パイナップル好き必見!沖縄で人気のナゴパイナップルパークの魅力を徹底解説!

那覇空港から沖縄自動車道を経由して車で約1時間30分、美ら海水族館からだと約30分。沖縄本島最北端「やんばる」の玄関口にあたる名護市に、パイナップルのテーマパーク「ナゴパイナップルパーク」があります。南国のフルーツを代表するパイナップル。ここは栽培や加工方法を学び、お土産や食事などが楽しめるテーマパークになっています。今回は、ぜひ見学しておきたい「ナゴパイナップルパーク」の魅力をご紹介します。


まずはパイナップルについて知ろう!

まずはパイナップルについて知ろう!

1927年頃から沖縄県で栽培が始まり、日本で作られるパイナップルはほぼ100%が沖縄県産です。ビタミンA・C,ミネラルや酵素が多く含まれているので、日焼け対策や肌の老化を遅らせる効果が期待できます。まさにアンチエイジングの強い味方!食前・食後に摂るとさらに効果的ともいわれています。子供から大人まで、その味に魅了されています!

ナゴパイナップルパークに行きたくなる!その魅力とは?

ナゴパイナップルパークに行きたくなる!その魅力とは?

かわいいカートに乗って、ナゴパイナップルパークへいざ出発!

園内は、自動で動くカート「パイナップル号」で移動します。かわいい姿が子供に大人気!カートに乗り込む前には、イメージキャラクターの「パピマル君」と記念撮影をしましょう。写真は出口で購入できます。カートは自動音声の案内付きで、所要は10分程度。知っているようで意外と知らない、パイナップルのあれこれを学ぶ旅に出発しましょう!

お待ちかねのパイナップル畑へ!でもその前にも・・・

カートがまず案内してくれるのは、亜熱帯植物が生い茂る「トロピカルガーデン」。大きなトックリヤシや高さ10mもあるヘゴ、色鮮やかな約500種のアナナスなどがあり南国らしさ満点です。アナナスとはスペイン語でパイナップルのことで、食用ではなく観賞用のパイナップルです。カートの説明を聞きながら、まるでジャングルを探検するような気分で進んでいきます。

カラフルな花や亜熱帯植物の緑の森から、いよいよパイナップル畑へ。世界中には2000種ほどのパイナップルがあるそうで、食用として食べられるのはその内200種程度。ここではサンゴパインやクリームパイン、姫パインなど100種類ほどのパイナップルが栽培されています。初めて見る方は、ビックリするかも?意外な実の付き方や成長過程などが見学できます。

カートに乗らなくても楽しい!遊歩道でまったり見学!

ほとんどの人がカートで移動して終わってしまうのですが、園内には遊歩道もあります。沖縄らしい風景をのんびり楽しみたい方には、歩いて園内を巡ることをおすすめします。亜熱帯植物があるエリアには空中遊歩道が設けられていて、高い位置からも見学ができるようになっています。散策途中にある大きなパイナップルのモニュメントは、園内一のフォトスポット。記念の1枚を撮影していきましょう。植物の細かいところまで観察できる遊歩道の散策もおすすめですよ!

お土産と食事が充実!

お菓子やジュースなど、とにかくパイナップルを使ったものがいっぱい!ここでしか買えない商品がたくさんあるので目移りしそうですが、注目したいのは普段は捨ててしまう芯や皮を商品にしていること。芯の部分はじっくり煮込んでジャムや佃煮に、皮は高温で燃やすと消臭効果が高くなるそうで石鹸や消臭雑貨などに加工されています。

園内にはパイナップルワイナリーがあり、パイナップルだけを原料に造られたワインも人気です。フルーティーでパイナップルの甘い香りが特徴。また、果肉たっぷりのジャムが入ったサクサク生地のパイナップルドルチェプレミアムも、ぜひ買っていきたい一品です。

園内の見学を楽しんでお腹が空いたら、レストラン・パームツリーへ。沖縄そばやタコライス・アグー豚の生姜焼きなどの沖縄グルメが味わえます。スイーツなら、高さ37センチの巨大なパイナップルパフェはいかが?カップルで、家族でチャレンジしてみましょう!

ナゴパイナップルパークのお得なチケットをゲットする方法は?

ナゴパイナップルパークのお得なチケットをゲットする方法は?
photo by bleuvaiog6   /   embedded from Instagram

入園料がかかる施設なので、できればお得に見学したいですよね?そこでオススメしたいのが「道の駅許田やんばる物産センター」です。ここでは、ナゴパイナップルパークをはじめ美ら海水族館など観光施設の割引チケットを販売しています。

通常大人(高校生以上)850円・中学生600円のところ、大人760円、中学生以上が540円のチケットが購入できます。那覇市内や那覇空港方面からお出かけの場合は、先に立ち寄ってからナゴパイナップルパークへ向かうのがベストです!もちろん道の駅なので、食事やお土産の購入もできます。

■基本情報
名称:道の駅許田やんばる物産センター
住所:沖縄県名護市許田17-1
TEL:0980-54-0880
アクセス:許田ICより車ですぐ

HP:http://www.yanbaru-b.co.jp/
地図:「道の駅許田やんばる物産センター」への地図

ナゴパイナップルパークの周辺観光地にも出かけてみよう!

ナゴパイナップルパークの周辺観光地にも出かけてみよう!

ナゴパイナップルパークまで来たら、沖縄本島北部の観光地もぜひ見ていきましょう。名護周辺は、実は見どころがいっぱい。海の上にかかる長い橋を渡っていく古宇利島には、おしゃれなカフェがたくさんあります。

また、沖縄そばの激戦区・本部そば街道を通って美ら海水族館や備瀬のフクギ並木へ。世界遺産の今帰仁城もぜひ訪ねたいところ。ちょっと変わったところでは、名護市役所の市庁舎。その建物の外観が、RPGの世界観を醸し出しているとネット上で隠れた人気になっているとのこと。気になる人は、ぜひその姿を見に行ってみては?

■基本情報
名称:ナゴパイナップルパーク
住所:沖縄県名護市為又1195
TEL:0980-53-3659
営業時間:9:00~18:00
定休日:無休
入園料:大人(高校生以上)850円 / 中学生600円 / 子供(小学生)450円 / 小学生未満は無料
アクセス:那覇空港より車で約1時間30分

HP:http://www.nagopain.com/
地図:「ナゴパイナップルパーク」への地図

沖縄観光では「ナゴパイナップルパーク」でパイナップルを堪能しよう!

いかがでしたでしょうか?今回は沖縄の人気観光スポットである「ナゴパイナップルパーク」を特集してみました。沖縄本島はとにかく見どころがいっぱいなので、ついつい見落としがちな「ナゴパイナップルパーク」。見学はもちろん、ショッピングや食事ができるのも嬉しいポイント。一味違ったパイナップルのテーマパークへ、ぜひ出かけてみませんか?




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者