ココだけは外せない!湯布院で人気のおすすめ観光スポットランキング10選!

言わずと知れた、大分でも有名な温泉地・湯布院。温泉の素晴らしさはもちろん、街歩きの楽しい場所として何度も訪れるリピーターもいます。雑貨やお土産物屋・飲食店が並ぶ湯の坪街道は、歩いているだけで時間を忘れてしまうほど。でも、湯の坪街道だけが由布院ではありません。そこで、ド定番から穴場まで、由布院に来たら絶対に行っておきたい場所をご紹介します。新しい「湯布院の魅力」を知る旅に出かけませんか?


1. 美しい自然の世界へ。「金鱗湖」

1. 美しい自然の世界へ。「金鱗湖」

由布院を代表する観光スポットで。湖底からは温泉と共に清水が湧き出ていて、一年を通して水温は高め。湖に棲む魚の鱗が、夕日に照らされてキラキラと輝く姿を見た儒学者・毛利空桑(もうりくうそう)が名付けたと言われます。

秋から冬にかけて、早朝に見られる霧に包まれた金鱗湖はとても幻想的。一度は見ておきたい風景です。周囲400mほどで、周囲には散策路が設けられているのでお散歩に最適で、近くには天祖神社や混浴の共同浴場・下ん湯、シャガール美術館もあります。

ついついお買い物ばかりになってしまいがちな由布院散策ですが、ぜひ金鱗湖周辺では自然を思いっきり感じる時間を作りましょう。特に新緑・紅葉の時期は最高ですよ!

■基本情報
名称:金鱗湖
住所:大分県由布市湯布院町川上

HP:http://www.yufuin.gr.jp/
地図:「金鱗湖」への地図

2. まるで気分はイギリス旅行!「湯布院フローラルヴィレッジ」

2. まるで気分はイギリス旅行!「湯布院フローラルヴィレッジ」
photo by mm0shi   /   embedded from Instagram

温泉地・由布院に、ちょっと変わったアミューズメント施設が2012年にオープン。世界一美しい村と称されるイギリス・コッツウォルズ地方の街並みを再現した湯布院フローラルヴィレッジ。

一歩踏み入れると、そこは絵本に出てくるようなおとぎの町そのもの。石造りの可愛らしい建物が並び、色鮮やかな季節の花々で彩られています。絵本のピーターラビットや映画・ハリーポッターをイメージしたショップやグッズ、魔女の宅急便に登場するパン屋さんなどがあり、由布院にいるのを忘れてしまいそうな世界観が広がっています。

同じ敷地内には女性専用の素泊まりホテルがあり、宿泊者は無料で利用できる温泉もあります。女子旅なら、絶対ハズせない場所ですよ!

■基本情報
名称:湯布院フローラルヴィレッジ
住所:大分県由布市湯布院町川上1503−3
電話:0977−85−5132
営業時間:9:30~17:30

HP:http://floral-village.com/
地図:「湯布院フローラルヴィレッジ」への地図

3. 昭和時代へタイムスリップ!「昭和レトロパーク 湯布院昭和館」

3. 昭和時代へタイムスリップ!「昭和レトロパーク 湯布院昭和館」
photo by bluemoonforests   /   embedded from Instagram

由布院のメインストリート・湯の坪街道から一歩路地を入ると、昭和の時代へタイムスリップできる湯布院昭和館があります。戦後、日本が高度成長期だった昭和30年代。館内は、その当時の街並みを再現しています。

木製の机とイスが並ぶ教室や、お小遣いを握りしめて出かけた駄菓子屋。「ゆ」と大きく書かれた暖簾がかかる銭湯、家族で夕食を食べた丸テーブルのある居間。どれも懐かしく感じる年代と、その古さが斬新と感じる世代もいるかもしれません。

古い看板や家具など、一体どうやって集めたのか不思議になるほど。入口の脇にある駄菓子屋さんは、入場料を払わなくても利用できます。散策の際に、ちょっとだけ昭和の雰囲気を味わっていきませんか?

■基本情報
名称:昭和レトロパーク 湯布院昭和館
住所:大分県由布市湯布院町川上1479−1
電話:0977−85−3788
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
入場料:大人(高校生以上)¥500 / 小・中学生¥300

HP:http://www.yufuin-syowakan.jp/
地図:「昭和レトロパーク 湯布院昭和館」への地図

4. さまざまな体験ができる湯布院の観光スポット「九州湯布院民芸村」

4. さまざまな体験ができる湯布院の観光スポット「九州湯布院民芸村」
photo by simple2basic   /   embedded from Instagram

村内に入ると、重厚な古い建物が並んでいます。九州各地から集められ移築・復元した大庄屋屋敷や郵便資料館・水車小屋・明治時代の酒蔵などがあり、郷土の民芸品や伝統工芸品などを展示しています。

また、藍染めや陶芸の体験も可能なので、由布院に来た記念にオリジナルの作品を作ってみるのもいいですね。手すき和紙や民芸ガラスの工房、独楽作りの実演なども見学できます。

地元の食材をふんだんに使った料理がいただける食事処や喫茶スペースもあるので、観光途中の休憩にもオススメ。ショップ「味工房」では、業界初のノンオイルの『かぼすドレッシング』『ゆずドレッシング』を販売。民芸村でイチバン人気とのことなので、お土産にぜひ購入していきましょう!

■基本情報
名称:九州湯布院民芸村
住所:大分県由布市湯布院町湯の坪1542−1
電話:0977−85−2288
営業時間(平日):8:30~17:00
営業時間(土日):8:30~17:30 ※最終入場は閉館30分前
定休日:年中無休
入場料:民芸村 大人¥650 / 中・高校生¥370 / 小学生¥250 ※各種体験や古陶院は別途有料

HP:http://yufuin-mingeimura.com/
地図:「九州湯布院民芸村」への地図

5. 由布院といえば温泉が定番!時間がない人には「日帰り温泉」

5. 由布院といえば温泉が定番!時間がない人には「日帰り温泉」
photo by minnycsrn   /   embedded from Instagram

由布院に来たのに温泉に入らないのは有り得ない!でも時間がないから宿泊できない。そんな方には、日帰りの立ち寄り湯がオススメ。

宿によって源泉の温度や色・泉質が異なり、大きな露天風呂や家族湯までタイプも様々。もちろん利用料金や時間なども異なり、旅館・ホテル・民宿・ユースホステルなどは100か所以上もあります。

その中から、大きな露天風呂から雄大な由布岳を眺めることができる「山のホテル 夢想園」をご紹介します。このホテルの露天風呂は、何と言ってもその大きさが圧巻!男性専用露天風呂『御夢想の湯』は広さ約100畳分、女性専用露天風呂『空海の湯』は150畳以上と言われています。

天気に恵まれれば、美しい由布岳が一望。散策でたくさん歩いた後は、手足を思いっきり伸ばして極楽気分で浸かりましょう!

■基本情報
名称:山のホテル 夢想園
住所:大分県由布市湯布院町川南1243
電話:0977−84−2171
営業時間:日帰り温泉受付10:00~15:00 ※入浴は15:30まで
利用料金:大人(中学生以上)¥700 / 子供(5歳~12歳)

HP:http://www.musouen.co.jp/
地図:「山のホテル 夢想園」への地図

 
こちらも合わせてどうぞ:
→おんせん県で楽しむ!大分で行くべき人気のおすすめ温泉施設ランキング10選!

→温泉と一緒に名物を楽しむ!別府で人気のおすすめご当地グルメランキング10選!

6. 美しいステンドガラスに心奪われる「湯布院ステンドグラス美術館」

6. 美しいステンドガラスに心奪われる「湯布院ステンドグラス美術館」
photo by kieyonn   /   embedded from Instagram

1996年にオープンしたステンドグラス専門の美術館で、1800年代からのヨーロッパのアンティークステンドグラスを展示しています。7つの展示室とショップ・ティールームがある「ニールズハウス」と、実際に挙式も行える「聖ロバート教会」の2棟で構成されています。

教会内のステンドグラスは、その厳粛な雰囲気と相まってひと際美しさが増します。挙式がある時は見学できないので、事前にHPでチェックするのがオススメ。ステンドグラスと言っても時代や地域によって違うため、内装・インテリアも展示室によりテーマや歴史を背景に趣が異なるように作られています。

主にイギリスやドイツ・フランスなどのヨーロッパのものを中心に、エミール・ガレの作品なども展示しています。鏡やフォトフレームなど、ステンドグラス体験も可能なので、時間があればぜひどうぞ!

■基本情報
名称:湯布院ステンドグラス美術館
住所:大分県由布市湯布院町川上2461−3
電話:0977−84−5575
営業時間:9:00~18:00 ※入館は17:30まで
定休日:年中無休
入館料:大人(高校生以上)¥1000 / 子供(小・中学生)¥500

HP:http://www.yufuin-sg-museum.jp/
地図:「湯布院ステンドグラス美術館」への地図

7. 由布岳を一望できる絶景スポット!「蛇越展望所」

7. 由布岳を一望できる絶景スポット!「蛇越展望所」
photo by saltz3alley   /   embedded from Instagram

由布院のシンボル・由布岳。街を歩いていると、その雄大な姿はどこからでも見ることができます。でも、なかなか由布岳と街並みを写真に収めるスポットが見当たらない、なんてことありませんか?

それならJR由布院駅から車で15分ほどの「蛇越展望所」へ行ってみましょう。ここは由布岳と由布院盆地を一望できる絶景ポイントです。階段を登りきると、展望所からは言葉を失うほどの美しい風景が待っています。

秋から冬にかけての早朝、盆地を覆うように朝霧がかかり幻想的な景色が広がります。朝霧が見られるスポットでは狭霧台が有名ですが、「蛇越展望所」なら由布院盆地を眼下に由布岳が真正面に見られます!

山の名前を記した案内板や、東屋などがあるのでドライブでぜひ立ち寄っていきたい場所です。

■基本情報
名称:蛇越展望所
住所:大分県由布市湯布院町大字川西
電話:0977-84-3111 (湯布院振興局地域振興課地域振興係)

HP:http://www.city.yufu.oita.jp/
地図:「蛇越展望所」への地図

8. 昔ながらの街並みを楽しむことができる!「湯平温泉石畳通り」

8. 昔ながらの街並みを楽しむことができる!「湯平温泉石畳通り」
photo by yukaringooou   /   embedded from Instagram

由布院に来て、金鱗湖や湯の坪街道だけで散策を終わらせていませんか?JR由布院駅から車で25分ほど。賑やかな由布院の中心部とはガラッと変わり、昔ながらの湯治場の雰囲気が残る湯平温泉。

同じ由布市にありながら、知らない方が意外と多い場所です。開湯は800年以上前と言われ、温泉街の中央を流れる花合野川沿いに江戸時代に造られた石畳が残っています。全長300m、最大傾斜は30度。石畳通り沿いには、旅館やお土産物屋・共同浴場などが並んでいます。

日が落ちて、周りのお店や旅館に明かりが灯るころがまたイイ!カランコロンと下駄の音を響かせ、歩いてみるのも風情があります。毎年7月にはこの石畳通りの傾斜を活かした「大そうめん流し大会」が開催されます。ぜひ参加してみてくださいね!

■基本情報
名称:湯平温泉石畳通り
住所:大分県由布市湯布院町湯平356-1
電話:0977−86−2367
営業時間:10:00~17:00(湯平温泉観光案内所 ※水曜定休日)

HP:http://www.yunohira-onsen.jp/
地図:「湯平温泉石畳通り」への地図

9. 由布院の夏を彩るお祭り!「ゆふいん盆地まつり」

9. 由布院の夏を彩るお祭り!「ゆふいん盆地まつり」
photo by shogokawamura   /   embedded from Instagram

由布院では一年を通して様々なイベントが開催されます。中でも夏を代表するおまつりが、毎年8月15・16日の「ゆふいん盆地まつり」です。

15日には五穀豊穣を願い害虫を払う行事「蝗攘(こうじょう)祭」が行われ、山笠を先頭に男衆たちが笛や太鼓を演奏し、背中にわら人形を乗せた牛とともに町中を練り歩きます。「蝗攘(こうじょう)祭」の後には、約2000発もの花火が打ち上げられる納涼花火大会も行われます。周囲の沿道や川沿い、田んぼのあぜ道などに1万個もの灯籠が並び幻想天気な雰囲気に。

毎年1万人以上の観光客が訪れる、由布院の夏の夜空を彩る一大イベントです。16日は、1000人もの人が参加する盆踊り大会が行われます。夏に由布院を訪れる予定なら、見ないと損ですよ!

■基本情報
名称:ゆふいん盆地まつり
電話:0977−84−3111(湯布院振興局地域振興課)

HP:http://www.city.yufu.oita.jp/

10. 歩き疲れても大丈夫!由布院観光の「足」

10. 歩き疲れても大丈夫!由布院観光の「足」
photo by yuka197278   /   embedded from Instagram

由布院での観光の際に歩き疲れてしまって、行きたいと思っていた場所へ行けなかった。時間が足りなくて諦めた。そんな経験ありませんか?観光スポットが広範囲にわたる由布院では、自分の足以外にも移動手段を考えておくのがベスト。

代表的なものではレンタサイクル。雨や雪の際を除けば、とても便利で好きなところに気軽に出かけられます。由布院が初めてなら人力車がオススメ。景色のいい場所で車夫が記念撮影をしてくれたり、とっておきの穴場を教えてくれるかも。

小さな子供や足に自信のない方と一緒なら、クラッシックカーを改造した観光乗合バス「スカーボロ」や「観光辻馬車」はいかが?

JR由布院駅を出発し、フローラハウスや興禅院など50分ほどかけて回る「スカーボロ」、佛山寺・宇奈岐日女神社など約50分で回る「観光辻馬車」。目的地や気分に合わせて選びたいですね。由布院に到着したら、駅構内の観光案内所で相談してみましょう。

由布院をもっと知って観光を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?今回は由布院について知っておくべき10のことをご紹介しました。由布院には温泉はもちろん、イベントやおすすめの観光スポットがたくさんあります。何度も由布院に出かけていても、いつも同じ場所ではもったいない。ちょっと足を延ばしてみれば、全く違った風景に出会えるはず。今度の由布院旅行は、「いつも+新しい」を目指して旅してみませんか?




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします







同じカテゴリの人気記事


この記事の著者