梅雨時のお楽しみ!東京であじさいが楽しめる名所5選

梅雨といえば日本の風物詩。ジメジメするこの気候が明ければ、晴れて夏へ突入しますが、みなさま梅雨はお好きでしょうか。乾燥する地域の諸外国の方々はこの時期に来日して、耐えられず帰国される方もいるんだとか。ともすると憂鬱になりがちな梅雨時期に、人々の目を楽しませてくれるものといえば紫陽花(あじさい)の花です。今回は東京都内で楽しめる、あじさいの名所をまとめました。ぜひチェックして出かけてみてください。梅雨時のお出かけが楽しみになるかもしれません。

紫陽花(あじさい)とは?

紫陽花(あじさい)とは?
photo by photo_hiro_1996   /   embedded from Instagram

青や紫といった、美しい色合いを見せる紫陽花。漢名では、同じ字面で紫陽花(しようか)とも読むそうです。高さは1.5メートルくらいまで成長し、鋸歯(きょし)といって、まるでノコギリの刃のようなギザギザした葉っぱが対になって生えているのが特徴的。桜でおなじみの「開花前線」、実は紫陽花も観測しているそうです。紫陽花の開花日とは、先ほど説明しました真花が2〜3輪咲いた日のことだそう。東京では梅雨の時期丸かぶり、6月から7月にかけて見頃を迎える紫陽花が多いようです。

1.あじさい祭りの開催地!白山神社

1.あじさい祭りの開催地!白山神社
photo by ak845   /   embedded from Instagram

毎年、初夏になると約20種類、3000株以上の紫陽花が咲き誇る、絶景スポット。見頃の時期に合わせ、一大イベント「あじさい祭り」が開催される場所です。青や紫だけではなくピンクなど色とりどりの紫陽花が鑑賞できます。

■基本情報
施設名:白山神社(ハクサンジンジャ)
住所:〒112-0001  東京都文京区白山5-31-26
TEL:03-3811-6568
アクセス:東京メトロ白山駅から徒歩で3分
東京メトロ本駒込駅から徒歩で5分
都バス白山上から徒歩で3分

HP:https://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/spot/jisha/hakusan.html
地図:「白山神社(ハクサンジンジャ)」への地図

2.毎年一万人が訪れる!「南沢あじさい山」

2.毎年一万人が訪れる!「南沢あじさい山」
photo by ajisai_yama   /   embedded from Instagram

ハイキングコースとして利用される方が多い名所。約1万株の紫陽花が、山間で木々を覆うベールのように広がります。

※6/9 (土) – 7/16 (月)の紫陽花の開花シーズンは入山料金がかかります。(団体割引あり)

■基本情報
施設名:南沢あじさい山
住所: 東京都あきる野市深沢368
TEL:090-5540-9100 (担当:高水)
アクセス:JR五日市線 武蔵五日市駅より徒歩40分

HP:https://ajisai-yama.com/
地図:「南沢あじさい山」への地図

3.昔ながらの花の名所!飛鳥山公園の「あじさい小径(こみち)」

3.昔ながらの花の名所!飛鳥山公園の「あじさい小径(こみち)」
photo by mani022400   /   embedded from Instagram

飛鳥山といえば、江戸時代、徳川八代将軍吉宗の頃からの桜の名所で有名です。近年、紫陽花の名所としても知られるようになりました。
あじさいの小径と名付けられただけあり、人がすれ違うだけでもギリギリの幅。しかし間近にあじさいを楽しめるスポットでもあるので、ぜひ訪れてみてください。

■基本情報
施設名:飛鳥山公園
住所: 東京都北区王子1-1-3
TEL:03-3908-9275
“アクセス:JR京浜東北線「王子駅」中央口か南口下車すぐ
都電荒川線「飛鳥山」「王子駅前」下車すぐ
北区コミュニティバス【Kバス】王子・駒込ルート[8][20]飛鳥山公園下車すぐ

HP:https://www.city.kita.tokyo.jp/d-douro/bunka/koenichiran/asukayama.html
地図:「飛鳥山公園」への地図

4.お弁当を持ってのんびりしたい!緑あふれる「あじさい公園」

4.お弁当を持ってのんびりしたい!緑あふれる「あじさい公園」
photo by peesaurus   /   embedded from Instagram

昭和48年にあじさいの名所をめざし、明るく生まれ変わったあじさい公園。クヌギやコナラなどの樹林を生かし、うまく日向をつくりながら公園全体に紫陽花が彩られています。園内の池ではおたまじゃくしが泳いでいることも!気軽に自然と触れ合うのにぴったりな場所です。

■基本情報
施設名:あじさい公園
住所:東京都小平市美園町1丁目25-23
アクセス:小平駅から徒歩で5分

HP:http://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/000/000115.html
地図:「あじさい公園」への地図

5.白い紫陽花、アナベル群生が見事!東京サマーランド「あじさい園」

5.白い紫陽花、アナベル群生が見事!東京サマーランド「あじさい園」
photo by imaitoshinori
  /   embedded from Instagram

紫陽花といえば青いイメージがあると思いますが、あじさい園でぜひ見ていただきたいのは「アナベルの雪山」。その名の通り、真っ白な紫陽花で、その群生は一見の価値ありです。

あじさい鑑賞と呼ばれるイベントでは、過去には苗木の無料配布やあじさい鑑賞ガイドツアーなどの楽しい期間限定イベントが行われたようです。今年はどんなイベントが行われるか楽しみですね。

■基本情報
施設名:わんダフルネイチャーヴィレッジ(東京サマーランド)
住所: 東京都あきる野市上代継字白岩600番地
TEL:042-558-6511
“アクセス:中央道八王子ICから車で30分(国道16号経由、国道411号(滝山街道)利用)
圏央道あきる野ICから車で5分(国道411号(滝山街道)利用)
JR八王子・京王八王子駅からバスで30分
JR秋川駅からバスで5分

HP:https://www.wnv.tokyo/intro/hiking/ajisai
地図:「わんダフルネイチャーヴィレッジ(東京サマーランド)」への地図

まとめ

いかがでしたか?今回は、東京都であじさいを楽しむことのできる場所を5か所ご紹介しました。白やピンク、紫に青。様々な色で見るものを楽しませてくれるあじさいは、雨の日の憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれそうですね。フォトジェニックなあじさいはSNS投稿にもぴったりです。 一面に広がるあじさいの花畑を探しに、雨の日こそお出かけをしてみませんか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事