別府で人気のお土産といえばコレ!絶対に喜ばれるおすすめな銘菓・名産品10選!

温泉とも呼ばれる九州地方の大分県。湯布院に代表される温泉地が多数あります。今回はそんな大分県の温泉地のなかでも「別府」を大特集!別府へ観光に訪れた際に、ぜひとも購入して帰ってほしいお土産ランキング10選をご紹介します!旅行に行くとお土産を買う機会が有ると思いますので、その際にはぜひこの記事をお土産選びの参考にしてくださいね!


1. ほろ苦いカラメルソースがクセになる、別府ならではのお土産「地獄蒸しプリン」

1. ほろ苦いカラメルソースがクセになる、別府ならではのお土産「地獄蒸しプリン」
photo by kisakisak   /   embedded from Instagram

温泉地である別府では、地獄蒸しを用いたものが多いですが、プリンもここでは地獄蒸しです。岡本屋の地獄蒸しプリンは昭和63年から代々受け継がれている地獄蒸し製法で、今でも一つ一つ手作りで作られています。

地獄蒸しプリンは今流風のふわっと滑らかなプリンではなく、どこか懐かしい味わいが特徴的なプリンです。しかもカラメルソースは甘すぎず、苦み走った大人の味に仕上がっていて、このほろ苦いカラメルソースが濃厚な卵の味をしっかり伝えます。ここ別府でしか味わえない地獄蒸しプリンを、是非お土産にいかがでしょうか。ただし、賞味期限が当日なので早めに召し上がってくださいね!

■基本情報
商品名:地獄蒸しプリン
販売元:岡本屋
参考価格:2ヶ/550円

HP:http://www.jigoku-prin.com/

2. 江戸時代から変わらない製法で造る天然入浴剤「薬用 湯の花」

2. 江戸時代から変わらない製法で造る天然入浴剤「薬用 湯の花」
photo by tenshinohanechan   /   embedded from Instagram

別府の「明礬湯の里」は、江戸時代から変わらない製法で造る天然入浴剤「薬用 湯の花」を製造・販売している所です。湯の花の製造技術は、国の重要無形民俗分化財に指定されている、世界で唯一無二のもので、小分けされた湯の花のパックを家の湯船に入れるだけで、自宅のお風呂がたちまち明礬温泉に変身します。

明礬湯の里の敷地内にはそのシンボルである「湯の花小屋」が立ち並び、まるで江戸時代にタイムトリップしたようで風情たっぷり。湯の花を作る工程が見学できたり露天風呂やレストランなどなどもあって、ちょっとした観光スポットとしても見応え十分です。

ここでは「薬用 湯の花」の他に、注目の温泉(スパ)コスメ・大分県産の椎茸や佃煮、昔ながらの製法で造られた醤油や漬物などの特産物などセンスの良いお土産が揃っています。ぜひ観光も楽しんでください!

■基本情報
商品名:薬用 湯の花
販売元:明礬湯の里
参考価格:7回分/1,080円

HP:http://yuno-hana.jp/

3. 温泉卵をイメージしたほっこりお菓子「別府のたまご」

3. 温泉卵をイメージしたほっこりお菓子「別府のたまご」
photo by bluesky0311   /   embedded from Instagram

温泉天国別府の名物として知られる温泉卵。その温泉卵をイメージして作られたのが「別府のたまご」です。大分県産の卵を使用した黄身餡を、しっとりカステラ生地で包み込み、周りをホワイトチョコでコーティングしてあります。見た目もコロリとしたかわいい形で、貰った相手も思わずほっこりしてしまうこと間違いなしですよ!

黄身餡とホワイトチョコレートの相性も良くて、そのままでも美味しいですが、冷蔵庫でちょっと冷やすと一段と美味しくなるので是非試してみてください!大分県の別府温泉へいらした際にはぜひこの「別府のたまご」、必見です!

■基本情報
商品名:別府のたまご
販売元:宝物産
参考価格:4個入/432円

HP:http://www.takarabussan.com/

4. 大分を代表する定番お土産「南蛮菓子ざびえる」

4. 大分を代表する定番お土産「南蛮菓子ざびえる」
photo by 10969asumin   /   embedded from Instagram

大分のお土産と言えば、こちらの「ざびえる」と真っ先に思い浮かべるくらい、定番のお菓子です。誕生から60年経った今でも、大分県民の絶大な支持を受けているロングセラー商品。バター風味の洋風の皮に、中には純和風の白あんが入っているものと、ラム酒に漬けこんだレーズンを刻み込んだ餡が入っているものとの2種類あります。味の食べ比べをする人も多く、また自分用に両方買う人もいます。

ラム酒の餡は大人向きで、白餡は小さいお子さんにも食べやすい味です。南蛮渡来のエキゾチックなパッケージの雰囲気も高級感があります、ぜひお土産に購入してみてくださいね!

■基本情報
商品名:ざびえる
販売元:ざびえる本舗
参考価格:6個入/648円

HP:http://www.zabieru.com/

5.創業半世紀変わらない味で人気「別府温泉ぶたまん」

5.創業半世紀変わらない味で人気「別府温泉ぶたまん」
photo by 747jo   /   embedded from Instagram

半世紀の間変わらない味を出し続けている「別府温泉豚まん」。 長年別府の名物として親しまれているこの豚まん、小ぶりなサイズなのでまとめて10個とかどんどん売れていきます。

具材は豚ミンチ・キャベツ・ニラ・タマネギと、別府の温泉水を使用してつくられているのが特徴です。餡は独特の甘さがあり、この甘めの餡がクセになるんだとか。野菜が多いので何個でもペロッといけてしまします。今でも創業当時と変わらない味で、一つ一つ手作りで造られています。毎日食べても飽きないやさしい味の豚まん。1個から購入できますので、別府に来た際など是非購入してみてくださいね!

■基本情報
商品名:別府温泉ぶたまん 
販売元:別府温泉ぶたまん
参考価格:10個入/1,900円

HP:http://beppu-onsen-butaman.jp/

6. 大分お土産の新定番「ぷりんどら」

6. 大分お土産の新定番「ぷりんどら」
photo by cochikaphone   /   embedded from Instagram

大分では昔から人気でしたが、最近メディアでも度々紹介されて人気急上昇中のお土産です。文字通り、プリンをどら焼きで挟むという、一見とんでもなく甘そうな荒技的に思えるスイーツですが、食べてみると全然そんな事はなく子供からお年寄りまで受け入れられそうな、ほんわりした甘が広がります。

別府でプリンといえば「地獄蒸しプリン」が有名ですが、こちらは要冷蔵ですが数日は持ちますので気軽にお土産にできそうですね。ぷりんどらはたくさんのメーカーから出てますが、「菊屋」などその発祥と言われ人気です。ぜひ購入してみてくださいね!

■基本情報
商品名:ぷりんどら
販売元:菊家
参考価格:4ヶ入/454円

HP:http://www.kikuya-oita.net/

7. インパクトもスゴイが効き目もスゴイ!「血の池軟膏」

7. インパクトもスゴイが効き目もスゴイ!「血の池軟膏」
photo by izumiuna   /   embedded from Instagram

文字通り血の池地獄の泥を使った真っ赤な軟膏で、その歴史は戦前を遡り明治時代から記録が残っていて、当時は貝殻に詰めて売られていたと言い伝えられています。泥に溶け込んでいるいる硫化マグネシウムが、しもやけ、やけど、ひび、あかぎれなどに効果があると言われていて、血の池地獄のお土産屋さんでもリーピーターの多い一番売れ筋なのだそうです。

ただ、匂いが結構強烈(灰の様な、木の燃えた様な匂い)なのと、顔に塗ったら「リアル赤鬼」の出来上がりなので、外出先ではなく自宅で使うようにしましょうね!

■基本情報
商品名:血の池軟膏
店舗名:別府血の池地獄
参考価格:1個/1,400円

8. 別府でずっと受け継がれてきた味「ざぼん漬け」

8. 別府でずっと受け継がれてきた味「ざぼん漬け」
photo by selectbeppu   /   embedded from Instagram

大分の名物である大きな柑橘系のさぼん。あの「ぼんたん飴」の材料と同じ果実なんです。そのざぼんを水あめや砂糖で炊いた後に砂糖に付け込んだ甘いお菓子がざぼん漬けです。果肉部分はゼリー状になっていてちょっと違った食感が楽しめます。日持ちもするのでお土産に最適です。

そんな「昔懐かし系」のざぼん漬けですが、最近は現代風なスタイリッシュなものも登場しています。三味ざぼん店の「べっこう」などがそうです。新しい蜜でじっくりと炊き上げたあっさり甘味のざぼん漬を、食べやすくカットしてモダンなカップに包まれています。女性への贈り物としてもおすすめですよ!

■基本情報
商品名:別府ざぼん漬け べっこうカップ100g
販売元:三味ざぼん店
参考価格:1個/540円

9. パッケージもとってかわいい別府の名物お土産!「別府 八湯せっけん」

9. パッケージもとってかわいい別府の名物お土産!「別府 八湯せっけん」
photo by selectbeppu   /   embedded from Instagram

別府温泉の効能の違う8つの温泉成分を、それぞれ高濃度に凝縮して、ハーブオイルとハチミツをブレンドした、温泉の街別府ならではの石鹸です。温泉本来の性質が生かせるように仕上げられていて、効能によって様々な種類が販売されています。一つ一つ手作りで、パッケージもナチュラルテイストでとてもかわいく、お土産用と自分用にも買って行く人が多いそうです。

この石鹸は大分空港やJR別府駅のキオスクで販売しているので、旅行の帰りにでも気軽に購入できるのは嬉しいですね。ぜひ忘れずに購入してください。

■基本情報
商品名:八湯せっけん
販売元:オンセンファクトリー
参考価格:40g/840円

HP:http://www.onsen-factory.com/

10. トマト5個分のトマトケチャップ!「トマトケチャップ」

10. トマト5個分のトマトケチャップ!「トマトケチャップ」

とにかくその原材料、製法、味付けにとことんこだわったケッチャプです。製造販売するのは生産農家「トマトケチャップのめぐみ会」。材料には大分荻町特産のトマトを使っています。つるでしっかり完熟させたものを選らんでいて、1本385gのトマトケチャプを作るのに約1kg(トマト5個~6個)もトマトを使用しています。

こだわりはその味付けにも。トマトを地元の玉ねぎやニンニク、生姜などとコトコト煮込み、6種のスパイスと調合。そんな手間暇と心のこもったケッチャプは、かなりスパイスの効いた大人の味。ケチャップというよりソースに近く、スパイスがトマトの味を一層引き立て、オムライスやそのままパスタにかけるだけでまるでレストランの味の様。

他のトマトケチャップをは一線を画す逸品です。別府エリアでも販売されていますので、是非購入されてみてはいかがでしょうか。

■基本情報
商品名:トマトケチャップ
販売元:トマトケッチャップのめぐみ会
参考価格:2本セット/1,512円

HP:http://www.ogi-tomato.com/

別府でここでしか買えないお土産を購入しよう!

いかがでしたでしょうか?今回は大分県の温泉街、別府へ観光いった際に絶対に購入してほしいおすすめのお土産を10選ご紹介しました。どれも人気商品なので、贈った相手も喜ぶこと間違いなしですよ!実際に旅行に行くと案外お土産を選ぶ時間がないものですよね。そんな時は、今回ご紹介した商品、探してみてはいかがでしょうか?別府にお越しくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者