小樽で人気のお土産はコレ!絶対に買うべきおすすめな定番銘菓・名産品10選!

北海道、小樽市は北の商都として栄えた古い歴史のある港町で、ノスタルジックな雰囲気が街全体に漂う北海道を代表する人気の観光地です。札幌からの日帰り観光もできますが、宿泊して温泉や夜景を堪能するのもおすすめです。小樽運河など異国情緒漂うロマンチックな風景、数多くあるお寿司屋さん、小樽の魅力はたくさんありますが、今回は旅先でぜひ持って帰りたい小樽のおすすめのお土産を10選ご紹介します。歴史的建造物を利用した見ているだけでも楽しいレトロなショップでぜひ買い物を楽しみましょう!


1. 全国にその名を知られた小樽の有名店でお土産を「ルタオスイーツ」

1. 全国にその名を知られた小樽の有名店でお土産を「ルタオスイーツ」
photo by sleepysoul   /   embedded from Instagram

小樽生まれのスイーツ店「ルタオ」、今やその人気は全国区でスイーツに詳しくなくてもその名前は聞いたことがあると思います。一番人気は「ドゥーブルフロマージュ」というベイクドチーズケーキとレアチーズケーキを2層重ねた看板商品で、小樽のお土産といえばこれ!というぐらい定番となっています。

他にも「プチカレ」というクッキーや「ロイヤルモンターニュ」というダージリンティーが入った生チョコなどが人気です。小樽市内にルタオの系列店は6店舗ありますが、堺町通りに面したレトロな外観の本店は、ケーキや焼き菓子など常時60種類のスイーツが揃い、2階にはカフェがあり人気のケーキを味見することができます。お土産にぜひ!

■基本情報
店名:ルタオ洋菓子舗ルタオ本店
住所:北海道小樽市堺町7-16
TEL:0120-46-8825
営業時間:9:00〜18:00
定休日:無休
アクセス:JR南小樽駅より徒歩5分

HP:https://www.letao.jp/
地図:「ルタオ洋菓子舗ルタオ本店」への地図

2.小樽観光には、 できたての美味しいかまぼこをお土産に!「かま栄」

2.小樽観光には、 できたての美味しいかまぼこをお土産に!「かま栄」
photo by _karin_8   /   embedded from Instagram

明示創業の小樽で人気の老舗かまぼこ店で、北海道の人はかまぼこと言えばかま栄というぐらい古くから愛されているお店です。全て手作りの揚げたてのかまぼこを常時15種類以上用意しています。14時ごろには売り切れになるので早めに訪れましょう。ガラス越しに工場内を見学することもできます。

一番人気は「パンロール」ですり身を食パンで巻いて揚げたあまり他では見られない一品で、食べ歩きにもぴったりです。外はパンのさくっと、中はすり身のふわっとした食感で一度食べると病みつきになる味わいです。他にも「カニ甲ら」はカニの甲羅の中にカニ肉入りのすり身を詰めた贅沢なかまぼこで、他の人へのお土産にもおすすめです。

■基本情報
店名:かま栄 工場直売店
住所:北海道小樽市堺町3-7
TEL:0134-25-5802
営業時間:9:00〜19:00
定休日:1月1日
アクセス:JR南小樽駅より徒歩15分

HP:http://www.kamaei.co.jp/
地図:「かま栄 工場直売店」への地図

3. 美しいキャンドルに癒される。女性へのお土産におすすめ!「小樽キャンドル工房」

3. 美しいキャンドルに癒される。女性へのお土産におすすめ!「小樽キャンドル工房」
photo by s_oichir_o   /   embedded from Instagram

小樽運河にほど近い場所にある石造りの倉庫に「小樽キャンドル工房」はあり、国内外の様々なキャンドルとキャンドルグッズを取り扱っています。工房で作られたキャンドルはカラフルでお洒落なものばかりで見ているだけでも癒されますし、大切な人へのお土産にもぴったりです。

「小樽運河シルエットティーライトホルダー」は運河の景色が描かれていて、灯りをともすととても幻想的な雰囲気になります。店内ではキャンドル作り体験もできますので、ぜひ世界に一つしかない自分だけのオリジナルのキャンドルを作って持ち帰りましょう。

■基本情報
店名:小樽キャンドル工房
住所:北海道小樽市堺町1-27
TEL:0134-24-5880
営業時間:10:00〜19:00
定休日:無休
アクセス:JR小樽駅より徒歩15分

HP:http://otarucandle.com/
地図:「小樽キャンドル工房」への地図

4. 美しい音色に包まれるお土産!「小樽オルゴール堂本館」

4. 美しい音色に包まれるお土産!「小樽オルゴール堂本館」
photo by aya.120201   /   embedded from Instagram

オルゴールも小樽では有名な定番のお土産の一つです。オルゴールの奏でる心地良い音色が小樽のレトロな雰囲気に合うのか、旅の思い出に持ち帰る旅行者が多いそうです。「小樽オルゴール堂本館」は小樽市歴史建造物に指定されているノスタルジックな雰囲気が魅力の建物で、高さ9mの吹き抜けの大ホールに約2万5千点のオルゴールが陳列されており圧巻です。

可愛い天子が星を持つ「ガラス天使オルゴール」が人気商品。種類もたくさんありすぎて迷いますがお気に入りの音色をぜひ見つけてください。中に工房があり、オルゴールの手作り体験もできます。お土産にも最適です!

■基本情報
店名:小樽オルゴール堂本館
住所:北海道小樽市住吉町4-1
TEL:0134-22-1108
営業時間(通常):9:00〜18:00
営業時間(祝前日・金・土):9:00〜19:00
定休日:無休
アクセス:JR南小樽駅より徒歩6分

HP:http://www.otaru-orgel.co.jp/
地図:「小樽オルゴール堂本館」への地図

5. 小樽一のガラス製品の品揃え!お気に入りの逸品をお土産に!「北一硝子三号館」

5. 小樽一のガラス製品の品揃え!お気に入りの逸品をお土産に!「北一硝子三号館」
photo by yocco.post   /   embedded from Instagram

小樽といえばガラスの街、というイメージを定着させたお店で、3万点以上の様々な種類のガラス製品が取り揃えられていてお土産を探すのに最適です。店内は「洋のフロア」「和のフロア」「カントリーフロア」と分かれ、フロアごとにテーマ別の特色があります。

人気があるのは実用性の高い食器類でデザイン性はもとより使いやすさもしっかりと考えて作られています。北海道の自然をモチーフにした食器や、小樽運河の描かれた「サーモマグカップ」、液ダレしないと評判の「バラ柄しょう油さし」も人気で、少しお値段は高いですがずっと使えるものですのでその価値は充分にあります。

店内にあるカフェ「北一ホール」には167個もの石油ランプが輝き映画のようなロマンチックな雰囲気に浸れますのでそちらもぜひ訪れてみて下さい。

■基本情報
店名:北一硝子三号館
住所:北海道小樽市堺町7-26
TEL:0134-33-1993
アクセス:JR南小樽駅より徒歩10分

HP:http://www.kitaichiglass.co.jp/
地図:「北一硝子三号館」への地図

6. マロンコロンで有名な小樽の老舗「あまとう本店」

6. マロンコロンで有名な小樽の老舗「あまとう本店」
photo by ciel__f910   /   embedded from Instagram

昭和4年創業の老舗洋菓子店「あまとう」は小樽市民なら誰もが知っている有名なお店です。一押しのお土産は「マロンコロン」で回りがチョコレートコーティングされている3枚重ねのサブレで、サクサクでまろやかで上品な甘みが味わえるお菓子です。1枚あたりはお手ごろな値段ですがかなりの食べ応えがあり、種類もアーモンド、チーズ、カカオなど約7種類あります。

賞味期限も約1ヶ月と長いのでぜひお好みの味を見つけてお土産に持ち帰ってくださいね。サクサクのパイ生地に甘い焼きりんごを挟んだ「アップルパイ」、アイスの上に小豆とおもちが乗った「クリームぜんざい」もおすすめです。

■基本情報
店名:あまとう本店
住所:北海道小樽市稲穂2-16-3
TEL:0134-22-3942
営業時間:10:00〜19:00
定休日:木曜不定休
アクセス:JR小樽駅より徒歩6分

HP:http://otaru-amato.com/
地図:「あまとう本店」への地図

7. 伝統的なドイツビールを味わう「小樽ビール・小樽倉庫No.1」

7. 伝統的なドイツビールを味わう「小樽ビール・小樽倉庫No.1」
photo by sanaeeeeee   /   embedded from Instagram

お酒を飲むのが好き、または飲むことが好きな人へのお土産にしたいという方におすすめなのが小樽ビールです。小樽運河沿いの倉庫を改装して造られたビール工場「小樽ビール・小樽倉庫No.1」ではドイツの伝統的な製法に基づいてビールを製造していて、本場ドイツのピアパブの雰囲気を楽しめるお店です。

余計なものを一切加えることなく、自然の材料だけで醸造しているので、一般的なビールより賞味期限は短いですが、コクのある奥深い味わいは普段飲んでいるビールとは一線を画しています。フルーティーでさわやかなのどごしの「ヴァイス」は若い人や女性にもおすすめです。お土産にビールを購入し、その場でも新鮮な小樽ビールを堪能して下さい。

■基本情報
店名:小樽ビール
住所:北海道小樽市港町5-4
TEL:0134-21-2323
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無休
アクセス:JR小樽駅より徒歩11分

HP:http://otarubeer.com/jp/
地図:「小樽ビール」への地図

8. パンとお饅頭の絶妙コラボ!「西川のぱんじゅう」

8. パンとお饅頭の絶妙コラボ!「西川のぱんじゅう」
photo by fumiotozawa   /   embedded from Instagram

小樽の古くからの名物のお菓子「ぱんじゅう」、聞いたことはあまりないかもしれませんが、地元民や観光客に親しまれている商品です。たこ焼きサイズの手ごろな大きさで薄めのパリッとした皮に餡やクリームたっぷりと詰められた今川焼き風の和菓子です。外側の食感と中の餡のバランスがとても良く、ボリューミーですがいくらでも食べれてしまいます。

出来立てのアツアツももちろん美味しいですが冷めてしまっても電子レンジやオーブントースターで再加熱することによって、パリッとした食感が蘇りますのでお土産に持って帰って楽しむことができます。1回に焼ける量に限りがあるので行列していることもありますし、売切れ次第終了ですので早めの来店がおすすめです。

■基本情報
店名:西川のぱんじゅう
住所:北海道小樽市稲穂2−12−16
TEL:0134-22-4297
アクセス:JR小樽駅より徒歩4分

地図:「西川のぱんじゅう」への地図

9. お酒のつまみにぴったりの小樽お土産1「いか太郎本舗」

9. お酒のつまみにぴったりの小樽お土産1「いか太郎本舗」
photo by sallyhachi   /   embedded from Instagram

甘いお菓子が苦手という辛党の方におすすめなのが「いか太郎」です。北海道産の新鮮な真イカを、特製のタレにつけて生干しにし、鉄板で焼いた珍味で、お酒のおつまみにもぴったりです。

ふんわり柔らかなので手で裂いて、口に入れれば噛めば噛むほど香ばしいイカのうまみを味わうことができます。普通のさきいかと違い柔らかいのでお子様やお年寄りの方にも人気があるそうです。一味唐辛子、わさび、いかすみ味が販売されています。ホタテや海老を使った珍味もあり、店頭で試食もできますのでぜひお店に訪れて味見をしてみて下さい。

■基本情報
店名:いか太郎本舗
住所:北海道小樽市堺町6-4
TEL:0134-22-7100
営業時間:9:00〜18:00
定休日:無休
アクセス:JR南小樽駅より徒歩8分

HP:http://ikataro.ocnk.net/
地図:「いか太郎本舗」への地図

10. バームクーヘンと開拓おかきのをお土産に!「北菓楼小樽本館」

10. バームクーヘンと開拓おかきのをお土産に!「北菓楼小樽本館」
photo by lyuukittyl   /   embedded from Instagram

堺町通りでひと際目を引く石の蔵の「北菓楼」は、「バームクーヘン」と「開拓おかき」が有名な洋菓子店です。バームクーヘンは昔ながらの製法をもとに独自の釜でじっくりと焼き上げ、上品な甘さがふんわり、しっとりした口当たりが特徴の大人気の品になります。

おかきは北海道産のもち米を使い、1週間もの時間をかけて丁寧に手作りをしたものでイカ、ホタテ、エビ、たらこなど計8種類の味があります。味が濃厚でクセになる美味しさです。たくさんの種類があり迷ってしまいますが試食をすることができますのでゆっくりと選んで下さい。お土産にしても絶対に外すことはありません。

■基本情報
店名:北菓楼小樽本館
住所:北海道小樽市堺町7-22
TEL:0134-31-3464
営業時間:9:00〜18:30
定休日:無休
アクセス:JR南小樽駅より徒歩10分

HP:http://www.kitakaro.com/
地図:「北菓楼小樽本館」への地図

小樽のお土産は魅力がたっぷり!!

小樽のお土産10選いかがでしたか?洋菓子、和菓子、ビール、ガラス製品などの雑貨類、小樽には魅力的なお土産がたくさんあります。見て選ぶだけでも楽しいですし、渡した相手にも喜ばれること間違いなしの品々ばかりです。旅の思い出に自宅用に持ち帰るのもいいですね。ぜひお気に入りの一品を見つけて下さいね。小樽観光、目一杯楽しんでくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者