美しい名所を巡ろう!旭川でおすすめの観光スポットランキングTOP10!

北海道では札幌市に次いで人口の多い旭川市。今では都市部も広がってきていますが、とはいえ自然も多く残っており、見どころもいっぱいの素晴らしい観光地です。美瑛や富良野、大雪山などへの起点にもなっています。今回は、定番から穴場まで、そんな旭川を中心におすすめの人気スポットをまとめてご紹介してまいります。ぜひ次の旅行の計画の参考にしてみてくださいね。


[sponsored link]

1. 旭川の定番中の定番!「旭山動物園」

1. 旭川の定番中の定番!「旭山動物園」

旭川で一番人気の観光スポットと言えばココ、「旭山動物園」。動物本来の姿が見られる「行動展示」と呼ばれる展示方法が、その人気の秘密です。キリンやライオン、ホッキョクグマにペンギンなど陸上の動物から海の動物まで、さまざまな動物たちがここで生活しています。

水中トンネルをくぐり自由に泳ぎ回るペンギンやアザラシ、ダイナミックに水中にジャンプするホッキョクグマ、高さ3.5mにかかるつり橋を渡るレッサーパンダや高さ17mの塔を渡るオランウータンなど、いろんな角度から動物たちを観察できるのは魅力ですよね!

園内を効率的にまわるには「もぐもぐタイム」と呼ばれるエサの時間をチェックしておくこと。動物により時間帯が違うので、入園前にHPなどを見ておくと便利。当然私たち人間もお腹が空いてきますよね。園内には食堂や売店がありますが、休日のお昼時は混雑します。ランチタイムを前後に少しずらすのがオススメですよ!大人気スポットです。

■基本情報
名称:旭山動物園
住所:北海道旭川市東旭川町倉沼
電話番号:0166-36-1104
営業時間:9:30~17:15
※夏期・冬期・イベント開催などにより異なります
HP:http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/
地図:「旭山動物園」への地図

2. マイナス15℃の世界が広がる「雪の美術館」

2. マイナス15℃の世界が広がる「雪の美術館」
photo by nijilin   /   embedded from Instagram

北海道の冬は、日本を代表する雪景色が見れます。とはいえ、季節が冬でなければその風景も楽しめないですよね。また、タイミングが合ったからこそ見れた景色もあると思います。「北海道の雪景色が見たい」、そんな時は雪をイメージしたこちらの美術館を訪れてみてはどうでしょうか?館内に入るとまず、雪の結晶を模した六角形の螺旋階段を地下18mまで下りていきます。

最初に見えてくる展示物は「氷の回廊」で、60mに及ぶ通路の両側にあるガラスの向こうには氷柱があるマイナス15℃の世界が広がっています。そして、メインともいえる「スノークリスタルルーム」へ。本物の雪結晶の写真約200枚を展示しており、それはまるでステンドグラスのような美しさです。また、ドレスを着て館内で記念写真を撮れる「お姫様体験」と呼ばれるサービスも人気の理由です。せっかくなら、館内の至る所にある雪の結晶のモチーフを探しながら鑑賞しましょう。ぜひ行ってみては?

■基本情報
名称:雪の美術館
住所:北海道旭川市南が丘3-1-1
電話番号:0166-73-7017
営業時間:9:00~17:00
休館日:12月30日~1月4日
HP:http://yukibi.marryblossom.com/
地図:「雪の美術館」への地図

3. 北海道ガーデンの代表格でもある「上野ファーム」

3. 北海道ガーデンの代表格でもある「上野ファーム」
photo by maedango_3   /   embedded from Instagram

こちらの「上野ファーム」がお米の個人販売を始めた1989年。農場に来るお客さんのために、田んぼのあぜ道や農道わきにルピナスやカモミールなどを植えました。その後石畳を作りさまざまな花を植えたことが上野ファームの始まりで、園内の「マザーズガーデン」に残されています。北海道の気候や風土で育つ植物で、北海道でしか表現できない庭造りを行う「北海道ガーデン」の代表格になっています。

900種にも及ぶ季節の植物が楽しめ綺麗に整備されたガーデンは、ゆっくり散策するのにピッタリ。ところどころにベンチもあり、休憩しながら素敵な写真も撮れそうです。散策後は、築65年以上前の納屋を改造して造られたカフェがおすすめです。カレーやガレットなど、北海道の食材を使った食事やスイーツが味わえます。カフェはガーデン公開期間後も営業していますので、ドライブ途中の立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:上野ファーム
住所:北海道旭川市永山町16-186
電話番号:0166-47-8741
HP:http://www.uenofarm.net/
地図:「上野ファーム」への地図

4. 国内唯一アイスドームが見学できる「高砂酒造株式会社」

4. 国内唯一アイスドームが見学できる「高砂酒造株式会社」
photo by memoirem   /   embedded from Instagram

「高砂酒造株式会社」は、1899年創業の北海道を代表する酒造メーカーです。道民はもとより、全国にファンを持っています。1909年に建てられた明治酒蔵は、歴史的価値も高いことから1997年からは見学できるよう開放されています。高砂酒造の代表的なブランド「国士無双」の製造工程を見学することができ、冬の間のみ国内唯一のアイスドームも見ることができます。

アイスドームとは、吊るした酒袋に圧力をかけず、一滴一滴落ちるのを待って作る雪氷室搾りを行う場所のこと。大吟醸の「一夜雫」が代表的なブランドです。直売店では「国士無双」をはじめ、季節限定酒や蔵元限定酒などを扱っています。Tシャツや前掛けなど、ちょっと変わったオリジナルグッズも置いているので、お土産に購入するのもいいかも知れませんね!足を運ぶ価値ありですよ。

■基本情報
名称:高砂酒造株式会社
住所:北海道旭川市宮下通17
電話番号:0166-23-2251
営業時間:9:00~17:30
※工場見学は10:00・15:00
定休日:土・日曜日、祝日
HP:http://www.takasagoshuzo.com/
地図:「高砂酒造株式会社」への地図

5. 本格的な乗馬が体験できる「クラークホースガーデン」

5. 本格的な乗馬が体験できる「クラークホースガーデン」
photo by shusakuonozuka   /   embedded from Instagram

古き良きオールドアメリカンの雰囲気が漂う場所で、本格的なウエスタンスタイルの乗馬はいかがですか?こちらでは、初心者でも参加が可能で、子供も体験できるコースもあります。そして実はココ、夏だけでなく冬でも乗馬体験ができるんです!美しい緑の中馬に乗って駆け抜けるのも気持ちがいいですが、真っ白な大地を馬に乗って、いつもより高い目線から眺めてみませんか?こちらも美しい景色が楽しめ、きっと今まで知らなかった世界が広がりますよ!

牧場内にはカフェもあり、ウェスタン&カントリーミュージックが流れていてとてもいい感じです。そんな音楽を聴きながら、店主自慢のカレーやハンバーグ・ピザなどを味わいましょう。また、2月7日~13日まで行われる「旭川雪まつり」の会場でも引き馬体験ができるそうです。期間中に旭川に滞在予定であれば、ぜひお出かけください!

■基本情報
名称:クラークホースガーデン
住所:北海道旭川市東旭川町桜岡160-4
電話番号:0166-36-5963
定休日:年中無休
HP:http://clark-horse.sakura.ne.jp/
地図:「クラークホースガーデン」への地図

[sponsored link]

6. 10分間素晴らしい山の景色を味わえる「旭岳ロープウェイ」

6. 10分間素晴らしい山の景色を味わえる「旭岳ロープウェイ」

標高2000m級の山々からなる大雪山は国立公園に指定され、最高峰は標高2291mの「旭岳」。この旭岳ロープウェイは、その山麓・標高1100mから5合目の姿見駅・標高1600mを約10分で結んでいます。高山植物の宝庫で、夏になると山頂付近では360種以上の花々が咲くお花畑が広がります。また、まだ雪の残る時期の6月中旬頃から大雪山固有の高山植物が咲き始めます。

多種多様な動物も棲息していて、ヒグマやキタキツネ・エゾシマリスなどの哺乳類やクマゲラ・シマフクロウ・オジロワシなどの鳥類も見られます。一年を通じてその雄大な姿や自然を感じることができる旭岳ですが、特にオススメなのが、10月頃の紅葉の時期。特に姿見駅周辺は日本で一番早く紅葉が始まり、9月上旬から中旬に見ごろを迎えます。素晴らしい山の景色をロープウェイから眺めてみませんか?一見の価値ありですよ!

■基本情報
名称:旭岳ロープウェイ
住所:北海道上川郡東川町旭岳温泉(ワカサリゾート)
電話番号:0166-68-9111
営業時間:シーズンにより異なる
定休日:年中無休
HP:http://wakasaresort.com/
地図:「旭岳ロープウェイ」への地図

7. 300種8万株の広大なガーデンを無料で楽しめる「あさひかわ北彩都ガーデン」

7. 300種8万株の広大なガーデンを無料で楽しめる「あさひかわ北彩都ガーデン」
photo by happy_mimi   /   embedded from Instagram

こちらはJR旭川駅に直結した広大なガーデン。街中にある珍しいロケーションで、約12haの広さを誇っています。このエリアに300種8万株を植栽し、旭川ならではの自然を感じることができます。旭川の伝統工芸品「優佳良織」をヒントにデザインされた「川のボーダー花壇」では、5~9月にかけて50種6500株の宿根草が、「グラスガーデン」ではカワラナデシコやエゾミソハギが雄大な忠別川の河川敷遊歩道沿いに見られます。

他にも5月にはスイセン・9月にはハギが満開になる「水路メドウ」、晩夏から秋にかけて楽しめる11種類のムクゲのある散歩道「歩北穂の路」など、見どころがたくさんあります。花に詳しくなくても、遊歩道を歩くだけで気分転換になるかも。しかも無料で楽しめるのも嬉しいです。JR旭川駅に直結だから、電車を待つ間や移動の途中にふらっと立ち寄ってみることができる、おすすめのスポットです!

■基本情報
名称:あさひかわ北彩都ガーデン
住所:北海道旭川市宮前2条1-3
電話番号:0166-74-5966
地図:「あさひかわ北彩都ガーデン」への地図

8. 古きから受け継がれる伝統のお祭り「層雲峡温泉氷瀑まつり」

8. 古きから受け継がれる伝統のお祭り「層雲峡温泉氷瀑まつり」

層雲峡温泉は、旭川周辺の観光拠点に便利な場所として人気ですよね。その層雲峡温泉では、1月25日~3月20日には冬のメインイベント「氷瀑まつり」が開催されます。石狩川の河川敷約1万㎡の会場に、大小の氷像30基ほどが並びます。神社や展望台・滑り台なども氷で作られ、夜には7色の光でライトアップされます。また、3月5日までは毎日花火が打ち上げられ、ライトアップとともに幻想的な氷の世界を体感できます。

会場内には地元・高砂酒造の日本酒や、限定ドリンクを楽しめる「北の氷酒場」、氷で作られた神玉にお賽銭が貼り付くと恋愛・金運・受験合格などにご利益がある「氷瀑神社」、大人も子供も楽しめるゴムチューブを使った「氷の滑り台」などもあります。層雲峡温泉対象施設の宿泊者限定で旭川空港発着・札幌駅発着のシャトルバスもあるのは嬉しいですよね!ぜひ期間中に層雲峡温泉に泊まって、防寒対策を万全にして、イベントに出かけてみてくださいね!

■基本情報
名称:層雲峡温泉氷瀑まつり
住所:北海道上川郡上川町層雲峡
電話番号:0165-85-3191(氷瀑まつり会場)
開催時間:10:00~22:00
HP:http://www.sounkyo.net/
地図:「層雲峡温泉氷瀑まつり」への地図

9. 様々な旭川ラーメンの店が立ち並ぶ「あさひかわラーメン村」

9. 様々な旭川ラーメンの店が立ち並ぶ「あさひかわラーメン村」
photo by magical_crystal   /   embedded from Instagram

世界中で大人気の「ラーメン」ですが、北海道のラーメンといえば「札幌の味噌」「函館の塩」と共に、「旭川の醤油」が有名です!昭和初期にルーツを持つ旭川ラーメンは、寒い冬でも最後まで温かさを保つよう表面に油を浮かせ、とんこつと魚介を合わせた醤油味がベースになっています。1996年に生まれた「あさひかわラーメン村」は様々な旭川ラーメンのお店が入っています。

1947年創業の老舗で化学調味料を一切使わない「青葉」や、厳選した材料を使い、チャーシューが絶品の「いってつ庵まつ田」・すね骨の豚骨スープに絶対の自信を持つ「いし田」・豚骨と鶏ガラだけを2日間じっくり煮込んで作るスープが自慢の「天金」・今や全国区の超人気店で旭川に本店を持つ「山頭火」・縮れ麵が自家製豚骨スープによく絡むラーメンを提供する「工房加藤」・特注の中細縮れ麺と動物系魚介系のWスープがベストマッチのラーメンがいただける「梅光軒」が集結。どこに入るか悩むところからが楽しい、そんなラーメン村へぜひお出かけください。

■基本情報
名称:あさひかわラーメン村
住所:北海道旭川市永山11条4-119-48
電話番号:0166-48-2153
営業時間:11:00~20:00
HP:http://www.ramenmura.com/
地図:「あさひかわラーメン村」への地図

10. マイナス41℃が体験できる「北海道アイスパビリオン」

10. マイナス41℃が体験できる「北海道アイスパビリオン」
photo by rikakope0000   /   embedded from Instagram

「北海道アイスパビリオン」一年を通して寒さを体験できる施設です。ここのメインとなっている「アイスホール」では、マイナス20℃の世界を体験することができます!氷壁600㎡・氷量1000トンの氷柱群は、25年の歳月をかけて制作されました。無料で防寒着をレンタルしているので、しっかり防寒対策をしていざ出発!幻想的な氷の世界が広がるアイストンネルをくぐり、マイナス41℃の体験コーナーへ。

実は旭川は1902年に日本一の寒さを記録した場所で、その時の気温がマイナス41℃!ここでは約10秒間の体験ですが、果たして耐えられるでしょうか?他にも、流氷の天使と呼ばれるクリオネの展示やユニークなトイレが並ぶトイレ美術館などもあります。マイナス20℃はあらゆるものが凍ってしまうので、バナナでクギを打つなんてことも体験できます。夏の暑い時期にヒンヤリしたいなんて思ったら、予想以上の寒さに驚きますよ!ぜひ訪れてみてくださいね!

■基本情報
名称:北海道アイスパビリオン
住所:北海道上川郡上川町栄町40
電話番号:0165-82-2233
営業時間:8:30~17:30
休館日:年中無休
HP:http://icepavilion.com/
地図:「北海道アイスパビリオン」への地図

旭川の素晴らしい観光名所を巡りましょう!

いかがでしたでしょうか?旭川は整備された都市部と、一方では雄大な山の景色が楽しめる場所で、とても人気の高い観光地です。様々な魅力にあふれ、美味しい食べ物も豊富に揃っています。北海道に行く際には、札幌、函館ももちろん素敵な場所ですが、ぜひ旭川も検討してみてくださいね!ここならではの楽しみを、ぜひ見つけてみてください!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



この記事に関するキーワード

同じカテゴリの人気記事




この記事の著者