沖縄で買い物するならココ!人気のおすすめショッピングスポット10選!

旅の楽しみの一つは、やはりショッピングですよね。滞在中に必要になるものから、大切な人へのお土産まで。何も買わないと思っていても、お店に入ればついつい衝動買いをしてしまう、なんてこともよくあります。でも、それすら楽しいのがショッピング!沖縄本島で、ここだけは行っておきたいショッピングスポットランキング10選をご紹介します。観光やアクティビティの合間に、ドライブの途中にぜひ立ち寄ってみてください。


1. 沖縄の定番ショッピングスポット!まずはココに行こう!「国際通り」

1. 沖縄の定番ショッピングスポット!まずはココに行こう!「国際通り」

沖縄でのショッピングと言えば、国際通りは外せません!県庁北口交差点から約1.6kmにわたって続く道路の周囲には、お土産店のほかホテルや飲食店・衣料品店・マッサージ店・クラブ・屋台村まで何でもあります。お店の数は600店にも及び、空港から車で約15分の近さもあって沖縄に到着したらすぐにここへ立ち寄る方も多いんです!

戦後、この通りに「アーニーパイル国際劇場」という映画館があったことから、通りの名前が国際通りと呼ばれるようになったとか。毎週日曜日の12:00~18:00は「トランジットモール」と言って、1.3kmにわたって全面歩行者天国に早変わり。エイサーや大道芸なども行われます。

ここに来ればショッピングはもちろん、沖縄料理を食べて島唄ライブを楽しめ、散策に疲れたらマッサージで休憩し、またショッピング。極楽な沖縄タイムがを過ごしませんか?

■基本情報
名称:那覇市国際通り商店街
住所:沖縄県那覇市牧志
電話番号:098-863-2755

HP:https://naha-kokusaidori.okinawa/ (那覇国際通り商店街HP)
地図:「那覇市国際通り商店街」への地図

2. 人気ブランドが手に入る沖縄のショッピングスポット!「沖縄アウトレットモール あしびなー」

2. 人気ブランドが手に入る沖縄のショッピングスポット!「沖縄アウトレットモール あしびなー」
photo by ken_uchida_   /   embedded from Instagram

沖縄県初のアウトレットモールとして、2002年にオープン。グッチやフェラガモ・バーバーリー・コーチなどの海外高級ブランド・人気ブランドをはじめ、レストラン・カフェ・100円ショップまであり1日過ごせちゃいます。季節ごとのセールや、一年を通じて様々なイベントも催され家族連れでも楽しめます。

すぐそばにある「豊崎ライフスタイルセンターTOMITON」には食品や衣料品店がテナントに入っているので、沖縄にロングステイの予定の方には強い味方。100円ショップや焼き立てパンのお店もあります。

またフライトシュミレーターで操縦体験ができる施設があるので、子供と一緒のお出かけにもオススメです。沖縄ならではの「ブルーシール」「A&W」もあるので、ドライブの途中に気軽に立ち寄ってみませんか?

→絶対に立ち寄りたい!沖縄のおすすめアウトレット3選!

■基本情報
名称:沖縄アウトレットモール あしびなー
住所:沖縄県豊見城市豊崎1−188
電話:0120-151-427

HP:http://www.ashibinaa.com/
地図:「沖縄アウトレットモール あしびなー」への地図

3. 沖縄にある超巨大ショッピングモール!「イオンモール沖縄ライカム」

3. 沖縄にある超巨大ショッピングモール!「イオンモール沖縄ライカム」
photo by stupidpig07   /   embedded from Instagram

その外観はまるで宮殿のようと、オープン前から地元でも話題だったイオンモール沖縄ライカム。2015年開業で、200以上のテナントが入る巨大複合施設。店内に入るとその大きさ、開放的な空間に圧倒されます。

まず目を引くのはショッピングモールなのに、なぜか水族館のような大きな水槽。容量100トンもあり、カクレクマノミやナポレオンフィシュ・ナンヨウハギ・ウツボなど沖縄の豊かな海に棲息する魚たちがお出迎え。

沖縄らしい色・柄を使ったアイテムなら「KUKURU」がオススメ。Tシャツや下着、ハンカチなどお土産にも自分用にも使えるものばかり。他にもコンビニやATM・宅配・レンタカー・観光案内など、旅行中に何かと必要なものも揃っています。

特に飲食店は充実していて、ラーメン・パスタ・ステーキ・回転寿司・焼肉・ビアホールなど種類も豊富。沖縄自動車道の沖縄南IC・北中城ICから10分ほどなので、沖縄本島滞在中なら何度も通いたくなる場所です。ぜひ立ち寄ってくださいね!

■基本情報
名称:イオンモール沖縄ライカム
住所:沖縄県中頭郡北中城村アワセ土地区画整理事業区域内4街区
電話:098−930−0425
営業時間:10:00~22:00 ※店舗による
定休日:年中無休

HP:http://okinawarycom-aeonmall.com/
地図:「イオンモール沖縄ライカム」への地図

4. 一日中楽しめる沖縄のショッピングスポット!「美浜タウンリゾートアメリカンビレッジ&デポアイランド」

4. 一日中楽しめる沖縄のショッピングスポット!「美浜タウンリゾートアメリカンビレッジ&デポアイランド」

夕日の名所として沖縄本島では人気のスポット・サンセットビーチ。日中の海水浴はもちろん、夕方のサンセットタイムにはぜひ訪れたい場所。そしてサンセットビーチのある周辺は大型スーパーやホテルも建ち、観光客も多く立ち寄ります。

雑貨を中心に、お土産選びにも困らない100ほどのお店があります。見ているだけでも充分楽しめます。飲食店も多く、寿司やイタリアン・ステーキ・ハンバーガー・タコス・ラーメン・居酒屋など、70店ほどあります。ランチにディナーに使えるお店ばかり。

でもこのエリアが最も楽しいのは、サンセットから夜。子供と一緒なら、高さ60mの観覧車「SKYMAX60」や様々なゲームが揃う「CLUB SEGA」、大人が楽しむならダーツバーやライブハウスなどがオススメ。沖縄県那覇市内からも車で約30分と近いので、ぜひ立ち寄ってみては?

■基本情報
名称:美浜タウンリゾートアメリカンビレッジ
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜15−69
電話番号:098-926-5678

HP:https://www.okinawa-americanvillage.com/
地図:「美浜タウンリゾートアメリカンビレッジ」への地図
■基本情報
名称:デポアイランド
住所:沖縄県中頭郡北谷町字美浜9-1
電話番号:098-926-3322

HP:http://www.depot-island.co.jp/
地図:「デポアイランド」への地図

5. ヨーロッパのリゾート地のような雰囲気!「瀬長島ウミカジテラス」

5. ヨーロッパのリゾート地のような雰囲気!「瀬長島ウミカジテラス」
photo by d18north   /   embedded from Instagram

2015年にオープンした商業施設で、空港の離発着が眺められる瀬長島にあります。丘の斜面を利用して造られていて、真っ白な建物はヨーロッパのリゾート地を思わせるような素敵な景色。現在はカフェやスイーツ・沖縄そば・カレー・タコライス・アクティビティなど、飲食店やアクセサリーなどを販売・提供する33のショップがあります。飲食店の多くはテラス席がありますが、基本的に屋根がありませんので紫外線対策は万全に!

小高い丘の上には瀬長島ホテルがあり、オーシャンビューの天然温泉が人気。遠くに慶良間諸島を眺められ、開放的な気分の中で温泉が楽しめます。ウミカジテラス内には無料の足湯もあります。空港から近く車でも気軽に行ける周囲1.8kmの小さな離島ですが、ゆいレールの赤嶺駅や、パレット久茂地と瀬長島ホテルの間を無料のシャトルバスが運行しているので車がなくても安心して出かけられます。ぜひ行ってみてほしいスポットです。

■基本情報
名称:瀬長島ウミカジテラス
住所:沖縄県豊見城市瀬長174−6
電話:098−851−7446
営業時間:10:00~21:00 ※店舗による
アクセス:那覇空港駅より車で15分程度

HP:http://www.umikajiterrace.com/
地図:「瀬長島ウミカジテラス」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→沖縄で必ず行きたい!おすすめ人気観光スポットランキングTOP10!

→沖縄で宿泊ならココ!格安から高級店までおすすめのホテル・旅館10選!

6. 沖縄で古き町並みを感じられるショッピングエリア!「壺屋やちむん通り」

6. 沖縄で古き町並みを感じられるショッピングエリア!「壺屋やちむん通り」
photo by d18north   /   embedded from Instagram

那覇一の繁華街・国際通りからも近く、人気の散策スポット。「やちむん」とは、沖縄では「焼き物・陶器」を意味しています。1682年に、琉球王朝が3ヶ所にあった窯場を壺屋に集めたのが壺屋焼の始まりと言われます。

400mほどの短い通りに琉球石灰岩を敷き詰め、周囲には約50の窯元やショップ・カフェなどが並びます。どことなくなつかしさの残る通りを歩いているだけで、ちょっと昔へタイムスリップしたみたいに感じられそう。きっと自分好みの陶器に出会えますよ。

更に詳しく「やちむん」の歴史を知りたいなら、「那覇市壺屋焼物博物館」も見学してみるのもオススメ。さまざまな資料や映像を通して、焼物について学ぶことができます。沖縄らしい歴史を感じてみましょう!

■基本情報
名称:壺屋やちむん通り
住所:沖縄県那覇市壺屋
アクセス:那覇空港より車で約20分

HP:http://www.tsuboya-yachimundori.com/(壺屋やちむん通り会HP)
地図:「壺屋やちむん通り」への地図

7. 沖縄にある巨大免税店!買い物におすすめ「Tギャラリア by DFS」

7. 沖縄にある巨大免税店!買い物におすすめ「Tギャラリア by DFS」
photo by yu.kond000   /   embedded from Instagram

世界に400店以上を展開する免税店で、DFSギャラリア沖縄として2004年に開業。2014年には現在の「Tギャラリア by DFS」としてオープン。海外での免税品ショッピングとしてはお馴染みですが、パスポート不要で有名ブランド品を免税価格で買えちゃうんです!ファッションや化粧品・時計・洋酒など、普段は高くてなかなか手に入れられないものも、ここに来れば国内の小売価格よりも平均2~3割も安く購入できます。

更に日本国内未発売のものや限定品もあるので、隅々まで要チェックです。雨が降ってしまって観光に出かけられない、夜の空いた時間になど、そんな時にはとっても便利。ゆいレールおもろまち駅直結なので、アクセスもバッチリです。沖縄ではここに買い物にいくのがおすすめですよ!

■基本情報
名称:Tギャラリア by DFS
住所:沖縄県那覇市おもろまち4-1
電話:0120-782-460
営業時間(日〜木):9:00~21:00
営業時間(金・土):9:00〜22:00
定休日:年中無休

HP:https://www.dfs.com/
地図:「Tギャラリア by DFS」への地図

8. 沖縄の名物をいただくなら!新鮮なフルーツもたくさん!「おんなの駅「なかゆくい市場」

8. 沖縄の名物をいただくなら!新鮮なフルーツもたくさん!「おんなの駅「なかゆくい市場」」
photo by hedios   /   embedded from Instagram

沖縄本島北部へ出かけるなら立ち寄りマストなのがココ!恩納村を中心に近隣で育てられた野菜やフルーツなど、新鮮で安全なものがいっぱい集まっています。特に一年を通して温暖な沖縄だからこそ収穫できるフルーツは種類が多く、なかなか見る機会のないものも。試食できることがあるので、ぜひチャレンジしてみましょう。恩納村の特産品やおんなの駅オリジナル、お菓子や調味料なども揃っています。

観光で美ら海水族館へ出かける方は、ここで割引チケットを購入するのがオススメ。ショッピングとともに人気なのが、グルメ。沖縄ぜんざいや特大のかき氷「アイスマウンテン」が名物の「琉冰」、沖縄そばやテビチの唐揚げ・焼きたてパンなどのお店が集まっています。海沿いの快適なドライブの途中、休憩にぜひ立ち寄っていきましょう。

■基本情報
名称:おんなの駅「なかゆくい市場」
住所:沖縄県国頭郡恩納村字仲泊1656−9
電話:098−964−1188
アクセス:那覇空港より車で1時間程度

HP:http://onnanoeki.com/
地図:「おんなの駅「なかゆくい市場」」への地図

9. 沖縄県の伝統工芸品。その美しさに魅了される「森のガラス館」

9. 沖縄県の伝統工芸品。その美しさに魅了される「森のガラス館」

沖縄でレストランや食堂に入った時に、きれいな色のガラス食器を目にすることも多いですよね。お土産にぜひ買っていきたいという方には、森のガラス館をオススメします。本島南部にある琉球ガラス村の系列ショップで、300種以上のガラス製品を展示・販売しています。

沖縄では明治中期頃からガラス製造が行われ、昭和初期まで続いていました。その後、戦後になり米軍の影響からコーラやビールなどの空き瓶を使い、本格的に色付きの琉球ガラス製造が始まりました。こちらのショップではグラスやお皿・花瓶・風鈴・アクセサリーなど、青や赤・緑など色鮮やかなガラス製品が手に入ります。

また購入以外に、オリジナルグラスやフォトフレーム・ジェルキャンドル・万華鏡などの製作体験も可能です。熟練の職人さんが丁寧に教えてくれるので、初心者でも安心して体験できます。沖縄の工芸品、ぜひ手に入れましょう!

■基本情報
名称:森のガラス館
住所:沖縄県名護市為又478
電話:0980−54−2121
営業時間:9:00~18:00 ※ガラス工房は17:00まで
定休日:年中無休

HP:http://www.morinogarasukan.co.jp/
地図:「森のガラス館」への地図

10. 沖縄旅行の最後はここでショッピング!「那覇空港」

10. 沖縄旅行の最後はここでショッピング!「那覇空港」

たくさん遊んで、おいしい沖縄料理も食べ、お土産も買ってあとは帰るだけ。でも、もしかして買い忘れているお土産はありませんか?足りないと困るけど、多く買っておいても自分用にすれば無駄になりませんよね。そんな時の「最後の砦」が空港。意外と、見落としていたおいしそうなお土産が売っているかもしれません。もう充分買ったからと思わず、ぜひお店を覗いていきましょう。

国内線ターミナル内には「ふくぎや」「オハコルテ」「御菓子御殿」「Jimmy」など,県内でも有名なお店の支店や、「ANA FESTA」「BLUESHY」「わしたショップ」など総合売店がたくさんあります。お菓子や泡盛・ガラス製品・調味料・衣料品まで、何でも揃っています。楽しかった思い出と共に、お土産をいっぱい持って沖縄を後にしてくださいね。

→買い忘れてしまっても安心!那覇空港で買える人気のおすすめ沖縄お土産11選!

→知らなきゃ損!那覇空港から市内・離島へのアクセスを徹底攻略!電車、タクシー、バス、フェリーを比較!

■基本情報
名称:那覇空港
住所:沖縄県那覇市字鏡水150
電話:098−840−1151

HP:http://www.naha-airport.co.jp/
地図:「那覇空港」への地図

沖縄でショッピングを楽しもう!

お土産を選んでいる時って、どうしてあんなに楽しいのでしょうか。それは、贈りたい相手の笑顔が見たいからかもしれません。大切な恋人や、普段からお世話になっている家族や友人へ。喜んでもらえるお土産探しなら、ご紹介したスポットにぜひお出かけください。きっと充実したショッピングタイムが過ごせるはず。もちろん自分のお土産も忘れずに!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者