ひんやり地下探検!岐阜県で人気の鍾乳洞洞窟おすすめ6選

酷暑続きで夏のレジャーはどこへ行っても暑いよね、とお悩みの方!天然のクーラーの効いた鍾乳洞へ行ってみませんか?今回は岐阜県で人気の鍾乳洞をご紹介します。岐阜と言えば、温泉や伝統建造物の観光地で有名ですが、膨大な年月をかけて自然が作った神秘の場所、鍾乳洞や洞窟が各所に多くあるんです。岐阜への旅に今年は涼しい鍾乳洞見学を加えてはいかがでしょうか。

大滝鍾乳洞

大滝鍾乳洞
photo by hibi_kk   /   embedded from Instagram

大滝鍾乳洞は、奥行きが2kmにも及ぶ東海地区最大級の鍾乳洞です。現在は鍾乳石が発達した700mの範囲を見学することができます。洞内の最深部にある30mの落差を誇る大きな滝がありますが、その豊富な水脈は現在も鍾乳石を成長させています。水源は未だ調査されていませんが水流は見学することができます。また、鍾乳洞は郡上八幡の山中にあるため入口までは木製のケーブルカーで向かいます。夏季は入口付近で流しそうめんなどのイベントも行われているそう。事前にチェックしてぜひ涼を求めて地底に行ってみませんか?

■基本情報
施設名:大滝鍾乳洞
住所:岐阜県郡上市八幡町安久田大棟2298
TEL:0575-67-1331
営業時間:8:30~17:00(9/1迄は~18:00・最終入場17:30)
定休日:年末年始、1~2月の平日
アクセス:車:郡上八幡駅から15分、郡上八幡インター15分

HP:http://www.ootakicave.com/
地図:「大滝鍾乳洞」への地図

郡上鍾乳洞

郡上鍾乳洞
photo by chii_777   /   embedded from Instagram

群上鍾乳洞は、以前は「油石洞」とよばれていた鍾乳洞です。洞内には水路で繋がれた地底湖がいくつもあり、まるで地下運河のような様相を見せています。 鍾乳石はあまり発達していない代わりに、地底の豊富な水脈が趣きを見せています。そのため絶えず足元にきれいな水が流れている状態なので、滑らないよう足元に気を付けて進みます。中は普段暗いですが、入口で料金を払うと係の方が電気をつけてくれるアットホームな雰囲気もあります。清涼な水と空気が気持ちいい鍾乳洞なので癒されたい方にもおすすめですよ!

■基本情報
施設名:郡上鍾乳洞
住所:岐阜県郡上市八幡町入間
TEL:0575-68-2101
アクセス:長良川鉄道群上八幡駅前~バス30分 油石洞前下車

地図:「郡上鍾乳洞」への地図

縄文鍾乳洞

縄文鍾乳洞
photo by hiro375   /   embedded from Instagram

縄文鍾乳洞の由来は、洞内に縄文~弥生時代の住居跡が見つかったことからその名がついています。土器や人骨なども発掘されておりますが、出入口はまた溶解されたため確認できない状態となっています。この鍾乳洞は、高低差55mに七層の迷路状の構造。洞内はそこまで整備されていないため、地底探検アドベンチャーな気分が味わえ、またはるか昔にここに人が住んでいたというロマンも感じることができる鍾乳洞です。

■基本情報
施設名:縄文鍾乳洞
住所:岐阜県郡上市八幡町安久田
TEL:0575-67-1000
営業時間:土日祝9:30~16:30 GW・夏休みは毎日営業
定休日:12月~3月は休業
アクセス:車:郡上八幡インターから15分

HP:https://www.gujokankou.com/spot/01hachiman/910.html
地図:「縄文鍾乳洞」への地図

蛇穴(じゃあな)

蛇穴(じゃあな)
photo by madame.ran   /   embedded from Instagram

蛇穴とは、大蛇が住んでおり豊かな水の恵みを与えていたと伝説のある名水の湧き出る岩穴です。奥行きは25m整備された観光洞ではないので一般の人は途中までしか入れません。さらに入洞する場合はちゃんとした装備が必要となってくるので殆どは入口を見るのみが多いでしょう。名水は地酒に使われているほどの美味しさを持っています。郡上鍾乳洞群のいちばん下の層がここ、蛇穴に繋がっているとみられています。近くに道の駅がありますので、楽しみつつ蛇穴を覗いてみてはいかがでしょうか。

■基本情報
施設名:蛇穴
住所: 岐阜県郡上市和良町野尻
TEL:0575-77-2211
営業時間:8:00~17:00(道の駅和良)
定休日:火曜・年末年始
アクセス:長良川鉄道 郡上八幡駅前バス~ 八幡バス和良線~鹿倉口下車。 そこから道の駅和良徒歩1km

HP:http://gujo-wara.jp/info-sightseeing/44-dragon-cavern.html
地図:「蛇穴」への地図

関ヶ原鍾乳洞

関ヶ原鍾乳洞
photo by n_h.s11   /   embedded from Instagram

関ヶ原鍾乳洞は、名前のとおり関ヶ原古戦場の近くに位置する鍾乳洞です。518mの道は整備されて灯りもあり階段もないため、ベビーカーで歩くことも可能。気温は15℃で一定しており夏はひんやりクールダウンできますよ。地下に沁み出る清涼な湧き水にはニジマスが泳ぎ古生代の化石も見られ、発見の連続です。洞内の湧水は「玉倉部の泉」としてそのまま外に流れて名水となっています。ご当地の蕎麦もこの名水で作られているので鍾乳洞の食堂で食べらるんだとか!鍾乳洞の中で、歴史と自然に想いを馳せてみませんか?

■基本情報
施設名:関ヶ原鍾乳洞
住所: 岐阜県不破郡関ヶ原町大字玉1328-3
TEL:0584-43-0092
営業時間:7~8月9:00~17:00 12~2月10:00~16:00 他9:00~16:30
定休日:水曜・年末年始 7~8月無休
アクセス:JR東海道本線 関ヶ原駅下車。 徒歩80分(4km)

HP:http://www12.plala.or.jp/tamakan/
地図:「関ヶ原鍾乳洞」への地図

飛騨大鍾乳洞

飛騨大鍾乳洞
photo by neymar0018   /   embedded from Instagram

飛騨大鍾乳洞は、日本一高い標高900mに位置し、全長800mに及ぶ国内屈指の観光鍾乳洞です。はるかな時間をかけて造られた地底のひとつひとつに悠久の時の流れと神秘を感じることができます。特色のひとつは、つららのような細い鍾乳管(ストロー)やねじれた形などの独特で美しい鍾乳石が有名です。また、併設された大橋コレクション館は鍾乳洞を発見した大橋外吉氏の貴重なコレクションを鍾乳洞入場料金で見ることができます。さらに厳冬期には圧倒的な存在感の「氷の渓谷」も堪能できますよ。一年を通して様々な楽しみ方のできる人気の鍾乳洞はぜひおすすめです!

■基本情報
施設名:飛騨大鍾乳洞
住所:岐阜県高山市丹生川町日面1147
TEL:0577-79-2211
営業時間:8:00~17:30(最終受付17:00)
定休日:無休
アクセス:高山駅からバス30分

HP:https://www.syonyudo.com/
地図:「飛騨大鍾乳洞」への地図

まとめ

岐阜県で人気の鍾乳洞、洞窟をご紹介しましたが、いかがでしたか?ひとくちに鍾乳洞と言っても各地でいろんな特色があり、魅力や見どころが異なるところが面白いですね。地下にあるため気温が一定の鍾乳洞は、新しい避暑観光地として人気が非常に高まってきてます。ファミリーやカップル、グループどなたにも楽しめるスポットになっています。岐阜に訪れたらぜひ足を運んでみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事