群馬県で定番のお土産ならコレ!絶対に買うべきおすすめな人気の銘菓・名産品10選!

群馬県は日本列島のちょうどど真ん中に位置する県。観光名所も点在していて、2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場など、歴史的なスポットも多いエリア。さらに草津温泉や伊香保温泉といった日本有数の温泉地があったりなど、見どころいっぱいの県です。そんな群馬県のお土産は、群馬ならではの食材を使った食品を中心に数多くの種類があります。今回はたくさんの人気商品の中からおすすめのお土産を厳選し、ご紹介したいと思います!


1. 群馬県の定番お土産がこれ!「永井食堂 もつっ子」

1. 群馬県の定番お土産がこれ!「永井食堂 もつっ子」
photo by erinko59   /   embedded from Instagram

群馬県にある永井食堂は、もつ煮が名物の定食屋さんです。いつも行列ができている人気店。トロットロのもつ煮はお店で食べられるほか、パックされたものも売っています。商品名は「もつっ子」。お土産としても大人気で、富岡製糸場近くにある永井食堂の売店でも買うことができます。

もつっ子は、日本一のもつ煮が手軽に食べられる商品。白モツとこんにゃくが入っています。ちょっとピリ辛な味付けで熱々のご飯との相性も抜群です。臭みはないので食べやすいのも嬉しいところ。モツの柔らかさも絶妙で、ほどよい噛みごたえが商品のクオリティの高さのあらわれです。また、ビールや日本酒など、お酒類にもよく合います。

■基本情報
店名:永井食堂(売店)
住所:群馬県渋川市上白井4477-1
TEL:0279-53-2338
営業時間(平日):9:00~18:00
営業時間(土曜):9:00~18:00
営業時間(日祭日):10:00~18:00
アクセス:赤城ICより車で15分

HP:http://www.cm-tokyo.com/
地図:「永井食堂」への地図

2. コーヒー専門店の逸品「大和屋 コーヒーゼリー」

2. コーヒー専門店の逸品「大和屋 コーヒーゼリー」
photo by nakajima.maemi   /   embedded from Instagram

大和屋はコーヒー豆や紅茶、和食器などの焼き物を豊富に揃えたお店です。群馬のお土産としてぜひおすすめしたいのが、大和屋の「コーヒーゼリー」!コーヒーの専門店ならではの本物のコーヒーの風味が楽しめます。

コーヒーゼリーは、カップに入ったゼリーをお皿にあけて、ミルクをかけていただきます。てっぺんのくぼみに溜まった白いミルク。その姿は自然の山にも似ています。これは北海道の雪で覆われた羊蹄山のイメージとのこと。もちろん味も見事です。

木炭焙煎による大人な味わいが魅力。コーヒーらしい苦味とコク、口に含んだときに感じられる香りもいい感じ!寒天独特のちょっと硬めの食感も絶妙で、くせになりそうな一品です。

■基本情報
店名:大和屋 高崎本店
住所:群馬県高崎市筑縄町66-22
TEL:027-362-5911
営業時間:9:30~19:00
定休日:なし
アクセス:JR高崎駅より車で10分

HP:http://www.yamato-ya.jp/
地図:「大和屋 高崎本店」への地図

3. ご飯のお供に最適!群馬の家庭の味「たむらや みそ漬け」

3. ご飯のお供に最適!群馬の家庭の味「たむらや みそ漬け」
photo by ibarakimono   /   embedded from Instagram

1890年創業のたむらやといえば、上質な漬物のお店として知られています。なかでも「みそ漬け」はこちらの主力商品。ラインナップは豊富で、オーソドックスなみそ漬け以外にも「チーズみそ漬け」や、「みそ漬けふりかけ」など様々な種類のものが用意されています。

じっくりと熟成された「みそ漬け」は、いろいろな食べ方が楽しめます。味噌をさっと洗って、薄めに切って食べたり、細かくきざんで納豆と混ぜたり。味噌自体も様々な使い方が可能。汁物に使ったり、肉などを漬けたりとアイデア次第で幅が広がります。そのほか、「チーズみそ漬け」もおすすめの商品です。お酒のおつまみにも合いますし、白いご飯のおかずとしてもおいしいんです!

■基本情報
店名:たむらや 千代田町本店
住所:群馬県前橋市千代田町4-9-5
TEL:027-235-2345
営業時間:10:00~18:30
定休日:水曜日
アクセス:JR前橋駅より徒歩15分

HP:http://www.tamuraya.com//
地図:「たむらや 千代田町本店」への地図

4. 群馬の人気お土産の1つ!「ガトーフェスタハラダ グーテ・デ・ロワ」

4. 群馬の人気お土産の1つ!「ガトーフェスタハラダ グーテ・デ・ロワ」
photo by nishikatagram   /   embedded from Instagram

ガトーフェスタハラダは日本でも有数の老舗洋菓子店。全国的に有名ですが、じつは群馬県高崎市のお店です。看板商品である「グーテ・デ・ロワ」は、ハラダのラスクと呼ばれ、永く親しまれている人気のお菓子。群馬土産の定番商品としても知られています。パッケージや缶の箱もとてもおしゃれで素敵なので、贈られると嬉しいですよね。

伝統的なプレーン、バターを減らしたレジェ、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート。さらにバジルやチーズの味が楽しめるオードブルラスクなど、バリエーションも豊富です。どれもフランスパンならではのサクサクした食感が魅力的。季節限定の商品もあるのでこまめににチェックしましょう。

■基本情報
店名:ガトーフェスタハラダ 新本館シャトー・デュ・ボヌール
住所:群馬県高崎市新町1207
TEL:0274-43-1100
営業時間:10:00~19:00
定休日:1月1日
アクセス:JR新町駅より徒歩15分

HP:http://www.gateaufesta-harada.com/
地図:「ガトーフェスタハラダ 新本館シャトー・デュ・ボヌール」への地図

5. 群馬で長年愛されてる人気アイスをお土産に「シロフジ アイスまんじゅう」

5. 群馬で長年愛されてる人気アイスをお土産に「シロフジ アイスまんじゅう」
photo by bikke50   /   embedded from Instagram

シロフジは群馬県にある手作りアイスのお店です。ここの名物といえば「アイスまんじゅう」が超有名!これはその名前が示すとおり、アイスであり、同時にまんじゅうでもあるというもの。形はアイスキャンディーで、棒を手で持って食べます。まんじゅうとはいえ、凍っているのでいきなりかじるのは無理でしょう。ゆっくり舐めて溶かしながら食べましょう。ミルクとこしあんの風味がたまらないアイスです。

昭和20年代から作り続けられている地元の名物商品で、パッケージの絵や字体などからも古き良き昭和の時代の雰囲気が楽しめます。群馬県ならではのお土産としてもおすすめの商品。もちろんクール便での配送もお願いできます。

■基本情報
店名:シロフジ
住所:群馬県桐生市相生町1-298-9
TEL:0277-53-5115
アクセス:下新田駅より徒歩8分

HP:http://shirofuji.ocnk.net/
地図:「シロフジ」への地図

6. 高級感溢れる見た目。群馬県の名産品「田島屋 まゆこもり」

6. 高級感溢れる見た目。群馬県の名産品「田島屋 まゆこもり」
photo by ochisora   /   embedded from Instagram

世界遺産の富岡製糸場がある群馬県は、繭が特産品として知られている場所。田島家は1892年に創業した歴史ある和菓子店。その銘菓のひとつとして有名なのが「まゆこもり」です。コロッと丸みのある可愛らしい見た目が特徴的。お湯で溶かして、ドロリとした状態にしていただきます。品のある控えめな甘さが魅力です。「プレーン」以外にも「生姜」「抹茶」「桜」といった種類の味があります。

葛は身体に良い効果があり、血の巡りがよくなると言われているので、冷え性などに悩む人ににもおすすめです。また、身体のむくみにも効果的とのことです。美しい和紙による箱入りのセットは、お土産としても立派なたたずまい。結婚式の引き出物などにも合いそうな高級感があります。

■基本情報
店名:田島屋 本店
住所:群馬県富岡市内匠243-1
TEL:0274-62-1134
営業時間:9:30~19:00
定休日:水曜日 / 1月1日
アクセス:富岡ICより車で1分

HP:http://www.mayu-tajimaya.com/
地図:「田島屋 本店」への地図

7. 群馬旅行のお土産にぴったり!「丸久物産 かりんとうまんじゅう」

7. 群馬旅行のお土産にぴったり!「丸久物産 かりんとうまんじゅう」
photo by t_n41662   /   embedded from Instagram

丸久物産は群馬のお土産などを製造、販売する老舗メーカー。様々な商品を扱っていますが、特に有名なのが「かりんとうまんじゅう」です。見た目はまんじゅう。けれども外側のサクッとした食感がこのお菓子の特徴です。それはまさしくかりんとう!そして中身はしっとりとしたこしあんがたっぷり!黒糖の香りとこしあんの甘さの、絶妙なコンビネーションが楽しめます。

かりんとうまんじゅうの賞味期限は4日程度ですが、もっと日持ちのする「ソフトかりんとうまんじゅう」もあります。皮の部分がソフトタイプになっていますが、美味しさは変わらず。こちらは酸素なしでパックされたものなので、60日ほどもちます。お土産にもピッタリですね!

■基本情報
店名:丸久物産
住所:群馬県利根郡みなかみ町上牧802-2
TEL:0278-72-6157

HP:https://www.marukyu-ishop.com/
地図:「丸久物産」への地図

8. 群馬で50年以上親しまれている定番お土産「旅がらす本舗清月堂 旅がらす」

8. 群馬で50年以上親しまれている定番お土産「旅がらす本舗清月堂 旅がらす」
photo by kamishiman   /   embedded from Instagram

旅がらす本舗清月堂のお菓子「旅がらす」は、1958年に生まれ、 50年以上親しまれている群馬土産の定番商品。丁寧に焼かれた鉱泉せんべいにクリームの風味がたまらない一品です。せんべいはサクサクな歯ごたえで食べやすく、上質なミルククリームの甘さとよく合います。紅茶やコーヒーなど、いろいろな飲み物と一緒に食べるのもおすすめです。さらに旅がらすを冷やして食べてみるのもいいですね。ちょっと違ったスイーツのように楽しめます。

現在は様々な味のバリエーションがあり、選択肢が増えました。昔ながらのミルククリームはもちろん、「ゴールド旅がらす」にはチョコレートクリーム、レモンクリーム、バタークリームの味など、どれも他にはない味わいが魅力です。

■基本情報
店名:旅がらす本舗清月堂 小鳥町店
住所:群馬県高崎市下小鳥町西浦66-11
TEL:027-363-4633
営業時間:10:00~19:00
アクセス:JR高崎駅より車で15分

HP:http://www.seigetsudo.co.jp/
地図:「旅がらす本舗清月堂 小鳥町店」への地図

9. 納豆好き必見!「下仁田納豆」

9. 納豆好き必見!「下仁田納豆」
photo by bigwave73gd   /   embedded from Instagram

下仁田納豆は、赤松の経木で包まれた伝統的なスタイルの納豆。安全で信頼できる食材のみを使ったこだわりの商品。綺麗な三角形のパッケージが目印です。その包みも魅力的なので、納豆好きな方へのお土産に喜ばれます。包を開けるとびっしりと納豆が詰まっています。これはすべて手作業で行われているそうです。こだわりの職人技ですね。

下仁田納豆をおいしく食べるには混ぜ方が重要です!社長おすすめの混ぜ方は、右に51回、左に15回、右に5回、これを3セットとのこと。数えるのが大変そうですが、これを試してみるのも楽しそうですね!さらに、納豆にはネギも欠かせません。同じく下仁田の特産品である下仁田ネギともよく合います!

■基本情報
店名:マルシェ 前橋店
住所:群馬県前橋市南町1-20
TEL:027-243-0578
アクセス:JR前橋駅より徒歩10分

HP:http://www.fujitaweb.com/
地図:「マルシェ 前橋店」への地図

10. 群馬の自然の恵みをお土産に!「神津ジャージーバター」

10. 群馬の自然の恵みをお土産に!「神津ジャージーバター」
photo by amimonodisk   /   embedded from Instagram

下仁田にある神津(こうず)牧場では、牛乳やバター、チーズにヨーグルト、アイスクリームなど様々な乳製品が作られています。特に「神津ジャージーバター」は、お土産におすすめしたい商品!レトロなオレンジ色の缶に入ったバターです。「KOZU JERSEY BUTTER」と円を描くように書かれた文字、缶のデザインも秀逸。モノとしての高級感とワクワク感があって魅力的です。

おとなしく、小柄な体格が特徴のジャージー牛。こちらの商品はすべてジャージー牛乳を使ったものです。タンパク質と乳脂肪分が多く含まれていて、独特の濃厚な味わいが魅力の牛乳。しかし、とれる牛乳の量が少ないとのこと。こちらの乳製品、じつは貴重なものなのです。

■基本情報
店名:神津牧場
住所:群馬県甘楽郡下仁田町大字南野牧250
TEL:0274-84-2363
営業時間:8:00~17:00
アクセス:下仁田駅より車で35分

HP:http://www.kouzubokujyo.or.jp/
地図:「神津牧場」への地図

群馬県で相手に喜ばれるお土産を購入しよう!

群馬県は東京からのアクセスがしやすく、新幹線なら1時間もかからずに行けてしまいます。群馬で買うことのできるお土産はバリエーションが豊富で、いろいろな人の好みに合わせられるのも魅力的です。お土産を扱うショップもたくさんあります。特徴的なのは、老舗メーカーによるお土産が多いところ。古くから親しまれている名物が手軽にいただけるのも嬉しいですね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者