激動の歴史を肌で感じる!函館・五稜郭の魅力を徹底解説!

今では函館市民に親しまれている憩いの場、五稜郭。しかしこの場所は、日本が江戸時代を終え近代化への道を進むことになった戊辰戦争の最後の戦い、箱館戦争にて侍の時代が終わった場所でもあります。開国から幕末動乱に至るまで激動の時代を見守った五稜郭。今回は歴史と共に見所スポットや周辺のグルメ情報もご紹介していこうかと思います。ぜひ参考にしてくださいね!


「五稜郭」とは?その成り立ち

「五稜郭」とは?その成り立ち

江戸時代末期、江戸幕府はアメリカのペリーが来航したことで200年以上に渡って行っていた鎖国をやめ開港を余儀なくされました。その際に指定された港の一つが函館だったのです。

江戸幕府は函館を開港するに当たって、外国人との渉外や防衛のために箱館奉行所を平野に移し、その周囲に壕をつくったのが1864年、五稜郭のはじまりです。特徴的な星形の城郭は、蘭学者の武田斐三郎がフランス軍艦の将官から教授されたヨーロッパの城塞技術に、日本の築城技術を加えて設計したもので非常にユニークな造りとなっています。

五稜郭の観光スポット!「箱館奉行所」

五稜郭の観光スポット!「箱館奉行所」

五稜郭公園のほぼ中央にあるのは、箱館奉行所です。箱館戦争の際に砲弾が直撃して解体されましたが、2010年、当時の資料を綿密に調査した結果を基に部分復元されました。できるだけ江戸時代と同一の産地・材料にこだわった復元にこだわり、港を監視するための太鼓櫓(たいこやぐら)や72畳の大広間は、は見事なものです。

内部は奉行所や五稜郭、箱館戦争の歴史をパネルで紹介。シアターでは、復元をした職人が、資料に忠実にその工法等を再現していく様子が放映されていて見応えがあります。

■基本情報
名称:箱館奉行所
住所:北海道函館市五稜郭町44−3
TEL:0138-51-2864
営業時間(4~10月):9:00~18:00
営業時間(11~3月):9:00~17:00
アクセス:五稜郭公園前より徒歩18分

HP:http://www.hakodate-bugyosho.jp

五稜郭のシンボルといったらこれ!「五稜郭タワー」

五稜郭のシンボルといったらこれ!「五稜郭タワー」

五稜郭に隣接してたてられているこちらの展望タワーです。五稜郭は地上にいるだけでは星形の城郭を実感することは難しいので、ぜひタワーの上から眺めていただくのをおすすめします。2層構造の展望台2階には、ペリー来航に始まり、箱館戦争、明治時代の場面を説明した展示の他などがあり歴史の流れも把握できます。

展望台1階部分のガラス床「シースルーフロア」は86メートル直下の景色が見えてスリル満点です。もちろん星形の五稜郭をハッキリと眺めることができる他、函館山方向の美しい景色も美しく見応えあります。エレベーターで登るのに840円と少々高いような気がしますが、登れば納得の眺めが約束されていますよ。

その他タワー部分以外に入れるエリアもあります。1階のお土産物売店には、ここでしか手に入らない五稜郭や新撰組のグッズなどが豊富に揃います。2階のレストランは五島軒 函館カレーEXPRESS(エクスプレス)。五島軒は函館では知らない人がいない老舗洋食店ですが、この店舗はカレーに特化したお店。気軽なお値段で本格的カレーが楽しめます。

デザートにはアイスはいかがでしょうか?ミルキッシモは函館近郊のミルクをたっぷりつかったジェラート屋さんです。常時10種類以上のアイスを用意してハスカップなど季節限定の函館独自の味を楽しめます。

■基本情報
名称:五稜郭タワー
住所:函館市五稜郭町43-9
TEL:0138-51-4785
営業時間(4月21日~10月20日):8:00~19:00
営業時間(10月21日~4月20日):9:00~18:00
アクセス:五稜郭公園前より徒歩10分

HP:http://www.goryokaku-tower.co.jp

いかがでしたでしょうか?五稜郭の魅力が伝わったかと思います。ではここからは、そんな五稜郭の周辺にあるおすすめグルメスポットをご紹介していきたいと思います。せっかく五稜郭へ遊びにいらしたのでしたら、美味しいグルメも堪能して帰ってくださいね!

甘いスイーツを堪能!「六花亭 五稜郭店」

甘いスイーツを堪能!「六花亭 五稜郭店」
photo by kaorigu   /   embedded from Instagram

公園の散策で一休みにオススメなのがこちらの六花亭五稜郭店。六花亭は北海道を代表するお菓子のメーカーですが、こちらの五稜郭店ではお菓子の販売のみならずスイーツをその場でいただくことができます。「雪やこんこまじりっけなし」はおすすめのスイーツ。北海道のミルクで作られた濃厚ソフトクリームにブラックココアビスケットが乗っています。

またコーヒーはセルフサービスで無料。五稜郭公園に向かって一面ガラス張りの店内はゆったりとした開放感があり、雪景色や桜景色も見事な眺めです。ぜひ足を運んでみてください!

■基本情報
名称:六花亭五稜郭店
住所:函館市五稜郭町27-6
TEL:0138-31-6666
営業時間:10:00~17:30
アクセス:五稜郭公園前より徒歩10分

HP:http://www.rokkatei.co.jp
地図:「六花亭五稜郭店」への地図

函館の老舗ラーメン屋!「函館麺厨房 あじさい本店」

函館の老舗ラーメン屋!「函館麺厨房 あじさい本店」
photo by pokkuriboy   /   embedded from Instagram

五稜郭タワーのほどちかくにあるのは創業80年以上を誇る老舗ラーメン屋さん、あじさい。各所に支店がある有名店ですが、ここが本店になります。北海道三大ラーメンとして知られている一つの函館の塩ラーメン。もちろんこちらの看板メニューは函館の塩ラーメンです。

道南産の昆布と豚骨鶏ガラ、そして天然塩で仕上げたスープは、細麺との相性も抜群です!サイドメニューのザンギ(鶏の唐揚げ)も北海道ならではのグルメです。店内はモダンで開放感あるつくりになっており、函館グルメを味わうのに最適ですよ!

■基本情報
名称:函館麺厨房 あじさい本店
住所:函館市五稜郭町29-22
TEL:0138-51-8373
営業時間:11:00~20:25
定休日:第4水曜日(祝日の場合は営業、翌日が定休)
アクセス:五稜郭公園前より徒歩10分

HP:http://www.ajisai.tv
地図:「函館麺厨房 あじさい本店」への地図

ハンバーガーにかぶりつく!「ラッキーピエロ 五稜郭公園前店」

ハンバーガーにかぶりつく!「ラッキーピエロ 五稜郭公園前店」
photo by non8_food   /   embedded from Instagram

先ほどのラーメン屋さん「あじさい」の真向かいにあるのがこちらの「ラッキーピエロ」です。ラッキーピエロは肉や米は北海道産、野菜類は店舗のある函館近隣で栽培されたものを使う地元密着型のハンバーガーチェーンです。店内のユニークな内装には驚かされますが味は確か。

新撰組にちなんだ土方歳三ホタテバーガーやチャイニーズチキンバーガーなど他のバーガーチェーンにはない個性的なメニューはどれも安価でおいしく、毎日地元の若者や観光客で賑わっています。函館の五稜郭に訪れた際には、ぜひここに足を運んでみてくださいね!

■基本情報
名称:ラッキーピエロ 五稜郭公園前店
住所:北海道函館市五稜郭町30-14
TEL:0138-55-4424
営業時間:10:00~24:30(土曜は~25:30)  
定休日:無休
アクセス:五稜郭公園前より徒歩8分

HP:http://luckypierrot.jp
地図:「ラッキーピエロ 五稜郭公園前店」への地図

函館では五稜郭観光を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?今回は、北海道函館市にある人気観光スポット「五稜郭」の魅力と周辺の観光スポットをご紹介しました。今では激戦の痕跡はうかがえない五稜郭ですが、この地で最後の侍が散っていったという特別な場所でもあります。歴史ファンのみならず、春には桜のピンクで星が染まる、四季折々に美しい景色の誰にでもおすすめできる公園です。函館にお越しの際はぜひお越しください。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者