北海道でこの夜景だけは見ておけ!あまりに美しい人気のおすすめスポット10選!

広い北海道で夜景を楽しむとしたら?やはり、函館や札幌が有名ですよね。どちらも連日観光客の人で賑わっています。でも実は意外な穴場もあり、地元の人も知らないような場所も多数。定番も、穴場も、北海道でぜひ見ておきたい夜景スポットを10選ご紹介します。一日の締めくくりに、ぜひワクワクするような夜景に会いに行きませんか?カメラの準備を忘れないでくださいね!


1. 山頂からの夜景に心奪われる名スポット!「函館山」

1. 山頂からの夜景に心奪われる名スポット!「函館山」

言わずと知れた、北海道で人気の夜景スポット。函館に来たら必ず立ち寄りたいスポットです!山頂までのアクセスはバス・レンタカーなどいくつかありますが、やはり函館山ロープウェイが便利。山麓駅から125人乗りのゴンドラに乗って約3分、標高334mの函館山の山頂に到着。ここからの夜景は、狭い市街地の右に津軽海峡、左には函館湾が見えます。街並みと両側に海が見える夜景は珍しいもの。日没前から観光客が増え始めるので、できればその前に山頂に到着しておきたい。

函館山ロープウェイのHPでは、夜景が見え始める時刻や天気などを案内しているので出かける前に要チェック。夜景と言っても季節ごとに雰囲気も異なります。春先は霧が多く幻想的に、夏から秋にかけては漁火が見え、冬は雪景色と共に夜景を楽しむことができます。どの季節も感動的な夜景に出会えること間違いなしのオススメスポット!函館観光では、夜景を見ることをお忘れなく。

■基本情報
名称:函館山ロープウェイ
住所:北海道函館市元町19-7(函館山ロープウェイ山麓駅)
電話:0138-23-3105
定休日:年中無休
料金目安(往復):大人(中学生以上)¥1280 / 小人¥640

HP:http://334.co.jp/
地図:「函館山ロープウェイ」への地図

2. 運河の水面に反射された光が幻想的「小樽運河」

2. 運河の水面に反射された光が幻想的「小樽運河」

夜景は、必ずしも高台からでないと見られないわけではありません。ガス灯に灯りがともり始める、夕暮れ時の小樽運河。運河沿いの散策路には63基のガス灯があり、石造りの倉庫群もライトアップされ、運河の水面に反射されると一段と幻想的な雰囲気になります。小樽でもトップクラスの人気観光地ですが、日中とはまた違う雰囲気はぜひ見ておきたい。特にオススメなのは毎年2月に開催される「小樽雪あかりの路」というイベント。

小樽運河の会場を中心に、たくさんのスノーキャンドルによって街中が彩られます。古い漁具を利用した浮き玉キャンドルが運河に浮かぶ姿は、ここでしか見られないもの。札幌からの日帰りで訪れる方も多いのですが、できれば宿泊してゆっくり小樽運河の柔らかい灯りを楽しんでいきませんか?

■基本情報
名称:小樽運河
住所:北海道小樽市
電話:0134-32-4111(小樽市産業港湾部観光振興室)

HP:https://www.city.otaru.lg.jp/
地図:「小樽運河」への地図

3. 工業地帯ならではの工場夜景が楽しめる「苫小牧緑ヶ丘公園」

3. 工業地帯ならではの工場夜景が楽しめる「苫小牧緑ヶ丘公園」
photo by ami51kix3   /   embedded from Instagram

91万㎡の広大な敷地を持つ緑ヶ丘公園の頂上広場に、高さ56mの展望台があります。1998年に苫小牧市制50周年を記念して建てられ、苫小牧市内ではナンバーワンの眺望が楽しめる場所。3Fにある展望室まではエレベーターがあるので楽々。もちろん無料で利用できます。また屋内から夜景が見られるので、寒い日でも安心ですね。ベンチもあるのでゆっくりと座って夜景を楽しめます。眼下の緑ヶ丘公園を始め、碁盤の目のように整備された苫小牧市街が一望できます。

また工業地帯として発展を続ける街ならではの、煙突からモクモクと煙を上げる様子も楽しめる「工場夜景」も見ることができます。夜になると公園の噴水がライトアップされ、雰囲気もバッチリです!カップルにオススメのスポットです。

■基本情報
名称:苫小牧緑ヶ丘公園
住所:北海道苫小牧市清水町
電話:0144-32-6500(都市建設部緑地公園課公園整備係)

HP:http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/
地図:「苫小牧緑ヶ丘公園」への地図

4. 愛の南京錠にメッセージをのせて。「もいわ山」

4. 愛の南京錠にメッセージをのせて。「もいわ山」

札幌市の中央に位置しているので、山頂からは札幌市街が一望できます。標高531mの山頂までは、もいわ山ロープウェイと、もーりすカーと呼ばれるケーブルカーを利用するのがオススメ。山麓駅から中腹駅まではロープウェイで約5分、中腹駅から山頂駅まではケーブルカーに乗って2分弱で到着します。もいわ山は自然の宝庫で、北海道自然100選にも選出され、北側の山林は国の天然記念物にも指定されている原始林があります。自然豊かなもいわ山から見えるのは、大都市・札幌の街並み。

キラキラと輝く夜景は、かなり感動もの。『夜景サミット2015in神戸』で第2位に選ばれ、1位の長崎・3位の神戸とともに日本新三大夜景に認定された理由もこの夜景を見れば納得。山頂の展望台には、屋内で鑑賞できるスペースも設けられています。また幸せの鐘があり、周りの手すりには「愛の南京錠」が取り付けられるようになっています。大切な人と鐘を鳴らした後に、メッセージを書いた南京錠をかける。そんなロマンチックなことも体験できちゃいますよ!

■基本情報
名称:札幌もいわ山ロープウェイ山麓事務所
住所:北海道札幌市中央区伏見5-3-7(札幌もいわ山ロープウェイ山麓駅)
電話:011-561-8177

HP:http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/
地図:「札幌もいわ山ロープウェイ山麓事務所」への地図

5. 五稜郭を目下に望める夜景スポット!「五稜郭タワー」

5. 五稜郭を目下に望める夜景スポット!「五稜郭タワー」

函館市内では函館山と並んで人気の夜景スポット。五稜郭の築城100年を記念して、1964年に高さ60mのタワーが建てられました。その後2006年に建てられた高さ107mの2代目タワーの展望台には、展望室が2フロアあります。展望台は5角形でガラス張りになっていて、展望1Fは高さ86m、展望2Fは高さ90mあります。足元には美しい星型の五稜郭や函館の街並み、遠くに函館山や津軽海峡まで360度の眺めが楽しめます。

毎年12月~翌年2月末まで「五稜星の夢イルミネーション」というイベントが開催され、2000個もの電球で五稜郭の堀の周りを彩ります。展望室からも見られるので、この時期に合わせてぜひお出かけください。また、雪のある時とない時でも見え方や雰囲気が異なるのも面白いですよ。北海道の景色を楽しみたいならここがオススメです。

■基本情報
名称:五稜郭タワー
住所:北海道函館市五稜郭町43-9
電話:0138-51-4785
定休日:年中無休

HP:http://www.goryokaku-tower.co.jp/
地図:「五稜郭タワー」への地図

6. 海と山、街が織りなす絶景。「円山展望台」

6. 海と山、街が織りなす絶景。「円山展望台」
photo by miki5713   /   embedded from Instagram

円山高原リゾートの中心にある展望台で、標高232mから360度の展望が楽しめます。東屋造りの素朴な建物が建つだけですが、眺望はバツグン!北海道では、函館・札幌・小樽に次ぐ夜景スポットと人気の高い場所。岩内の街並みや積丹半島が一望でき、季節や時間帯によって異なる夜景が楽しめます。海と山、街が織りなす絶妙な風景は、夜景だけでなく昼間もぜひ見ておきたい。展望台付近には三十三体の観音像を巡る遊歩道もあり、ドライブ途中の休憩にも立ち寄ってみたい場所。円山高原リゾートにはスキー場やパークゴルフ場、オートキャンプ場なども備えています。

また付近には「いわない温泉」があり、日帰り温泉も可能。「ホテルグリーンパークいわない」は内湯・露天風呂も源泉掛け流し。特に露天風呂から見える岩内湾や積丹半島の眺めは圧巻!家族みんなで夜景も温泉も楽しめるオススメスポットです!

■基本情報
名称:円山展望台
住所:北海道岩内郡岩内町野束
電話:0135-62-1011(岩内町役場)

HP:http://www.town.iwanai.hokkaido.jp/
地図:「円山展望台」への地図

7. 北の果ての街で見れる絶景「稚内公園開基百年記念塔」

7. 北の果ての街で見れる絶景「稚内公園開基百年記念塔」
photo by wyc223   /   embedded from Instagram

1879年に宗谷に戸長役場が置かれたことを稚内市の開基とし、1978年に100周年を記念して建設された記念塔です。地上80m・海抜250mの建物で、1・2Fには「北方記念館」があります。間宮林蔵に関する資料や、アイヌ民族に関する資料などを展示しています。間宮林蔵じゃ江戸時代後期に活躍した測量家・探検家で、「間宮海峡」を発見したことでも知られています。

展望室は海抜240mに位置し、足元には稚内公園、南側には広大なサロベツ原野や宗谷海峡、西には遠く利尻島・礼文島の島影が望めます。条件が良ければ、樺太まで見渡すことも。ここから眺める360度の大パノラマを、ぜひ見ていきましょう!

■基本情報
名称:稚内公園開基百年記念塔
住所:北海道稚内市5-6-6(株式会社 稚内振興公社)
電話:0162-24-4019
定休日:6月~9月無休、4・5・10月毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)

HP:http://w-shinko.co.jp/
地図:「稚内公園開基百年記念塔」への地図

8. 山頂から望めるライトアップされた一本桜「天狗山」

8. 山頂から望めるライトアップされた一本桜「天狗山」

小樽と言えば運河やレトロな建物が並ぶ街並みや、お寿司・スイーツなどのグルメが楽しめる人気の街。日中はしっかり遊んで、日が暮れたら天狗山に出かけてのんびり夜景観賞はいかが?山頂までのアクセスは「小樽天狗山ロープウェイ」におまかせ!山麓駅から山頂駅までは、約4分で到着。そこにはミシュラングリーンガイドジャポン2009・2011で一つ星を獲得した、世界にも認められた絶景が待っています。山頂レストハウスにある屋上展望台の他、第1・第2・第3展望台があります。

また、天狗桜と呼ぶ一本桜がある天狗桜展望台はライトアップされ、その姿はとても幻想的。山並みと石狩湾・小樽の市街地が眼下に広がる景色も見ごたえがありオススメですよ。山頂にはオリジナルグッズを扱う売店や、日本各地から集められた天狗のお面約700点を展示する天狗の館、スキーに関する資料約100種400点を展示する小樽スキー資料館などもあります。日中は周辺の観光や散策を楽しんで、夕暮れ時から徐々に色を変える街並みを待ってみるのもいいですね。

■基本情報
名称:天狗山
住所:北海道小樽市天狗山
電話:0134-33-7381
定休日:年中無休

HP:http://www.ckk.chuo-bus.co.jp/
地図:「天狗山」への地図

9. 地元民もあまり知らない穴場スポット!「旭川ニコラス展望タワー」

9. 地元民もあまり知らない穴場スポット!「旭川ニコラス展望タワー」
photo by sakkisan   /   embedded from Instagram

旭川の市街地からわずか15分の場所にある、旭川サンタプレゼントパークにある展望タワー。12月~3月頃は、旭川の都市部から最も近いスキー場として賑わいます。スキーシーズンと6月~9月までの短い夏の間、標高330mの山頂に立つ展望タワーから夜景を楽しむことができます。タワー内1Fからエレベーターで高さ50mの展望室へ。そこは、地元の人もあまり知らない穴場的な夜景スポット。屋内の展望エリアからは、旭川市のほぼ全域をガラス越しに眺めることができます。

恋人の聖地にも認定され、「愛の鐘」もあることからカップルにも人気の場所。とは言え、ここはスキー場。展望タワーに行くには専用登山道を通らなくてはならないため、徒歩や自転車・バイクでは行くことができません。レンタカーやタクシーなどを利用する必要がありますのでご注意を!

■基本情報
名称:旭川ニコラス展望タワー
住所:北海道旭川市神居町富岡555-2
電話:0166-63-3232

HP:http://www.santapresentpark.com/
地図:「旭川ニコラス展望タワー(旭川サンタプレゼントパーク内)」への地図

10. 地元民御用達の穴場スポット「幌見峠展望駐車場」

10. 地元民御用達の穴場スポット「幌見峠展望駐車場」
photo by nari0410   /   embedded from Instagram

札幌にある珍しい夜景専用の駐車場。札幌市内には有名な夜景スポットがたくさんありますが、ここは観光客が少ない穴場的存在ですが、地元ではおなじみの場所。幌見峠は、その名が示す通り札幌の街が見渡せます。まるで宝石箱のようにキラキラと輝く札幌の街並みを、大パノラマで楽しむことができます。夜景専用の駐車場ということで、車の中からも夜景を眺めることができるのも特徴です。気象条件によって夜景がきれいに見えなかった場合は、次回使える割引券がもらえるサービスも珍しい。

近くにはラベンダー園があり、7月中旬から8月上旬には甘い香りと共に鮮やかな紫色のじゅうたんが広がります。1987年に120株のラベンダーから始まり、今では5000株までに。札幌でもラベンダーが見られるので、富良野に行く時間がない方にはオススメですよ!

■基本情報
名称:幌見峠展望駐車場
住所:北海道札幌市中央区盤渓471-110(幌見峠頂上)
電話:011-622-5167
営業時間(4月1日~11月30日):昼の部-10:00~17:00(退場は18:00) / 夜の部-18:00~翌1:30
駐車料金:昼の部¥500 / 夜の部¥800

HP:http://yumekoubousatou.com/
地図:「幌見峠展望駐車場」への地図

北海道の夜景を楽しもう!

眩い夜景に心を奪われる。きっとまた見たくなる。そんな夜景が北海道内にはたくさんあります。家族で、カップルで、友達で、あなたの大切な人と美しい夜景を見たいと思いませんか?そんなときは紹介したスポットへ行ってみてください!でも同じ景色には2度と出会えません。見たいと思ったら、すぐに出かけましょう!大切な人と過ごす大切な時間、最高の思い出を作ってくださいね。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者