沖縄美ら海水族館の観光の見どころ、アクセス、料金を徹底ガイド!

日本屈指の観光県でもある沖縄県。その沖縄の中でも見逃せない観光スポットランキングの上位を常に独占しているの人気の場所が、この「美ら海水族館」です。年間の来館者数200万人を超す日本一人気のある水族館でもあります。今回は美ら海水族館を思いっきり楽しむためのポイントや、アクセスなどの交通事情、料金などに至るまで詳しくご紹介したいと思います!


美ら海水族館ってどんなところ?

美ら海水族館ってどんなところ?

「美ら海(ちゅらうみ)」とは、沖縄の方言で清らしい海という意味。沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある海洋博公園内に位置しています。 海洋博公園は、71.6ヘクタールの広さでとっても大きな公園です。その公園内に位置する美ら海水族館は、2005年にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは、なんと世界最大の水族館だったのです!

800群体のサンゴや、世界最大の魚であるジンベイザメ、そして世界で初めて繁殖に成功したナンヨウマンタなど見どころがとにかく満載です!ぜひ美ら海水族館の観光を楽しんでみましょう!さて、ここからは絶対に見逃せない館内の見どころポイントを紹介します!

1. 水族館のメインスポット!大迫力の「黒潮の海」

1. 水族館のメインスポット!大迫力の「黒潮の海」

深さ10m、幅35m、奥行27m と世界最大級の大水槽である沖縄美ら海水族館のメインスポットとも言える場所が、「黒潮の海」。ジンベエザメやマンタなど、他の水族館でもなかなか見ることができない魚たちが優雅に泳ぐ姿を眺めることができます!

巨大な水槽の中で魚たちが気持ちよさそうに泳ぐ姿は、思わず見とれてしまうほどのまさに圧巻の美しさ。約70種、1万6000匹の様々な魚たちを思う存分様々な角度から眺めることができる大水槽の黒潮の海。世界最大級だからこそ味わえるダイナミックで感動的な体験を、ぜひお楽しみください。

1-1. 大迫力のジンベエザメの給餌は必見!

1-1. 大迫力のジンベエザメの給餌は必見!

黒潮の海の中でも特に必見のポイントとしてあげられるのが、やはりジンベエザメ。現在、黒潮の海には3尾のジンベエザメがいます。美ら海水族館のメインキャラクターと言ってもいいでしょう。全長約8.6メートルのジンベエザメを眺めるだけで圧巻ですが、午後3時と5時にはジンベエザメの給餌タイムがあります。

ジンベエザメは1度になんと約100リットルの海水と餌を吸い込むことができるのだそう。迫力満点のジンベエザメの食事シーンは、他ではなかなか見ることができない体験なので、必見です。ぜひ時間を調整して、黒潮の海に訪れてみてくださいね。

 

1-2. 世界初!ナンヨウマンタの複数飼育

1-2. 世界初!ナンヨウマンタの複数飼育

黒潮の海において、ジンベエザメと並ぶほど人気があり、必見ポイントとして挙げられるのが、ナンヨウマンタです。ここ美ら海水族館は、世界で初めてナンヨウマンタの複数飼育と繁殖に成功した水族館です。そんなナンヨウマンタたちが、この黒潮の海の中で優雅に泳いでいます。

これは、大水槽と新鮮な海水を常に供給できる美ら海水族館だからこそ実現することができたことです。世界中探してもこのような貴重な体験ができる場所は、本当に少ないです。美ら海水族館に来たならば、マンタの姿は絶対に見逃せませんね。

2. 圧巻!約70種のサンゴが見られる「サンゴの海」

2. 圧巻!約70種のサンゴが見られる「サンゴの海」
photo by hed_86   /   embedded from Instagram

こちらのサンゴの海は、屋内にありながら屋根がない水槽になっています。沖縄の太陽光を直接取り込むことが出来るオープンシステム構造になってるおかげで、サンゴの大規模飼育を可能にしているんです。

そのサンゴの海の中では、沖縄の代名詞ともいうべきサンゴが800群体も生育されており、まさに圧巻の光景が広がります。また、こちらの水槽のモデルは、飼育員が地元沖縄の海に潜って実際に見たサンゴ礁の風景を参考に作られているそうです。約70種類のサンゴが様々な角度から眺められる「サンゴの海」は必見です!

3. 実際に触れる浅瀬の生き物!「イノーの生き物たち」

3. 実際に触れる浅瀬の生き物!「イノーの生き物たち」

「イノー」とは、沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海のことです。この「イノーの生き物たち」においては、ヒトデやナマコなど浅瀬の生き物たち約40種類を実際に触ってみることが出来るタッチプールになっています。

こちらの水槽の海水は、そんな浅瀬の生き物たちが過ごしやすいように、なんと美ら海水族館の目の前の海から水温調節せずにそのまま引き入れています。沖縄の海の温度を直接感じ取ることができるは、とても嬉しいですね。お子さま連れの方には特におすすめですので、是非訪れてみてくださいね。

4. 無料で楽しめるイルカショー「オキちゃん劇場」

4. 無料で楽しめるイルカショー「オキちゃん劇場」
photo by manchhichi   /   embedded from Instagram

水族館と言えば、やはりイルカなどのショーは欠かせませんよね。ここ沖縄美ら海水族館のある海洋博公園内には、イルカやウミガメなどの海の生き物たちに、なんと無料で出会えるスポットがあるんです。それこそが「オキちゃん劇場」という場所です。

沖縄の絶景をバックに、イルカたちのジャンプや歌などを見せてくれる「オキちゃん劇場」は、1日4回も開催されています。こんなに素敵なロケーションで無料なのは驚きですよね!時間も4回あって合わせやすいと思いますので、ぜひ時間を確認して見に行ってみてくださいね!

5. 海の中の特別指定席「カフェオーシャンブルー」

5. 海の中の特別指定席「カフェオーシャンブルー」
photo by tsuka_sea   /   embedded from Instagram

美ら海水族館の中でも、個人的にとってもオススメなのが、「黒潮の海」の大水槽に隣接するのカフェ「オーシャンブルー」です。なんとここでは、軽食やビールを楽しみながら、ジンベエザメやたくさんの生き物を観察することができ、最高のひと時を過ごせます。

ビールやアイスコーヒーなどの飲み物や、タコライス、紅いもアイスなど沖縄らしいメニューもありお値段も手頃です。美ら海水族館で沖縄のグルメに舌鼓を打ちながら、魚たちの姿を眺められるなんて、なんとも贅沢な時間ですよね。とっても広い美ら海水族館を楽しむ上で、ほっと一息できる完璧な休憩スポットなんですよ。

■基本情報
開店時間:
[10月~2月]8:30~18:00
[3月~9月]8:30~19:30
※ラストオーダーは終了30分前

6. 絶対手に入れたい美ら海水族館限定土産

見どころがとにかく満載の沖縄美ら海水族館ですが、楽しいのはそれだけではありません。ここには美ら海水族館限定の絶対に買いたいお土産もたくさんあります。旅の楽しみのひとつともいえるお土産探しをぜひ美ら海水族館でも楽しんでみましょう!今回はそんな美ら海水族館限定のお土産の中から、特におすすめのものを厳選してご紹介いたします。

6-1. 沖縄土産定番!「紅いもタルト」

6-1. 沖縄土産定番!「紅いもタルト」
photo by iammaman.2525   /   embedded from Instagram

沖縄のお土産として有名な紅いもタルト。那覇空港などでも購入することができ、味も抜群なので、とても人気の商品となっています。そんな紅いもタルトですが、なんと美ら海水族館では、ここでしか買えない限定の紅いもタルトがあります!

パッケージには美ら海水族館のメインキャラクターともいえるジンベエザメが描かれておりとっても可愛い仕上がりとなっています。お土産として買って帰れば喜ばれること間違いなしの逸品です。沖縄土産の定番の紅いもタルト、ぜひ美ら海水族館限定バーションをゲットしてくださいね。

■基本情報
商品名:紅いもタルト
値段:6個入り648円、12個入り1080円

6-2. 可愛い!ジンベエザメの形のちんすこう

6-2. 可愛い!ジンベエザメの形のちんすこう
photo by cocoappu   /   embedded from Instagram

こちらも沖縄といえば誰もが知っているほどの定番のお土産「ちんすこう」。今ではいろんな味が登場し、沖縄県内の様々な場所でも購入することができるようになりました。そんなちんすこうですが、こちらも美ら海水族館限定のものが存在します。

なんとそのちんすこうは、ジンベエザメの形をしているんです!味はもちろんですが、形もとっても可愛らしいので、美ら海水族館、そして、沖縄の思い出として、大人気の商品となっています。会社用や学校用にぴったり、話題になること間違いなしのお土産ですので、ぜひお帰りの際にはおひとつ買っていきましょう!

■基本情報
商品名:ちんすこう
値段:小540円、大1080円

美ら海水族館の基本情報

美ら海水族館の基本情報

名称:
沖縄美ら海水族館

住所:
沖縄県国頭郡本部町石川424 海洋博公園内

営業時間:
[3月~9月]8:30~20:00
[10~2月]8:30~18:30

定休日:
12月第1水曜とその翌日

入館料:
通常料金
大人1,850円、高校生1,230円、小中学生610円、6歳未満無料

4時からチケット
大人1,290円、高校生860円、小中学生430円、6歳未満無料

年間パスポート
大人3,700円、高校生2,460円、小中学生1,220円、6歳未満無料

アクセス:
沖縄美ら海水族館へ行く主な交通手段は、車(レンタカー含む)、高速バス、路線バス、タクシーがあります。
那覇空港から、車で約2時間(高速道路利用)、バス(高速バス使用)で約3時間と沖縄観光で時間が空いた時にふらっと行けるような場所ではないので行く前にしっかりと計画を立てた方が賢明でしょう。

公式ホームページ:
https://churaumi.okinawa/

※日本語の他に英語、韓国語、中国語の言語設定が可能です。基本情報、開園状況については変わる可能性がありますので最新情報について詳しくは公式ホームページで確認の上来館してくださいね。

沖縄美ら海水族館の観光を満喫しましょう!

いかがでしたでしょうか?世界的にも有名な美ら海水族館。とっても広い敷地と、世界各国からの観光客でにぎわう水族館です。あらかじめ外せないポイントを調べておいて、見学するタイミングなどを計画しておくとより一層美ら海水族館の魅力を味わえるでしょう!沖縄に来たら是非美ら海水族館まで足を伸ばしてくださいね!思い出に残る素敵な旅になること、間違いありませんよ。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者