鬼怒川で絶対に行くべき!おすすめな人気観光スポット10選!

東京よりも北にある栃木県。そんな栃木県の鬼怒川(きぬがわ)といえば、伊豆や草津と並んで東京から気軽に行ける、歴史ある観光スポットですよね。最近は温泉、渓谷美に加えて懐かしい日本情緒のある温泉街として、海外からのお客様にも人気です。今回は鬼怒川に行ったら押さえておきたい観光スポットランキング10選をご紹介します。栃木へお出かけの際にはぜひ!


1. イチゴ狩りも見逃せない!鬼怒川観光といえば!「日光花いちもんめ」

1. イチゴ狩りも見逃せない!鬼怒川観光といえば!「日光花いちもんめ」
photo by kouandtake   /   embedded from Instagram

「日光花いちもんめ」は、お子様連れにも是非ともお勧めしたい場所です。ここではお花はもちろん、イチゴ狩りなども楽しむことが出来ます。温泉や渓谷という大人向きのスポットの多い鬼怒川エリアの中では貴重ですね。花では温室の中に咲き乱れる日本有数のベゴニア園が有名ですが、その他にパンジーや胡蝶蘭など、様々な花が4000坪もの敷地に展開されています。

そして、栃木といえば、なんといってもイチゴ!ここではイチゴ狩りもぜひとも楽しんでください。また、園内では代表的なイチゴの品種、トチオトメのジャムなども販売しています。さらには、ハムスターなど小動物と遊べる施設も!花、イチゴ、動物と揃っている、家族思いのスポットと言えましょう。

■基本情報
スポット名:花と緑の楽園 日光 花いちもんめ
住所:栃木県日光市小佐越坂の下800
TEL:0288-77-0866
営業時間:9:00〜16:30
定休日:なし
入園料:大人 800円 / 小人 400円
アクセス:小佐越駅より徒歩約15分

HP:http://www.nikko-hanaichimonme.jp/
地図:「花と緑の楽園 日光 花いちもんめ」への地図

2. 鬼怒川の自然に触れる体験を。森林浴を楽しめるスポット「大滝河川遊歩道」

2. 鬼怒川の自然に触れる体験を。森林浴を楽しめるスポット「大滝河川遊歩道」
photo by kaori.i.m   /   embedded from Instagram

「大滝河川遊歩道」は、鬼怒川温泉街より少し上流、鬼怒川公園駅前にかかる鬼怒岩橋から始まり、更に上流に向かって上滝河川公園に至るまでの鬼怒川沿い約1キロの、大自然を満喫できる遊歩道です。徒歩でゆっくり歩いても20分から30分といったところ。付近には大滝公園やオートキャンプ場、日光人形美術館などの見どころもあります。

温泉街に泊まった際は、少し足を伸ばしてここで朝の散歩などはいかがでしょうか。温泉だけではなく森林浴も楽しめますよ!鬼怒岩橋のたもとに駐車場がありますので、マイカーで訪れても問題なしです!鬼怒川でもおすすめの観光スポットです。

■基本情報
スポット名:大滝河川遊歩道
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝
TEL:0288-22-1525 (日光市観光協会)
アクセス:鬼怒川公園駅より徒歩10分

HP:https://www.tochigiji.or.jp/
地図:「大滝河川遊歩道」への地図

3. 美しい自然美を望めるスポット!鬼怒川の吊橋「鬼怒楯岩大吊橋」へ!

3. 美しい自然美を望めるスポット!鬼怒川の吊橋「鬼怒楯岩大吊橋」へ!

「鬼怒楯岩大吊橋」は140メートルもの長さがある、温泉街と楯岩とを結ぶ大きな徒歩専用の吊橋です。高さ70メートルの男性的な楯岩の風景と、女性的な鬼怒川の風景がコントラストをなしており、それゆえ、縁結びの橋としても有名になりつつあります。 特に紅葉の時期には、鮮やかな赤に染まった山々を眺めることができると人気スポットです

また楯岩の頂上にある展望台に行ってみた後は、橋のたもとにある話題の足湯カフェ「エスポ」でまったり、というのはいかがでしょうか。場所は鬼怒川温泉街の少し下流にあります。日常から離れて、リフレッシュしたい際にはおすすめの観光スポットですよ!

■基本情報
スポット名:鬼怒楯岩大吊橋
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1436
TEL:0288-77-2052 (日光市観光協会 川治支部)
アクセス:鬼怒川温泉駅より車で3分

HP:http://www.nikko-kankou.org/
地図:「鬼怒楯岩大吊橋」への地図

4. 大正時代の日本を感じるスポット!「日光竹久夢二美術館」

4. 大正時代の日本を感じるスポット!「日光竹久夢二美術館」
photo by tosiharu.s   /   embedded from Instagram

竹久夢二は日本の大正時代に流行った大正浪漫を代表する画家です。今で言うデザイナーとコピーライターを兼ねたような存在で、ヘチマコロンのCMなどは良く知られた作品もあります。この「日光竹久夢二美術館」では、とても優雅な彼の作品がたっぷりと楽しめます。彼の美術館は伊香保にもあります。温泉街と大正浪漫はお似合いですね。

美術館の椿のステンドガラス窓も見ものです。レストランが二つ併設されており、ゆばを使った懐石料理などは、特に女性に人気があります。鬼怒川に訪れた際には、是非ここで、優雅な時間にひたってくださいね。

■基本情報
スポット名:日光竹久夢二美術館
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉柄倉772-1
TEL:0288-77-0777
営業時間:9:30〜17:00
定休日:水曜日
入園料:大人 850円 / 小人 400円
アクセス:大桑駅より車で7分

HP:http://www.yumeji.co.jp/
地図:「日光竹久夢二美術館」への地図

5. 気軽に鬼怒川温泉を体験できるスポット!「鬼怒子の湯」

5. 気軽に鬼怒川温泉を体験できるスポット!「鬼怒子の湯」
photo by jamk_0120   /   embedded from Instagram

最近話題なのが、鬼怒川温泉駅より少し上流、くろがね橋からほど近い無料の足湯「鬼怒子の湯」です。この鬼怒子は、鬼怒川温泉の公式キャラクター、鬼怒太の妹という設定となっています。泉質はアルカリ単純泉で、ほっこり癒される事間違いなしです。更衣室も足湯なのにあります。これは女性には嬉しいですね。

平成20年に出来たまだ新しい施設なため、綺麗な状態なのも◎。そしてここには、手湯という珍しい施設もあります。鬼怒川温泉街の渓谷をぼんやり眺めながら、可愛らしい手湯を楽しむのは素敵です。鬼怒川にお出かけの際にはぜひ行ってみてください。

■基本情報
スポット名:鬼怒子の湯 (足湯)
住所:栃木県日光市藤原1-15
TEL:0288-22-1525(日光市観光協会)
営業時間:9:00〜17:00
定休日:なし
入場料:無料
アクセス:鬼怒川温泉駅より徒歩15分

HP:http://www.nikko-kankou.org/
地図:「鬼怒子の湯 (足湯) 」への地図

6. 江戸時代にタイムスリップ!日本の文化に触れる「日光江戸村」

6. 江戸時代にタイムスリップ!日本の文化に触れる「日光江戸村」
photo by nanase_7_onn   /   embedded from Instagram

日本の江戸時代の町並みを再現したアミューズメント施設が、こちらの「日光江戸村」です。こちらでは日本の江戸時代の象徴である忍者や花魁に出会うことができると、海外からの観光客にも非常に人気なスポットとなります。町並みは、江戸時代の元禄から享保間の、華やかな時代だった江戸を再現しています。

また、ここでは江戸時代の町並みをただ散策するだけではなく、自分自身も衣装をレンタルすることで、江戸時代の人間になりきることができます。日本の歴史が好きな人には、特におすすめの体験スポットです!

■基本情報
スポット名:EDO WONDERLAND 日光江戸村
住所:栃木県日光市柄倉470-2
TEL:0288-77-1777
営業時間:9:00〜17:00 (12/1〜3/19は、9:30〜16:00)
定休日:水曜日
入園料:大人 4,700円 / 小人 2,400円(一日券)
アクセス:東武鬼怒川温泉駅より車で10分

HP:http://edowonderland.net/
地図:「EDO WONDERLAND 日光江戸村」への地図

7. 鬼怒川観光といえばここ!定番のスポット「鬼怒川温泉ロープウェイ」

7. 鬼怒川観光といえばここ!定番のスポット「鬼怒川温泉ロープウェイ」
photo by hmnyn   /   embedded from Instagram

鬼怒川温泉のロープウェイは、山頂エリアに見所が沢山あります。数十匹の猿が出迎えてくれる「おさるの山」では、えさも上げることもできますよ。また「温泉神社」は連続した赤い紅い鳥居で有名です。こちらはあの豊川稲荷神社の分社になります。

ロープウェイにのって行った崎にある展望台は、なんと総ヒノキ造りとなっており、和のテイストを存分に味わえます。360度の絶景を味わうことができると人気スポットになっています。ロープウェイ自体は、300メートルを約3分半で登り切ります。鬼怒川に訪れた際には、足を運んでみてくださいね。

■基本情報
スポット名:鬼怒川温泉ロープウェイ
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝834
TEL:0288-77-0700
営業時間:9:00〜16:00
定休日:なし
利用料(往復):大人 1,100円 / 小人 550円
アクセス:東武鬼怒川温泉駅より車で5分

HP:http://ropeway.kinu1.com/
地図:「鬼怒川温泉ロープウェイ」への地図

8. 気分は世界一周旅行!様々なミニチュアを楽しめる「東武ワールドスクエア」

8. 気分は世界一周旅行!様々なミニチュアを楽しめる「東武ワールドスクエア」
photo by rika_s1126   /   embedded from Instagram

東武鉄道が建設したミニチュアパーク「東武ワールドスクエア」は、世界建築博物館とも呼ばれています。こちらの館内は、6つのテーマ別のゾーンに分けられています。お手頃サイズのピラミッドやパルテノン神殿、そして金閣寺などが楽しめます。現在、46個ほどの世界遺産のミニチュアが楽しめます。

実はこのワールドスクエアには、東京スカイツリーが完成するより2年も早くミニチュアが登場しました。なかなか出来ない体験をここの施設ではすることができますね! 小さな世界一周旅行へ、いってみましょう!

■基本情報
スポット名:東武ワールドスクエア
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
TEL:0288-77-1055
営業時間:9:00〜17:00 (12/1〜3/19は、9:30〜16:00)
定休日:なし
入園料:大人2,800円 / 小人 1,400円 (当日券)
アクセス:東武鬼怒川温泉駅よりバスで5分

HP:https://www.tobuws.co.jp/
地図:「東武ワールドスクエア」への地図

9. 鬼怒川温泉の大自然を感じられる!人気観光スポット「龍王峡」

9. 鬼怒川温泉の大自然を感じられる!人気観光スポット「龍王峡」

鬼怒川温泉の上流にあります「龍王峡」は、かなりワイルドな自然を堪能できます。全体を歩くと4時間かかるのですが、一番メジャーなコースは龍王峡の下流部分を巡る「むささび橋巡回コース」で、約90分のコースです。見所が沢山ありますので、是非ゆっくり時間をかけて歩きましょう。豪快な「虹見の滝」と、水の流れが繊細な「竪琴の滝」という二つの違ったの滝が楽しめます。「むささび橋」から見える目のすくむような光景も見逃せません。

ここから上流は「青龍峡」といい、渓谷が深い青色をしているのが特徴です。また味覚としては「むささび茶屋」の味噌おでんの人気が大変高いです。このエリアの名物でもあります。観光の際には、由緒ある五龍王神社へのお参りも忘れずに!

■基本情報
スポット名:龍王峡
住所:栃木県日光市藤原1357
アクセス:龍王峡駅から徒歩すぐ

HP:http://www.ryuokyo.org/
地図:「龍王峡」への地図

10. 鬼怒川の定番といえばこれ!自然を体験するスポット「鬼怒川ライン下り」

10. 鬼怒川の定番といえばこれ!自然を体験するスポット「鬼怒川ライン下り」
photo by yusuke_s   /   embedded from Instagram

鬼怒川へ観光に訪れた際に絶対体験しておきたいのが、こちらの「鬼怒川ライン下り」 です!約40分かけて、温泉街から下流に向けてスタートする豪快なアトラクションになります!もしもの為に救命胴衣をきっちりつけて、「猿岩」など鉄道とは対岸に点在する奇岩を楽しみながら、船頭さんの舟の捌きとトークを楽しみましょうね!

そんな川下りですが、ベストシーズンは紅葉が綺麗な秋です。もちろん夏の時期も、新緑の魅力を存分に味わうことができるのでおすすめですよ。乗船は鬼怒川温泉駅から歩いてすぐの場所。冬季間はお休みですので、事前の確認をお忘れなく!

■基本情報
スポット名:鬼怒川ライン下り
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1414
TEL:0288-77-0531
営業時間:9:00~15:45の間に出発
営業期間:4月中旬~11月下旬
利用料:大人 2,700円 小人 1,200円
アクセス:鬼怒川温泉駅より徒歩5分

HP:http://linekudari.com/
地図:「鬼怒川ライン下り」への地図

鬼怒川のおすすめ観光スポットへ行こう!

栃木県は、東京から車で数時間程度でいくことができる観光地です。歴史感じることが出来るスポットや、自然を体験できるスポットまでさまざまな観光地が、ここ栃木県にはあります。ぜひ堪能してくださいね。また観光に訪れた際には、栃木県の美味しいグルメも合わせて楽しんでください。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者