定番から穴場まで!秋の札幌でおすすめな人気の紅葉の名所10選!

一足早く秋の訪れを感じる北海道。北海道の中心、札幌にも秋の訪れを感じる紅葉スポットが数多くあります。朝晩の寒暖差が大きくなると一層色づく葉は、除々に里のほうに下りて来て、見事な彩りを私たちに見せてくれます。札幌の紅葉は10月か11月初頭までが見頃になっています。秋の北海道グルメと共に、どうぞ紅葉も楽しんでみてくださいね。


1. 温泉とともに楽しむ札幌の紅葉「定山渓温泉」

1. 温泉とともに楽しむ札幌の紅葉「定山渓温泉」

札幌市内から車でいける人気観光スポット、江戸時代から札幌の奥座敷とも呼ばれている定山渓温泉です。こちらは札幌では知らない人いないほどの紅葉スポット。温泉街から豊平川の渓流に沿って歩けば、川に架けられた真っ赤な「二見吊橋」と「かっぱ淵」のカエデや桜等の紅葉が美しく、まるで絵画のような景色の写真もとることができます。もちろん温泉街なので紅葉を眺めながらのお風呂も楽しめますよ。

なかでも「定山渓グランドホテル瑞苑」は定山渓最大級の露天風呂から一面に広がる渓谷の紅葉を眺めることができます。また足湯で話題なのがこちら有料の足湯「心の里 定山」です。足湯をしながら紅葉を眺めることはもちろんのこと、バスタオル、新品の靴下やクリーム、それに軽食が用意されていて飲食も用意されているので1日ゆったり過ごせますよ。

■基本情報
名称:定山渓温泉
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉
アクセス:真駒内駅より車で約30分

HP:http://jozankei.jp
地図:「定山渓温泉」への地図
■基本情報
名称:定山渓グランドホテル瑞苑 
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉東4丁目
TEL:011-598-2214
日帰り入浴:12:00〜20:00
定休日:無休
アクセス:定山渓車庫前(バス停)より徒歩2分

HP:https://www.granj.co.jp
地図:「定山渓グランドホテル瑞苑」への地図
■基本情報
名称:心の里 定山(じょうざん) 
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉西4丁目372−1
TEL:011-598-5888
開館時間:10:00〜18:00
定休日:不定休
アクセス:札幌駅前バスターミナルよりバスで約80分

HP:http://www.kokorono-sato.jp
地図:「心の里 定山」への地図

2. ゴンドラに揺られながら目下の紅葉景色を堪能「札幌国際スキー場」

2. ゴンドラに揺られながら目下の紅葉景色を堪能「札幌国際スキー場」

1972年の札幌オリンピックの会場としてつくられた「札幌国際スキー場」は冬のスキー場以外にも札幌の紅葉スポットとしても有名です。標高1,100mの山頂に向かうゴンドラからは約15分間にわたり、一面の紅葉のパッチワークを楽しめるんです。

山頂の展望台からは360度見渡せる紅葉とともに、遠くは小樽湾、石狩湾などが一望できます。定山渓温泉からは車で20分程度なので、合わせて鑑賞してみるのも良いですね。

例年9月下旬から10月の初旬まで開催されていますので、もしタイミングがあったらぜひ足を運んでみてくださいね!

■基本情報
名称:札幌国際スキー場 
住所:北海道札幌市南区定山渓937番地先
TEL:011-589-4511
営業時間:例年9月後半から10月初頭まで9:30~15:30(※上り乗車最終15:00)
定休日:期間中無休
アクセス:札幌中心部より車で約60分

HP:http://kouyou.sapporo-kokusai.jp
地図:「札幌国際スキー場」への地図

3. 札幌市民の憩いの場!美しい紅葉景色に癒される「円山公園」

3. 札幌市民の憩いの場!美しい紅葉景色に癒される「円山公園」

札幌中心部にあり、市民に愛されている「円山公園」。広い園内はボードウォークが整備され紅葉を散策しながら鑑賞できます。10月中旬からカエデやイチョウなどが色づき始め、一面の紅葉の絨毯や湖面に映る赤いモミジなど、様々な景色も楽しむことができます。

もともとは樹木の試験場だったこともあり、樹木の生い茂る原生林や、小高い山、隣接する「北海道神宮」や「円山動物園」など、見所も多いので、家族やカップル、どんな方でも1日楽しむことができるオススメのスポットです。ぜひいってみてくださいね!

■基本情報
名称:円山公園
住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘3丁目(円山公園管理事務所)
TEL:011−621-0453(円山公園管理事務所)
営業時間:24時間
アクセス:円山公園駅より徒歩約5分

HP:http://maruyamapark.jp
地図:「円山公園」への地図

4. 日本庭園が茜色に色づく姿は圧巻。札幌の人気紅葉スポット「平岡樹芸センター」

4. 日本庭園が茜色に色づく姿は圧巻。札幌の人気紅葉スポット「平岡樹芸センター」

「平岡樹芸センター」は札幌市清田区にある札幌市が管理する植物公園です。園内には、カエデ、サクラ、ツツジなどの落葉樹が約1000本以上植えられており、美しい紅葉を楽しむことができます。広い園内には様々なタイプの庭園があり、日本庭園の湖面に映る紅葉は特にうつくしく映えます。

圧巻なのは約150mあるノムラモミジ並木のトンネル。真っ赤に色づいた赤い紅葉のトンネルはまるで絵画の中にいるような体験ができます。園内はとてもよく歩道が整備されているので、お年寄りや小さなお子様も安全に楽しむことができる公園です。

■基本情報
名称:平岡樹芸センター
住所:北海道札幌市清田区平岡4条3丁目
TEL:011-883-2891
開園時期:4/29~11/3
開園時間:8:45~17:15
定休日:月曜日
アクセス:平岡4条2丁目(バス停)より徒歩1分

HP:https://www.sapporo-park.or.jp/jyugei/
地図:「平岡樹芸センター」への地図

5. ここでしか見れないふわふわの紅葉景色!「滝野すずらん丘陵公園」

5. ここでしか見れないふわふわの紅葉景色!「滝野すずらん丘陵公園」

「滝野すずらん丘陵公園」は北海道にある国営公園です。例年秋になると、コスモス畑の丘が一面に広がることで有名な公園ですが、その他にも今話題の可愛いフワフワの植物「コキア」が真っ赤に色づく不思議な光景や、丘にから見渡す山々の紅葉など、見どころは盛りだくさんです。他の紅葉スポットとはまた違った景色を楽しむことができると人気観光地となっています。

また園内には小さなお子様が楽しめる遊具が豊富に用意されていて、家族で楽しめる楽しい公園となっています。家族旅行にも使える札幌の紅葉スポットですよ!

■基本情報
名称:滝野すずらん丘陵公園 
住所:北海道札幌市南区滝野247
営業時間:9:00〜17:00(※季節によって異なる)
定休日:無休
アクセス:真駒内駅より車で約30分

HP:http://www.takinopark.com/?go=acc
地図:「滝野すずらん丘陵公園」への地図

6. 大学構内で楽しむ黄金色の紅葉!「北海道大学 イチョウ並木」

6. 大学構内で楽しむ黄金色の紅葉!「北海道大学 イチョウ並木」

JR札幌駅からも徒歩で行くことができる、北海道大学構内、北13条通りにあるイチョウ並木は380メートルの道の車道の両側に70本のイチョウが植えられているうつくしい並木道です。構内は一般車両が通行禁止ですが、徒歩で歩くのは自由。大学生に混じって美しい黄色のトンネルを楽しむことができます。

また、北海道大学では例年10 月下旬~11月初旬に2日間に渡って学園祭「北大金葉祭」が開催されます。期間中にはイチョウ並木がライトアップされるので、黄金に光る葉を鑑賞できますよ。機会があればぜひ見に行ってくださいね!

■基本情報
名称:北海道大学 イチョウ並木 
住所:北海道札幌市北区北8条西5
TEL:011-716-2111
アクセス:札幌駅より徒歩約7分

HP:https://www.hokudai.ac.jp
地図:「北海道大学」への地図

7. 北海道大学ならこちらも外せない!「北海道大学 ポプラ並木」

7. 北海道大学ならこちらも外せない!「北海道大学 ポプラ並木」

イチョウ並木と共に有名なのが北海道大学のポプラ並木です。北海道大学の前身、札幌農学校時代に実験的に植えられた防風林がもともとの始まりのこの並木は、幾度もの台風のため伐採の危機にもあいました。しかし、市民に愛されている並木は再生され近年、約80メートル散策路として残されることになったのです。

イチョウの木に比べてポプラの木の独特な樹形はユニークで、ポプラの木の並木は周囲の牧歌的な風景と相まって印象画の絵画のよう。イチョウ並木と共に北海道大学の構内に位置するので合わせて散策するのが良いでしょう。

■基本情報
名称:北海道大学 ポプラ並木
住所:北海道札幌市北区北8条西5
TEL:011-716-2111
アクセス:札幌駅より徒歩約7分

HP:https://www.hokudai.ac.jp
地図:「北海道大学」への地図

8. 赤に黄金、ライトアップされた紅葉景色は見るものを魅了する「北海道庁旧本庁舎」

8. 赤に黄金、ライトアップされた紅葉景色は見るものを魅了する「北海道庁旧本庁舎」

「赤れんが」の愛称で知られる札幌にある煉瓦づくりの北海道庁旧本庁舎は、かつては北海道行政の中心として、現在は北海道の開拓時代の資料を展示する資料館として、一般に公開されています。旧本庁舎正面に向かう道は、歩行者専用空間「札幌市北3条広場」です。道内で初めて植えられた最古の街路樹と言われているイチョウ並木は、黄金色に色づきます。

そして夜はライトアップもあるのでとてもロマンチックな雰囲気。他にも庭園内にも美しいイチョウ、モミジが植えられており、色とりどりの紅葉を楽しむことができますよ。

また、隣接する商業ビル「赤レンガテラス」は旧本庁舎とイチョウ並木を上から眺めることができるのに最適となっていてオススメですよ。

■基本情報
名称:北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
住所:北海道札幌市中央区北3条西6丁目
TEL:011-204-5019
開館時間:8:45〜18:00
定休日:年末年始
アクセス:札幌駅より徒歩約8分

HP:http://www.sapporo.travel/
地図:「北海道庁旧本庁舎」への地図

9. 札幌の豊かな自然が紅葉にそまるスポット!「中島公園」

9. 札幌の豊かな自然が紅葉にそまるスポット!「中島公園」

「中島公園」は地下鉄中島公園駅から徒歩5分程度。とてもアクセスの良い都会のオアシスともいえる公園です。園内は、開拓時代の木材集積所としてつくられた菖蒲池(しょうぶいけ)を中心に池泉回遊式庭園として整備されており、池の周りを歩くことで、赤、オレンジ、黄色の紅葉した樹木に加え、背後に藻岩山の紅葉も借景とした情緒がある庭園を楽しむことができます。

また、園内には共に重要文化財の茶室「八窓庵」、開拓時代のホテル「豊平館」などもあり、散策しながら見学できるようになっていますので是非訪れてみてくださいね。

■基本情報
名称:中島公園 
住所:北海道札幌市中央区中島公園1(中島公園管理事務所)
TEL:011−511-3924(中島公園管理事務所)
開園時間:24時間
アクセス:中島公園駅より徒歩約5分

HP:http://www.sapporo-park.or.jp/
地図:「中島公園」への地図

10. 札幌の紅葉といったらここ!「大通公園」

10. 札幌の紅葉といったらここ!「大通公園」

札幌市のシンボルともいえる「大通公園」は札幌市のど真ん中に東西、長さ1.5キロメートルにわたる帯状の公園です。公園内には約4,700本の植物が植えられており、季節毎に市民を楽しませてくれるグリーンベルトとなっています。

特に紅葉の季節は赤く色づく樹木が多いのが特徴となっており、モミジやナナカマドなど、真っ赤に色づく木々と、噴水、イサムノグチの彫刻、テレビ塔など、都会的な背景と自然の木々のコラボは美しく、撮影スポットは盛りだくさんです。ぜひお気に入りの一枚を撮影してみてくださいね。

■基本情報
名称:大通公園 
住所:北海道札幌市中央区大通西7丁目(大通公園管理事務所)
TEL:011-251-0438(大通公園管理事務所)
開園時間:24時間
アクセス:大通駅より徒歩すぐ

HP:http://www.sapporo-park.or.jp/odori/
地図:「大通公園」への地図

秋の札幌では、美しい紅葉景色を堪能しよう!

いかがでしたでしょうか?今回は秋の札幌をさらに楽しむことができる、札幌のおすすめ紅葉スポットランキングをご紹介しました。少し、紅葉の時期を逃しても、11月初頭から中旬になると初雪が舞い、紅葉の赤い葉と白い雪の見事なコラボレーションも観ることができるかもしれません。さまざまな自然の顔を見せてくれる北海道にぜひ足を運んでみてくださいね。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者