自然の神秘を感じよう!山口で訪れたい鍾乳洞洞窟5選

日本の鍾乳洞といえば誰もが知っている秋芳洞が有名ですが、山口県には秋芳洞をはじめとして個性豊かな鍾乳洞、洞窟が点在しています。そのなかから特におすすめの5選をご紹介します。

秋芳洞

秋芳洞
photo by seiji_k_70   /   embedded from Instagram

美祢市秋吉台国定公園にある秋芳洞は、全長8.8kmの日本最大にして国の特別天然記念物に指定された国内でも最も有名な鍾乳洞です。洞内の空間も高さ30メートル幅100メートルもあり、いちばん広い部分は幅200メートルにもなります。その造形もさることながら、豊富な洞窟生物が生息していることでも知られています。6種類の蝙蝠や眼の退化した昆虫類、水生棲貝類などが現在も見ることができます。秋芳洞という名前は、大正15年に当時の昭和天皇が皇太子時代に訪れた際につけられた名称です。

■基本情報
施設名:秋芳洞
住所:山口県美祢市秋芳町秋吉秋吉台
TEL:0837-62-0018
営業時間:3~11月 8:30~17:30 ・ 8:30~16:30 12~2月
定休日:
アクセス:JR山陽本線新山口駅からバスで45分

HP:http://www2.city.mine.lg.jp/www/contents/1319256703109/index.html
地図:「秋芳洞」への地図

岩屋観音窟

岩屋観音窟
photo by daimaou28131   /   embedded from Instagram

岩屋観音窟は、その昔唐から戻った弘法大師が楠の古木に観音像を掘り安置したと言われる洞窟です。洞窟自体は奥行きも11m、幅2m程でさほど広くはないですが、鍾乳石はよく発達したものとなっています。またこの木製観音像が一千年もの長い年月のもとに奇跡的に石仏となったと看板には記載されています。昭和9年には学術的な価値も認められ、天然記念物に指定されました。

■基本情報
施設名:岩屋観音窟
住所:山口県岩国市美川町根笠 護聖寺の隣
TEL:0827-76-0211
アクセス:錦川清流線根笠駅からバスで9分

HP:http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/15565
地図:「岩屋観音窟」への地図

景清洞

景清洞
photo by hide_chin_dou_chu   /   embedded from Instagram

景清堂は、秋吉台国定公園の洞窟群のひとつです。洞窟の長さは約1.5km、秋芳洞に比べればこじんまりとした洞窟です。ここは、壇ノ浦合戦で敗れた平氏の武将、平景清が長らく潜んだと言い伝えのある洞窟です。景清にちなんだ名前の名所もあちこちに見られます。入洞して最初の700mまでは照明もあり整備されていますが、その奥の冒険コースでは、灯りもなく足場も整備していないのでヘッドライト、ヘルメットと長靴を装備して進みます。かがんで通る狭い場所もありアドベンチャー体験ができますよ。

■基本情報
施設名:景清洞
住所:山口県美祢市美東町赤3108
TEL:08396-2-2201
営業時間:8:30~17:15(受付16:30まで)
定休日:無休
アクセス:中国自動車道「美祢東JCT」経由小郡萩道路「絵堂IC」から車で5分

HP:https://karusuto.com/spot/kagekiyodo/
地図:「景清洞」への地図

大正洞

大正洞
photo by ru_chiko   /   embedded from Instagram

秋吉台国定公園の東北端に位置する大正洞は、竪穴式の洞窟で立体的な石灰洞窟で国の天然記念物に指定されています。大昔、戦乱や内乱の際、牛を奪われることを恐れた村人たちが牛をこの洞内に隠したとの言い伝えがあり、古くは「牛隠しの洞」と呼ばれていました。洞内はひんやりと薄暗く、地底冒険の気分が味わえます。また洞内では、国内初のマグシーバー(携帯型説明機器)を導入し、音声や音楽で楽しみながら洞窟を廻ることができます。

■基本情報
施設名:大正洞
住所:山口県美祢市美東町赤2666−1
TEL:08396-2-0605
営業時間:8:30~16:30
アクセス:JR山陽本線新山口駅からバスで60分 JR山陰本線萩駅からバスで60分

HP:http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/14557
地図:「大正洞」への地図

中尾洞

中尾洞
photo by ken.hammer   /   embedded from Instagram

ここ中尾洞は、秋吉台国定公園の西北端に位置する洞窟で秋吉台を代表する鍾乳洞です。全長600mに及び五層構造となっており、長い間、一般には公開されていなかったために発見当時そのままで保存されているため、鍾乳石や石筍は成長を続けており洞内の景観は秋芳洞以上とも言われています。また洞内の生物や植物も種類が多く残されています。見学は要連絡となりますので事前にお問い合わせください。

■基本情報
施設名:中尾洞
住所:山口県美祢市秋芳町青景
TEL:0837-62-0305
アクセス:JR山陽本線新山口駅からバスで40分

HP:http://www2.city.mine.lg.jp/www/contents/1319256262984/index.html
地図:「中尾洞」への地図

まとめ

特別天然記念物の秋芳洞をはじめ、天然記念物級の鍾乳洞がたくさんある山口県。毎年地上は焼けるような猛暑が続いていますが、地底は常に17℃ほどの一定温度で涼を求めて訪れる方も増え年々人気が高まっています。涼しさだけじゃなく自然が長い時間をかけて作り上げた神秘的な地底の造形はなかなか見れるものではありません。山口県に行かれたらぜひ神秘のアドベンチャーを堪能してみてはいかがでしょうか。まだまだ残暑厳しい季節、観光は鍾乳洞で決まりですね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事