高校生の名古屋観光ならココ!絶対におすすめな今話題の人気スポット10選!

愛知県の中心都市である名古屋は独自の文化が発展している街として有名です。名古屋には観光スポットはもちろんのこと、美味しいグルメやショッピングスポットはもちろん、文化遺産であるお城やお洒落な写真がとれる絶景スポットなど、是非とも友達と遊ぶに出かけるにはおすすめです。特に高校生くらいになると、定番の東京や大阪ではなく、他の人とは被らないけどお洒落なイメージの名古屋に遊びや旅行にでかけてみたいですよね。今回は高校生におすすめな名古屋の観光スポットや人気のおでかけコースを10選ご紹介します!高校生の方はぜひ読んでください!


[sponsored link]

1. エコでお洒落な名古屋のランドスケープで優雅なひと時を!「オアシス21」

1. エコでお洒落な名古屋のランドスケープで優雅なひと時を!「オアシス21」

愛知の名古屋に来る高校生におすすめしたいのが「オアシス21」です。この施設はエコとお洒落を融合した名古屋の人気スポット。ファッションからレストランまでお店が充実しているのも嬉しいポイントです。

オアシス21といえば、空中に浮かぶシンボル「水の宇宙船」が有名です。水の宇宙船はガラス製であり、上面には薄いベールのように井戸水が流れており、無数の光の波紋を描き出すのが何ともいえない美しさです。また外周には通路がありますので、高さ14メートルの空中散歩が楽しめますよ。夜にはライトアップされますので、帰り際に寄るのも良いですね。

■基本情報
店名:オアシス21
住所:愛知県名古屋市東区東桜1丁目11番1号
TEL:052-962-1011
定休日:不定休
アクセス:地下鉄東山線栄駅から直ぐ
アクセス:箕面駅より徒歩5分

HP:https://www.sakaepark.co.jp/
地図:「オアシス21」への地図

2. 名古屋観光の定番!高校生のうちに金鯱を見よう「名古屋城」

2. 名古屋観光の定番!高校生のうちに金鯱を見よう「名古屋城」

高校生のうちに一度は見ておきたいのが「名古屋城」の「金鯱(きんのしゃちほこ)」です。実は名古屋城は、名古屋の若者が集まる街である栄と名古屋駅周辺の間にあるためアクセスしやすい観光スポットなんです。是非、本物の金鯱を見てみてくださいね。

また名古屋城は街中に佇むお城ですが、並木道や緑が多いため豊かな自然を満喫することが出来ますよ。春には、桜の名所として多くの観光客が訪れるほど人気なんです。ちなみに名古屋城の最上階は展望台になっており、愛知県の中心である名古屋の街を一望出来ますので是非訪れてみてくださいね。

■基本情報
名称:名古屋城
住所:愛知県名古屋市中区本丸1-1
営業時間:9:00~16:30
入場料金:大人 500円 / 中学生以下 無料
アクセス①:名城線 市役所駅より徒歩5分
アクセス②:鶴舞線 浅間町駅より徒歩12分

HP:http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
地図:「名古屋城」への地図

3. 名古屋グルメの定番ひつまぶしは名店でいただく。「あつた蓬莱軒 本店」

3. 名古屋グルメの定番ひつまぶしは名店でいただく。「あつた蓬莱軒 本店」
photo by inoshishii   /   embedded from Instagram

高校生といえば、少しずつ食に興味が出てくるお年頃。せっかく名古屋にお出かけしに来たんですから、美味しいものを食べて帰りたいですよね。そんなグルメな高校生が名古屋に訪れた際に絶対に食べて欲しいのが「あつた蓬莱軒 本店」のひつまぶしです。明治6年創業、140年以上も名古屋の味を守り続けてきた名店です。

高校生にはちょっとお高いお値段がしますが、グルメに興味があるのであれば絶対に食べていただきたい味です。美味しそうに写真をとってSNSにアップして楽しむことも出来ますので、是非とも訪れてみたい名店です。

■基本情報
店名:あつた蓬莱軒 本店
住所:愛知県名古屋市熱田区神戸町503
TEL:052-671-8686
営業時間:11:30~14:00 / 16:30~20:30
定休日:水曜日、第2・4木曜日
アクセス:伝馬町駅から徒歩8分

HP:http://www.houraiken.com/
地図:「あつた蓬莱軒 本店」への地図

4. 公園でゴーカート?名古屋の観光スポットは一味違います!「大高緑地」

4. 公園でゴーカート?名古屋の観光スポットは一味違います!「大高緑地」
photo by cosmepico   /   embedded from Instagram

愛知県が運営する都市公園である「大高緑地」は是非とも訪れていただきたいおすすめスポットです。名前の通り、四季折々の花や草木を観賞出来るのはもちろんなのですが、この公園では何とゴーカートで遊ぶことができます。公園でゴーカートが出来るとは名古屋の公園は一味違いますね。是非とも友達と一緒に遊び出かけたい公園です。

また他にも園内施設がかなり充実しており、夏には水泳場が開園します。その他にはパターゴルフを楽しんでみたり、竹林散策路を穏やかな気分で散歩をしてみたり、スワンボートに乗って公園デートを楽しんでみたりとかなり幅が広いです。様々な遊び方が出来るので高校生にもおすすめの観光スポットです。

■基本情報
名称:大高緑地
住所:愛知県名古屋市緑区大高町字高山1-1
TEL:052-622-2281
アクセス:左京山駅から徒歩5分

HP:http://www.aichi-koen.com/
地図:「大高緑地」への地図

5. 名古屋でアメリカを感じる!お洒落な高校生におすすめな「名古屋ボストン美術館」

5. 名古屋でアメリカを感じる!お洒落な高校生におすすめな「名古屋ボストン美術館」
photo by x333es   /   embedded from Instagram

「名古屋ボストン美術館」は、かの有名なアメリカのボストン美術館の姉妹館です。何とこの美術館は自分たち自身で展示品の収集は行っておらず、基本的には全ての展示品をボストン美術館から借りています。そのため名古屋にいながら、アメリカのボストン美術館を体感することが出来ます。

ちなみにここはミュージアムショップが充実しているのもポイントです。友達に渡すお土産にぴったりなお洒落アイテムがたくさんありますよ。周囲の高校生が持っていないようなユニークなアイテムを見つけて、自分だけの個性を追求するのも良いのではないでしょうか?

■基本情報
名称:名古屋ボストン美術館
住所:愛知県名古屋市中区金山町1-1-1
TEL:052-684-0101
営業時間(平日):10:00~19:00
営業時間(休日):10:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合次の平日が休み)・年末年始
料金:大人1300円 / 高大生900円
アクセス:金山駅よりすぐ

HP:http://www.nagoya-boston.or.jp/
地図:「名古屋ボストン美術館」への地図

6. 高校生に人気のインスタ映えするカキ氷が名古屋に!「フルーツ・ブティック ゴトウ」

6. 高校生に人気のインスタ映えするカキ氷が名古屋に!「フルーツ・ブティック ゴトウ」
photo by maaanamin203   /   embedded from Instagram

高校生の皆さんはインスタを使っている方も多いのではないでしょうか?普段の写真を上げることが多い高校生も、たまにはお洒落な写真を投稿してみたいですよね。そんな時におすすめなのが「フルーツ・ブティック ゴトウ」のカキ氷です。

100%天然のフルーツジュースを使ったカキ氷がなんとワンコインから食べることが出来るということでとても人気です。ふわふわ系のカキ氷ではなく、フルーツフラッペのような口当たりが濃厚な果汁の味を引き立ててくれます。高校生でも買いやすい値段設定が嬉しいお洒落グルメを堪能してみてくださいね。

■基本情報
店名:フルーツ・ブティック ゴトウ
住所:愛知県名古屋市千種区春岡1-5-5 ゴトウ888ビル 1F
TEL:052-751-2132
営業時間:10:00~19:00
定休日:第3日曜日
アクセス:池下駅から徒歩2分

地図:「フルーツ・ブティック ゴトウ」への地図

7. お洒落に敏感な高校生は必ず訪れたいショッピングスポット!「名古屋PARCO」

7. お洒落に敏感な高校生は必ず訪れたいショッピングスポット!「名古屋PARCO」
photo by yuya0326rock   /   embedded from Instagram

高校生といえばお洒落に気にかけ始めるタイミングですよね。せっかく名古屋の街に来たのであれば、「名古屋PARCO」に立ち寄ってみてください。実は名古屋のPARCOは全国にあるPARCO系列店の中でも最大の売り場面積を誇る名古屋の若者にとっては外せないスポットなんです。

名古屋PARCOは東館、西館、南館、そしてレストランが集まっているmidiの4つのエリアに分かれているのでかなり広いのが特徴です。また東館にはファッション店だけではなく、ライブハウスや映画館も入っていますので、暇を持て余すときには映画を見て時間を潰すのも良いかもしれませんね。

■基本情報
店名:名古屋PARCO
住所:愛知県名古屋市中区栄3丁目29-1
TEL:052-264-8111
定休日:不定休
アクセス:地下鉄名城線矢場町駅から直通

HP:http://nagoya.parco.jp/
地図:「名古屋PARCO」への地図

8. 名古屋の人気観光スポットは高校生だからこそ見ておきたい!「徳川園」

8. 名古屋の人気観光スポットは高校生だからこそ見ておきたい!「徳川園」

愛知県名古屋を代表する日本庭園である「徳川園」は高校生のうちに見ておきたい絶景スポットです。園内に入ると別世界に迷い込んだのかのような感覚に陥るほどの絶景に、きっと感動することになりますよ。四季折々の絶景は何階訪れても飽きることがありませんよ。

もちろん徳川園は絶景スポットですので、お洒落に風景写真を撮ってSNSにあげるのにももってこいですね。徳川園は名古屋の中でも有数のインスタ映えする観光スポットですので、お洒落な写真を撮りたい方は是非訪れてみてください。ちなみに隣接している徳川美術館には、国宝「源氏物語絵巻」が展示されてますので併せて訪れても良いですよ。

■基本情報
名称:徳川園
住所:愛知県名古屋市東区徳川町1001
営業時間:9:30~17:30
入場料金:大人 300円 / 中学生以下 無料
アクセス①:JR中央本線 大曽根駅より徒歩10分
アクセス②:市バス 徳川園新出来停より徒歩3分

HP:http://www.tokugawaen.city.nagoya.jp/
地図:「徳川園」への地図

9. 観光してお腹が空いたら名古屋で人気NO.1のラーメンを!「らーめん奏」

9. 観光してお腹が空いたら名古屋で人気NO.1のラーメンを!「らーめん奏」
photo by tehepelow   /   embedded from Instagram

高校生に人気のグルメとして外せないのがラーメンです。せっかく名古屋に来たのであれば、美味しいラーメンを食べて帰りたいところ。そこでおすすめしたいのが、とあるラーメン雑誌で愛知県ラーメンランキング1位となったこともある「らーめん奏」です。このお店の一番人気のラーメンは「しおらーめん」です。

特にスープにこだわりが詰まっており、地元愛知の名産品である名古屋コーチンや奥美濃古地鶏ガラを贅沢に使用して取られた「鶏スープ」と、これまた贅沢な素材から抽出された「魚介スープ」を同じ比率でブレンドして極上のスープが生み出されています。あっさりとしていながら旨味が凝縮されたスープは女性でも食べやすく、特に女子高生におすすめのラーメンですよ。

■基本情報
店名:らーめん奏
住所:愛知県名古屋市昭和区阿由知通1-9
営業時間:11:30~14:30 / 18:30~21:00(月曜、金曜はお昼のみ営業)
定休日:火曜日
アクセス:吹上駅より徒歩2分

地図:「らーめん奏」への地図

10. 高校生も温泉が好き!名古屋観光の疲れを癒すなら「天然温泉コロナの湯 中川店」

10. 高校生も温泉が好き!名古屋観光の疲れを癒すなら「天然温泉コロナの湯 中川店」
photo by ngtko   /   embedded from Instagram

名古屋観光の帰りには、温泉にゆっくり浸かって帰路に着くのも良いですね。今回ご紹介する高校生にもおすすめな名古屋の温泉が「天然温泉コロナの湯 中川店」です。ここではレクリエーション施設が充実しており、温泉だけでなく卓球や漫画も楽しむ事が出来るおすすめスポットです。

またこの温泉は複合型娯楽施設「コロナワールド」内にある施設の一つです。隣接して映画館やボウリング場などもありますので、遊び足りないと感じるのであれば長居していくのもよいかもしれません。名古屋観光の締めに是非ともおすすめしたい人気スポットですので、愛知県名古屋市の観光帰りに立ち寄ってみてくださいね。

■基本情報
店名:天然温泉コロナの湯 中川店
住所:愛知県名古屋市中川区江松3-110
TEL:052-303-9711
営業時間(平日):8:00~25:00
営業時間(金土日祝・祝日前):8:00~26:00
入浴料:大人 平日650円 土日祝750円 / 子供(3歳から小学生)300円 / 2歳以下無料
定休日:不定休
アクセス:地下鉄高畑駅から市バス戸田荘行きで15分、バス停江松下車すぐ

HP:http://www.korona.co.jp/
地図:「天然温泉コロナの湯 中川店」への地図

高校生のうちに名古屋の観光スポットを巡ろう!

いかがでしたでしょうか?高校生にとって愛知県の名古屋市は東京や大阪と比較すると派手さはありませんが、高校生でも充分に楽しめる観光スポットがたくさんありますよ。定番の観光にグルメにSNSアップ用の写真を撮影したりと、名古屋は多くの高校生の要望を満たすことの出来る街です。ぜひ長期休暇がとれる時間を調整して、名古屋に観光旅行で訪れてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします






[sponsored link]

[sponsored link]



同じカテゴリの人気記事




この記事の著者