箱根に来たら絶対買いたい!大人気オススメお土産TOP8!

箱根は豊かな自然に囲まれ、様々な泉質の源泉がいくつもあり四季の移り変わりを感じながら温泉めぐりを楽しめる人気の観光スポットです。日本人のみならず、外国人の観光客の方からも注目が集まっています。お土産も歴史あるものや職人技の光るものなど魅力的なものがいっぱい。今回は、そんな箱根で人気の外せないおすすめお土産を厳選してご紹介いたします。


1. 上品な箱根を代表する和菓子「湯もち」

1. 上品な箱根を代表する和菓子「湯もち」
photo by sawatama   /   embedded from Instagram

箱根で人気の定番の和菓子といえば、温泉街らしい名前を持つ「湯もち」です。製法のこだわりを守り続ける老舗和菓子店「湯もち本舗 ちもと」の逸品で、店構えも風格がありますので一見の価値があります。茶房も併設しており、店内で和菓子をいただくこともできるのも嬉しいポイントです。

お土産に人気の湯もちは、柚子の香りに包まれた柔らかなおもちの中に、細かく刻んだ本練羊羹がはいった箱根を代表する銘菓です。まさに箱根のご当地名物なので、箱根旅行の記念やお土産にはぴったりの商品です!また、品のあるお土産をお探しの方には、特におすすめの一品ですよ。ぜひ箱根観光に来たのなら、湯もちを買って帰りましょう!

■基本情報
名称:湯もち
販売店舗:湯もち本舗 ちもと
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本690
料金:1個 216円
アクセス:箱根湯本駅より徒歩8分

2. かわいらしい大人気の和菓子「月のうさぎ」

2. かわいらしい大人気の和菓子「月のうさぎ」
photo by odawara5ro   /   embedded from Instagram

箱根のお土産としてかわいい和菓子をお探しの方には、「月のうさぎ」がおすすめです。粒の大きなやわらかな栗がまるごとひとつ入った栗まんじゅうは、満月の日に月とうさぎをイメージして考案されました。まん丸の饅頭の中に黄色い栗が入っている様子は、本当にお月様を見ているような気分にしてくれます。

なつかしい麦こがしの味わいはどなたにも喜ばれるので、どんな方にでもおすすめできるお土産です。店舗2階の茶房では店内で和菓子を、3階のそば処ではお蕎麦をいただくこともできるんですよ。ぜひ箱根湯本を散策して、その小休憩にでもこちらに立ち寄って、おいしい和菓子や蕎麦をいただいてみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:月のうさぎ
販売店舗:はこね和菓子 菜の花
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本639
料金:月のうさぎ/月の黒うさぎ 4個入り 1690円
アクセス:箱根湯本駅より徒歩6分

3. 箱根に来たらやっぱり外せない「元祖箱根温泉まんじゅう」

3. 箱根に来たらやっぱり外せない「元祖箱根温泉まんじゅう」
photo by sa_cha47   /   embedded from Instagram

温泉地のお土産を買って帰るなら、やっぱり温泉まんじゅうは外せませんよね!ここ箱根において、丸嶋本店は100年以上続く老舗の和菓子屋として有名です。こちらの元祖箱根温泉まんじゅうは、ふんわりとした薄皮にたっぷりのこしあんが甘さ控えめで大人気の一品です。

温泉まんじゅうを買うことを考えていらっしゃる方は、ぜひ丸嶋本店に行ってみてくださいね。またお土産としてだけではなく、箱根湯本商店街の店頭では蒸したてをひとつからでも買うことが出来るので、ぜひ食べ歩きをしてみてください。蒸したての温泉まんじゅうのお味はまた格別なものですよ。

■基本情報
名称:元祖箱根温泉まんじゅう
販売店舗:丸嶋本店
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本706
料金:10個 950円
アクセス:箱根湯本駅より徒歩2分

4. 箱根エリアの名物といえば「かまぼこ」

4. 箱根エリアの名物といえば「かまぼこ」
photo by yanotchi   /   embedded from Instagram

小田原や箱根のエリア一帯で有名なグルメが「かまぼこ」です。ご存知なかった方も意外に多いのではないでしょうか?そんな中において、創業150年以上の小田原の老舗かまぼこ専門店「鈴廣 かまぼこの里」のかまぼこはまさに絶品です。

化学調味料や保存料を一切使わず、天然素材の旨味を引き出したかまぼこは、本格的な味わいでグルメな方へのお土産にはとってもおすすめですよ。かまぼこの里では、揚げたてのかまぼこの試食やかまぼこ作り体験もできるので、お買い物が一層楽しくなるのも、魅力的ですね。

■基本情報
名称:かまぼこ
販売店舗:鈴廣 かまぼこの里
住所:神奈川県小田原市風祭245
料金:ぷちかま チーズ味/明太子味 9個入 各691円
アクセス:風祭駅より徒歩2分

 
こちらも合わせてどうぞ:
→温泉街で名物を堪能!箱根で人気のおすすめご当地グルメランキング10選!

→鎌倉でおすすめのお土産はこれ!必ず買いたい人気銘菓9選!

5. お鍋好きの方へのお土産には「すり身団子」

5. お鍋好きの方へのお土産には「すり身団子」
photo by wsayacaw   /   embedded from Instagram

かまぼこが有名な箱根エリアでは、練り物もやっぱり有名です。箱根の老舗「竹いち」は、職人によって丹念に手作りされた練り物の専門店です。合成保存料は一切使用せず、毎朝その日販売分だけを作るため鮮度は抜群です。

ほどよい甘さのタマネギ入りと、シャキシャキの食感のゴボウ入りの2種類と旬の素材を活かした季節限定商品があります。大人気で午前中には売り切れることもしばしばの大人気おみやげです。ぜひお帰りの日の朝早い時間に買うようにしてくださいね。

■基本情報
名称:すり身団子
販売店舗:竹いち
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本729
料金:すり身団子ミックス 5個入 756円
アクセス:箱根湯本駅より徒歩4分

6. 箱根の名物のひとつでもある大涌谷の「黒たまご」

6. 箱根の名物のひとつでもある大涌谷の「黒たまご」
photo by annon_haruko   /   embedded from Instagram

温泉街には欠かせないグルメといえば、やっぱり温泉卵ですよね。温泉を利用して作ったゆで卵は、殻に温泉の鉄分が付着してこれに温泉の成分が反応することで、なんと黒い殻になります。 見た目は真っ黒で驚きますが、中は普通のゆで卵でできたてをその場で食べるとホクホクでとってもおいしいです。

見た目のインパクトもお味もばっちりの一品ですね!また、1個黒たまごをたべると7年寿命がのびるといわれていますので、ぜひ食べてみてください。インパクトのあるお土産をお探しの方に特におすすめの品です。

■基本情報
名称:黒たまご
販売店舗:大涌谷くろたまご館
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251
料金:黒たまご 5個入 540円
アクセス:早雲山駅より徒歩35分

7. 少し渋めのお土産には絶品の「梅干し」

7. 少し渋めのお土産には絶品の「梅干し」
photo by yk___ex12   /   embedded from Instagram

箱根湯本の駅前商店街に行くと、ご当地グルメを販売しているお店が軒を連ねていますが、梅干しを販売しているお店も数多くあり、実はとても有名なんです。ここ村上二郎商店は、創業70年の老舗梅干し専門店です。

和歌山の契約農家の梅を使ったこだわりの梅干しは、昔ながらの酸っぱいものから甘いもの、唐辛子を和えたピリ辛味など様々な味があり、自分にぴったりの梅干しを探すことができます。ほとんどを試食することができるので、食べ比べながら選べるのがうれしいですね。また、日本酒ベースで作った「箱根梅酒」も大人気なんですよ。

■基本情報
名称:梅干し
販売店舗:村上二郎商店
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本702
料金:味ぴったり 5粒入 950円
アクセス:箱根湯本駅より徒歩3分

8. ご当地土産の定番の地酒なら「原酒 箱根山」

8. ご当地土産の定番の地酒なら「原酒 箱根山」
photo by saku_saku.0420   /   embedded from Instagram

旅行のお土産の定番ともいえるのが、ご当地の地酒ですよね。箱根にある井上酒造は、信念を貫き真心込めて日本酒を造りつづけてきた、創業200年以上の歴史ある蔵元です。そんな井上酒造が生み出したのが、「原酒 箱根山」。

箱根からの清涼な冷気と伏流水、厳選された原料米を使い、米のふくよかな味を生かして「箱根山」は造られています。その箱根山の大吟醸は、なんと全国新酒鑑評会で金賞も受賞した逸品です。ミニ樽入りの清酒は見栄えもよくお土産に最適なので、非常に人気なんですよ。ぜひ箱根ならではのお土産として、おひとついかがでしょうか?

■基本情報
名称:原酒 箱根山
販売店舗:箱根湯谷酒岳堂
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本637
料金:純米吟醸箱根山ミニ樽300ml 2160円
アクセス:箱根湯本駅より徒歩6分

箱根ならではのご当地お土産を買って帰ろう!

いかがでしたでしょうか?箱根には、まだまだ紹介しきれないほど魅力的なお土産がいっぱいあります。温泉街の商店街にはたくさんのお店がありますので、浴衣姿でカランコロンと下駄を鳴らしておみやげ探しの散策も楽しいものです。ぜひ街をいろいろと散策して、お気に入りの一品をぜひ見つけてみてくださいね。きっとあなたにぴったりの素敵な一品があるはずですよ。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者