春は札幌の桜の名所へ!絶対に行くべきおすすめな人気のお花見スポット10選!

北海道の桜はエゾヤマザクラが主流で色は濃いピンク色。その他チシマザクラやソメイヨシノ、さまざまな桜の種類が咲き誇るのが特徴です。また、梅の花や、ライラック、カタクリの花など、1年で一番美しい花の季節となります。特に、札幌市内には中心部に大きな緑地帯や公園が多いため、都心に居ながらにしてたっぷりと花見を楽しむことがきる理想的な環境です。今回は札幌市内のオススメお花見スポットを10カ所ご紹介していこうと思います。


1. 札幌定番のお花見スポット!「円山公園」

1. 札幌定番のお花見スポット!「円山公園」

札幌市民のお花見スポットといえば「円山公園」の名をあげる方が多い、定番中の定番の桜のお花見スポットです。円山公園は約68ヘクタールの敷地内には、オオヤマザクラ(エゾヤマザクラ)、ソメイヨシノなど、約160本の桜が植えられており、多くの市民で賑わいます。

また、こちらの公園ではコンロの貸し出しもされている他、ジンギスカンの老舗、松尾ジンギスカンからはコンロとお肉の配達もしてもらえるサービスなど、北海道民のお花見ジンギスカンにかける熱意はかなりのもの。観光客でも手ブラで楽しめるお花見ジンギスカンを、ぜひ体験してみてくださいね。

■基本情報
名称:円山公園 
住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘
TEl:011−621-0453
営業時間:24時間
アクセス:円山公園駅より徒歩約5分

HP:http://maruyamapark.jp
地図:「円山公園」への地図

2. 札幌の歴史感じる桜の花見の名所「北海道神宮」

2. 札幌の歴史感じる桜の花見の名所「北海道神宮」

北海道開拓時代に開かれた「北海道神宮」は、開花時期には境内のエゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラなど1400本の桜が咲き誇ります。そして、なんと北海道の桜シーズンは梅のシーズンとも重なるために、園内にある梅280本も同時に楽しめるのです。

また、境内で採れた桜でつくった桜湯茶や、梅林からとった梅でつくられた梅酒など、お花見グルメもしっかりありますので、花より団子派の皆さんもご安心下さいね。こちらは円山公園に隣接しているので、札幌にお越しの際には、ぜひお花見巡りをしてみてくださいね。

■基本情報
名称:北海道神宮 
住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
開門時間:4月1日~10月31日 6:00~17:00
アクセス:地下鉄東西線「円山公園駅より徒歩約11分

HP:http://www.hokkaidojingu.or.jp/index.html
地図:「北海道神宮」への地図

3. 美しい木々を楽しむ。春の桜は圧巻「北海道立真駒内公園」

3. 美しい木々を楽しむ。春の桜は圧巻「北海道立真駒内公園」
photo by t.wakaba555   /   embedded from Instagram

札幌市の中心部から南に8キロにある「北海道立真駒内公園」は、面積約84.7ヘクタールという広大な敷地内に約13,200本の樹木があり、春夏となれば多くの花が開花する緑たっぷりの公園です。

桜の開花時期にはエゾヤマザクラヤエザクラ(サトザクラ)と、約1000本の桜が咲き誇るほか、4月下旬からはカタクリの花、7月にはラベンダーなど、様々な花が咲き乱れます。またエゾリスやマガモ、野鳥など、多くの野生動物を鑑賞することもできる市民に愛される都市公園です。足を運ぶ価値ありのお花見スポット、ぜひ堪能ください。

■基本情報
名称:北海道立真駒内公園 
住所:北海道札幌市南区真駒内公園3-1(真駒内セキスイハイムスタジアム内)
TEL:011-581-1961
営業時間:24時間
アクセス:真駒内駅より徒歩約25分

HP:http://www.makomanai.com/koen/index.html
地図:「北海道立真駒内公園」への地図

4. 札幌で優雅に桜の花見を楽しめる!「中島公園」

4. 札幌で優雅に桜の花見を楽しめる!「中島公園」

こちらの「中島公園」は、歓楽街すすきのに隣接する都心にありながら広大な敷地を有し、八窓庵や豊平館などの国の重要文化財も見学できる、札幌市民に長年愛される公園になります。

園内は開拓時代の木材集積所としてつくられた菖蒲池(しょうぶいけ)を中心に整理された池泉回遊式庭園が広がり、桜の開花時期にはエゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラなど約400本が咲き誇ります。中心部にある菖蒲池には貸しボートもあるのでゆったりと水面から桜を眺めるのもオススメです。ここ中島公園で優雅なひと時をお過ごしください。

■基本情報
名称:中島公園 
住所:北海道札幌市中央区中島公園1(中島公園管理事務所)
TEL:011−511-3924
開園時間:24時間
アクセス:中島公園駅より徒歩4分/span>
HP:http://www.sapporo-park.or.jp/
地図:「中島公園」への地図

5. 自然美を楽しむ!様々な花に出会える「北海道大学植物園」

5. 自然美を楽しむ!様々な花に出会える「北海道大学植物園」
photo by xanthippe.y   /   embedded from Instagram

北海道大学の研究施設し明治19年開園の日本で二番目に古い北大植物園は、札幌駅より徒歩で約10分という立地にありながら、広さ約13.3haの園内には原生林や高山植物など北海道の自生植物を中心に約4000種類の植物が育てられています。

花見のシーズンになると園内の「サクラ林」には、梅の花、エゾヤマザクラ、ソメイヨシノが美しく咲きカタクリを初めとした野草も一斉に花をつけます。明治時代からある博物館を始めとして見所たっぷり。ぜひアカデミックな歴史を感じながら、園内の散策を楽しんでみて下さいね。

■基本情報
名称:北海道大学植物園
住所:北海道札幌市中央区北3条西8丁目
TEL:011-221-0066 
開園時間: 9:00~16:00
定休日:月曜日(祝日の場合翌日)
アクセス:札幌駅より徒歩約10分

HP:https://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/index.html
地図:「北海道大学植物園」への地図

6. 大切な人とゆっくり歩きたい。札幌の桜の名所「新川の桜並木」

6. 大切な人とゆっくり歩きたい。札幌の桜の名所「新川の桜並木」
photo by harpapa   /   embedded from Instagram

北海道の札幌市北区、閑静な住宅地に新川の川べりには市民の方々の力で、新川沿いに植えられた桜並木があります。こちらには2000年に植えられた若木ばかりとはいえ近年は大きく育ち、今では見事なエゾヤマザクラの花が咲くようになりました。ここの桜並木は日本一の全長7.5キロ。たっぷり桜を満喫できる並木道として、近年とても人気のスポットです。

仲の良い友人同士や、家族みんなでの一家団欒など、さまざまなシーンで活用することができます。北海道の札幌へお越しの際にはぜひここへ行ってみてくださいね!

■基本情報
名称:新川さくら並木 
住所:北海道札幌市北区北24条西14丁目付近
アクセス:JR八軒駅より徒歩約12分程度

HP:http://www.city.sapporo.jp/kitaku/syoukai/fukei/p_0704.html
地図:「新川さくら並木 」への地図

7. 広大な自然のなか桜を楽しむスポット!「モエレ沼公園」

7. 広大な自然のなか桜を楽しむスポット!「モエレ沼公園」

著名な日系アメリカ人の彫刻家イサムノグチの設計した公園として知られるモエレ沼公園。約188.8ヘクタールもの広大の敷地内にはイサムノグチの作品やランドスケープが配置され子供も大人も感覚を刺激される新しいタイプの公園といえるでしょう。

サクラの森では、開花時期になると2600本ほどのエゾヤマザクラやカスミザクラ、ミネザクラ、ヤエザクラ、ソメイヨシノなどの桜が咲き、アートと一体となったお花見を楽しむことがきますよ。札幌でぜひとも足を運んで欲しい、おすすめの桜の花見スポットです。

■基本情報
名称:モエレ沼公園 
住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
TEL:011-790-1231
アクセス:篠路駅より車で約45分

HP:http://moerenumapark.jp/
地図:「モエレ沼公園」への地図

8. 札幌市民憩いの場。優雅に桜が咲き誇る「農試公園」

8. 札幌市民憩いの場。優雅に桜が咲き誇る「農試公園」

JR琴似駅より徒歩15分程、発寒中央駅より徒歩約20分の場所、元々北海道農業試験場があった場所に作られた「農試公園」は、牧歌的な雰囲気を持ち合わせる、のんびりとした市民の憩いの場所です。エゾヤマザクラやソメイヨシノ、シダレザクラなど約250本が植えられています。

特に公園内に咲き誇っている桜の下では、シートを引きのんびりとお花見ができるようになっており、札幌市民の憩いの場と成っています。ただし火気厳禁なので注意してください。桜前線の最終地、根室に咲く珍しいチシマザクラの木も数本あり、小さく可憐な花を咲かせています。あなたもぜひどこか探してみてくださいね。

■基本情報
名称:農試公園 
住所:北海道札幌市西区八軒5条西6丁目95-21(管理事務所)
TEL:011-615-3680
アクセス:発寒中央駅より徒歩約20分

HP:http://www.sapporo-park.or.jp/noushi/
地図:「農試公園」への地図

9. 様々なアクティビティが楽しめる花見スポット「星観緑地」

9. 様々なアクティビティが楽しめる花見スポット「星観緑地」
photo by myurinankuru   /   embedded from Instagram

北海道の札幌市、その最西端に位置する桜の花見スポットが、こちらの「星観緑地」です。ここは19.5ヘクタールの広大な園内は、パークゴルフやサッカー場などのスポーツ施設や、花市、野菜市場など、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。

ヤエザクラ・チシマザクラ・ヨウコウザクラ・ ソメイヨシノの4種類400本のサクラが植えられている花見広場や、八重桜が植えられる桜モール(桜並木)など、北海道の雄大な景色を背景にのんびりと鑑賞することができます。札幌へお越しの際には、ぜひ楽しんでくださいね!

■基本情報
名称:星観緑地 
住所:北海道札幌市手稲区手稲星置317
TEL:011-686-0680
アクセス:JRほしみ駅より徒歩約4分

HP:http://www.1chan.co.jp/
地図:「星観緑地」への地図

10. 桜咲き乱れる札幌の遊歩道「白石こころーど」

10. 桜咲き乱れる札幌の遊歩道「白石こころーど」
photo by kiho_4589   /   embedded from Instagram

札幌市白石区にある白石こころろーどは、元はJRの廃線後でした。それを市民の要望で憩いの場所にという要望で生まれ変わったのです。現在は歩行者自転車中陰の白石区東札幌から北広島市までの約24.5kmの道が整備されています。

住民の方々が関山桜120本を植樹したことから始まり、今ではエゾヤマザクラやヤエザクラなど、道沿いに植えられた桜は合わせて約700本。また桜のほかにも5月中旬からはライラックの花も咲きはじめ、フラワーロードの名もふさわしい散歩道となっています。さわやかな気分で散策を楽しみませんか?

■基本情報
名称:白石こころーど(旧白石サイクリングロード) 
住所: 北海道札幌市白石区東札幌1条6丁目3付近
アクセス:地下鉄東西線白石駅より車で9分

地図:「白石こころーど」への地図

札幌で美しい桜の花見を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?今回は北海道の札幌市でおすすめしたい美しい桜が楽しめるお花見スポットを10選ご紹介しました。札幌は200万人弱の人口を有しながらも自然を多く残す美しい都市です。交通システムも発達しているので都会にいながらにして簡単にお花見を楽しむことができます。ぜひ機会があったらお花見巡りをしてみてくださいね。




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者