絶対に喜ばれる!富山のお土産におすすめな人気の銘菓・名産品10選!

北陸新幹線開業で、東京からのアクセスが良くなった、北陸地方にある富山県。黒部ダムや富山城で有名なここ富山県ですが、案外行ったことがないという人が多いかもしれません。それはもったいない!観光地はもちろんですが、富山県には知られざる美味しいものがたくさんあるんです!今回は、そんな富山県へ観光に行った際にぜひとも購入してほしいおすすめのお土産をご紹介します。


1. 富山の名物といったらこれ!お土産にも最適!「鱒寿司」

1. 富山の名物といったらこれ!お土産にも最適!「鱒寿司」
photo by kozowoo123   /   embedded from Instagram

やはり富山と言えば、「鱒寿司」ですよね!曲げわっぱの箱の中には笹の葉の包み。笹の葉を開くと、ピンク色の鱒寿司が顔を出します。そのコントラストは美しく、富山の名産だと知らなくても、デパートの物産展や駅弁祭りなどで見かけたことがある方もいらっしゃるでしょう。

鱒寿司はサクラマスを使った押し寿司です。一人でも食べられる小さなサイズから家族でいただけるものや鱒が2重に入っているものまで、種類が豊富にありますので、ぜひ旅の最後に購入してから新幹線に乗り込んでみてください。

■基本情報
店舗名:ますのすし本舗 源
販売場所:JR新幹線 富山駅構内 中央改札前売店、その他
TEL:076-4312104
営業時間:6:00~21:30
アクセス:富山駅構内

HP:http://www.minamoto.co.jp/
地図:「ますのすし本舗 源」への地図

2. その美しい見た目はお土産におすすめ!「細工かまぼこ」

2. その美しい見た目はお土産におすすめ!「細工かまぼこ」
photo by setsuko.kato   /   embedded from Instagram

富山では、お祝い事に欠かすことのできないのが「細工かまぼこ」です。慶事の宴のあと、このかまぼこを切り分けて、隣近所にお裾分けするというのが富山県ならではの文化となっています。

本当にお祝い事で用いられるかまぼこは立派な盛り合わせで、かなり高価なものになります。けれども、気軽にお土産にできるような細工かまぼこも大小さまざまに販売されています。お祝い事に欠かせない鯛を模ったものや、鶴の絵が描かれているもの。かわいらしいフルーツの形や北陸新幹線を模したものなどもあります。

富山駅構内や空港のお土産物屋さんでも購入可能ですが、お気に入りのデザインを選びたいならぜひとも直営店へ足を運んでみてくださいね。

■基本情報
店舗名:梅かまU-mei館
住所:富山県富山市水橋肘崎482-8
TEL:0120-108-063
営業時間(月~土):9:00~16:30
営業時間(日祝日):9:00~16:00
定休日:水曜日
アクセス:水橋駅より車で約6分

HP:http://www.umekama.co.jp/
地図:「梅かまU-mei館」への地図

3. 富山の名物グルメ!味わうべき逸品をお土産に「昆布巻きかまぼこ」

3. 富山の名物グルメ!味わうべき逸品をお土産に「昆布巻きかまぼこ」
photo by mikyastian   /   embedded from Instagram

富山県に深く根ざしたかまぼこ文化ですが、「巻きかまぼこ」も他の地域では見られない名物です。昆布に巻かれたかまぼこは、見た目がかわいらしく、お弁当に入れたら間違いなく主役になる一品です。

巻きかまぼこを販売しているお店はたくさんありますが、特におすすめなのは河内屋のかまぼこです。かまぼこの原料となる魚はすべて天然魚を使っています。また、巻きかまぼこの味を左右する昆布は、北海道産の最高級の真昆布を使っていますよ。シンプルなかまぼこなのですが、こだわりが詰まっている逸品。ぜひお土産にいかがでしょうか?

■基本情報
店舗名:鮨蒲本舗 河内屋
住所:富山県魚津市駅前新町9-12
TEL:0765-24-1055
アクセス:魚津駅より徒歩約4分

HP:https://www.kamaboko.co.jp/
地図:「鮨蒲本舗 河内屋」への地図

4. 富山の新名物として大人気!「富山ブラックラーメン」

4. 富山の新名物として大人気!「富山ブラックラーメン」

富山県の新しい名物になっているのが、「富山ブラックラーメン」です。元々は当時屋台で営業していたラーメン屋さんが、肉体労働者の塩分補給のために通常よりもスープの醤油を濃くしたラーメンを提供していたのが始まりです。真っ黒なスープが特徴のラーメンとなっています。それが富山市内で広がり、今では全国に名前を知られるほどのご当地ラーメンの1つとなりました。

この富山ブラックラーメンをご家庭で楽しめるように、お土産にできる箱入りのラーメンセットが販売されています。チャーシューやネギ、メンマを準備すれば、いつでも富山ブラックを味わうことができますよ。

■基本情報
店舗名:きときと市場とやマルシェ
住所:富山県富山市明輪町1−220 
TEL:076-471-8100
営業時間:8:30~20:30
アクセス:富山駅より徒歩すぐ

HP:http://www.toyamarche.jp/
地図:「きときと市場とやマルシェ」への地図

5. 口に入れた瞬間消えてなくなるお菓子をお土産に「T五」

5. 口に入れた瞬間消えてなくなるお菓子をお土産に「T五」
photo by yumizo27   /   embedded from Instagram

知っている人でないと読み方のわからない「T五」。これは、富山を代表するお菓子を指します。T五は、薄氷のように口に入れるとさっと溶けてしまう、口当たりなめらかで上品な味わいが楽しめる干菓子です。

5種類のTONE(色合い)と5種類のTASTE(味)なので、T五という名前がつけられています。その5種類とは、さくら・抹茶・柚子・胡麻・和三盆です。干菓子だけあって、軽くて日持ちもするのでお土産にはもってこい名品です。富山県へ観光に訪れた際には、ぜひここの干菓子を購入して帰ってくださいね!きっと満足行くはずです。

■基本情報
店舗名:五郎丸屋
住所:富山県小矢部市中央町5−5
TEL:076-667-0039
営業時間:8:00~19:00
定休日:月曜日
アクセス:石動駅より徒歩約8分

HP:http://www.usugori.co.jp/
地図:「五郎丸屋」への地図

6. その見た目は老舗ならではの美しさ「月世界」

6. その見た目は老舗ならではの美しさ「月世界」
photo by kikutistagram   /   embedded from Instagram

富山県民なら知らない人はいない、地元富山県の銘菓が、こちらの「月世界」です。明治30年創業のこちらの老舗は、創業以来富山県で愛され続けている、定番の伝統的なお菓子となっています。

この月世界は、真っ白で直方体の形状をしています。お土産にももってこいですよね!気になる味わいは、口に入れるとほろりと崩れ、口の中にふわっと甘みが広がります。新鮮な鶏卵・和三盆・寒天を煮詰めて乾燥させることで作られてます。独特な風味は日本茶にもコーヒーにもよく合いますよ。富山へお越しの際にはぜひ検討してみてください。

■基本情報
店舗名:月世界本舗
住所:富山県富山市上本町8-6
TEL:076-421-2398
アクセス:西町駅より徒歩すぐ

HP:http://www.tukisekai.co.jp/
地図:「月世界本舗」への地図

7. そのコク、お酒にぴったり!「ほたるいかスミ造り」

7. そのコク、お酒にぴったり!「ほたるいかスミ造り」
photo by ikumi__negi   /   embedded from Instagram

海の宝石と呼ばれるほたるいか。一口サイズで食べやすいほたるいかは、主にお酒のお供として日本全国各地で親しまれています。そんなほたるいか、ここ富山県の名産品として有名なんです!富山では春にだけいただける味覚ですが、「ほたるいかの黒作り」でしたら1年中いただくことができます。

ほたるいかの沖漬けは他の地域でもいただくことができますが、富山の黒作りはイカ墨を使用しています。通常の沖漬けよりもコクがあり、お酒にも白ご飯にもぴったり合う逸品です。一度食べたらきっとはまりますよ!

■基本情報
商品名:ほたるいかスミ造り
販売元:カネツル砂子商店

HP:https://x131.secure.ne.jp/

8. 上品な味わいが人気の富山の逸品「高岡ラムネ」

8. 上品な味わいが人気の富山の逸品「高岡ラムネ」
photo by acoco_02   /   embedded from Instagram

ラムネというと、子どものお菓子というイメージがありるかもしれません。口に含むとしゅわっと溶けるのが美味しいですよね!今回ご紹介するこの「高岡ラムネ」は、大人のための上質なラムネとして作られた逸品。経済産業省の地方創生プロジェクト「The Wonder 500」にも選ばれました。

富山県産のコシヒカリと国産の生姜を使用し、職人が1つ1つ手作業で作り出すラムネ。高岡の文化を感じさせる、優しい口どけが自慢の逸品です。富山へ観光にお越しになったならぜひこのラムネを食べてみてくださいね!きっとお土産に贈りたくなるはずです!

■基本情報
店舗名:大野屋高岡木舟町本店
住所:富山県高岡市木舟町12番地
TEL:0766-25-0215
営業時間(月〜土):8:15~19:30
営業時間(日祝日):8:15~19:00
定休日:水曜日
アクセス:高岡駅より徒歩7分

HP:http://www.ohno-ya.jp/
地図:「大野屋高岡木舟町本店」への地図

9. 富山県の海の幸を使った名物。お土産の人気も高い!「しろえび紀行」

9. 富山県の海の幸を使った名物。お土産の人気も高い!「しろえび紀行」
photo by shinohara_m   /   embedded from Instagram

富山県は、日本海に面しているため、新鮮な海の幸をふんだんに使ったグルメが豊富になります。そんな数多くある海産物のなかでも、富山といえば美しい姿で海を舞う白えびが特に有名です。その白えびと富山県産のうるち米で作られたのが「しろえび紀行」です。

一見すると普通のおせんべいのようですが、一口食べると白えびの風味が広がります。米どころの富山だけあって、おせんべい自体も美味しく、お土産に喜ばれること間違いなしのお菓子です。ぜひ一度食べてみてくださいね!そしてお土産にも購入して帰りましょう!

■基本情報
店舗名:ささら屋 福光本店
住所:富山県南砺市吉江中1213
TEL:0763-52-6785
アクセス:東石黒駅より徒歩12分

HP:http://www.sasaraya-kakibei.com/
地図:「ささら屋 福光本店」への地図

10. その可愛らしい丸い見た目は、特に女性におすすめの逸品!「甘金丹」

10. その可愛らしい丸い見た目は、特に女性におすすめの逸品!「甘金丹」
photo by ukkey7   /   embedded from Instagram

富山県の銘菓として、しばしば日本の雑誌などにも取り上げられる、富山県の人気商品が「甘金丹」です。この「甘金丹」は、老舗の洋菓子屋さんが作る洋風のお饅頭です。ふわふわに蒸されたスポンジの中には、濃厚なカスタードクリームがたっぷり詰まっていて、食べると口のなかでハーモニーを奏でます。

富山の薬屋さんを髣髴とさせるパッケージもレトロでかわいらしいです。パッケージと中のお菓子とのギャップも魅力の1つとなっています。富山県が日本に誇る絶品スイーツ、甘いものが好きならぜひ試してみて欲しい、おすすめのお土産ですよ!

■基本情報
店舗名:栄町リブラン総本店
住所:富山県富山市栄町2-1-5
アクセス:稲荷町駅より徒歩9分

HP:http://www.lisblanc.com/
地図:「栄町リブラン総本店」への地図

富山県の名物をお土産にしよう!

いかがでしたか?今回は、北陸地方の人気観光エリア「富山県」を訪れたら必ず買いたいおすすめのお土産をご紹介しました。日本海の美味しい魚介類や富山産のお米など、県の特産品を使った自慢のお土産がたくさんあります。もちろん観光スポットも様々あるので楽しんでくださいね!その上でお土産に迷ったら、ここで紹介したものを試してみてください!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者