春の金沢で人気の桜の名所ならココ!絶対に行くべきおすすめな絶景お花見スポット10選!

石川県のほぼ真ん中に位置する金沢市は県庁所在地であり、市内には兼六園や金沢城など有名な観光スポットが多数あるだけでなく、数多くの茶屋街が残っており歴史を感じられる場所でもあります。そんな金沢では、春の季節になると桜が美しく咲き誇る土地でもあります。今回は歴史の街金沢で、お花見におすすめのスポットランキング10選をご紹介します。


1. 金沢の花見と言ったらココ!外せない花見スポット!「兼六園」

1. 金沢の花見と言ったらココ!外せない花見スポット!「兼六園」

金沢のお花見を紹介するにあたって、ここは外せません。金沢の観光スポットとしても全国的に有名な「兼六園」。日本三名園の一つである「兼六園」は、桜の名所100選にも選ばれており、普段は有料の園内も桜の開花時期に合わせて無料開放されます。

園内ではソメイヨシノをはじめ約420本、40種の桜が咲き誇り夜のライトアップでは金沢城をバックに幻想的な桜を眺める事ができます。石川県内の桜の名所という事もあり開花時期の人出はすごいですが、それだけ見応えがあるスポットです。ぜひ足を運んでみてくださいね!

■基本情報
名称:兼六園
住所:石川県金沢市兼六町1
TEL: 076-234-3800
開園時間(3月~10月15日):7:00~18:00
開園時間(10月16日~2月);8:00~17:00
定休日:無休
アクセス: JR金沢駅より車で11分

HP:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html
地図:「兼六園」への地図

2. 国指定の天然記念物の桜を楽しむ。贅沢なお花見を「松月寺の大桜」

2. 国指定の天然記念物の桜を楽しむ。贅沢なお花見を「松月寺の大桜」
photo by katsuji_sawamoto   /   embedded from Instagram

金沢駅からは少し距離がありますが、こちらの「松月寺」もおすすめのスポットです。こちらの松月寺では、大桜が1本そびえ立っています。他のスポットの様に何本もの桜が開花するわけではなくこの大桜が1本だけですが、この桜は国の天然記念物に指定されており推定樹齢約400年の山桜。江戸時代は藩主も敬意を払い槍を伏せて前を通ったと言われる別名「御殿桜」とも言われています。

時期になると5cmもの大きな花を咲かせ1本でもその存在感と美しさに圧倒される事間違いなしの桜です。一度は見てほしい、そんな桜を楽しみましょう。

■基本情報
名称:松月寺
住所:石川県金沢市寺町5-5-22
TEL:076-241-0874
アクセス: JR野町駅より徒歩約13分

地図:「松月寺」への地図

3. 桃源郷の様な風景が楽しめるお花見スポット「金沢城公園」

3. 桃源郷の様な風景が楽しめるお花見スポット「金沢城公園」

金沢の観光スポットといえば、日本三名園の兼六園が有名ですが、そんな名園の隣にある桜のお花見スポットがこちらの「金沢城公園」です。ここは金沢城の城扯を整備して作られた公園で、桜の開花時期になると園内の約360本のソメイヨシノが一斉に咲き誇り金沢城と桜という美しい風景が花見の名所となっています。

特に桂坂口から見る事の出来る周囲を桜で囲まれた石川門は、その風景がまるで桃源郷の様な美しさだと評判のスポットとなっています。春の時期に金沢へお越しの際には、ぜひここのスポットへ訪れてみてはいかがでしょう?

■基本情報
名称:金沢城公園
住所:石川県金沢市丸の内1−1
アクセス: JR金沢駅より車で約7分

地図:「金沢城公園」への地図

4. のんびり花見をしたいなら!金沢の穴場スポット「浅野川河川敷」

4. のんびり花見をしたいなら!金沢の穴場スポット「浅野川河川敷」
photo by ma_tsuribaka_nao   /   embedded from Instagram

男川と呼ばれる犀川を対比して、別名「女川」とも言われる「浅野川」は、日本の有名ドラマなどの撮影でよく利用される「梅の橋」を眺める事ができる場所です。対岸には情緒溢れる茶屋街がありどこか穏やかな雰囲気がある場所。開花時期にはその穏やかな川の河川敷に桜並木が続きます。

昼は穏やかな川の流れと桜でのんびり過ごすことができる他、夜は茶屋街のぼんぼりに灯りが灯り八尾おわら流しのイベントが開催され、踊りを観ながら幻想的な世界観を感じる事ができます。金沢でゆっくりと桜を楽しみたいならここがおすすめです!

■基本情報
名称:浅野川河川敷
住所:石川県金沢市

5. 満開の桜を楽しめる!その景色は一見の価値あり!「卯辰山公園」

5. 満開の桜を楽しめる!その景色は一見の価値あり!「卯辰山公園」
photo by green0824   /   embedded from Instagram

市民の憩いの場として利用されている「卯辰山公園」は市の総合公園で、園内の見晴らし台からは天気が良い時には白山系から日本海までを一望できる地元の人には知られたビュースポットがあります。園の外側からは卯辰山循環園沿いを車で走りながら約250本のソメイヨシノが見られる他、園内の400年の森ではソメイヨシノをはじめ約250本の様々な桜を眺める事ができます。

また春の桜はもちろんですが、春以外の季節もその四季を感じられるスポット。一年を通して自然の変化を感じてみてはいかがでしょうか?ぜひお越しください!

■基本情報
名称:卯辰山公園
住所: 石川県金沢市末広町地内
アクセス: JR金沢駅より車で約20分

地図:「卯辰山公園」への地図

6. 芝生でのんびり桜を観賞する。「犀川緑地」

6. 芝生でのんびり桜を観賞する。「犀川緑地」
photo by ichssp   /   embedded from Instagram

浅野川とは逆で豪快な流れの犀川は別名「男川」と言われています。そんな男川の河川敷に広がっているのが、今回ご紹介するおすすめ桜の花見スポット「犀川緑地」です。こちらの河川敷には芝生が延々と続き、その芝生に並んで桜並木が続く場所です。

花見の時期はもちろん、普段からピクニックができる場所として人気のスポットで、子供向けの遊具などもあるため、家族連れに人気のスポットでもあります。桜並木の下を散歩したり、芝生の上でのんびり読書をしながら桜を眺め自然を感じてみるのに最適の場所ですね!ぜひ堪能してください。

■基本情報
名称:犀川緑地
住所:石川県金沢市西大桑町
アクセス:野町駅より車で12分

地図:「犀川緑地」への地図

7. 花見散歩におすすめ!「金沢大学角間キャンパス」

7. 花見散歩におすすめ!「金沢大学角間キャンパス」
photo by nika_mercury   /   embedded from Instagram

地元金沢の人にもあまり知られていない金沢のお花見スポットが、こちらの「金沢大学角間キャンパス」です。こちらの花見スポットでは、開花時期には構内の桜見学が自由にする事ができ、代表的な桜だとソメイヨシノやヤマザクラが学校内で咲き誇ります。

構内の桜は樹齢30年前後のものがほとんどで、各所の桜の木に比べると小ぶりで細い幹のものが多いですが、構内の通路沿いに続く桜を見ながらの散歩は穏やかな気持ちにさせてくれる事間違いなしのスポットです。たまには学生気分に浸って、桜を楽しんでみてはいかがでしょう?

■基本情報
名称:金沢大学角間キャンパス
住所:石川県金沢市角間町
TEL:076-264-5111
アクセス: JR金沢駅よりバスあり

地図:「金沢大学角間キャンパス」への地図

8. 金沢桜100景に選ばれている「金沢市営陸上競技場」

8. 金沢桜100景に選ばれている「金沢市営陸上競技場」
photo by sachiko_247   /   embedded from Instagram

金沢の桜100景に選ばれている「金沢市営陸上競技場」は、観光客にはあまり知られていないですが、地元金沢の人からは人気のスポットです。桜が満開の時期には、競技場内が開放され、スタンドで桜を眺めながら自由飲食をする事もできます。

競技場内の至る処に桜の木が植えられているため、もちろんゆっくりと座って観賞もいいですが、ここの場合は競技場内を散歩がてら歩き回ってみてもいいかもしれませんね!金沢の地元で人気な桜のお花見スポット、ぜひ金沢へ観光に訪れた際には、足を運んでみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:金沢市営陸上競技場
住所:石川県金沢市弥生3-5-1
TEL: 076-241-0049
アクセス:野町駅より徒歩約20分

地図:「金沢市営陸上競技場」への地図

9. 金沢独特の雰囲気を味わう。まるでタイムスリップした様な場所「主計町茶屋街」

9. 金沢独特の雰囲気を味わう。まるでタイムスリップした様な場所「主計町茶屋街」
photo by nkdt0001   /   embedded from Instagram

石川県金沢市の三大茶屋街の一つで、浅野川に面している「主計町茶屋街」は、旅館や料亭が軒を連ねており、江戸時代をお彷彿させるような、昔ながらの情緒溢れる場所です。そのため、こちらのスポットは金沢の中でも観光スポットとして有名な場所で、多くの人が訪れています。

そんな情緒溢れる茶屋街の川沿いには桜並木が続き、しっとりと落ち着いた町の雰囲気の中花見をする事ができます。また夜は街灯の優しい灯りの中夜桜を眺めるとタイムスリップした様な感覚になれるスポットです。ここの桜、一見の価値ありです!

■基本情報
名称:主計町茶屋街
住所:石川県金沢市主計町
アクセス:橋場(バス停)より徒歩5分

地図:「主計町茶屋街」への地図

10. 金沢の町を丸ごと堪能する!観光も花見も楽しみたいなら!「城下まち金沢周遊バス」

10. 金沢の町を丸ごと堪能する!観光も花見も楽しみたいなら!「城下まち金沢周遊バス」
photo by tomoryoshka   /   embedded from Instagram

花見と言えば各所に足を運んで間近で桜を眺める事が多いですが、歴史的観光名所の多い金沢だからこそ「城下まち金沢周遊バス」を利用した普段とはちょっと違った花見がおススメです。

この周遊バスは金沢市内にある有名な観光スポットを巡るバスで、開花時期に乗車する事で有名観光スポットの桜を全て満喫する事ができる知る人ぞ知る花見特等席です。バスに乗って移動するため、普段はあまり歩かないという人にもおすすめです!観光もできて花見もできてと、一石二鳥ですよね!金沢ではぜひ一度試してみてください!

■基本情報
名称:城下まち金沢周遊バス
TEL:076−237-5115

金沢で歴史情緒溢れる花見を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?有名なスポットからちょっと変わった花見の仕方まで紹介してきましたが、歴史的建造物が多く残る金沢はその歴史と寄り添ってきた桜を眺めながら花見をする事ができるどこのスポットも素敵な場所です。大勢でワイワイ楽しく花見をするのもいいですが、情緒を感じながらしっぽり花見をするのもいいですね!ぜひ春にお越しくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者