岡山の名物といえばコレ!絶対におすすめな人気のご当地グルメの名店10選!

桃太郎ゆかりの地として言い伝えられている岡山県。瀬戸内の穏やかな気候と、県内を流れる複数の川や快晴日数の多さという気候に恵まれ、農業や果樹の生産にも古くから力を入れているところです。当然ながらそんな土地の特徴を活かして、ご当地グルメも発展してきました。「晴れの国岡山」の、絶品ご当地グルメが食べられるお店を10選ご紹介します。

1. 岡山名産のフルーツを贅沢にパフェで食べられるお店「くらしき桃子」

1. 岡山名産のフルーツを贅沢にパフェで食べられるお店「くらしき桃子」
photo by ru_____30   /   embedded from Instagram

マスカットやブドウ、白桃の産地としても知られている岡山県。そんなフルーツ王国の岡山で、今人気なのはフルーツパフェのお店です。「くらしき桃子」は、美観地区としても有名な、レトロな街並みを残した地域にあるカフェです。

古民家を利用した店舗は、2階がイートインスペースになっていて、ガラス工芸家のエミール・ガレの作品も展示されています。旬のフルーツがふんだんに使われているパフェをいただきながら、ゆったりとした時間を過ごせます。旅の合間に、時間を忘れて岡山のグルメをいただき、そして疲れを癒すのにぴったりな空間です。

■基本情報
名称:くらしき桃子 倉敷本店
住所:岡山県倉敷市本町4-1(倉敷珈琲館 右隣)
電話番号:086-427-0007
営業時間(月~土): 10:00~18:00(11月~2月は~17:00)
営業時間(日祝日): 9:30~17:30(11月~2月は~17:00)
定休日:無休
アクセス:倉敷駅より徒歩約13分

HP:http://www.kurashikimomoko.jp/
地図:「くらしき桃子 倉敷本店」への地図

2. 大正時代の雰囲気を味わえる岡山のカフェ!「カフェAntenna」

2. 大正時代の雰囲気を味わえる岡山のカフェ!「カフェAntenna」
photo by rakia7788   /   embedded from Instagram

日本の古き良き時代の雰囲気を楽しみながら美味しいパフェを食べられるお店が、こちらの「カフェAntenna」です。このお店、大正時代の建物を改装してカフェにしているのでレトロモダンな空間を楽しめます。

季節ごとに旬のフルーツを楽しめる「いづし大正浪漫パフェ」は、大きくカットされたフルーツが贅沢に使われていたり、かわいい和傘が付いていたりと盛り付けも工夫されていて、味だけでなく、目でも楽しめるのが特徴です。岡山に来た際には、おいしいフルーツと共に、大正ロマンに浸ってみてはいかがでしょうか。

■基本情報
名称:カフェAntenna
住所:岡山県岡山市北区出石町1-8-23
電話番号:086-221-9939
営業時間: 11:00~19:00
定休日:火曜日
アクセス:城下駅より徒歩6分

HP:http://antenna88.exblog.jp/
地図:「カフェAntenna」への地図

3. 美味しすぎてご飯を借りたくなる?!岡山特産のままかりグルメいえば「ままかり」

3. 美味しすぎてご飯を借りたくなる?!岡山特産のままかりグルメいえば「ままかり」
photo by ryanchenxx   /   embedded from Instagram

あまりに美味しすぎて、家にあるご飯を食べつくして隣にご飯(まま)を借り(かり)に行ってしまうほど食が進んでしまうということから呼び名がついた「ままかり」。これは、小魚のことです。

岡山の郷土料理として有名なママカリが美味しくいただけるのは、その名前の通りの「割烹ままかり」です。このお店ではままかりを中心に、瀬戸内でとれた新鮮な魚料理をいただけます。創業52年という歴史あるこちらのお店、店内は清潔で、落ち着いた和風空間です。こだわりの瀬戸内の天然魚を使った料理を味わってみてください。

■基本情報
名称:割烹 ままかり
住所:岡山県岡山市北区表町3-9-2
電話番号:086-232-1549
営業時間:11:30~13:30 / 17:00~21:30
定休日:日曜
アクセス:西大寺町駅より徒歩1分

HP:http://mamakari.com/
地図:「割烹 ままかり」への地図

4. アットホームな岡山のお店!絶品グルメを楽しまめる「酒ばあさかばやし」

4. アットホームな岡山のお店!絶品グルメを楽しまめる「酒ばあさかばやし」
photo by ryunosuke75   /   embedded from Instagram

ままかりは食べてみたいけど、割烹料理店は少し敷居が高い…という方におすすめなのは「おかやまの酒ばあさかばやし」です。こちらは名前の通り、地酒もたくさんそろっていて、おいしいお酒と郷土料理をリーズナブルに食べたいという贅沢な希望をすべて叶えてくれます。

地酒はなんと100種類以上もあるので、選ぶのに迷ってしまいそうですね。お酒に詳しくなくても、お店の人に聞いたら教えてくれるので大丈夫です。お酒はあまり強くないという人も、ままかりを筆頭に地のものをふんだんに使ったメニューがたくさんありますよ。店内はこじんまりとしたアットホームな雰囲気なので、少人数やおひとり様で、気軽に立ち寄ってみたくなるお店です。岡山に来た際には、ぜひ足を運んでみてください。

■基本情報
名称:おかやまの酒ばあ さかばやし
住所:岡山県岡山市駅前町1-10-2
電話番号:086-233-0009
営業時間:17:00~24:00
定休日:無休
アクセス:西川緑道公園駅すぐ

HP:http://sakabayashi.sub.jp/
地図:「おかやまの酒ばあ さかばやし」への地図

5. 岡山のご当地グルメといえば外せない、B級グルメが美味しいお店「橋野食堂」

5. 岡山のご当地グルメといえば外せない、B級グルメが美味しいお店「橋野食堂」
photo by takaaaa0908   /   embedded from Instagram

岡山の津山市で有名なB級グルメといえば、お肉のホルモンを使った焼うどん、「ホルモンうどん」です。おいしいホルモンうどんで有名なのが、津山の老舗食堂「橋野食堂」です。ネギやもやしと一緒に大きくてぷりぷりのホルモンがたくさん入っています。

特製のタレは味噌味で、辛さも3段階で選べるので、大人から子供まで好みのお味でいただけますよ。濃い目の味付けは、白ご飯やビールが進むお味です。B級グルメの大会で入賞したお店だけあってその味は絶品。有名店なので、休日に行くときは並ぶ可能性が高いので、時間に余裕をもって食べに行ってくださいね。

■基本情報
名称:橋野食堂
住所:岡山県津山市川崎549-9
電話番号:0868-26-0502
営業時間(月~土・祝日):10:00~19:00
営業時間(日曜日):10:00~16:00
定休日:水曜日
アクセス:津山駅より徒歩12分

HP:http://hashinoshokudo.web.fc2.com/
地図:「橋野食堂」への地図

6. 絶品岡山グルメをいただけるアットホームなお店「浜屋」

6. 絶品岡山グルメをいただけるアットホームなお店「浜屋」
photo by riiriina   /   embedded from Instagram

牡蠣料理は好きですか?新鮮な海の幸にも恵まれる岡山県、実は牡蠣の生産地でもあるのです。生産地ならではの環境を活かした、新鮮な牡蠣をふんだんに使ったお好み焼きは、「カキオコ」と呼ばれています。

「浜屋」では、そんな「かきおこ」を、店員さんが大ぶりの牡蠣を両手につかんで大量に入れて目の前で焼いてくれます。その豪快に焼いている様子をみるだけでも楽しめますよね。お好み焼のサイズは大きい目で、通常の店舗のお好み焼きの1.5倍くらいはあるサイズです。お好み焼きも、おいしい牡蠣も、両方一度に味わえる贅沢な逸品です。

店内は鉄板を囲むカウンター7席程度のため、お昼など混む時間はさけたほうが無難かもしれません。岡山にあるアットホームな空間で、新鮮な牡蠣をつかったカキオコをおなかいっぱいご堪能くださいね。

■基本情報
名称:浜屋
住所:岡山県備前市日生町日生859
電話番号:0869-72-2580
定休日:火曜
アクセス:日生駅より徒歩15分

地図:「浜屋」への地図

7. にぎりでもちらしでもない、岡山ご当地グルメ”バラ寿司”が食べられるお店「吾妻寿司」

7. にぎりでもちらしでもない、岡山ご当地グルメ”バラ寿司”が食べられるお店「吾妻寿司」
photo by sakaki1104   /   embedded from Instagram

岡山名産のお寿司といったら、「バラ寿司」です。バラ寿司は、一見チラシ寿司にも似ていますが、具材を上にのせているちらし寿司と違って、具材が酢飯の中に混ぜ込まれています。入っている具材は、蒸されていたり、酢漬けにされていたりというのも特徴です。

明治45年に創業した「吾妻寿司」では、具沢山のバラ寿司がいただけます。エキナカにあるお店は便利ですがカウンター席だけなので、お昼時は混むのを覚悟で時間に余裕をもっていってくださいね。持ち帰りのバラ寿司弁当もあるので、時間がない人はそちらを購入してもいいかもしれません。具沢山のバラ寿司をぜひ本場で味わってみてください。

■基本情報
名称:吾妻寿司 さんすて岡山店
住所:岡山県岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山2F
電話番号:086-227-7337
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無休
アクセス:岡山駅より徒歩2分

HP:http://azumazushi.ecgo.jp/
地図:「吾妻寿司 さんすて岡山店」への地図

8. 岡山のご当地ラーメン、”笠岡ラーメン”がいただける「お多津」

8. 岡山のご当地ラーメン、”笠岡ラーメン”がいただける「お多津」
photo by kazuyann3   /   embedded from Instagram

博多ラーメンや、喜多方ラーメン、尾道ラーメンなど、地域独特のラーメンの名前、聞いたことありますよね。もちろん岡山にもご当地ラーメンがあるのです。その名も、「笠岡ラーメン」です。

名前の通り、岡山県笠岡市発祥のこのラーメン、特徴は鶏ガラスープをベースに、「かしわチャーシュー」と呼ばれる鳥肉をつかったチャーシューをのせているところです。かしわとは、この地域独特の鶏肉の呼び名のことです。笠岡ラーメンが食べられるお店の一つ、「お多津」では、割烹旅館の和食のプロがこだわりの一杯を提供してくれます。

鶏ベースのスープはあっさり、鶏チャーシューは油っこくないので、さらりといただけて、毎日でも食べられそうです。ご当地ラーメンはぜひその土地で食べてみたいもの。お手頃価格なのにちょっと贅沢な気分にもなれる、料亭のラーメンの味をぜひとも試してみてください。

■基本情報
名称:お多津
住所:岡山県笠岡市中央町20-4
電話番号:0865-62-3101
営業時間:11:30~14:00 / 17:30~21:00
定休日:水曜
アクセス:笠岡駅から歩いて3分

HP:http://www.otatsu.net
地図:「お多津」への地図

9. お土産にもおすすめ、岡山名産スイーツが買えるお店「大手饅頭伊部屋」

9. お土産にもおすすめ、岡山名産スイーツが買えるお店「大手饅頭伊部屋」
photo by sayth   /   embedded from Instagram

もし甘いあんこが大好きなら、ぜひとも食べてほしいのが「大手饅頭」です。極薄のお酒の香りのする皮の中に、ずっしりと丸められたあんが入っています。あんこたっぷりなのに、しつこさもなく、ぺろりと食べられてしまうおいしさです。

イートインスペースがないのが残念ですが、旅の合間の疲れたときに、ホテルで温かいお茶と一緒にいただくと幸せな気分になれますよ。駅の構内やデパートなどでも手軽に買えるので、和菓子が好きな人にへのお土産にも最適です。岡山県へ観光に訪れた際には、ぜひここへ行ってみてくださいね!

■基本情報
名称:大手饅頭伊部屋 京橋本店
住所:岡山県岡山市北区京橋町8-2
電話番号:086-225-3836
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日
アクセス:西大寺町駅より徒歩2分

HP:http://www.ohtemanjyu.co.jp/
地図:「大手饅頭伊部屋 京橋本店」への地図

10. 岡山の甘いグルメといえばきびだんご!食べるならここがおすすめ「敷島堂」

10. 岡山の甘いグルメといえばきびだんご!食べるならここがおすすめ「敷島堂」
photo by mj_twentythree   /   embedded from Instagram

岡山の代表的なお土産スイーツといったら「きびだんご」です。きびだんごは、ゴルフボールサイズの小さな餅菓子。日本昔話の「桃太郎」にも出てきます。

通常のきびだんごは少し甘いおもちを丸めたシンプルなものですが、「敷島堂」の吉備団子は、岡山の特産品、マスカットと合わせた「マスカットきびだんご」です。おもちの中にフルーティーなマスカットの果蜜がぎゅっと閉じ込められていて、食べるとふわりとマスカットのさわやかな味がひろがります。

通常のきびだんごもおいしいですが、少し変わったきびだんごを食べたいときに、試してみてください。せっかく岡山へ来たのなら、これを食べないと帰れませんよ。

■基本情報
名称:岡山夢菓匠敷島堂 邑久総本店
住所:岡山県瀬戸内市邑久町尾張1153-1
電話番号:0120-15-0059
営業時間:8:00~19:00
定休日:無休(元旦のみお休み)
アクセス:邑久駅より車で8分

HP:http://www.shikishima.co.jp/
地図:「岡山夢菓匠敷島堂 邑久総本店」への地図

岡山で美味しいご当地グルメを堪能しよう!

いかがでしたでしょうか?岡山県で必ず食べたい絶品グルメのあるお店10選をご紹介しました。岡山県は、岡山城や後楽園をはじめとした歴史や自然感じる観光スポットが多数あります。そんな岡山県へ観光に行った際には、瀬戸内の穏やかな気候のもと、太陽の光をたっぷり浴びて育ってきた絶品グルメたち、ぜひともご賞味くださいね。岡山を満喫しましょう!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者