東北地方の桜の名所といえばココ!一度は行きたいおすすめな人気のお花見スポット10選!

東北地方は日本の中でも有名な桜の名所がたくさんある地域です。例年4月中旬から5月上旬が東北地方の桜の見頃となり、日本の中でも桜の開花が比較的遅いのが特徴です。全国から最後の桜を眺めようと、多くの花見客が集まります。今回はそんな東北地方でおすすめのお花見スポットをご紹介します。ここ東方地方で、日本の春の風物詩を満喫してください。

1. 青森の桜の名所!花見におすすめ!「弘前公園」

1. 青森の桜の名所!花見におすすめ!「弘前公園」

東北地方でも特に有名な桜の名所といえば、青森県にあるこちらの「弘前公園」です。弘前城天守閣のある弘前公園には、シダレザクラやヤエザクラなど52種類、約2,600本の桜が植えられています。特に樹齢100年を超えるソメイヨシノが400本以上あり、これは日本の中でも管理が1番優れていると言われています。

毎年桜の開花時期にはさくらまつりが開催され、その期間には夜間にライトアップが行われます。光り輝く天守閣と薄ピンク色の桜とのコントラストは見事で、一見の価値があります。ぜひ一度その目で確かめてみてくださいね!

■基本情報
名称:弘前公園
住所:青森県弘前市下白銀町1
アクセス:JR弘前駅より車で10分

HP:http://www.hirosakipark.jp/
地図:「弘前公園」への地図

2. 青森でも屈指の美しさをここで!桜の花見の名所!「芦野公園」

2. 青森でも屈指の美しさをここで!桜の花見の名所!「芦野公園」
photo by tohoku_scene   /   embedded from Instagram

青森にはまだまだ桜の名所あります。今回ご紹介するこちらの芦野公園の桜は、津軽半島でも屈指の美しさと評判です。芦野湖の湖畔に位置するこの公園には、約1,500本の桜が植えられています。

この地は日本の有名作家である「太宰治」が幼い頃に遊んだ場所として有名で、津軽鉄道の「走れメロス号」が駆け抜けます。満開の桜の下を2両編成の小さな列車が通り抜ける風景も、他のスポットでは見ることが出来ないものなのでぜひとも見てほしいです。格別ですよ!例年ゴールデンウィーク中に桜まつりが開催されています。ぜひ足を運んでみてくださいね!

■基本情報
名称:芦野公園
住所:青森県五所川原市金木町芦野
アクセス:芦野公園駅より徒歩すぐ

地図:「芦野公園」への地図

3. 岩手県の桜の名所!桜のトンネルをくぐろう!「北上展勝地」

3. 岩手県の桜の名所!桜のトンネルをくぐろう!「北上展勝地」

北上川の河畔に位置する北上展勝地は、「みちのく三大桜の名所」に数えられます。展勝地公園内には150種、約1万本の桜が4月下旬から咲き乱れます。川沿いには樹齢90年を超えるソメイヨシノが500本ほど並び、桜のトンネルを作っています。

桜の季節にはさくらまつりが開催され、青空に鯉のぼりが泳ぎます。桜と鯉のぼりが一緒に眺められるというのは、この北上展勝地ならではの風景です。また、さくらまつり期間中は遊覧船も運航されるので、川からのんびりと桜を眺めるのは特におすすめです。東北へお越しの際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

■基本情報
名称:北上展勝地
住所:岩手県北上市立花14割
アクセス:北上駅周辺

地図:「北上展勝地」への地図

4. 歴史を感じるその風景。桜景色も絶景」「盛岡城跡公園」

4. 歴史を感じるその風景。桜景色も絶景」「盛岡城跡公園」
photo by snow_drop_999   /   embedded from Instagram

盛岡城跡公園は、日本の文化人、若き日の石川啄木や宮沢賢治が親しんだ場所として、文学ファンには有名な場所です。盛岡城はすでに天守閣はなく、内堀や石垣が残されているだけになっていますが、歴史を感じさせる雰囲気と桜が咲き乱れる情景がマッチして、とても美しい場所です。

特におすすめなのは、夜桜見物です。盛岡さくらまつりの期間中はぼんぼりが灯り、幻想的な風景を映し出します。園内はきれいに整備されていて、夜桜見物のお供になるアルコール類を販売している売店もあります。岩手県で堪能してください!

■基本情報
名称:盛岡城跡公園
住所:岩手県盛岡市内丸1-37
アクセス:JR盛岡駅から徒歩約20分

HP:http://www.city.morioka.iwate.jp/
地図:「盛岡城跡公園」への地図

5. その眺め、一見の価値あり。宮城県のお花見スポット「白石川堤一目千本桜」

5. その眺め、一見の価値あり。宮城県のお花見スポット「白石川堤一目千本桜」
photo by h_satopon   /   embedded from Instagram

「白石川堤一目千本桜」は一目千本桜という名前の通り、白石川堤には1200本ほど、全長約8kmにわたる桜並木が続きます。川の両岸に桜並木があるので、桜のトンネルから対岸を望むと、川面に浮かぶ船と桜と山並みを眺めることができます。

その眺めは、周囲の自然の景観も相まって絶景の一言。一度見たら忘れられない思い出になること間違いなしです!実は写真愛好家の中では桜の写真スポットとしても人気のある場所です。桜まつり開催中はお花見屋台船が運航されます。川から眺める桜のトンネルもまた格別です。

■基本情報
名称:白石川堤一目千本桜
住所:宮城県柴田郡大河原町
見頃:4月上旬 ~ 4月中旬
アクセス:JR大河原駅から徒歩約3分

地図:「白石川堤一目千本桜」への地図

6. 東北でも有数の桜の名所!「船岡城址公園」

6. 東北でも有数の桜の名所!「船岡城址公園」
photo by yu.____.7   /   embedded from Instagram

船岡城址公園は、宮城県内で唯一の「さくらの名所100選」に選出されている場所です。ここは明治維新まで柴田氏が治めていた館跡ですが、高低差のある地形になっていて、山頂にある船岡平和観音像を見上げる景色も、山頂から桜並木を見下ろす風景も趣があります。桜の木の下を散策するものいいですが、高いところから一面に広がる桃色景色を眺めるのもまた一興ですよ!

また、ここには桜のトンネルを走るスロープカーがあるので、ぜひともこれに乗ってピンクのトンネルを走り抜けてくださいね!東北の花見はここで決まりですね!

■基本情報
名称:船岡城址公園
住所:宮城県柴田郡柴田町大字船岡字館山95-1
アクセス:JR船岡駅より徒歩約15分

HP:http://www.skbk.or.jp/
地図:「船岡城址公園」への地図

7. 風情ある町並みの中で桜を楽しむ「角館の武家屋敷」

7. 風情ある町並みの中で桜を楽しむ「角館の武家屋敷」

東北で昔ながらの日本の風景が残っている観光スポット「角館の武家屋敷」、こちらは、佐竹藩の城下町として栄えていました。ここでも美しい桜景色を楽しむことができます。角館の武家屋敷には、約400本のシダレザクラが植えられており、毎年桜の時期には多くの観光客で賑わいます。

もともと風情のある武家屋敷の黒板塀に桜が咲き乱れると、黒とピンク色のコントラストでなんとも言えない美しさです。まるで江戸時代にタイムスリップしたような体験ができますよ。一度は体験すべきではないでしょうか?江戸時代へ旅立ちましょう!

■基本情報
名称:角館の武家屋敷
住所:秋田県仙北市角館町表町下丁
アクセス:角館駅より徒歩約16分

地図:「角館の武家屋敷」への地図

8. 山形県で桜の花見を楽しむならここ!「鶴岡公園」

8. 山形県で桜の花見を楽しむならここ!「鶴岡公園」

山形県にある観光スポット「鶴岡公園」は、かつて庄内藩の居城として栄えた鶴岡城の城跡です。石垣やお堀が残っていて、1年中観光客や地元の方で賑わっている場所となっています。

ここには大寶館(たいほうかん)という、大正時代に建てられた洋風建築があり、桜の花と美しく調和します。知る人ぞ知る日本の文豪「藤沢周平」の小説「花のあと」の舞台になった場所でもあります。日本には数多くの桜の名所がありますが、大正ロマンを感じられる場所は数少ないので、一見の価値があると思いますよ!ぜひ行ってみてください!

■基本情報
名称:鶴岡公園
住所:山形県鶴岡市馬場町4
アクセス:市役所前(バス停)より徒歩すぐ

HP:https://www.tsuruokakanko.com/
地図:「鶴岡公園」への地図

9. ここの景色、格別。東北で桜を見るならおすすめのスポット「日中線記念自転車歩行者道」

9. ここの景色、格別。東北で桜を見るならおすすめのスポット「日中線記念自転車歩行者道」
photo by cbhiromi   /   embedded from Instagram

ここは、かつて喜多方駅と熱塩駅の間を走り、公共輸送に貢献した日中線を記念して作られた遊歩道です。もともと日中線の路線の跡地だった場所を遊歩道にして、約3キロほどの距離に1,000本あまりのシダレザクラが植えられています。

売店などはなく、レジャーシートを敷いて酒盛りをするという雰囲気の桜の名所ではありませんが、シダレザクラのトンネルで散歩するのはとても気持ち良いものです。毎年訪れるというリピーターも多くいる人気スポットです。桜の開花の時期にはSL車両の展示も行われ、機関車と桜という他ではなかなかない組み合わせを目にすることができます。

■基本情報
名称:日中線記念自転車歩行者道
住所:福島県喜多方市太子堂 等
見頃:4月下旬
アクセス:JR喜多方駅から徒歩約3分(自転車歩行者道入口)

地図:「日中線記念自転車歩行者道」への地図

10. 福島の桜の花見スポットといえばここ!「鶴ヶ城公園」

10. 福島の桜の花見スポットといえばここ!「鶴ヶ城公園」
photo by otodo3   /   embedded from Instagram

東北地方の福島県。福島にも数多くの桜のお花見スポットがありますが、今回はその中でも特におすすめしたい「鶴ヶ城公園」を紹介します!鶴ヶ城は日本で唯一の赤瓦でできた天守閣です。城郭は国の史跡にもしていされているほど、美しく残されています。ここには約1,000本のソメイヨシノが植えられていて、桜の中に浮かび上がる天守閣を堪能することができます。

毎年4月に桜まつりが開催され、夜にはライトアップも行われます。天守閣には上ることもできますので、天守閣から桜を見下ろすと、当時の殿様気分を味わうこともできますよ。

■基本情報
名称:鶴ヶ城公園
住所:福島県会津若松市追手町1-1
アクセス:鶴ヶ城入口(バス停)より徒歩約5分

地図:「鶴ヶ城公園」への地図

春の季節には、東北の桜を見に行こう!

いかができしたか?今回は、東北地方でおすすめのお花見スポットを10線ご紹介しました。東北地方は、東京よりも平均気温が低いので、桜の開花も比較的遅く、4月、遅いところでは5月に入っても桜を楽しめます。今回のスポットは、どこも毎年桜の開花の時期には大人気で、混雑必至の場所ばかりです。渋滞や駐車場の問題もありますので、できましたら公共の交通を利用して訪れてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者