ドキドキの暗闇体験!岡山県の鍾乳洞8選

瀬戸内海に面した岡山県で観光スポットといえばどこを思い浮かべますか?岡山城や岡山後楽園、倉敷の美観地区などいろいろありますよね。実は岡山県の南部は有数の石灰岩地帯で、数多くの鍾乳洞が発見されている場所でもあるんです。定番の観光スポットはもう行ってしまった、ワクワクするような探検がしたい、そんな方には洞窟がおすすめ!人が入ることのできる洞窟は限られていますが、神秘的な世界を楽しむことができる鍾乳洞&洞窟をご紹介します。

ライトアップによる幻想的な美しさ!「満奇洞」

ライトアップによる幻想的な美しさ!「満奇洞」
photo by jtb_jp   /   embedded from Instagram

LEDによるライトアップがとても幻想的な満奇洞は、岡山県の天然記念物です。リムストーンの千枚田や、巨大ホールの竜宮など見どころがたくさん。満奇洞という名称は有名な歌人である与謝野鉄幹・晶子夫妻によるもので、ここを訪れた夫婦が「奇に満ちた洞」だと称えたことが由来となっているそうですよ。映画「八つ墓村」のロケ地としても有名です。

■基本情報
施設名:満奇洞
住所:岡山県新見市豊永赤馬2276-2
TEL:0867-74-3100
営業時間:8:30〜17:00
定休日:なし
アクセス:中国自動車道・北房ICから車で約20分

HP:https://www.city.niimi.okayama.jp/kanko/spot/spot_detail/index/3.html
地図:「満奇洞」への地図

恋のパワースポットまでたどり着ける!?「井倉洞」

恋のパワースポットまでたどり着ける!?「井倉洞」
photo by hase0530   /   embedded from Instagram

満奇洞と同じく、新見市にあり県指定の天然記念物となっているこちらの井倉洞は満奇洞よりも高低差のある鍾乳洞となっています。50mの天の岩穴から落ちる滝や、様々な形で「銀すだれ」「水衣」「くらげ岩」などと名付けられた奇石を見ることができます。全長1,200mの道のりを進むと出口付近には恋のパワースポットとされている「阿里佐の宮」があります。

■基本情報
施設名:井倉洞
住所:岡山県新見市井倉409
TEL:0867-75-2224
営業時間:8:30〜17:00
定休日:なし
アクセス:中国自動車道・新見ICから車で約20分

HP:http://www.ikurado.jp
地図:「井倉洞」への地図

文献に残る日本最古の鍾乳洞「備中鍾乳穴」

文献に残る日本最古の鍾乳洞「備中鍾乳穴」
photo by 06rphoto   /   embedded from Instagram

平安時代に書かれた「日本三大実録」に記され、文献に残る日本最古の鍾乳洞と言われている備中鍾乳穴。全長800mのうち300mが公開されており、見どころの夢の宮殿や、22階層の鍾乳石からなる「五重の塔」、高さ3m、直径5mの大石筍「洞内富士」などは圧巻です。入り口付近には毎年7月上旬になるとヒメボタルが発生し、7月の第一土曜、日曜日には夜間営業してヒメボタルの観賞会も行っていますよ。

■基本情報
施設名:備中鍾乳穴
住所:岡山県真庭市上水田8854-1 (井殿部落地内)
TEL:0866-52-2962
営業時間:10:00〜17:00(11〜3月は16:00まで)
定休日:不定休・1〜2月は土日のみ営業
アクセス:中国自動車道・北房ICから車で約10分

HP:http://ww9.tiki.ne.jp/~kanachiana/
地図:「備中鍾乳穴」への地図

涼やかな水の音が楽しめる「諏訪洞」

涼やかな水の音が楽しめる「諏訪洞」
photo by jack_nekolson   /   embedded from Instagram

ほたる公園の向かいにある諏訪洞は、洞内に多数の滝が形成されていることから環境省の「日本の音風景百選」に選ばれた鍾乳洞です。中は水が多く危険なので900mのうち、見学ができるのは入り口の10mのみとなっています。自分で電気をつけてから入りましょう。

■基本情報
施設名:諏訪洞
住所:岡山県真庭市下呰部1203-1
TEL:0866-52-2111(真庭市役所北房振興局)
アクセス:中国自動車道・北房ICから車で約10分

HP:https://www.maniwa.or.jp/web/?c=spot-2&pk=3354
地図:「諏訪洞」への地図

巨大な岩下をくぐり抜ける珍スポット「棲龍洞」

巨大な岩下をくぐり抜ける珍スポット「棲龍洞」
photo by kinhonte   /   embedded from Instagram

羽山渓谷を走る県道300号線には、鍾乳洞を利用した素掘りのトンネル(羽山第二隧道)があります。大きな岩の下に少し隙間が空いているように見えるだけで、実際に目の前で見るとえっ!ここを通るの!?とちょっとドキドキしてしまいますが、車で通り抜けることができるのです。そしてこのトンネルの脇、岩の割れ目に棲龍洞(穴小屋)と言われる鍾乳洞があります。中は真っ暗なのでライトが必要です。

■基本情報
施設名:棲龍洞(穴小屋)
住所:岡山県高梁市成羽町羽山
アクセス:中国自動車道・新見ICから車で約40分

地図:「棲龍洞(穴小屋)」への地図

三十三観音のいる鍾乳洞「井弥の穴」

三十三観音のいる鍾乳洞「井弥の穴」
photo by mika49is   /   embedded from Instagram

巡礼八十八カ所の霊場となっている井弥の穴は、諏訪洞から約1km下流にあります。鍾乳洞がお寺となっており、内部には三十三観音の石仏群が祀られています。 照明はないので、懐中電灯を持っていきましょう。全長は85mで天井が低く中にはコウモリもいます。閉所が平気な方は汚れてもいい服装で奥まで探検してみましょう。

■基本情報
施設名:井弥の穴
住所:岡山県真庭市下呰部
TEL:0866-52-2111(真庭市役所北房振興局)
アクセス:中国自動車道・北房ICから車で約5分

HP:https://www.maniwa.or.jp/web/?c=spot-2&pk=3355
地図:「井弥の穴」への地図

巨大アーチが残る鍾乳洞の成れの果て「羅生門」

巨大アーチが残る鍾乳洞の成れの果て「羅生門」
photo by photo_hiro1205   /   embedded from Instagram

羅生門は、太古の時代に巨大な鍾乳洞が陥没してできた高さ40mの巨大なアーチです。鍾乳洞の成れの果てとも言われており、珍しいシダなどの植物も見ることができ国の天然記念物にも指定されています。独特な雰囲気で雄大な景観を楽しむことができますよ。アーチは全部で4つあるのですが、倒木により現在は一つ目のアーチまでしか行くことができません。

■基本情報
施設名:羅生門
住所:岡山県新見市草間
TEL:0867-72-6136
アクセス:中国自動車道・新見ICから車で約30分

HP:https://www.city.niimi.okayama.jp/kanko/spot/spot_detail/index/13.html
地図:「羅生門」への地図

初心者注意!ドリーネの吸いこみ穴「鬼女洞」

初心者注意!ドリーネの吸いこみ穴「鬼女洞」
photo by h6969   /   embedded from Instagram

ドリーネの吸いこみ穴となっている鬼女洞は、かつては観光洞だったこともあり洞内には電線などが残っています。ですが、現在は管理されておらず真っ暗なので懐中電灯がなければ何も見えない状態です。貫通型の鍾乳洞ですが、出口付近は高さ80m以上の絶壁なので注意が必要です。足元には水も流れているため、長靴も必須。慣れていない方は危険なので無理して進まないようにしましょう。

■基本情報
施設名:鬼女洞
住所:岡山県新見市法曽
アクセス:JR伯備線「井倉駅」から車で約7分

地図:「鬼女洞」への地図

まとめ

いかがでしたか?ご紹介した洞窟は比較的近くにあるため、1日で何ヶ所かを回ることも可能です。あまり整備されていないところも多いので、滑りにくい靴、汚れてもいい服、懐中電灯などしっかりと装備を準備して向かいましょう。狭いところも多いので探検の際は無理はせず、安全第一に自然の創り出す神秘の世界を楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事