感動必至の絶景が広がる!西表島で絶対に外せないおすすめの人気観光名所10選!

沖縄県では本島に次いで2番目の大きさを誇る西表島。沖縄本島から400km以上も離れ、主なアクセスは石垣島からの船で40分ほど。島の大部分を亜熱帯性の植物に覆われ、多種多様な動植物が見られることから東洋のガラパゴスとも称されます。西表島はとにかく自然がいっぱい。見どころも多いので、短期間の滞在では見逃してしまうことも。そこで、「ここだけは見ておきたい」というスポットを10ヶ所ご紹介!ぜひ参考にお出かけください。ただしレンタカーは数が少ないので、送迎付きのツアーに参加するのが便利ですよ!

1. 西表島内屈指の自然スポット!「ピナイサーラの滝」

1. 西表島内屈指の自然スポット!「ピナイサーラの滝」
photo by rinkon   /   embedded from Instagram

島の大部分をジャングルに覆われている西表島にはいくつもの滝がありますが、約55mという県内最大の落差を誇るのが「ピナイサーラの滝」。ピナイ=ひげ・サーラ=垂れ下がった、を意味すると言われています。西表島に訪れたら、ぜひ滝つぼで泳いだり滝の上まで行くトレッキングのツアーに参加してみましょう。

カヌーとジャングルの中をトレッキングで移動して、滝の上と滝つぼの見学が一般的な1日ツアー。ジャングルの中ではサガリバナやサキシマスオウの木などの植物や、キノボリトカゲ・セマルハコガメなどの珍しい生き物を見ることができます。

また、滝の上からは、天気が良ければ遠くに青い海と鳩間島までが一望できます。西表島にはいくつものツアー会社がありますが、時間や料金も様々。1日コースなら所要6~8時間、12000円を目安に。料金に装備品のレンタルや昼食・ホテルや港までの送迎・保険等が含まれているかを確認しておきましょう。

■基本情報
名称:ピナイサーラの滝
住所:沖縄県八重山郡竹富町上原
TEL:0980−82−5445(竹富町観光協会)

HP:http://www.painusima.com/
地図:「ピナイサーラの滝」への地図

2. 自然豊かな孤島!一度は行くべき観光スポット「由布島(ゆぶじま)」

2. 自然豊かな孤島!一度は行くべき観光スポット「由布島(ゆぶじま)」
photo by megurin0314   /   embedded from Instagram

西表島を紹介する雑誌やサイトで、海の上を進む水牛車を目にしたことはありませんか?それは、西表島と由布島との間を渡る交通手段として利用されているものです。西表島から400mほどしか離れていない由布島は周囲約2km、潮が引いた時に水牛車や徒歩で渡れるようになります。

「ゆぶ」とは砂州を意味していて、与那良川から流れ出た砂が堆積してできています。島のほとんどが亜熱帯植物楽園になっていて、園内にはオオゴマダラと黄金色に輝くサナギを一年中見ることができる「蝶々園」や、30種以上のブーゲンビレアが咲き誇る「ブーゲンビレアガーデン」などがあります。

また、水道が引かれるまで利用されていた井戸や、小中学校があった時代の校門の跡も残っています。レストランや売店もあるので、食事やお土産にも困りません。のんびりと水牛車に揺られ、癒しのひと時を過ごしてみませんか?

■基本情報
名称:亜熱帯植物楽園
住所:沖縄県八重山郡竹富町古見689
TEL:0980−85−5470
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休 ※台風時は要問合せ
入園料:往復水牛車利用の場合 大人(中学生以上)1400、小学生700 ※チケット購入は旅人の駅・由布島にて

HP:http://www.yubujima.com/
地図:「亜熱帯植物楽園」への地図

3. 家族連れにおすすめの観光スポット!「大見謝ロードパーク」

3. 家族連れにおすすめの観光スポット!「大見謝ロードパーク」

西表島には様々なツアーがありますが、トレッキングなどは小さな子供では参加が難しいものもあります。でもせっかく西表島に訪れたなら、大自然を一緒に体感したいですよね。そんな家族連れにオススメなのが「大見謝ロードパーク」。駐車場からすぐ近くには展望台があり、東シナ海と遠くに鳩間島が見えます。

マングローブの森の中は、木造の遊歩道が整備されています。変わった形のマングローブの根や、川に棲む魚やエビなども観察できます。途中で川遊びが楽しめる場所もあります。駐車場もあり、遊歩道はきちんと整備されているので歩きやすいのも嬉しいですね。川遊びも楽しめる場所もありますが、こちらは足元が滑りやすいので注意が必要です!

■基本情報
名称:大見謝(おおみじゃ)ロードパーク
住所:沖縄県八重山郡竹富町字高那

HP:https://www.iriomote.com/
地図:「大見謝ロードパーク」への地図

4. 美しいビーチで至福のひと時を。「星砂の浜」

4. 美しいビーチで至福のひと時を。「星砂の浜」

星の形をした砂のある、ロマンチックなビーチへ出かけませんか?星砂と言っても実際には砂ではなく、有孔虫と言う生物の殻が堆積したもので1つが1mmほどの小さなもの。ビーチの砂がすべて星砂ではないので、よ~く探してみてください。海も透明度が高く、海底の岩の周りにはカラフルな魚がたくさんいて波も穏やか。シュノーケリングにもピッタリ。遠浅で水温も比較的高いので、子供と一緒でも楽しめます。

小さなビーチですが、観光客が多く訪れます。しかし、石垣島から日帰りツアーで来る方が多いので、夕方にはグッと静かに。実は夕暮れ時のビーチも素敵なんです!西表島に宿泊なら、ぜひこの時間帯を狙ってみてください。

■基本情報
名称:星砂の浜
住所:沖縄県八重山郡竹富町上原289

HP:http://www.painusima.com/
地図:「星砂の浜」への地図

5. 希少な動物について知る!イリオモテヤマネコといえば「西表野生生物保護センター」

5. 希少な動物について知る!イリオモテヤマネコといえば「西表野生生物保護センター」
photo by prelude1994   /   embedded from Instagram

島の大半が亜熱帯植物に覆われていて、動植物の宝庫でもある西表島。なかでも西表島のみに棲息するイリオモテヤマネコは、どんな動物かは知らなくても名前を聞いたことがあると言う方も多いはず。実際、島民でも見たことがある人も少ない希少な動物。島をより知るきっかけとして、西表野生生物保護センターを訪れてみませんか?

生きたイリオモテヤマネコの展示は行っていませんが、はく製や映像を通して西表島に生きる固有の動物の生態や自然を知ることができます。島内を移動する際に、イリオモテヤマネコの飛び出しに注意を促す道路標識や案内板を見かけることがあると思います。

現在は100頭前後のみで、絶滅が危惧されています。最近では交通事故で命を落とすイリオモテヤマネコも多いそうなので、レンタカーでの観光には充分注意しましょう。

■基本情報
名称:西表野生生物保護センター
住所:沖縄県八重山郡竹富町古見
TEL:0980−85−5581
営業時間:10:00~16:00
休館日:月曜日 (※祝日の場合は翌火曜日も休館)
入館料:無料

HP:http://iwcc.a.la9.jp/
地図:「西表野生生物保護センター」への地図

6. 西表島で最も美しいと言われているビーチ。一見の価値あり!「イダの浜」

6. 西表島で最も美しいと言われているビーチ。一見の価値あり!「イダの浜」

西表島の中でも一番きれいと言われるビーチが「イダの浜」。しかも陸路がないため、船でしか訪れることができません。白浜港から船浮港まで定期船で約10分。そこは人口50人ほどの船浮集落。イリオモテヤマネコが天然記念物に指定後に初めて発見・捕獲されたのが、この船浮集落内でした。

まさに西表島最後の秘境とも言われるこの集落から、さらに10分ほど歩くとようやく「イダの浜」に到着。簡単には行くことができないと言う条件もあり、とても静かなビーチ。海の透明度は西表島ナンバーワンとの呼び声も高く、ビーチ周辺も手つかずの自然が残されています。その美しい風景に心を奪われ、来てよかったときっと思えるはず。ぜひその絶景を見に行ってみませんか?

■基本情報
名称:イダの浜
住所:沖縄県八重山郡竹富町

地図:「イダの浜」への地図

7. 遊覧船にのってクルージング!南国ならではの! 「浦内川ジャングルクルーズ」

7. 遊覧船にのってクルージング!南国ならではの! 「浦内川ジャングルクルーズ」
photo by yuu0203yuu   /   embedded from Instagram

沖縄県内で最長河川の浦内川は、遊覧船に乗って観光するジャングルクルーズが人気です。河口付近にはマングローブ林が広がり、様々な生き物が棲息しています。上流の船着場から45分ほど歩くと「マリュドゥの滝」があり、さらに上流へ15分ほど歩くと「カンピレーの滝」へ行くことができます。

遊覧船から眺める景色も素晴らしいのですが、やはりトレッキングをして滝まで行ってみましょう!日本の滝百選の1つ「マリュドゥの滝」は丸い淀みのある滝という意味があり、大量の水が3段になって直径130mの滝つぼへ落ちていきます。「カンピレーの滝」は神が座る場所の意味があり、小さな滝が長さ200mにわたって何段も続いています。

船を下りてからの遊歩道は整備されていますが、傾斜があったり石がゴロゴロしている所もあります。スニーカーなどの歩きやすい靴で出かけましょう。

■基本情報
名称:浦内川ジャングルクルーズ
住所:沖縄県八重山郡竹富町上原870-3
TEL:0980−85−6154
料金:大人1800、子供900 ※所要1時間

HP:http://www.urauchigawa.com/

8. 西表島の歴史感じる観光名所!貴重な経験をここで!「新盛家住宅」

8. 西表島の歴史感じる観光名所!貴重な経験をここで!「新盛家住宅」
photo by sb_chung   /   embedded from Instagram

沖縄県内に現存する最古の茅葺き木造民家で、築150年と推定されています。島の西部・祖納集落にあり、1994年には県の有形文化財の指定を受けています。沖縄と言うと赤瓦の屋根のイメージが強いかもしれませんが、こちらで見られるのは茅葺き屋根。

2011年には、10年ぶりに茅の葺き替え作業が行われました。特徴的なのは屋根だけではありません。平たいテーブルサンゴを積み重ねて作られた石垣や、釘・金具を一切使用せず楔で締めた建築様式。防風林の役目をするフクギに囲まれ、内装にも西表島産の木材を多用しています。

当時の西表島での生活がわかる貴重な住宅です。西表島では大自然を体感するアクティビティが多いのですが、新盛家住宅のような建築物を見学するのも貴重な体験になりますよ。

■基本情報
名称:新盛家住宅
住所:沖縄県八重山郡竹富町

地図:「新盛家住宅」への地図

9. 手つかずの自然を肌で感じる。「新城島(パナリ島)」

9. 手つかずの自然を肌で感じる。「新城島(パナリ島)」

西表島と黒島の間にある上地島・下地島という小さな2つの島の総称。別名パナリ島とも呼ばれ、八重山の方言で「離れ」を意味しています。島内には御嶽と呼ばれる神聖な場所が点在し、古くから信仰の場所でもありました。

そのため現在でも島の人以外の立ち入りや、写真・動画などの撮影を禁止している箇所が多数あります。しかし訪れることが難しいと言うこともあり、手つかずの自然が多く残っています。

また、極上のビーチがあることでも知られています。八重山地方でも屈指の透明度を誇り、色鮮やかなサンゴや魚たちがお出迎え。シュノーケリングでも充分満喫できます。ただ定期運航する船がないため、出かけるにはツアーに参加しましょう。大原港からの1日ツアーがオススメです。とびっきりの青い海を堪能したい人はぜひ出かけてみて!

■基本情報
名称:新城島(パナリ島)
住所:沖縄県八重山郡竹富町新城

地図:「新城島」への地図

10. サンゴで出来た無人島!自然の中でゆったりと過ごす「バラス島」

10. サンゴで出来た無人島!自然の中でゆったりと過ごす「バラス島」

真っ白なサンゴの欠片が集まってできた奇跡の島。上原港から船で10分ほどで到着します。英語で砂利を意味する「バラスト」が島の名前の由来と考えられています。季節や時間帯によって島の姿が変わり、全てがサンゴの欠片でできている無人島です。

島の周囲はサンゴ礁が広がり、カラフルな熱帯魚もたくさん見られます。透明度も高く、シュノーケルに最適。夕暮れ時の景色も美しく、昼間とは全く違う風景が広がります。バラス島に行くツアーはたくさんありますが、中には夕方に出発しバラス島で星空観察ができるものも。波の音を聞きながら、満天の星を眺めるなんて素敵な経験もできちゃいます。

■基本情報
名称:バラス島
住所:沖縄県八重山郡 竹富町上原

地図:「バラス島」への地図

西表島でおすすめの観光スポットを巡ろう!

いかがでしたでしょうか?今回は沖縄の孤島西表島へ訪れた際には、ぜひとも行ってほしいおすすめの観光スポットをご紹介しました。石垣島からの日帰りでも訪れることができますが、島の魅力を体感するにはやはり宿泊するのがベスト。ツアーに参加してアクティブに、何もせずホテルやビーチでのんびりもアリですね!思い思いの過ごし方で、西表島の大自然に触れてみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者