金沢で絶景の秋の紅葉を楽しむ!人生で一度は見たいおすすめな人気の紅葉の名所10選!

武家文化の様式美が残る、石川県金沢市。東京からの新幹線も開通したことによって、いままでに増して観光客で賑わってきています。そんな歴史ある街に訪れる秋は、やはり美しさと情緒漂う雰囲気が満ちています。今回はそんな金沢市を中心に少し足をのばして白山市など、金沢近郊の紅葉スポットを厳選して10箇所ご紹介します。ぜひ体験してみてください。


1. あまりにも有名な庭園美の紅葉。金沢では外せないスポット「兼六園」

1. あまりにも有名な庭園美の紅葉。金沢では外せないスポット「兼六園」
photo by tsurutayuji   /   embedded from Instagram

金沢の観光スポット、そして紅葉の名所として最も人気なのは、やはり「兼六園」です。日本三名園に挙げられる代表的な大名庭園で、江戸時代に”加賀藩主前田家”が作庭したもの。広さは約11万平方m。いろんな種類の樹木が植え込まれ、四季折々に美しい情景を楽しませてくれますが、園内にはカエデも多く、晩秋には紅葉が色鮮やかに赤く染まります。

見頃は11月中旬から12月上旬。11月にはライトアップされ、日中とは異なる幻想的な雰囲気に包まれます。金沢で紅葉を楽しむなら、ここは外せないおすすめスポットです!

■基本情報
名称:兼六園
住所:石川県金沢市兼六町1
TEL:076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
開園時間(3月〜10月15日):7:00~18:00
開園時間(10月16日~2月末日):8:00~17:00
料金:大人310円、小人100円
アクセス:JR金沢駅より車で10分

HP:http://www.pref.ishikawa.jp/
地図:「兼六園」への地図

2. 観光名所のそばにある、金沢の穴場紅葉スポット「西田家庭園 玉泉園」

2. 観光名所のそばにある、金沢の穴場紅葉スポット「西田家庭園 玉泉園」
photo by kimuraandco   /   embedded from Instagram

すぐ近くにある有名な兼六園よりも、さらに120年もの長い歴史をもつ、池泉回遊式庭園「西田家庭園 玉泉園」。中国・南宋時代の描いた「玉澗様山水三段滝図」にそって作庭され、景石や飛石には全国の銘石が集められています。金沢最古の茶室灑雪亭(さいせつてい)など、歴史的にも価値ある庭園です。

観賞用の庭園である「西田家庭園 玉泉園」は、秋には素晴らしい表情を見せてくれます。燃えるような真っ赤なカエデの紅葉が、情緒的な建物の黒に映えわたり、思わず深呼吸してしまうほど。見頃は11月下旬で、この時期には珍しいカキツバタも見られます。ぜひご覧ください。

■基本情報
名称:西田家庭園 玉泉園
住所:石川県金沢市小将町8-3
TEL:076-221-0181
料金:入園大人700円、高校生600円、小・中学生500円
時間:9:00〜17:00
定休日:なし
アクセス:JR金沢駅より車で13分

HP:http://www.gyokusen-en.net/
地図:「西田家庭園 玉泉園 」への地図

3. 多くの寺院が立ち並ぶ歴史ある紅葉名所「寺町寺院群」

3. 多くの寺院が立ち並ぶ歴史ある紅葉名所「寺町寺院群」
photo by masashige   /   embedded from Instagram

「寺町寺院群」は、石川県金沢市寺町、野町にあるお寺が多く集まった町のことです。江戸時代に一向一揆に対する防衛策として、この地に寺院が集められたそうです。忍者寺として知られる「妙立寺」が有名ですが、その他にも土塀を破って枝を伸ばした桜で有名な「松月寺」や、樹林に囲まれた風景が美しい「龍渕寺」など、一度は見ておきたい寺院がたくさんあります。

見頃の11月中旬から11月下旬には、カエデやモミジの赤、イチョウの黄色が歴史ある寺院、黒光りする塀越しに素晴らしいコントラストを見せてくれます。秋だけの一瞬をお見逃しなく!

■基本情報
名称:寺町寺院群
住所:石川県金沢市寺町
アクセス:JR金沢駅より車で15分

地図:「寺町寺院群」への地図

4. 地元金沢民に人気のアメリカ楓の並木「中央公園通り」

4. 地元金沢民に人気のアメリカ楓の並木「中央公園通り」
photo by yohaneshasugian   /   embedded from Instagram

金沢市民には知られている素敵な紅葉スポット。兼六園の真弓坂口から歩いて5分ほどの「しいのき迎賓館」と「石川四高記念文化交流館」をつなぐ「中央公園通り」は、「アメリカ楓通り」とも呼ばれています。短い通りですが、オフィス街も近いこともあり、お昼頃には散策を楽しむサラリーマンの姿も見られる、地元の人に愛されている紅葉名所です。

見頃は11月下旬から12月上旬で、大きくそびえたアメリカ楓が黄色から赤にと、色づいていく様子が楽しめます。兼六園を訪れた際には、ぜひ立ち寄って欲しい通りです。

■基本情報
名称:中央公園通り
住所:石川県金沢市広坂2丁目 
アクセス:JR金沢駅より徒歩約27分

地図:「中央公園通り」への地図

5. モミジの紅葉と歴史を味わう金沢のスポット「卯辰山山麓寺院群」

5. モミジの紅葉と歴史を味わう金沢のスポット「卯辰山山麓寺院群」
photo by daichiandmay   /   embedded from Instagram

金沢市ひがし茶屋街から卯辰山山麓の間にある「卯辰山山麓寺院群」には、およそ50もの寺社が集まっています。「寺町寺院群」と同様に、江戸時代に一向一揆対策のために集められたそうです。境内裏にある庭園が美しい「心連社」や、茶道裏千家の祖として有名な・大樋長左衛門や仙叟宗室が葬られている「月心寺」など、魅力的な寺院が多くあります。

「卯辰山山麓寺院群」の中でも、「西養寺」には広い敷地に多くのモミジがあり、見頃の11月中旬から下旬にかけて境内に真っ赤な彩りが一気に加わります。坂道が多い「卯辰山山麓寺院群」では、どこを歩いても絵になる秋を満喫できますよ。

■基本情報
名称:卯辰山山麓寺院群(うだつやまさんろくじいんぐん)
住所:石川県金沢市東山
アクセス:JR金沢駅より車で約11分

地図:「卯辰山山麓寺院群」への地図

6. メタセコイヤ並木でゆっくり散策「太陽が丘の並木通り」

6. メタセコイヤ並木でゆっくり散策「太陽が丘の並木通り」
photo by katsuji_sawamoto   /   embedded from Instagram

石川県外の人にはあまり知られていない紅葉スポット「太陽が丘の並木通り」。並木道は1kmほどあり、ずらりと並んだメタセコイヤが黄色や赤に色づいた様は圧巻です。知らずに通りかかった人も車を駐車場に止めて、しばらく散策してしまうほどの美しさ。

11月中旬から下旬と見頃のピークは短いですが、落ち葉が絨毯になっても色の鮮やかさはそのままに。夜間のライトアップの雰囲気を考えると、デートにも行ってみたい、雰囲気のある素敵な紅葉スポットです。金沢へお越しの際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

■基本情報
名称:太陽が丘
住所:石川県金沢市太陽が丘
アクセス:JR金沢駅より車で25分

地図:「太陽が丘の並木通り」への地図

7. 本格的なサイクリングで紅葉を「犀鶴林道」

7. 本格的なサイクリングで紅葉を「犀鶴林道」
photo by tigeru92   /   embedded from Instagram

金沢市駒帰町から菊水町を通る「犀鶴林道」は、白山市に入るとほぼ下りになる林道です。比較的交通量も少ないため、ドライブコースと同時に、サイクリングコースとしても人気のスポットになっています。獅子吼高原の頂上よりも高いところも通っているので、晴れた日には市街地も遠くきれいに見渡せます。

夏の新緑も美しいのですが、秋の紅葉シーズン、見頃の11月には色づいた山肌がひときわ美しくなります。金沢で自然の中の景観を楽しむならオススメのスポットですが、道は一本道やガードレールがない所などもあるので、紅葉に見惚れすぎないように気をつけてくださいね。

■基本情報
名称:犀鶴林道(さいかくりんどう)
住所:石川県金沢市・白山市

8. 荒々しい自然と紅葉のコントラスト「手取峡谷」

8. 荒々しい自然と紅葉のコントラスト「手取峡谷」
photo by mklala_13   /   embedded from Instagram

金沢市より少し足を伸ばした白山市。手取川の中流釜清水から河原山までの約8kmの流れに高さ20~30mの絶壁、「不老峡」、「黄門橋」などの景勝が続く「手取峡谷」も紅葉スポットです。特に「黄門橋」(鳥越村釜清水)からの風景や、「綿ヶ滝いこいの森」の水量が多い迫力満点の滝は絶景です。

11月上旬から中旬にかけて、むき出しの山肌に点在して見える赤や黄色の紅葉は、大自然の壮大さに優美さをくわえ、ずっと見とれてまうほどの美しさ。金沢市から少し足を伸ばして、削られた渓谷に訪れる自然美をぜひ満喫してください。

■基本情報
名称:手取峡谷
住所:石川県白山市下吉谷町谷
アクセス:小松駅より車で32分

地図:「手取峡谷」への地図

9. 温泉郷からほど近い絶景紅葉「那谷寺」

9. 温泉郷からほど近い絶景紅葉「那谷寺」
photo by axyxuxmx   /   embedded from Instagram

717年泰澄神融禅師によって開創された「那谷寺」は、白山の神を信仰し、洞窟の中に千手観音が祀ってあるお寺です。平安時代の”花山法皇”に、当時の「岩屋寺」から、今の「那谷寺」へ改名されました。現在、7棟もの国重要文化財、そして名勝指定園がある、歴史深いお寺です。広い境内は紅葉狩りの名所としても有名で、歩きにくい場所もありますが、岩山の上に登ると紅葉を眼下に見える、珍しい体験をすることができます。

見頃は11月の上旬から下旬にかけて、イロハモミジやヤマモミジ、ハウチワカエデなど約13種類もの紅葉の共演を楽しむことができます。奇岩遊仙境の白に紅葉の赤が映える様子は、いつまでも見ていたい景色です。

■基本情報
名称:那谷寺(なたでら)
住所:石川県小松市那谷町ユ122
TEL:0761-65-2111
料金:大人(中学生以上) 600円、小学生 300円
営業時間(3月~11月);8:30~16:45
営業時間(12月〜2月)8:45~16:30
アクセス:JR粟津駅より車で10分

HP:http://www.natadera.com/
地図:「那谷寺」への地図

10. 人気の紅葉スポットで自然美を体感「荒俣峡」

10. 人気の紅葉スポットで自然美を体感「荒俣峡」
photo by m.mumimua   /   embedded from Instagram

「荒俣峡」は、小松市赤瀬町の大杉谷川の中流で最も谷間の狭まった所にあり、「加能八景」の一つに数えられる景勝地です。河畔には長い年月によって削られた奇岩が連なり、清流がうねりながら流れていきます。周辺には遊歩道が整備されているので、紅葉シーズンには多くの散策する人で賑わいます。

11月上旬頃からヤマザクラやクヌギ、モミジなどがこぞって色づき始め、見頃は11月中旬頃。渓谷の荒々しい景観に紅葉の鮮やかな色が添えられ、自然美の雄大さを思うぞんぶん満喫できます。金沢周辺でも特におすすめの紅葉スポットです。

■基本情報
名称:荒俣峡
住所:石川県小松市赤瀬町
アクセス:JR粟津駅より車で19分

地図:「荒俣峡」への地図

金沢周辺で美しい秋の紅葉を楽しむ。

いかがでしたでしょうか?今回は石川県金沢市の周辺で秋の風物詩紅葉が楽しめるおすすめのスポットランキング10選をご紹介してきました。紹介したスポットは、どこも美しく色づくため、魅了されること間違いなしでしょう。東京からも3時間かからずに行けるので、日本にお越しの際は石川県金沢市へのお出かけを検討いただきたいと思います。ぜひお越しくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者