取県でぜひとも行ってほしいおすすめの観光スポット10選をご紹介しました!あなたが行ってみたいと思ったスポットはありましたか?ですが、今回ご紹介できたのは鳥取の観光スポットの中のほんの一部。この他にも素敵なスポットがたくさんあります!もう“影が薄い”なんて言わせません!ぜひ皆さん、鳥取に来てくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者