沖縄の暑さには鰻が一番!ぜひおすすめしたいうなぎの人気店10選!

沖縄で美味しいうなぎを食べませんか?沖縄で鰻?と思う方も多いかもしれません。安くておいしい鰻料理がいただけるお店は、沖縄にはそれほど多くありません。しかし、沖縄県産や国内産にこだわる名店もあります。沖縄の暑さでバテバテの時、鰻を食べてパワーをチャージ!しませんか?今回は沖縄で美味しい鰻が食べられるお店10選をご紹介します!


[sponsored link]

1. 落ち着いた雰囲気でいただく絶品鰻!「彦 本店」

1. 落ち着いた雰囲気でいただく絶品鰻!「彦 本店」
photo by sweets_cocoapple   /   embedded from Instagram

お祝い事や親せきの集まりなどでよく利用される、日本料理店。那覇で本格的な和食を食べるならココ!と、地元の人も絶賛するお店です。高級店のような店構えですが、意外とリーズナブル。明るく清潔な店内には、カウンター席やテーブル席・個室などがあり、一人でもグループでも問題ありません。

特に一人の場合カウンター席に通されることがありますが、目の前で職人さんが寿司を握っていることもあるので、その見事な手さばきを間近で見ることができるかも。こちらは季節ごとのコース料理と、国産・沖縄県産の鰻にこだわった鰻料理がいただけます。うな丼は¥1944~、3パターンの食べ方が楽しめるひつまぶしは¥2970~。蒲焼や白焼きもあります。

鰻がメインですが、カツやてんぷらなどの定食・寿司盛りなどもあるので、同行者に鰻が苦手な人がいても安心です。賑やかにガッツリしたものを食べることが多い那覇で、たまには落ち着いた雰囲気の中でゆっくり食事を楽しみたい方にオススメのお店です。

■基本情報
店名:彦 本店
住所:沖縄県那覇市おもろまち4−15−23
電話:098−941−5057
営業時間:11:30~16:00 / 17:30~22:00
定休日:年中無休

HP:http://honten.hiko-okinawa.jp/
地図:「彦 本店」への地図

2. 沖縄で40年続く老舗鰻専門店!「味の店 ぼんぼん」

2. 沖縄で40年続く老舗鰻専門店!「味の店 ぼんぼん」
photo by c.s.t.n.a   /   embedded from Instagram

那覇のど真ん中・牧志公設市場の近くで、40年以上も営業を続ける老舗の鰻専門店。鰻専門店と言っても、海ぶどうや島らっきょうなどのつまみ系も充実しています。取り扱っている焼酎の種類も多いからか、昼のみを目当てに訪れる地元の人も多いようです。

安くておいしい鰻が食べられると人気で、その秘密はご主人の素材選び。安いのはもちろん、質にこだわり国産のいい鰻を探しているから。今どきうな丼が¥1030で食べられるとは!鰻には珍しい赤だしのお味噌汁と、もずく酢も付いてくるなんてとってもお得ですよね。注文を受けてから焼き上げるので、香ばしくてふっくらしています。

ほかにもうな重や蒲焼定食などもあります。沖縄そばが赤だしのスープに入った「ぼんぼんそば」などの変わり種や、テイクアウトできるうなきゅう・うなねぎの手巻き寿司もあります。那覇で鰻が食べたいな~と思ったら、気軽に行けちゃうお店です。

■基本情報
店名:味の店 ぼんぼん
住所:沖縄県那覇市松尾2−8−30
電話:098−863−4696
営業時間:10:30~20:00
定休日:水曜日

地図:「味の店 ぼんぼん」への地図

3. 沖縄県民にも愛されている地元のお店!「レストラン海洋」

3. 沖縄県民にも愛されている地元のお店!「レストラン海洋」
photo by magarimame   /   embedded from Instagram

名護にある老舗のレストランで、いつも地元の常連客で賑わっています。鰻とステーキがメインですが、寿司や刺身、トンカツなどもあります。ここはとにかく安くてボリュームが多いメニューばかり。平日11:00~15:00のランチタイムは、特上のうな重が¥700という驚愕の安さ!

ランチタイム以外でも¥1000で、他にも小鉢の付いた定食や蒲焼き・みそ煮などの珍しい鰻料理もあり¥1000~¥2000でいただけます。安いだけではなく、身は柔らかく臭みもありません。店内は昔ながらの食堂と言った感じですが、カウンター・テーブル席・座敷などがあり、かなり広々しています。すべてのメニューは持ち帰りもできます。地元の人に長年愛されている、居心地のいい食堂です。

■基本情報
店名:レストラン海洋
住所:沖縄県名護市大南4−2−18
電話:0980−53−0832

地図:「レストラン海洋」への地図

4. 創業40年の老舗!沖縄で鰻ならここ!「うなぎ 大和田」

4. 創業40年の老舗!沖縄で鰻ならここ!「うなぎ 大和田」
photo by kotaro110   /   embedded from Instagram

本島・中部エリアで鰻が食べたくなったら、創業40年の鰻料理専門店・大和田がオススメ!創業以来継ぎ足している秘伝のタレが、関東風のふっくらとした鰻によく合い、程よい香ばしさが食欲をそそります。値段はサイズ・量によって¥1400~¥4000ほど。うな丼と魚のバター焼きや茶ざるなどのセットメニューも人気です。

鰻専門店ですが、トンカツやカキフライ・チキンカツなどの定食類や、旬の魚を使ったその日のおすすめメニューも。実は、1日20食限定の軟骨ソーキそばがおいしいと評判になっています。仕込みに8時間もかけた本格的なもので、沖縄そば専門店にも負けない絶品とか。一度食べてみる価値はありそうです。店内はカウンターと座敷があり、定食類も多いので地元の家族連れも良く訪れています。

■基本情報
店名:うなぎ 大和田
住所:沖縄県沖縄市松本3−8−2
電話:098−937−4048

地図:「うなぎ 大和田」への地図

5. 地元の人から愛されている、変わらない味を守りつづける鰻店「鰻作(まんさく)」

5. 地元の人から愛されている、変わらない味を守りつづける鰻店「鰻作(まんさく)」
photo by kyoheitogashi   /   embedded from Instagram

もともとは、1976年に那覇市内でスタートしていたお店。道路の拡張工事のため2013年に一度閉店し、2015年から現在の場所に移転しています。那覇にあった当時も地元の人たちから絶大な人気を誇っていた鰻専門店で、移転した後もわざわざ足を運んでくる方もいるそう。

創業以来継ぎ足し継ぎ足しで使用するタレに、沖縄県産・九州産の鰻を合わせています。その時に一番いいものを仕入れ、関東風に背開きし関西風に蒸さずに焼いています。香ばしく、カリッとした歯触りが特徴。うな重をはじめ、うざく・う巻き定食やうな丼など、専門店らしく豊富なメニュー。

ビールや泡盛・日本酒もあるので、蒲焼を単品でオーダーしてつまむのもOK。ほかにもざるそばや宜野湾産の車えびを使った天重や、伊江島産の合鴨を使った鴨ねぎ丼などもあります。2015年の移転と言うことで、お店自体も新しく明るい雰囲気の店内です。行ってみてはいかがでしょう?

■基本情報
店名:鰻作(まんさく)
住所:沖縄県浦添市字前田1061
電話:098−917−1285
営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:00
定休日:火曜日

HP:http://www.unagi-mansaku.com/
地図:「鰻作(まんさく)」への地図

[sponsored link]

6. 那覇にあるアットホームな小料理屋「割烹 ひとくち」

6. 那覇にあるアットホームな小料理屋「割烹 ひとくち」
photo by BSSZgZDAwL9   /   embedded from Instagram

那覇にある、旬の食材を使用した絶品料理がいただける割烹の店。町の小料理屋といった感じで、気軽に入れるアットホームな雰囲気なのが特徴。県内産の素材にこだわり、魚や野菜など目にも楽しい料理が並びます。ここでいただける鰻も、もちろん沖縄県産。

注文を受けてから捌き、蒸さずに焼く関西風。そのため焼き上がりまでは20分ほどかかるので、他の料理をいただいたりビールを飲んでじっくり待ちましょう。皮目がパリッと香ばしく、身もしっかりとした味わいの鰻が楽しめます。鰻と共に人気なのが魚。刺身に焼き魚・煮魚など、どんなメニューもおいしいと評判。

でも珍しいのが「へしこサバ」。塩漬けにしたあとに、さらに糠に漬けたもの。福井県の若狭地方の郷土料理で、飲んだシメにお茶漬けにしてもおいしいですよ!一度味わってみては?

■基本情報
店名:割烹 ひとくち
住所:沖縄県那覇市東町7−24
電話:098−864−2610

地図:「割烹 ひとくち」への地図

7. 沖縄のリゾートエリアにある本格鰻料理がいただけるお店「和田平(わだへい)」

7. 沖縄のリゾートエリアにある本格鰻料理がいただけるお店「和田平(わだへい)」
photo by unagiwadahei   /   embedded from Instagram

沖縄本島屈指のリゾートエリア・恩納村のかりゆしビーチ近くにあり、本格的な鰻料理がいただけるお店。周辺にはリゾートホテルが立ち並び、本島の大動脈でもある国道58号線のすぐそば。

ドライブ途中での立ち寄りにもピッタリです。店内は落ち着いた雰囲気で、和室のテーブル席や掘りごたつ席もあるので、グループや子供連れでも安心です。

メインの鰻料理は、うな丼・うな重が¥2000~¥4500でいただけます。お店のイチオシは、3種類の食べ方が楽しめる「ひつまぶし」。また、沖縄黒毛和牛を使った「ひつまぶし」もあります。蒲焼きや白焼き・うざく・うまき・肝焼きなどの単品メニューも多いので、夜はビールや泡盛などのアルコールと共につまんでみるのもいいですね。ぜひ行ってみてください。

■基本情報
店名:和田平(わだへい)
住所:沖縄県国頭郡恩納村字名嘉真2615(沖縄恩納店)
電話:098−967−7820
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休

HP:http://www.wadahei.com/
地図:「和田平(わだへい)」への地図

8. 知る人ぞ知る沖縄の名店。鰻なら「ふるさと」

8. 知る人ぞ知る沖縄の名店。鰻なら「ふるさと」
photo by meshigram   /   embedded from Instagram

国道58号線とアラハビーチの間にあります。周辺は住宅街に囲まれていてちょっとわかりにくい場所ですが、知る人ぞ知る鰻の名店です。もともと宜野湾市・普天間で30年近く店を構えていて、北谷には2001年に移転。和のしつらえが落ち着く店内には、掘りごたつ席・テーブル席があります。

小さいですが庭もあります。国産の活鰻にこだわり、関西風に蒸さずに焼いています。注文を受けてから捌き始めるので、焼き上がりまでは15分ほどかかります。その間はカリカリの骨せんべいを食べて、ワクワクしながら待ちましょう。

備長炭で焼いているので、香ばしさがグンと増します。表面はカリッとしていて、箸を入れるとフワッと柔らか。タレの浸み込んだご飯が進みます。沖縄で美味しい鰻を食べたい際にはここへ行ってみましょう!

■基本情報
店名:ふるさと
住所:沖縄県中頭郡北谷町北前1−3−15
電話:098−926−0048

HP:http://www.wadahei.com/
地図:「ふるさと」への地図

9. おしゃれな空間でいただく絶品鰻!「うなカフェ」

9. おしゃれな空間でいただく絶品鰻!「うなカフェ」
photo by yuwokinawa   /   embedded from Instagram

オシャレなカフェで鰻?ちょっとミスマッチな気がしますが、実はおいしい鰻が食べられると評判の店。フレンチレストランを長く経営されていたオーナーが、東京の「うな兆」で食べた鰻の美味しさに感激。もともとあまり鰻が得意ではなかったそうですが、ようやく納得のいく本物の鰻に出会えたとか。

そこで、この味が沖縄でも食べられるようにしたいと思い、2014年8月に「うなカフェ」をオープン。安心・安全の国内産鰻の蒲焼きを「うな兆」から仕入れ、お店で仕上げています。ふっくらと肉厚な鰻は、食べごたえ満点!うな重上は¥1800で、みそ汁とデザート・コーヒーが付いてきます。

コーヒーがおかわり自由なのも、カフェならでは。並なら¥1280、小ぶりのうな玉丼風のうなカフェセットやひつまぶしなどもあります。BGMにはジャズが流れ、アジアン風の家具や季節の花が飾られている明るい店内は女性1人でも入りやすい雰囲気ですよ!

■基本情報
店名:うなカフェ
住所:沖縄県浦添市港川1−32−2
電話:098−943−2919
営業時間:11:00~17:00

地図:「うなカフェ」への地図

10. ボリューム満点の鰻弁当が美味しい!「一麦食品」

10. ボリューム満点の鰻弁当が美味しい!「一麦食品」
photo by te27levin   /   embedded from Instagram

鰻専門のお弁当屋さんで、とにかく安くボリュームある鰻が食べたい時に便利。地元で長年愛され続けている、テイクアウト専門のお店。国内産の鰻を使い、冷凍ものは一切使用せず活鰻のみ。それでいて¥650~¥1000と、驚くほどリーズナブル。鰻の量によって値段が異なりますが、お店のオススメは¥1000のもの。

容器にたっぷりと盛られたちょっと柔らかめのご飯の上に、ふっくらとして柔らかく肉厚の鰻がドーンと乗っています。他にも蒲焼きやうなきゅう巻きなどもありますが、どれも人気のため早い時間で売り切れてしまいます。

特に土用の丑の日には、地元の人のみならず各地から安くておいしい鰻を求めて訪れます。とにかく暑い沖縄でパワーをチャージしたい時には、このお弁当が助けになるかも。ぜひ食べてみてくださいね!

■基本情報
店名:一麦食品
住所:沖縄県浦添市仲間2−13−1
電話:098−877−9502

地図:「一麦食品」への地図

沖縄で美味しい鰻を食べよう!

今回は沖縄で鰻を食べるならぜひとも行ってほしいおすすめ店を10選ご紹介しました。高級店からお弁当屋さんまで様々紹介しましたが、あなたが気になったお店はありましたか?ちょっと奮発して豪華なうな重を、テイクアウトして景色のいい場所で気軽にサクッと食べる。どちらも魅力的ですよね。沖縄ならではの鰻の味を、ぜひ楽しんでみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



同じカテゴリの人気記事




この記事の著者