奈良公園で鹿と遊ぼう!魅力満載の観光の見どころスポット6選!

日本文化に触れることのできる古都観光といえば京都が定番ですが、奈良だって負けてはいません。1000年以上前から脈々と受け継がれ続けてきた歴史が、奈良にはいっぱい詰まっています。そんな奈良県において、特に人気の観光スポットが奈良公園ですね。今回は奈良公園に来たなら欠かせない見どころ満載のスポットを厳選してご紹介いたします。ぜひ奈良公園を楽しんで日本の伝統文化や歴史に触れてみてください。


奈良公園ってどんなところ?

奈良公園ってどんなところ?

710年に奈良の平城京に遷都されて以来1300年の歴史がある旧都奈良。その奈良にある県立公園が奈良公園です。660haもの広大な敷地内には世界遺産の春日大社や東大寺をはじめとした歴史的な寺社仏閣が軒を連ねます。奈良国立博物館では、奈良・平安時代の日本文化に触れることができるのが魅力的です。

また、奈良公園には1000頭以上の鹿が生息しており、鹿せんべいを与えて彼らと触れ合うこともできます。都会の喧騒から離れた旧都でのんびり観光をすることができます。春には桜の名所として、秋には紅葉の名所として日本文化の感性に大きな影響を及ぼしてきた日本の原風景をぜひお楽しみください。

1. 東大寺

1. 東大寺

奈良県の代名詞ともいえるのが、やはり東大寺でしょう。平城京遷都以来1300年もの歴史を有する巨大寺院で、聖武天皇が荒廃した世を仏教の力によって正そうと国力を上げて建立した、天平文化を象徴する寺院です。

本尊の盧舎那仏は奈良の大仏として有名で、それを覆う大仏殿は世界最大級の木造建築として有名です。その大きさはまさに圧巻で、側にある穴が鼻の大きさをしているので、直にその大きさを体感することができるのも、また嬉しいポイントです。また、境内には数多の国宝が並んでおり、壮大な伽藍配置は訪れるものを圧倒させます。

■基本情報
名称:東大寺
住所:奈良県奈良市雑司町406−1

2. 春日大社

2. 春日大社

春日大社は奈良公園の中に位置しており、東大寺とともに「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録されています。また、春日大社は、本殿を含めて27棟の建物が国の重要文化財に指定されています。赤と白を基調とした東アジアらしいデザインの本殿は奈良公園の自然によく馴染んでおり、幽玄の美しさを醸し出しております。

東大寺同様に奈良時代の建立であり、大化の改新に功のある藤原氏の氏神を祀っています。日本中でよく見られる春日神社の総本社です。春日大社は縁結びにご利益のある神社であると言われています。観光の際には素敵なご縁を願ってみましょう。

■基本情報
名称:春日大社
住所:奈良県奈良市春日野町160

3. 奈良国立博物館

3. 奈良国立博物館
photo by do_mo_do_mo   /   embedded from Instagram

奈良公園の中でも特に人気の高い奈良国立博物館は、古代日本の仏教美術を中心とした文化財を主な展示物としている博物館です。展示物だけでなく、本館も魅力的で、明治期に建てられた数少ない日本の本格的な西洋建築が楽しめます。

本館は重要文化財に指定されており、毎年秋には正倉院展が企画されているので、これを狙って観光するのがオススメです。日本の近代化のきっかけとなった明治時代の歴史に触れることができる貴重なスポットなので、ぜひお出かけしてみてください。

■基本情報
名称:奈良国立博物館
住所:奈良県奈良市登大路町

4. 若草山

4. 若草山

若草山は奈良公園に入って目の前にある山で、標高342mあります。季節によって見せてくれる表情は様々で、毎年1月の第4土曜日には若草焼きが行われます。これは、若草山を焼いて、新年を迎えることを告げる奈良の伝統行事です。若草焼きの前には花火を打ち上げたり、盛大に行われます。

また、山頂からの眺めは大変良く、奈良の景色を一望する絶景が広がります。特に夜景は綺麗なので、カップルでのデートなどにはとてもおすすめですよ。新日本三大夜景にも選ばれていて、その景色はどことなくノスタルジーを感じます。

■基本情報
名称:若草山
住所:奈良県奈良市

5. 奈良公園の鹿たち

5. 奈良公園の鹿たち

奈良公園には野生の鹿がたくさん生息しており、園内ではそこらじゅうに鹿がいます。そのため鹿は奈良公園の代名詞的な存在として日本人の間で親しまれています。のんびりとした彼らを眺めると観光での疲れを癒すことができます。

また、鹿せんべいを与えることで鹿たちと触れ合うことができます。体調が悪くなってしまいますので、鹿せんべい以外は与えないようお願いします。鹿たちは国の天然記念物に指定されており、春日大社の神の使いであるとされています。

■基本情報
名称:奈良公園
住所:奈良県奈良市

6. 興福寺

6. 興福寺

興福寺は平安時代に権勢を振るい栄華を誇った藤原氏に縁のある寺で、中世まで大和国の実質的な国主として強大な力がありました。その支配は古代から織田信長・豊臣秀吉の時代まで続きました。東大寺や春日大社とともに世界遺産に登録されています。五重の塔が有名でご本尊は釈迦如来です。

藤原鎌足の妻である鏡大王が鎌足の病気が治ることを祈願して建立された山科寺が興福寺の前身であり、平城京に遷都される際に鎌足の子の不比等が興福寺と名付けたのが創建とされています。興福寺では、五重の塔や阿修羅像などの人気な文化財の他にも、夜のライトアップが綺麗で幻想的な景色を楽しむことができます。

■基本情報
名称:興福寺
住所:奈良県奈良市登大路町48

奈良公園の基本情報

名称:
奈良公園

住所:
奈良県奈良市

開園時間:
24時間開園

アクセス:
・近鉄奈良駅から東へ10分
・JR奈良駅から三条通りを東へ20分
・JR近鉄の奈良駅から市内循環バスで氷室神社国立博物館・東大寺大仏殿春日大社前下車

奈良公園を観光してみましょう!

いかがでしたでしょうか?鹿のイメージが強い奈良公園ですが、それ以外にも見どころ満載ですね。人気の理由が分かったのではないでしょうか?奈良県に来たならば、奈良公園で鹿と遊びながら、日本の文化・歴史に触れることができるスポットへ、ぜひ出かけてみましょう!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者