一度は泊まってみたい!阿蘇で宿泊におすすめな人気のホテル・旅館10選!

大自然と、その恵みでもある温泉が魅力の阿蘇。そして、阿蘇の滞在に欠かせないのが、旅館・ホテルの存在。昔ながらの風情を残しつつも機能的で、ひっそりと佇む隠れ家のような旅館。規模の大きな、大人も子供も楽しめるホテルまで実にさまざま。そこで、1度は泊まってみたい宿を10軒ピックアップ。贅沢に、温泉プラスα(アルファ)の要素たっぷりの素敵な宿で、最高の思い出を作りに出かけませんか?


1. 阿蘇の風情を隅々まで堪能できるホテル「いやしの里 樹やしき」

1. 阿蘇の風情を隅々まで堪能できるホテル「いやしの里 樹やしき」
photo by tomomint1003   /   embedded from Instagram

今や全国区の知名度を誇る黒川温泉。1年を通して各地から観光客が絶え間なく訪れる、その魅力は泉質の良さと各宿のホスピタリティ。中でも定評のあるのが「いやしの里 樹やしき」。和室・和洋室のある本館と、1つ1つが異なる造りをしている全10室の離れからなります。温泉街の中心部から少し離れた山あいの高台に位置しているので、自然の中に身を置きゆっくり過ごしたい方におすすめ。

比較的リーズナブルな本館も素敵ですが、やはり離れに泊まるのがベスト。桧をふんだんに使ったり、茶室をイメージしたり。二間続きやメゾネットタイプなど、どれも個性的。しかも各部屋とも切石や岩、桶など露天風呂の形もさまざま。それぞれの部屋を試したくなる、リピーターが多いのも頷けます。

もちろん大浴場もあり、混浴の露天風呂も!予約制ですが無料で利用できる家族風呂もあるので、連泊してじっくり楽しみたいところ。

食事もこだわっていて、敷地内にある自家農園で大切に育てた野菜を中心に、旬の食材を使った囲炉裏料理も人気。本館宿泊の際は食事処か部屋食が基本なので、囲炉裏料理希望の時は予約時に相談しておきましょう。就寝前にはぜひラウンジへ。希少銘柄の日本酒や芋焼酎も揃い、宿自家製の梅酒も人気。ぐっすり休んで、翌日も温泉三昧といきましょう!

■基本情報
名称:いやしの里 樹やしき
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6403-1
TEL:0967-44-0326
アクセス:黒川温泉(バス停)より送迎バスあり

HP:https://www.kiyashiki.com/
地図:「いやしの里 樹やしき」への地図

2. 阿蘇の広大な自然を感じれるおすすめホテル「旅館 みな和」

2. 阿蘇の広大な自然を感じれるおすすめホテル「旅館 みな和」
photo by unachicalinda   /   embedded from Instagram

南阿蘇の大自然に抱かれ、田んぼに囲まれた約3000坪の広大な敷地をもつ「旅館 みな和」。すべての部屋に内湯と露天風呂を備えた全10室の離れ。母屋から離れまでは屋根付きの廊下で繋がり、1つ1つの部屋同士が離れているので小さな子供連れのファミリーにも安心。

客室は6畳と8畳の二間続きでゆったり目。自慢の温泉は毎分600リットルも自噴する良質の天然温泉。内湯・露天風呂とももちろん源泉かけ流しで、いつでも好きな時に好きなだけ楽しめます。一般客室と、阿蘇の山々が一望できる眺望バツグンの客室があるので、部屋からの眺めも楽しみたい方は必ず予約の際に確認を。

のどかな田園風景とは一変して、ガラリと雰囲気が変わる夜。池の上に浮かぶように造られた神楽殿を目の前に、完全個室でいただく夕食。ライトアップされた舞台が、幻想的な雰囲気に。

そんな中でテーブルに届けられるのは、熊本が誇るグルメたち。阿蘇のあか牛や馬刺し、地鶏の天草大王。阿蘇の綺麗な水で育ったヤマメや天草の海で獲れた新鮮な鮮魚。とにかくボリューム満点の料理が並ぶので、お腹を空かせて臨みましょう。部屋のお風呂で温泉を独り占めして、おいしい料理がお腹いっぱい食べられる大満足間違いなしの宿です。

■基本情報
名称:旅館 みな和
住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰2510
TEL:0967-67-4188
アクセス:阿蘇くまもと空港より車で約32分

HP:http://aso-minawa.jp/
地図:「旅館 みな和」への地図

3. 家族で泊まりたい!阿蘇の人気ホテル「ホテルグリーンピア南阿蘇」

3. 家族で泊まりたい!阿蘇の人気ホテル「ホテルグリーンピア南阿蘇」
photo by halfwatermelon   /   embedded from Instagram

阿蘇周辺は見所が多いのですが、大人がしっとりと過ごす高級旅館が多いイメージがありませんか?もちろん部屋に露天風呂があれば、小さな子供と一緒でも安心です。でも、もっとのびのびと子供が楽しく過ごせる旅館・ホテルがあれば。そう思っている方にピッタリなのがココ!

標高650mの位置にあり、真夏でも過ごしやすい場所。そして何と言っても阿蘇五岳がドーンと目の前に広がる光景が印象的。客室や露天風呂・展望テラスから眺める阿蘇の山々に、心が洗われます。とにかく開放的な気分になれる絶好のロケーションです。

ホテルの施設だけでも充分広いのですが、コテージや体育館などもあり、総敷地面積は50ヘクタールにもなります。広い園内には、散策やジョギングコースも設けられています。子供に嬉しい「ちびっ子広場」には、遊具も完備。散策コース沿いには、夏になればクワガタやカブトムシの姿も!親子で昆虫観察も楽しめちゃいますね。

もちろん温泉だって自慢できます!特に阿蘇五岳を正面に望む露天風呂は最高の一言。夜になれば、町灯りが少ない南阿蘇ならではの満天の星も楽しめます。

客室は和室や和洋室、ベッド3台があるトリプルルームなど多様。ファミリーなら、コテージに宿泊するのも楽しいかも。食事も自家牧場で育てられた黒毛和牛を陶板焼きでいただいたり、地元で収穫された新鮮な野菜もたくさん並びます。朝食は子供も大好きなバイキング。ぜひ家族揃って出かけてみては?

■基本情報
名称:ホテルグリーンピア南阿蘇
住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石4411-9
TEL:0967-67-2131
アクセス:中松駅より車で約10分

HP:https://www.hgp-minamiaso.com/
地図:「ホテルグリーンピア南阿蘇」への地図

4. その空間はリラックスできること間違いなし!「静寂な森の宿 山しのぶ」

4. その空間はリラックスできること間違いなし!「静寂な森の宿 山しのぶ」
photo by papalbina   /   embedded from Instagram

阿蘇で温泉と言えば黒川温泉を思い浮かべる方も多いはず。しかし、今密かに人気なのはさらに車で5分ほど離れた小田温泉。観光客で賑わう黒川温泉とは違い、静かな佇まいの温泉地。中でも「静寂な森の宿 山しのぶ」はイチオシです。その名の通り、森の中にひっそりと佇む隠れ家のような宿。

1500坪の広大な敷地にわずか12室と、限られたゲストだけが癒しの時間を過ごせる場所。和室二間に内湯と露天風呂を備えた新館4部屋と離れ2棟、7.5畳と3畳の一般客室6室からなります。新館にはミニキッチンや床暖房を完備。離れは露天風呂から眺める庭園の美しさ、最大6名まで可能なので2世代3世代での家族旅行にピッタリ。一般客室には温泉がありませんが、宿には男女別の内風呂・露天風呂があるので広々としたお風呂を楽しみたい方なら問題なし!3ヶ所の貸切風呂も無料で利用できます。

宿自慢の温泉は「ナトリウム-炭酸水素塩泉」「塩化物泉」「硫酸塩泉」の効能を持ち、美肌効果の高いメタケイ酸を豊富に含んでいます。まるで化粧水に浸かるような、スベスベツルツルのお肌が期待できます。

南阿蘇ならではの里山料理は、地産地消・体にいいものがテーマ。馬刺しやあか牛、天草の海の幸などがズラリと並びます。自家製のそばや、自家農園で育てたお米も。田園風景が眺められる食事処で、しっかりとエネルギーをチャージしましょう。黒川温泉や杖立温泉などへの送迎も行っているので、阿蘇では湯めぐりを楽しみたい方におすすめの宿です。

■基本情報
名称:静寂な森の宿 山しのぶ
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5960
TEL:0967-44-0188
アクセス:黒川温泉(バス停)より車で約5分

HP:http://www.yamashinobu.com/
地図:「静寂な森の宿 山しのぶ」への地図

5. 広々とした露天風呂でリフレッシュ!「お宿 のし湯」

5. 広々とした露天風呂でリフレッシュ!「お宿 のし湯」
photo by lindalintpe   /   embedded from Instagram

日本では大切な人への贈り物などに欠かせない熨斗。宿名の「のし湯」とは、大切なゲストへお湯を献上するという意味が込められています。自然の地形を活かした敷地はスタッフたちが穴を掘ったり、木々を植え石を運ぶなど大切に作られました。

客室は離れ4室と、半露天風呂付き和室やスタンダード和室など部屋タイプもバリエーション豊か。特に離れは凝っていて、囲炉裏や茶室のある部屋やツリーハウス風なども。

宿自慢の温泉は、広々とした男女別の露天風呂で。緑に囲まれた開放的なお風呂からは、キラキラとした木漏れ日や星を眺めて。季節や時間帯によっても変わる素敵な景色とともに、リラックスタイムを過ごしましょう。他にも家族風呂が4ヶ所あり、のし湯番所で鍵を借りて自由に利用可能。中には水深110cmの「めおとたち湯」や、宙に浮いているような珍しい造りの「宙ろく風呂」なども。

食事は、魚介を中心にした創作和食の会席料理。季節によりメニューが代わり、産地よりも旬を重視。地元産に限らず、その時期で一番おいしい物を全国から仕入れています。季節感を充分に楽しめ、温かいものは温かいうちに提供されます。身も心も、そしてお腹も満たされる宿です。

■基本情報
名称:お宿 のし湯
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6591-1
TEL:0967-44-0308
アクセス:黒川温泉(バス停)より徒歩5分

HP:http://noshiyu.jp/
地図:「お宿 のし湯」への地図

6. 黒川温泉で絶対泊まりたいホテルの1つ!「旅館 山河」

6. 黒川温泉で絶対泊まりたいホテルの1つ!「旅館 山河」
photo by etouffee   /   embedded from Instagram

人気の黒川温泉でぜひ1度は泊まってみたいのが、日本秘湯を守る会の会員宿でもある「旅館 山河」。3000坪の敷地にあるお部屋と森に抱かれたお風呂。観光客の行き交う温泉街から車でわずか5分、阿蘇の自然の中に建つ宿に到着。

宿自慢の温泉は単純硫黄泉の「薬師の湯」と、ナトリウム塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉の「美肌の湯」の2つの自家源泉があります。浴槽にはいつでも新鮮で良質、さらに100%天然の温泉がかけ流しです。男女別の大浴場に混浴の露天風呂、女性専用露天風呂と3つの貸切風呂の計7つの個性的なお風呂があります。自然の息吹を感じる中で、ゆったりと温泉を楽しむことができます。

宿泊棟は母屋と西棟・東棟、さらに離れがあります。田の原川に面した切石の内風呂のある8畳の和室や、露天風呂の付いた贅沢な造りの離れまでさまざま。一人旅でもおすすめの旅館です。

食事は半個室の食事処で。「感動を与える料理」をモットーに、旬の地の物をふんだんに使った会席料理でいただきます。敷地内には書籍を揃えた談話室やお月見ができるウッドテラス、囲炉裏小屋に足湯など思い思いに過ごせる場所が点在。どこを切り取っても絵になる風景の中を、のんびり歩いてみるのも楽しいかもしれませんよ。

■基本情報
名称:旅館 山河
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961-1
TEL:0967-44-0906
アクセス:黒川温泉(バス停)より徒歩17分

HP:http://www.sanga-ryokan.com/
地図:「旅館 山河」への地図

7. 黒川温泉の老舗旅館で悠久を感じる「御客屋」

7. 黒川温泉の老舗旅館で悠久を感じる「御客屋」
photo by norinori915   /   embedded from Instagram

江戸時代末期から300年近くの歴史を持つ、黒川温泉では一番の老舗旅館。参勤交代の際に藩主や重臣らが立ち寄って、旅の疲れを癒すための献上湯でした。

田の原川沿いにあり、客室はすべて和室の13室のみ。歴史ある宿にふさわしく、館内は昔ながらの風情が随所に見られます。シンプルながら落ち着いた客室は1階には8畳または10畳、2階には6畳から14畳までの部屋タイプがあります。人気は1階の川沿いにある8畳または12畳の客室。それぞれの客室に風呂はありませんが、施設内にある浴槽で温泉が満喫できます。

開放的な気分の中で疲れを癒すことができる「代官の湯」「古の湯」の2ヶ所の露天風呂と、内風呂の「姫肌の湯」「御前の湯」、貸切できるの家族風呂。ちょっと変わった半露天の「里の湯」には、深めに作られた浴槽に立って入る立ち湯。二本渡してある丸太につかまり背筋を伸ばして入れば、筋肉のこりをほぐしてくれる役割もあるとか。

さらに寝そべってリラックスしながら入る寝湯もあるので、ただお湯に浸かるのではなく、体の隅々までリラックスできる造りになっています。温泉自体は浴槽により鉄分を含んだ自家源泉と、黒川温泉の共同泉源を使用しています。美肌効果や保温性も高い温泉を、ぜひ時間の許す限り満喫してください!

食事は、阿蘇の恵みをふんだんに使った7種類の会席料理から予約時に選択。旬のものを中心に、体に力を与える物ばかりが並びます。宿は、湯めぐりや散策に絶好のロケーション。いっぱい食べて力を貰ったら、元気よく出かけましょう!

■基本情報
名称:御客屋
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6546
TEL:0967-44-0551
アクセス:黒川温泉(バス停)より徒歩5分

HP:http://www.okyakuya.jp/
地図:「御客屋」への地図

8. 黒川の温泉を存分に満喫できる阿蘇のホテル!「いこい旅館」

8. 黒川の温泉を存分に満喫できる阿蘇のホテル!「いこい旅館」
photo by hicosurf   /   embedded from Instagram

黒川温泉と言えば、入湯手形を使っての湯めぐりが人気ですよね。でも1軒1軒廻るのって意外と大変。それなら、1つの宿で湯めぐりが楽しめるとしたらどうでしょう?実はピッタリの宿があります。「いこい旅館」なら足湯を含む13ヶ所で、これでもか!というほどの温泉を満喫できちゃうんです!

日本の名湯秘湯百選にも選ばれた混浴の「滝の湯」や、トロリとしたお湯で美肌効果も高い「美人湯」。深さ1.5mの「立ち湯」や、打たせ湯・寝湯・石風呂が貸切で贅沢に楽しめる「蘇の湯」。大きな古い桶を浴槽に利用した「桶風呂」や、底に敷かれた小石が適度に足を刺激してくれる「箱湯」などなど。

正直、1泊では制覇できないほどの数々。もちろん良質の天然温泉かけ流しで、硫化水素泉のお湯は飲んでも胃腸病や二日酔いにも良いとされています。散策途中で1度宿に戻り、足湯で疲れを取ってから再び出かけるのもオススメ。黒川の源泉でゆでた温泉たまごも試す価値あり!

宿の雰囲気も、どこを見ても素敵。初めて訪れてもどこか懐かしく感じる、居心地の良さも人気の1つ。太い梁や囲炉裏・長い木の廊下など、素朴ながらも非常に手が行き届いているのが見て取れます。

客室は本館と、少し離れた場所に別棟の「風坊」「だんだん」があります。本館の一般的な客室でも、伝統的な日本建築の粋を随所に感じる造りで素敵。和のしつらえが心を和ませてくれます。別棟には部屋付きのお風呂があり、子供連れにもピッタリ。特にメゾネットタイプの別棟「だんだん」の「めぐみ」なら、最大13名まで宿泊可能なので、大家族やグループにもオススメ。徹底的に黒川温泉を満喫したい旅なら、「いこい旅館」に来ればハズレ無しですよ!

■基本情報
名称:いこい旅館
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6548
TEL:0967-44-0552
アクセス:阿蘇駅より車で約1時間

HP:http://www.ikoi-ryokan.com/
地図:「いこい旅館」への地図

9. 阿蘇のグルメを楽しみたいならここへ!「親和苑」

9. 阿蘇のグルメを楽しみたいならここへ!「親和苑」
photo by kayo325   /   embedded from Instagram

温泉はもちろん、宿選びは食事重視!そんな方にオススメしたいのが、阿蘇カルデラにある阿蘇内牧温泉の「親和苑」です。自家農園で栽培した野菜や米を中心に、無添加・無農薬で素材そのものの味を充分楽しめるよう徹底した料理作り。中でも宿泊客に大人気なのが「ご飯」なんです!夜には信楽焼の特製土鍋で阿蘇の湧き水を使った土鍋ご飯、朝には大きな竈で炊いたツヤツヤご飯。あまりにおいしくて、お腹パンパンになるまで食べてしまいたくなるほど。旬の素材を使い仕込みから盛り付けまで、細部にわたって料理人の心遣いが料理に表れています。とにかく自家製の物が多く、ここに来なければ味わえない物ばかり。季節によってメニューも変わるので、何度も訪れたくなります。

食事とともに外せないのが、やはり温泉。森の中の小道を進んでいくと途中には囲炉裏小屋があり、その先に木々に囲まれた露天風呂が。石造りの四角いタイプと、大小の岩を組んだ円形タイプの2つの露天風呂。露天風呂への行き帰りさえ、どこか懐かしくも新鮮な気分にさせてくれる道のり。さらに貸切できる内風呂が2つ。どれも、大地の恵み100%天然温泉がたっぷり注がれています。

滞在する客室は本館と、ラグジュアリーな気分に浸れる離れがあります。やはりここは、専用露天風呂付きの離れに宿泊するのがオススメ。造りの異なる5タイプがありますが、残念ながら指定はできません。しかしどれも甲乙付けがたいほどの雰囲気の良さ。希望を出すことはできるので、予約の際に相談してみましょう。食事と和の雰囲気、さらに温泉の鮮度の良さにこだわる方にぜひ泊まって欲しい宿です。

■基本情報
名称:親和苑
住所:熊本県阿蘇市内牧1354
TEL:0967-32-0330
アクセス:阿蘇ホテル前(バス停)より徒歩4分

HP:http://www.shinwaen.com/
地図:「親和苑」への地図

10. 大切な人と一緒に訪れたい、極上のひと時を過ごせる!「秘境 白川源泉 山荘竹ふえ」

10. 大切な人と一緒に訪れたい、極上のひと時を過ごせる!「秘境 白川源泉 山荘竹ふえ」
photo by slow.collective   /   embedded from Instagram

記念日に、大切な人との思い出作りの旅に最適な宿をご紹介します!大自然の斜面を利用し、数万本の竹林に囲まれた4000坪の敷地をもつ「秘境 白川源泉 山荘竹ふえ」。その広い敷地内には、たった12室の客室。岩風呂や檜風呂など趣の異なる源泉かけ流しのお風呂が全室にあり、さらに「竹林の湯」「奥の湯」「洞窟露天風呂」の個性的な貸切風呂が3ヶ所あります。メタケイ酸を多く含み、女性に嬉しい美肌効果の高い自家源泉。良質な天然温泉のため加水や加温・循環などを一切行わず、客室の露天風呂や内湯・足湯など全館にある23の風呂へ直接引いています。

すべての部屋には囲炉裏があり、さらに部屋ごとにメゾネットタイプ・シアタールーム付き・ベッドルーム付きなどどれも魅力的な造り。部屋のお風呂としてはかなり広めになっているのも嬉しいです。短い滞在でも何度も入りたくなる温泉です。「古久庵」「小夜」「別邸天空」宿泊者のみ使用できる大露天風呂・竹城の間は、7m×5mとケタ外れの大きさ!そして、露天風呂内にテーブルと檜のベンチも。ぐい飲みセットが用意されているので、お湯に浸かりながらちょっと一杯なんて事もできちゃいます。

食事は基本的に夕・朝食ともゆっくりお部屋で。熊本の海の幸・山の幸をふんだんに使用した、見た目も美しく盛り付けられた月替わりの創作会席でいただきます。希望すれば、竹林に囲まれた庭園でバーベキューもできます。ちょっとだけ奮発して、一生の宝物になる思い出に。そんなシチュエーションに最適な、秘密にしておきたい極上の宿です。

■基本情報
名称:秘境 白川源泉 山荘竹ふえ
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5725-1
TEL:0570-064-559
アクセス:黒川温泉(バス停)より送迎あり

HP:http://takefue.com/
地図:「秘境 白川源泉 山荘竹ふえ」への地図

熊本県の阿蘇のホテルで自然にグルメに堪能しよう!

いかがでしたでしょうか?1度行くと、また行きたくなる。何故か不思議な魅力を持つ阿蘇。そこには、それぞれに工夫を凝らした宿がたくさんあります。「次はどんな宿に泊まろうか?」旅を終える頃に、きっとそんな会話が生まれるはず。最高の思い出作りに最適な宿が、阿蘇であなたが来るのを待っていますよ!ぜひ阿蘇に遊びにいらしてくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者