贅沢な旅を演出する!石垣島で人気のおすすめホテルランキング10選!

観光やグルメ、ダイビングを目的に石垣島に来る方も多いですよね。その際に、拠点となるホテル選びは普段どうしてますか?もちろん用途によって、離島ターミナルや繁華街の近くが良い、空港への送迎があって欲しい、ダイビングに便利な立地が良いなど、考慮したい点はたくさんありますね。そこで今回は旅行の目的によってオススメのホテルをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


[sponsored link]

1. 離島巡りを楽しみたいならここのホテル!「ホテルイーストチャイナシー」

1. 離島巡りを楽しみたいならここのホテル!「ホテルイーストチャイナシー」
photo by msyk73   /   embedded from Instagram

石垣島だけじゃなく、離島巡りを楽しみたい方にオススメしたいのがコチラのホテル。離島ターミナルへも近く、繁華街へも歩いてすぐなので立地に関しては申し分なし。しかも部屋からの眺めもいいとなれば言うことなしですね。すべての客室がオーシャンビューで、バルコニーに出れば竹富島も眺められます。部屋タイプはツインが基本ですが和室もあります。

中でもぜひ泊まってほしいのが、最上階に2部屋しかないスーペリアツイン。広々としたルーフテラスにはデッキチェアが置かれ、日中は青い空と海を、夜には満天の星を楽しむことができます。朝食は和洋ビュッフェスタイル。レストランには広いオープンデッキがあるので、空と海、八重山の島々へと向かう船を見ながら食事がいただけます。

■基本情報
名称:ホテルイーストチャイナシー
住所:沖縄県石垣市美崎町2-8
電話:0980-88-1155

HP:http://www.courthotels.co.jp/
地図:「ホテルイーストチャイナシー」への地図

2. 南国リゾートの雰囲気が素敵なホテル!「フサキリゾートヴィレッジ」

2. 南国リゾートの雰囲気が素敵なホテル!「フサキリゾートヴィレッジ」
photo by 06uramichan   /   embedded from Instagram

せっかく石垣島に来たなら、南国のリゾート感が味わえる場所に泊まりたい!そんな方にオススメなのがココ!全室琉球伝統の赤瓦を使ったコテージが、南の島に来た!という感じにさせてくれます。部屋ごとに作りが違い、和室があったりメゾネットになっているコテージもあります。また「ウェルカムベビー認定ルーム」は、ミキハウス子育て総研株式会社が認定した「ウェルカムベビーのお宿」対象の部屋で、小さな子供が一緒でも安心して滞在できるように様々な配慮がされています。

コテージの他にも、2016年にオープンしたホテルタイプの「ガーデンテラス」があり、全室に琉球畳のリビングスペースを設けています。敷地内にはたくさんの植物があり、南国らしいカラフルな花々も見られるのも◯。敷地内の散策も楽しいホテルです。南国暮らしを味わってみませんか?

■基本情報
名称:フサキリゾートヴィレッジ
住所:沖縄県石垣市新川1625
電話:0980-88-7000

地図:「フサキリゾートヴィレッジ」への地図

3. 家族みんなで石垣島を満喫したいならここ!「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」

3. 家族みんなで石垣島を満喫したいならここ!「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」
photo by e.t.0306   /   embedded from Instagram

初めての石垣島、小さな子供のいるファミリーで。そんなシチュエーションの旅なら、こちらのホテルがベスト。キッズクラブがあり、貝殻やサンゴを使った工作や紙粘土でシーサーを作ったりと、様々な体験ができます。海の観察やビーチ・プールで泳ぐ体験もありますよ。4月~10月には、トランポリンやシーソーなどのアスレチックが海で体験できる「マエサトオーシャンパーク」がマエサトビーチに出現。

もちろん大人も楽しめます。他にもクリアカヤックやペダルボート・シュノーケルツアー・星空ツアーなども開催され、滞在中は飽きることなく毎日過ごせます。客室は、帆船をイメージした外観が特徴のタワーウィングと、ワンランク上の滞在を約束してくれるコーラルウィングの2タイプ。どちらも広めの客室とベッドで、日中に思いっきり遊んで帰ってきてもぐっすりと休めそう。子供の笑顔がたくさん見られるホテルです。

■基本情報
名称:ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
住所:沖縄県石垣市真栄里354-1
電話:0980-88-7111

HP:https://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/
地図:「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」への地図

4. 値段重視でも楽しく滞在したいならこちら!「ゲストハウス ちゅらククル石垣島」

4. 値段重視でも楽しく滞在したいならこちら!「ゲストハウス ちゅらククル石垣島」
photo by chura_cucule   /   embedded from Instagram

のんびり一人旅、女子旅、島めぐりを中心に、できるだけ安く、そんな方はゲストハウスはいかがですか?名前の「ちゅらククル」とは島の言葉で、「ちゅら」が美しい、「ククル」は心を意味しています。客室や家具・歓談スペースに至るまで、すべてハンドメイド。短期間・低コストで宿泊施設を作るプロジェクトが高く評価され、グッドデザイン賞2016を受賞しています。館内のどこにいても温かみがあり、どこかホッとする安心感も与えてくれます。

客室は、個室・秘密基地のようなBOXタイプ、家族でも利用できるグループタイプがあります。シャワー室・コインランドリーもあり、ロングステイも問題なし。漫画1000冊も揃うライブラリーやゆんたくスペースがあり、一日のんびり過ごすこともできます。あまりに居心地がよくて、滞在を延ばしたくなるかもしれませんよ。

■基本情報
名称:ゲストハウス ちゅらククル石垣島
住所:沖縄県石垣市新川23
電話:0980-87-5558

HP:http://chura-cucule.jp/
地図:「ゲストハウス ちゅらククル石垣島」への地図

5. マリンアクティビティを思いっきり楽しみたいなら「石垣リゾート グランヴィリオホテル」

5. マリンアクティビティを思いっきり楽しみたいなら「石垣リゾート グランヴィリオホテル」
photo by grandvrioresort_ishigaki   /   embedded from Instagram

石垣島では海を満喫したい、そんな方にはこちらがオススメ。ホテルの目の前にあるビーチでは、シュノーケルのレンタルを始め、バナナボートやスケルトンシーカヤック・ウェイクボードなど18種以上のアクティビティが体験できます。初心者向けのものも多く、子供も参加できるメニューもあるのでファミリーにもピッタリ。たっぷりと海で遊んだあとは、大浴場「華のゆ」で体を温めましょう。海を眺めながら入れる露天風呂もあります。

客室が200を超える大きなホテルで、部屋タイプはツインを中心に、ダブル・ファミリールームもあります。食事も充実。バイキングや沖縄料理がいただけるレストランもありますが、ぜひ石垣牛の焼肉が味わえる「琉華」へ。ランチ・ディナーに利用でき、焼肉以外にもステーキやアグー豚などメニューも豊富。マリンスポーツ・食事をメインにしたいなら、こちらがイチオシです。

■基本情報
名称:石垣リゾート グランヴィリオホテル
住所:沖縄県石垣市新川舟蔵2481-1
電話:0980-88-0030

HP:https://www.route-inn.co.jp/
地図:「石垣リゾート グランヴィリオホテル」への地図

6. ロングステイで石垣島を満喫したいなら「ホテルロイヤルマリンパレス石垣島」

6. ロングステイで石垣島を満喫したいなら「ホテルロイヤルマリンパレス石垣島」
photo by r_nana_s   /   embedded from Instagram

石垣島では長く滞在して、島の暮らしを楽しみたい。そんな方にはココがピッタリ。コンドミニアムでありながら、ホテルのような快適さ。全室オーシャンビューなので、部屋からの眺めもバッチリ!しかも、どの部屋も51~80㎡という広さなので、部屋で一日過ごしたい時でもゆったりとした気分でいられます。食事は朝食のみですが、ビュッフェスタイルレストランがあります。朝食には嬉しい焼きたてパンや、沖縄の食材をふんだんに使ったメニューが並びますよ。

またレストランを楽しむのもいいですが、なんと部屋にはキッチンが付いているので、島の市場で食材を揃えて料理を楽しむことも可能です。調理器具や食器類もレンタルできます。食事に出かけるなら、滞在中無料のレンタルサイクルが便利。駐車場も無料で利用できるので、レンタカーを借りてもお得ですね!石垣島のロングステイなら、使い勝手のいいこちらのホテルが断然オススメです!

■基本情報
名称:ホテルロイヤルマリンパレス石垣島
住所:沖縄県石垣市字新川2459-1
電話:0980-84-3102

HP:http://www.royalmarinepalace.com/
地図:「ホテルロイヤルマリンパレス石垣島」への地図

7. 静かな場所でのんびりと景色を楽しみたいなら「ペンション スリーハート」

7. 静かな場所でのんびりと景色を楽しみたいなら「ペンション スリーハート」
photo by tomoyosako   /   embedded from Instagram

南の島では静かに過ごしたい。そんな休日なら「ペンション スリーハート」はいかがでしょうか?街の中心部からは少し離れた小高い丘に建つペンション。客室はツインと洋室の2タイプ。各部屋のバルコニーからは、180度のパノラマオーシャンビューが望めます。遠くに竹富島や小浜島・西表島などの島々が見え、特にサンセットタイムの美しさは思わず息を飲むほど。晴れた夜には満天の星も楽しめます。貸切ができる展望風呂からも海が一望できますよ。食事は朝食のみ可能で、ウッドデッキのテラス席で景色を見ながら食事をいただくことも。

また敷地内の広いガーデンスペースには、ブーゲンビリアやハイビスカス・プルメリアなど、南国らしいカラフルな花や、パパイヤ・島バナナの木などの植物が植えられています。ちょっとした散歩も楽しくなりますね。またゴルフアプローチの練習場もあるので、ゴルフ好きなら試してみる価値アリでは?

■基本情報
名称:ペンション スリーハート
住所:沖縄県石垣市新川1577-3
電話:0980-83-1509

HP:http://three-heart.net/
地図:「ペンション スリーハート」への地図

8. ダイビングをガッツリ楽しむなら「ベッセルホテル石垣島」

8. ダイビングをガッツリ楽しむなら「ベッセルホテル石垣島」
photo by chizuru067   /   embedded from Instagram

石垣島ではダイビング三昧で過ごしたい!そんな方にはこちらがベスト!ウェットスーツや機材など、ダイビングにはさまざまな用具が必要ですよね。このホテルなら、その保管や手入れをするのに便利な設備が整っています。機材の洗い場や鍵付きのダイビングロッカー、タオルの無料貸し出しなど、ダイバーには嬉しいですよね。でもダイバーだけがお得ではありません!18歳以下の添い寝が無料だったり、チャンプルーやゆし豆腐などの沖縄料理も並ぶ和洋朝食ビュッフェも無料なんです!

また全室とも幅150cmのクイーンサイズベッドを使用し、空気清浄機も完備と至れり尽くせり。一般的なビジネスホテルと比べても、部屋の広さは1.5倍。疲れて帰ってきても、広めの部屋とベッドでゆっくり休めますね。離島桟橋や繁華街も徒歩圏内なので、離島めぐりや食事の面でも問題なし。ここまで揃っているホテルは他にありませんよ!

■基本情報
名称:ベッセルホテル石垣島
住所:沖縄県石垣市浜崎町1-2-7
電話:0980-88-0101

HP:http://www.vessel-hotel.jp/
地図:「ベッセルホテル石垣島」への地図

9. グルメもビーチも楽しみたい欲張りな方なら「石垣シーサイドホテル」

9. グルメもビーチも楽しみたい欲張りな方なら「石垣シーサイドホテル」
photo by nepio100   /   embedded from Instagram

こちらのホテルには、「とぅもーる館」「てぃーだ館」のオーシャンビューが中心となるホテルタイプと、ポリネシア風のかやぶき屋根が特徴的なコテージ「かびらビレッジ」があります。特に「かびらビレッジ」は一棟一室のコテージタイプで、テラスに置かれたジャグジーバスは開放的な気分で楽しめます。朝・昼・夕食に使えるレストランでは、沖縄の食材を使ったメニューがたくさんあルノが特徴です。また、夏にはガーデンレストランがオープン。プールサイドでBBQができますよ。

また、目の前のビーチではジェットクルーズやバナナボートなどのマリンアクティビティも楽しめます。ビーチチェアやパラソルをレンタルして、海でのんびり読書をするなんてこともできますよ。石垣島ではとにかく海を楽しみたい、グルメもハズしたくない!そんな方はぜひこのホテルへどうぞ。

■基本情報
名称:石垣シーサイドホテル
住所:沖縄県石垣市川平154-12
電話:0980-88-2421

HP:http://www.ishigaki-seasidehotel.com/
地図:「石垣シーサイドホテル」への地図

10. 究極のリラックスタイムを過ごせる「nico-stay」

10. 究極のリラックスタイムを過ごせる「nico-stay」
photo by machilu_felt   /   embedded from Instagram

何もしないバカンスを過ごすために石垣島へ。そんなゆっくり旅がお好みなら、こちらのホテルへぜひどうぞ。石垣島でもトップクラスの観光地・川平湾を見渡す丘の上に建てられた、たった2部屋だけのB&Bスタイルのホテル。客室は天井の高さが最高3mもあるのでとても開放的で、自然素材を使用したリラックスできるお部屋です。家具や棚・床などは無垢材で手作りされ、1Fのアウトドアスペースにはハンモックまであります。どちらの部屋からも川平湾・東シナ海が見渡せ、何もせずのんびり過ごした方にはピッタリ。食事は朝食のみ対応可能です。

また、市街地や川平湾・食事処などは歩いていける距離にないので、レンタカーがあると便利ですよ。忙しい生活から自分を解放したい、このホテルはそんな休日の過ごし方が似合います。

■基本情報
名称;nico-stay
住所:沖縄県石垣市川平1218-464
電話:0980-84-4633

HP:https://www.nico-stay.com/
地図:「nico-stay」への地図

南の島石垣島で泊まろう!

いかがでしょうか?魅力たっぷりの島、石垣島へはさまざまな目的を持った人が訪れます。そんな石垣島には、誰と行くか、そして何が目的かでホテル選びは変わってきます。自分に合ったホテルが見つかれば、楽しさは倍増しますよね。自分らしいスタイルで過ごす、そんなホテルが見つかるといいですね。ぜひ、この記事を参考にしてあなたに合ったホテルを探してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



同じカテゴリの人気記事




この記事の著者