コスパ抜群!池袋で絶対に外せない人気のおすすめグルメ10選!

池袋といえばラーメン激戦区との呼び声が高いグルメスポットです。若者や学生の街だけあって、安くて美味しいボリュームのあるラーメンが人気ですし、それだけに数多くのラーメン店が軒を連ねるスポットです。しかし池袋には、それ以外にも立ち食い寿司屋やカルボナーラうどんなど、他にはないグルメスポットが満載です。新しい食の文化発信地でもある池袋。今回は日本らしく目新しい池袋のおすすめ穴場グルメスポットを厳選してご紹介してまいります。


[sponsored link]

1. 日本でも珍しい立ち食い寿司の店「さくら寿司」

1. 日本でも珍しい立ち食い寿司の店「さくら寿司」
photo by hii3130   /   embedded from Instagram

立ち食いならではのコストパフォーマンスの良さが売りの「さくら寿司」は、1貫70円から350円と、回転寿司に匹敵する価格帯で握り寿司を食べられます。それだけに店内はいつも混み合っていて、行列が出来ることもしばしばです。

人気メニューは、本鮪の赤身で1貫100円。3貫600円の本鮪大トロ・中トロ・赤身のセットや、1貫200円の生うになど、とにかく安く美味い寿司が食べられる「さくら寿司」。

生ビールを片手につまむもよし、味噌汁とともに食べ尽くすもよし。江戸前寿司が生まれた頃の寿司は立ち食いでもありましたし、この機会に当時の雰囲気を感じるつもりで、ぜひこちらで寿司を食べてみてはいかがでしょう。

→名店がズラリ!東京で必ず食べるべき人気のおすすめ寿司屋ランキング10選!

■基本情報
店名:さくら寿司
住所:東京都豊島区西池袋1-15-9 東武ホープセンター
TEL:03-5960-3242
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
アクセス:地下鉄池袋駅から徒歩1分
地図:「さくら寿司」への地図

2. ボリュームたっぷりの焼きとん屋「木々家(はやしや)」

2. ボリュームたっぷりの焼きとん屋「木々家(はやしや)」
photo by midokid   /   embedded from Instagram

焼き鳥ならぬ焼き豚が美味しいと評判の「木々家(はやしや)」。木が2つあるところから「はやしや」と読ませるどこかノスタルジックな店名のこちらの店では、150円~200円のリーズナブルな値段で串焼きのやきとんを楽しむことができます。とろけるような豚の串焼きに、定番の焼き鳥やモツなど、飲みに適したメニューが沢山揃っています。

店のおすすめメニューは「お母さんのたまご焼」。店主の母が作る厚みのあるたまご焼は、懐かしい日本の家庭料理の味がする一品となっています。豚の様々な部位が味わえるボリューム満点のやきとんをつまみに、一杯引っ掛けてみてはいかがでしょうか。

■基本情報
店名:木々家(はやしや) 池袋西口本店
住所:東京都豊島区池袋2-36-11 松月ビル 1F
TEL:03-6915-2107
営業時間:17:00〜24:00
定休日:無休
アクセス:JR池袋駅から徒歩7分
地図:「木々家 池袋西口本店」への地図

3. 肉厚のうなぎから伝わるストレートな味わい「かぶと」

3. 肉厚のうなぎから伝わるストレートな味わい「かぶと」
photo by takatama0117   /   embedded from Instagram

池袋のうなぎといえば「かぶと」と答える人が数多く存在するほどの人気店。2016年3月に大将と女将が引退したばかりですが、大将の元で修行を重ねた新大将が見事にその味を引き継ぎました。肉厚の天然&養殖うなぎは、産卵前のものが選び抜かれ、蒲焼・白焼き・かぶと焼きなどと、様々な調理法で調理されて提供されます。

やはりうなぎだけあり値段は張りますが、どれも絶品の料理ばかりです。熟練の技で捌かれるうなぎを目の前で眺めながら味わうのはまた格別ですよ。近くに立ち寄った際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

→本当に美味しい!東京都で必ず食べたいおすすめのうなぎの名店10選!

→人気店から穴場の老舗まで!浅草でおすすめのうなぎの名店ランキング10選!

■基本情報
店名:かぶと
住所:東京都豊島区池袋2-53-2
TEL:03-3983-8608
営業時間:17:00~22:00
定休日:日祝・木曜日
アクセス:JR池袋駅から徒歩7分
地図:「かぶと」への地図

4. おおぶりでふんわりとした食感が魅力のどら焼き「すずめや」

4. おおぶりでふんわりとした食感が魅力のどら焼き「すずめや」
photo by kamishu14   /   embedded from Instagram

東京の和菓子といえばあんみつやみつ豆が有名ですが、どら焼きも負けてはいません。卵がたくさん詰まった黄色い生地が特徴的な「すずめや」のどら焼きは、1個180円で販売されています。餡でこんもりと中央が盛り上がったおおぶりのどら焼きは、しっとりとした餡とふんわりとした皮が、絶妙の甘さを織り成しています。

どら焼きを筆頭に、2種で1組の最中や茶玉などの定番メニューに加え、季節で入れ替わる和菓子などもあり、いつ行っても飽きないラインナップとなっています。日本の代表的な和菓子の種・餡子を、どら焼きで味わってみるのもいいでしょう。

→今行くべきはコレ!東京で人気のおすすめスイーツランキングTOP10!

■基本情報
店名:すずめや
住所:東京都豊島区南池袋2-18-5
TEL:03-5391-0196
営業時間:10:00~売り終わり次第
定休日:日祝
アクセス:JR池袋駅から徒歩7分
HP:http://www.d-suzumeya.com/
地図:「すずめや」への地図

5. まさかのうどんとカルボナーラのコラボレーション「あんぷく」

5. まさかのうどんとカルボナーラのコラボレーション「あんぷく」
photo by eri1224   /   embedded from Instagram

うどんといえば、めんつゆがセットになっているのが当たり前。美味しさに差はあれど、味や具材はそこまで変わらないと思っていませんか?日本では今、空前のグルメブームが起こっていますが、中でも女性に大人気なのがここ「あんぷく」です。

なんとこの店は創作うどんの店で、メニューにはスパゲティ仕立てのうどんを筆頭に、数々の創作メニューが並びます。一番人気は「カルボナーラうどん」。カルボナーラ仕立てのうどんの味は、うどんを食べているのを忘れてしまうほどです。日本食の味はちょっと苦手という方でも、これなら安心して食べられますよ。

■基本情報
店名:あんぷく
住所:東京都豊島区西池袋1-37-8 JPビル 1F
TEL:03-6915-2646
営業時間[月〜木]:11:00〜15:00 / 17:00〜24:00
営業時間[金]:11:00〜15:00 / 17:00〜29:00
営業時間[土]:11:00〜29:00
営業時間[日]:11:00〜24:00
定休日:年末年始
アクセス:JR池袋駅から徒歩5分
地図:「あんぷく」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→名店の中から厳選!池袋で必ず行くべき人気のおすすめラーメン店ランキング10選!

6. 肉厚のフライや絶妙の焼き加減の肉が絶品「キッチンチェック」

6. 肉厚のフライや絶妙の焼き加減の肉が絶品「キッチンチェック」
photo by mizukiyukino   /   embedded from Instagram

モダンな佇まいの「キッチンチェック」は、入口にショーケースがあり、食品サンプルでメニューを確認することができる昭和レトロを感じさせるお店です。ビジソワーズやコーンポタージュで舌を鳴らしたら、いざメインディッシュへと進みます。

肉厚の魚介類フライは、帆立・海老・鯛・牡蠣など。どれも大ぶりで、ボリューム感たっぷりです。ポークソテーやハンバーグも、レア感が程よく残る絶妙の焼き加減がとても魅力的な逸品。固めの卵焼きに包まれたケチャップライスが昔ながらの雰囲気を引き立てるオムライスなど、どれひとつとっても素晴らしい日本の代表的な料理を提供する洋食屋さんですよ。

■基本情報
店名:キッチンチェック
住所:東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館 1F
TEL:03-3985-1926
営業時間:11:00~23:30
定休日:無休
アクセス:JR池袋駅より徒歩3分
地図:「キッチンチェック」への地図

7. 青空を眺めながら食べるうどん「かるかや」

7. 青空を眺めながら食べるうどん「かるかや」
photo by nami1120   /   embedded from Instagram

1968年創業で、西武池袋本店の屋上にある「かるかや」。屋上にあるため、青空を眺めながらという絶好のロケーションで、うどんを食べることができます。うどん屋だけあり、スタミナうどんや、もり・たぬき・きつねうどんなど、豊富なうどんメニューが揃っています。

一杯の値段は400円から550円程度。ワンコインあれば、大半のメニューを味わえてしまうため、とてもリーズナブルです。西武池袋の地下食品店街では、持ち帰り用のうどんやそばを販売しているとのことなので、観光の腹ごしらえだけでなく、お土産としても利用することができますよ。

■基本情報
店名:かるかや
住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 屋上
TEL:03-3981-0111
営業時間:10:00~20:00
定休日:西武百貨店に準ずる
アクセス:西武池袋線池袋駅直通
HP:http://www.sanuki-karukaya.jp/
地図:「かるかや」への地図

8. コシの強い武蔵野うどんの名店「うちたて家」

8. コシの強い武蔵野うどんの名店「うちたて家」
photo by kuro_buchi   /   embedded from Instagram

日本のうどんといえば讃岐うどんが代表格ですが、池袋にあるうどん屋さん「うちたて家」で扱っているのは、関東正統派の「武蔵野うどん」です。水分少なめのコシの強いうどんは、噛みごたえ抜群。豪快につけ麺スタイルでいただきます。

その豪快さはうどんの量にも現れています。普通・大盛り・特盛り、ここまではよく見かけますが、替え玉ならぬ「二枚」、更に豪快さを増した「一キロ」なども用意されており、どんなに量があるのか挑戦してみたくもなりますよね。

つけ麺スタイルが苦手な人は、味噌煮込みうどんも扱っているので、そちらを食べてみてはいかがでしょうか?但し、こちらには1キロメニューはありません。美味しい武蔵野うどんを心ゆくまで味わえる「うちたて屋」。とことんうどんを味わいたい人は、ぜひ来店してみてくださいね。

■基本情報
店名:うちたて家
住所:東京都豊島区南池袋3-13-17
TEL:03-3980-3361
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休
アクセス:JR池袋駅から徒歩6分
HP:http://www.uchitateya.co.jp/
地図:「うちたて家」への地図

9. 身のしまった肉厚の海鮮料理をいただける「魚金」

9. 身のしまった肉厚の海鮮料理をいただける「魚金」
photo by justshopb   /   embedded from Instagram

居酒屋でもある「魚金 池袋店」は、店内の席数の多さが魅力的です。待たずに入れるテーブル席がホールに並んでいる店内は、賑やかな雰囲気で、いつも活気にあふれています。居酒屋とはいえ、店名に魚を掲げているだけあり、メニューの大半は海鮮料理です。こちらのお店なら、海鮮料理を味わうついでにお酒を嗜むといった楽しみ方もできますよ。

こちらお店の海鮮料理は、居酒屋とは思えない上品さを醸し出すメニューの数々が揃っています。丁寧に下ごしらえされた魚介類を堪能できますよ。同じビルの地下には「イタリアンパルUOKIN」があり、また違った海の幸の料理が味わうことができますので、ぜひ合わせて来店してみてくださいね。

→コスパ抜群!安いのにおいしい東京で人気のおすすめ居酒屋10選!

■基本情報
店名:魚金 池袋店
住所:東京都豊島区西池袋1-35-8
TEL:03-3986-2738
営業時間[月~金]:17:00~23:30
営業時間[土]:16:30~23:30
営業時間[日祝]:15:00~23:00
定休日:無休
アクセス:JR池袋駅から徒歩3分
HP:http://uokingroup.jp/
地図:「魚金 池袋店」への地図

10. 日本料理と日本酒を味わい尽くす「酒・肴 おまた」

10. 日本料理と日本酒を味わい尽くす「酒・肴 おまた」
photo by ray_izm   /   embedded from Instagram

珍しい日本酒が揃っていることや、職人の技が光る日本料理の数々で、日本酒好きから絶大な人気を誇る名店「酒・肴 おまた」。細かく包丁が入れられたこんにゃくや、かりっとした食感のかき揚げ、調味料を使わずに煮込んだ牛すじ煮込みなど、お酒がなくとも食が進むメニューばかりです。

そこに加わるのが秘蔵の日本酒。ここだからこそ味わえる贅沢な日本酒の数々は、日本酒好きが集まる名店だからこそ。兄弟で営業していることもあり、お店の雰囲気はとてもアットホーム。くつろぎながら美味しい日本料理と日本酒を味わいたくなったら、足を運んでみてはいかがでしょうか?

■基本情報
店名:酒・肴 おまた
住所:東京都豊島区西池袋1-7-8 関ビル1F
TEL:03-3986-7770
営業時間[月~金]:11:30〜13:30 / 17:00〜23:00
営業時間[土]:17:00〜23:00
定休日:日曜日・祝日・第2水曜日
アクセス:JR池袋駅から徒歩5分
HP:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/
地図:「酒・肴 おまた」への地図

池袋らしいおいしいグルメを堪能しましょう!

いかがでしたでしょうか?東京でも有数のグルメの街として知られる池袋だけあり、やはり美味しそうな名店の数々が並びますね。どのお店も駅からのアクセスが非常によく訪れやすいのも魅力のひとつですので、ぜひお店をハシゴして色んな料理を楽しんでみてくださいね。きっとあなたにぴったりのお店が見つかるはずですよ。

 
こちらも合わせてどうぞ:
→定番も穴場も魅力満載!池袋で必ず行きたいおすすめ観光スポット16選!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



この記事に関するキーワード

同じカテゴリの人気記事




この記事の著者