これが名物!奈良県で必ず食べたい人気のおすすめご当地グルメ10選!

奈良は西暦710年に、当時の中国の都だった長安を参考にして、日本で初めての大規模な都市計画をされた都です。それ以来、歴史を大切にする文化が培われてきた奈良。その姿勢は食文化にも表れています。食い道楽の大阪、京都の美食に比べると、少し地味な印象のある奈良ですが、日本という国の成り立ち以来、脈々と受け継いできた食文化がここにはあります。今回はそんな奈良県で絶対に食べたい人気のおすすめご当地グルメをご紹介していきます。


1. 奈良伝統の飛鳥鍋を食べるなら「膳(ZEN)」

1. 奈良伝統の飛鳥鍋を食べるなら「膳(ZEN)」
photo by wakamiyake   /   embedded from Instagram

奈良県で有名な飛鳥鍋はなんと牛乳ベースを出汁に使っている鍋です。薄口醤油で味付けし、出汁に鶏肉などの具材を入れ、最後に牛乳を注きます。なぜ牛乳ベースの鍋物が奈良で食されているのかご存知ですか?それは昔、唐の使者から伝わった牛乳を使って、妙薬寺の僧侶達がこっそりと鶏肉を牛乳で煮て食べていたことが、飛鳥鍋の原形になったと言われています。いまでは奈良の伝統的な鍋として定着しています。

そんな飛鳥鍋をいただくのなら「膳 (ZEN)」がおすすめです!奈良駅からすぐのこちらのお店は、現代的にアレンジした飛鳥鍋を頂くことができます。牛乳ベースのまろやかなスープに、こだわり鳥モモ肉と自家製つくねが入ったボリュームいっぱいの鍋です。

その他にも、大和地鶏が頂けるコースなども用意されており、奈良の恵みを頂けるメニューがいっぱい!お昼のコースもとてもお得なのでおすすめですよ。ぜひ歴史を感じる一品を味わってみませんか?

■基本情報
名称:膳(ZEN)
住所:奈良県奈良市小西町21-1 ならら2F
営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:30
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩1分
HP:http://nara-zen.com/
地図:「膳(ZEN)」への地図

2. 歴史ある名物の柿の葉寿司で有名な「たなか なら本店」

2. 歴史ある名物の柿の葉寿司で有名な「たなか なら本店」
photo by elica1130   /   embedded from Instagram

奈良県吉野地方で生まれた名物の「柿の葉寿司」。現在のような冷蔵保存ができない時代、山深い奈良まで運ばれてきた海産物は、とても貴重品でした。そこで、薄くすいた塩鯖をご飯の上にのせて、山柿の葉で包んで重石をかけて熟成させて生まれたのが、柿の葉寿司です。

昔は、お祭の日のご馳走だったようですよ。包んでいる柿の葉はビタミンCがとても豊富で、ポリフェノールの一種であるタンニンが多く、抗菌・抗酸化作用や、すし飯を乾燥から防ぐ以外にも保存性を高める効果があると言われています。ぜひ先人達の知恵で生まれた柿の葉寿司を味わってみてください。

そんな柿の葉寿司をいただくのならぜひ訪れていただきたいのが、「柿の葉すし本舗 たなか なら本店」です!近鉄奈良駅を出てすぐにある本店では、名物柿の葉すし購入することができるのはもちろん、たなかオリジナルのお寿司を味わうことができる「柿の葉茶屋」を併設しています。奈良散策の合間に、温かいほうじ茶と柿の葉寿司でほっとひと息してみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:柿の葉すし本舗 たなか なら本店
住所:奈良県奈良市東向中町5-2
営業時間:9:30~19:30
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩2分
HP:https://www.kakinohasushi.co.jp/
地図:「柿の葉すし本舗 たなか なら本店」への地図

3. 手延べそうめん発祥の地で本物を味わうなら「そうめん処 三輪茶屋」

3. 手延べそうめん発祥の地で本物を味わうなら「そうめん処 三輪茶屋」
photo by kopin1   /   embedded from Instagram

奈良県桜井市を中心とした三輪地方で生産されている名物の「手延べそうめん」。こちらには、日本最古の神社と言われる「大神神社(おおみわじんじゃ)」があります。この場所で今から1300年ほど前に、神様の勅命を受けて製造を始めたのがそうめんの発祥地だと言われています。極寒期に手延べ法により精製したもので、腰のしっかりした煮くずれしにくい独特の歯ごたえと舌ざわりの良さが特徴のそうめんです!ぜひ一度奈良県で、本物の味をご賞味下さい。

数あるお店の中でも特に人気の高い「三輪そうめん山本」は、1717年創業の老舗です。極限まで磨き上げた手延べ製法で、通常のそうめんより細いけれど、コシのしっかりした歯ごたえとのど越しの良さを感じることができます。

その本店の一角にある「そうめん処 三輪茶屋」では、その場で手延べそうめんを食べることができます。柿の葉寿司やくず餅とのセットなど、お得なメニューもあるので、ぜひお召し上がりくださいませ。

■基本情報
名称:そうめん処三輪茶屋
住所:奈良県桜井市大字箸中880
営業時間:11:00~16:30
アクセス:巻向駅より徒歩9分
HP:http://www.miwayama.co.jp/
地図:「そうめん処三輪茶屋」への地図

4. 食べごたえのある大きな三笠焼きが特徴の「萬勝堂」

4. 食べごたえのある大きな三笠焼きが特徴の「萬勝堂」
photo by marronpd   /   embedded from Instagram

三笠焼きは薄いパンケーキ生地であんこをはさんだ和菓子で、みなさんおなじみの「どら焼き」のことです。どら焼き自体は日本全国どこにでもありますが、奈良の三笠山とどら焼きが似た形であることから、「三笠焼き」と呼ばれるようになり、奈良名物として親しまれてします。

注目なのは、その大きさ!いろいろなサイズがあり、「ジャンボ三笠」は、なんと直径20センチくらいあります!見るだけでも迫力満点、食べごたえもアリの一品です。

奈良駅からほど近い位置にある老舗の和菓子屋「御菓子司 萬勝堂」。萬勝堂の「三笠焼き」は、厳選された小麦粉と卵を使って、ふっくらと生地を焼き上げます。そしていい香りがする生地に、しっとりと炊き上げられたあんこをはさみます。普通サイズの三笠はもちろんのこと、大きなサイズの三笠も人気の商品となっています。もちろんお土産にしても、とても喜ばれる品ですよ。

■基本情報
名称:御菓子司 萬勝堂
住所:奈良県奈良市東向中町24-1
営業時間:8:00~19:00
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩2分
HP:http://www.manshoudou.com
地図:「御菓子司 萬勝堂」への地図

5. 鹿を見ながらおいしい茶粥をいただく「塔の茶屋」

5. 鹿を見ながらおいしい茶粥をいただく「塔の茶屋」
photo by toujibykouhou1306   /   embedded from Instagram

奈良市を中心とする大和地方で、1200年以上も前からずっと食べ続けられてきた名物料理が「茶粥」です。お寺が多かった奈良では、僧侶の食事として茶粥がはじまり、「大和の茶がゆ」は庶民にも日常的に食されて来ました。作り方は、お米をお茶と一緒に炊いただけのシンプルなものです。茶粥の特徴は水分が多めで、粘り気がないところです。炊き込みすぎず、お米がふっくら、さらさらっと味わえるのが魅力的ですよ。

そんな茶粥を味わうのにおすすめのお店が「塔の茶屋」です。こちらは興福寺五重塔の東側にある茶屋。緑茶で炊いた茶粥が食べられることで有名なお店です。奈良公園の一角にあるため、お店の中から鹿を眺めることもでき、とても風情があります。

メニューは茶がゆ弁当(2000円)や茶がゆ懐石(5000円~)などがあります。地元産の野菜の炊き合わせや、胡麻豆腐などが付いてくるので、とってもお得ですよ。旅行先で疲れた胃を休めるためにも、ヘルシーな茶粥をぜひいかがでしょうか?

■基本情報
名称:塔の茶屋
住所:奈良県奈良市南城戸町18
営業時間:11:30~19:00
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩2分
HP:http://tounochaya.com
地図:「塔の茶屋」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:

→奈良公園で鹿と遊ぼう!魅力満載の観光の見どころスポット6選!

6. 吉野本葛をふんだんに使ったスイーツを味わう「天極堂」

6. 吉野本葛をふんだんに使ったスイーツを味わう「天極堂」
photo by yuria47   /   embedded from Instagram

葛は山のどこにでも生える植物です。地中深く生えている根を繊維状に粉砕して水と混ぜて、根に含まれる澱粉をもみだし、吉野晒という吉野地方独自の製法で精製したものが「吉野本葛」と呼ばれます。

1kgの葛根から最終製品としてできあがる葛粉は、およそ100gといわれており、大変貴重なものなんです。その粉でつくられた葛まんじゅうや葛餅は、口当たりも良くてモチモチ食感です。ぜひ最高級の本葛スイーツの極上食感をお試し下さい。

「天極堂」は100年以上にもわたり、葛粉をつくり続けている葛の専門店です。葛の専門店だからこそ取り扱える高級本葛をつかった、葛湯、くず餅、葛切り、お食事の葛づくしコースなど、多彩なメニューで葛をあますことなく楽しむことができます。奈良の味覚を味わうのであれば、外すことができない名店の中のひとつですね!

■基本情報
名称:吉野本葛 天極堂 奈良本店
住所:奈良県奈良市押上町1-6
営業時間:10:00~19:30
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩10分
HP:http://www.kudzu.co.jp/
地図:「吉野本葛 天極堂 奈良本店」への地図

7. こだわりの奈良漬を400年以上も販売する老舗「今西本店」

7. こだわりの奈良漬を400年以上も販売する老舗「今西本店」
photo by sassy083   /   embedded from Instagram

奈良時代から食べられていたと言われる奈良漬ですが、当時は上流階級の者だけが食べることができる貴重なものでした。それ以来、1300年以上もの間に渡り受け継がれ、伝統が続いてきた奈良漬け。そして現在では、一般的に食されるようになりました。ウリなどの野菜を丁寧に酒粕で漬けられた奈良漬けは、カリっとした食感で、お茶漬けやお酒のお供に大活躍の一品です!

そんな奈良の名物である奈良漬を味わうなら、ぜひとも訪れていただきたいのが「今西本店」です。400年以上続くこちらのお店の奈良漬けは、材料は厳選された日本産のものだけを使用し、甘味料・保存料・着色料等を一切使わず、使用しているのは清酒粕だけ。

奈良漬の熟成期間は6ヵ月前後が一般的ですが、こちらのお店では熟成期間は白瓜で3年以上、最長でなんと17年のものもあるほどです。一般の奈良漬に比べて、色は黒く、塩分はほとんど無いのですが、酒の深い香りを感じ、日本酒のお供には最高の逸品に仕上がっています。

■基本情報
名称:今西本店
住所:奈良県奈良市上三条町31番地
営業時間:9:30~18:45
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩9分
地図:「今西本店」への地図

8. 秋の味覚・柿スイーツを堪能できる「柿の専門 奈良吉野いしい」

8. 秋の味覚・柿スイーツを堪能できる「柿の専門 奈良吉野いしい」
photo by papapuir   /   embedded from Instagram

日本の有名な俳人・歌人である正岡子規の有名な俳句にもあるように、奈良といえばやはり「柿」というイメージがあります。それもそのはず!奈良の柿は、質・生産量ともに全国トップクラスなんです。温度差のある気候や独自の風土が柿作りには適しており、甘味の強い大玉のものが多く出来やすい土地柄なんです。もし秋に奈良に来られたなら生の柿を、それ以外の季節でも干し柿や柿をつかったスイーツなど、ぜひ有名な奈良の柿を堪能してみてください。

そして、ぜひとも訪れてほしいお店のひとつである「柿の専門 奈良吉野いしい」は、柿のお菓子・スイーツ専門店です。お店の看板商品である「柿もなか」は、柿の果肉が餡になっていて、パリパリの皮と餡のネットリとした食感がとても新鮮な味わいです。

柿の果汁を入れて一滴の水も使用していない柿羊羹は、口当たりがよく柿の風味を最大限活かされています。柿そのものより柿の味を満喫できるスイーツばかり!お土産にも喜ばれる逸品が揃っています。ぜひ足を運んでみてくださいね。

▽【関連記事】

→秋の絶景を見に行こう!関西で紅葉を見るならおすすめな人気の名所10選!

■基本情報
名称:奈良吉野いしい 奈良三条通店
住所:奈良県奈良市上三条町27-1 村田ビル1F
営業時間:10:00~19:00
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩5分
HP:http://a-kaki.com
地図:「奈良吉野いしい 奈良三条通店」への地図

9. 季節の味覚が詰まった格別の釜飯「志津香」

9. 季節の味覚が詰まった格別の釜飯「志津香」
photo by asiganoti8   /   embedded from Instagram

奈良には釜飯のお店が多く、各店がいろんな特徴の具で勝負しています。季節の具とこだわりのお米で、一つ一つのお釜で炊きあげられた釜飯のオコゲのおいしさは格別です!どこのお店も注文を受けてから炊き始めますので、炊きあがるまで30分以上はかかります。ぜひ時間に余裕を持って訪れてくださいね。

そして、奈良の釜飯と言ったらまずこちらのお店をあげる方が多いでしょう!ぜひ訪れてほしい名店が「釜飯 志津香」です。一つ一つ直火で炊きあげるのが特徴のこちらの釜飯。

季節毎に変わる具は、秋は栗、冬は牡蠣など、訪れるたびに違った楽しみがあり、ワクワクしてしまいます。昆布と鶏がらベースのお出汁で炊きあげられたお米は、ご飯の粒がたっていて格別!もちろんお焦げも楽しめます。地元民からも愛されるこちらの絶品の釜飯をぜひご賞味下さい。

■基本情報
名称:志津香 大宮店
住所:奈良県奈良市大宮町4-249-4
営業時間:11:00~20:30
アクセス:奈良駅より徒歩10分
HP:http://www.kamameshi-shizuka.jp
地図:「志津香 大宮店」への地図

10. 奈良ご当地のスタミナラーメンを味わうなら「彩華ラーメン」

10. 奈良ご当地のスタミナラーメンを味わうなら「彩華ラーメン」
photo by juya_shirakaba   /   embedded from Instagram

日本全国にはいろんなご当地ラーメンがありますが、奈良のラーメンはどんなものかご存知ですか?それはズバり「スタミナ」です!スタミナラーメンとは、白菜やニラなどの野菜を豆板醤やニンニクと一緒に炒めたものが具となっている、醤油ベースのスープが特徴のピリ辛ラーメンです。具だくさんのラーメンは他の地域には無い特徴で、これを食べると元気が出るので、スタミナという名前がついていると言われています。

数あるお店の中でも、こちら「彩華ラーメン」は奈良県天理市発祥のスタミナラーメンです。醤油ベースのスープに炒めた白菜や豚肉、ニラ、人参などの具がたっぷり入った、辛くて濃厚でコッテリとしたラーメンです。スープはピリ辛で、食べ終わる頃には体はポカポカになっています。秋や冬などの寒くなる時期にはぴったりですね!

一度食べたらまた食べたくなるため、大阪や京都からこのラーメンを食べに来る人も多いほど!地元民に愛されるスタミナラーメンを、ぜひお試ししてみてくださいね。

▽【関連記事】

→これぞ地元の味!京都で必ず食べたいおすすめの絶品ラーメン10選!

→嵐山でラーメンならココ!必ず食べたい人気のおすすめ京都ラーメンの名店10選!

■基本情報
名称:彩華ラーメン 本店
住所:奈良県天理市岩室町91番地
営業時間:11:00~翌3:00
アクセス:前栽駅より徒歩16分
HP:http://www.saikaramen.com
地図:「彩華ラーメン 本店」への地図

奈良県のおいしいご当地グルメを味わい尽くそう!

いかがでしたでしょうか?奈良は歴史の長さを反映した、味わい深いグルメ多いのが特徴的ですね。1000年以上にも渡って食べ続けられてきた伝統の味を味わえるのは、ここを逃しては他にありません!ぜひ関西にお越しの際には、日帰りでも宿泊でも奈良まで足を伸ばして、おいしい伝統のご当地グルメを味わっていってくださいね。きっとあなたの旅をいい思い出にしてくれるはずですよ。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者