定番から穴場まで!愛媛県で絶対に行くべきおすすめな人気観光スポット10選!

四国の愛媛県は瀬戸内海に面した美しい自然が魅力。また、人々が作ってきた歴史が感じられる場所でもあります。観光にも最適な、ぜひ見ておきたいスポットはたくさんあります。しかも内容的に実に幅広いのも特徴。歴史が学べる城や文化施設、タオルなど伝統工芸品を見ることができる施設、温泉街や瀬戸内海の絶景が見られる駅など、どれも魅力的です。愛媛県にしかない自然や文化を思いっきり堪能できる10個のスポットをご紹介します!


1. 愛媛の特産品を観賞する。「タオル美術館」

1. 愛媛の特産品を観賞する。「タオル美術館」
photo by hotokanonmama   /   embedded from Instagram

愛媛県の名産品としても全国的に知られる今治タオル。こちらはそのタオルに関する展示や製造工程を見ることができる美術館です。お城のよう大きくて素敵な建物が印象的。館内に入るとタオルでできたぬいぐるみなどが見られます。可愛らしい大きなキリンのぬいぐるみは人気の撮影スポットとなっています。

館内には上質なタオルや、様々な地元の特産品を扱うお店があり、こちらでおみやげを選んでいくのも楽しいですよ。さらにカフェやレストランもあるので、休憩もできます。美術館エリアではムーミンに関する展示も必見です。ムーミンの日常の暮らしをすべてタオルで表現した楽しい展示です。家や人形、小物や背景などもぜんぶタオル!ぜひ楽しんでください!

■基本情報
名称:タオル美術館ICHIHIRO(いちひろ)
住所:愛媛県今治市朝倉上甲2930
TEL:0898-56-1515
営業時間:9:30~18:00 ※毎週土曜日、連休(最終日は除く)は〜20:00
定休日:なし
アクセス:壬生川駅より車で15分

HP:http://www.towelmuseum.com/
地図:「タオル美術館ICHIHIRO(いちひろ)」への地図

2. こどもと行きたい観光スポット!「えひめこどもの城」

2. こどもと行きたい観光スポット!「えひめこどもの城」
photo by kenichiaono   /   embedded from Instagram

えひめこどもの城は、35ヘクタールの敷地を持つ総合的なレジャー施設です。園内にあるのは「冒険の丘」「イベント広場」「こどものまち」「ふれあいの森」「創造の丘」の5つのゾーン。様々なイベントに参加したり、ミニSLに乗ったり、自然の中を散策したり、大人から子どもまで家族みんなで楽しめます。

冒険の丘ゾーンにある「てんとう虫モノレール」は人気の乗り物のひとつ。園内全体を見渡すことのできる景色も見られます。子どもたちには「ボブスレー」も大人気です。気持ちよく風を切って滑り降りるスピード感が楽しい遊具です。各ゾーンを行き来する「ロードトレイン」も便利な乗り物。オレンジの見た目も可愛いです!愛媛でぜひとも行きたい観光スポットです!

■基本情報
名称:えひめこどもの城
住所:愛媛県松山市西野町乙108
TEL:089-963-3300
営業時間(通常):9:00~17:00
営業時間(夏休み期間):9:00~18:00
営業時間(12月〜2月)9::00~17:00
定休日:水曜日(祝日の場合はその翌日) / 年末年始(12月27日~1月1日)
アクセス:平井駅より車で20分

HP:https://www.i-kodomo.jp/
地図:「えひめこどもの城」への地図

3. 観光にはやっぱり温泉に行きたい!「道後温泉本館」

3. 観光にはやっぱり温泉に行きたい!「道後温泉本館」

日本でも有数の温泉街、道後温泉。その街のシンボルともいえるのがこちら、道後温泉本館です。日本で最も古くから親しまれている名湯で、誰でも気軽に立ち寄れる日帰り温泉施設です。周囲に旅館やホテルが点在しており、宿泊客の多くがこちらの温泉に入りにやってきます。明治時代に造られた建物も見どころ。昔ながらの和風の建築で、日本的な風流さも味わえます。

館内には、「神の湯」と呼ばれる石造りの浴室があります。円柱形の湯釜から流れるお湯は身体の隅々まで温めてくれます。壁面の鶴の絵も素敵です。「霊の湯(たまのゆ)」は、高級感のある大理石の壁、花崗岩を使った浴室でのんびりとくつろげます。さらに、風情のある和室でリラックスできるコースも用意されています。ここでゆっくりと過ごしませんか?

■基本情報
名称:道後温泉本館
住所:愛媛県松山市道後湯之町5-6
TEL:089-921-5141
アクセス:道後温泉駅より徒歩5分

HP:https://dogo.jp/
地図:「道後温泉本館」への地図

4. 愛媛のことを知りたいなら。歴史好き必見の観光スポット「愛媛県立歴史文化博物館」

4. 愛媛のことを知りたいなら。歴史好き必見の観光スポット「愛媛県立歴史文化博物館」
photo by antoramei   /   embedded from Instagram

愛媛県の豊穣な歴史と文化を存分に堪能できるのがこちら、愛媛県立歴史文化博物館です。かといって堅苦しくはなく、ひとつのテーマパーク的な楽しみ方ができる施設。特に館内の「こども歴史館」では、地域の古くから伝わる暮らしを楽しみながら体験できるコーナーがあったり、伝統的な衣装を着てみたりなど非常に楽しめる内容です。

1階と2階の常設展示は、古くから伝わる愛媛の民俗芸能に関する展示が見られます。祭りで使われている神輿や山車、子どもたちの昔ながらの遊び道具なども多数展示。さらに昔の街並みを再現したフロアもあり、当時の人々の暮らしがリアルに感じられます。伊予鉄道を復元した車両も雰囲気があり、なんと内部に入ってみることもできます!愛媛に来た際には、ぜひ行ってみては?

■基本情報
名称:愛媛県歴史文化博物館
住所:愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
TEL:0894-62-6222
営業時間:9:00〜17:30
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
アクセス:卯之町駅より徒歩27分

HP:https://www.i-rekihaku.jp/
地図:「愛媛県歴史文化博物館」への地図

5. 日本の有名小説の世界を体験する。愛媛にある観光スポット「坂の上の雲ミュージアム」

5. 日本の有名小説の世界を体験する。愛媛にある観光スポット「坂の上の雲ミュージアム」
photo by koh.shimbo   /   embedded from Instagram

日本の有名小説家、司馬遼太郎の作品「坂の上の雲」は、文庫本で全8巻の大長編。現代においても多くの人々に読まれているロングセラー作品です。こちら坂の上の雲ミュージアムは、その名の通り、小説「坂の上の雲」に関する展示が見られる施設。コアなファンも満足できる内容と、さらに関連した松山市の歴史や文化なども詳しく知ることができます。

そしてミュージアムの建物自体も魅力的です。世界的な建築家が手がけた建物で、すっきりとした鋭角な独特の形をしています。ぜひ外観や内装などにも注目してみてください。館内にはカフェが入っており、歴史や文化を堪能したあと、ゆっくりと落ち着けるスペースになっています。大人な観光スポットですよ!

■基本情報
名称:坂の上の雲ミュージアム
住所:愛媛県松山市一番町3-20
TEL:089-915-2600
営業時間:9:00〜18:30
定休日:月曜日(休日の場合は営業)
アクセス:大街道より徒歩2分

HP:http://www.sakanouenokumomuseum.jp/
地図:「坂の上の雲ミュージアム」への地図

6. 愛媛の歴史を感じる観光スポット!「松山城」

6. 愛媛の歴史を感じる観光スポット!「松山城」

松山城は、標高132mの山の上に位置する城です。関ヶ原の戦いで活躍した武将「加藤嘉明(かとう よしあきら)」が築城させたとされている城で、今や松山市の象徴ともいえる名所のひとつ。城のある城山公園は国の史跡。園内は、春にはたくさんの桜の花が咲いて松山城の立派な姿と桜の両方を楽しめます。見ごろは3月の下旬から4月の上旬くらい。ソメイヨシノやツバキカンザクラなどが数多く見られます。

城山公園はとても広い敷地を持ち、天気の良い日は景色を楽しみながらの散策もおすすめです。山の頂上の天守閣まで歩いて登るのも楽しいですが、ロープウェイを使えば3分で頂上まで行けちゃいます。ふもとの乗り場周辺にはお土産屋さんがたくさんあるので、買い物や食事も楽しんでくださいね!

■基本情報
名称:松山城
住所:愛媛県松山市大街道3丁目2-46(松山城総合事務所)
TEL:089-921-4873(松山城総合事務所)
アクセス:大街道駅より徒歩5分

地図:「松山城」への地図

7. 明治時代の愛媛出身の著名人。その生き様を知る「子規記念博物館」

7. 明治時代の愛媛出身の著名人。その生き様を知る「子規記念博物館」
photo by shigeo_mishima   /   embedded from Instagram

正岡子規は明治期を代表する文学者のひとり。愛媛県松山出身の人物です。この博物館は正岡子規に関する展示が中心に行われています。子規と松山、その時代との関わりなど様々な視点から学べます。さらに友人だった小説家の夏目漱石に関する展示もあるので、夏目漱石ファンも必見の博物館です。

子規が使っていたとされる下宿の部屋や机、様々な愛用品、そして子規と漱石がやり取りしていた直筆の書簡など、数多くの貴重な資料が展示されています。さらに俳句や短歌の教室が開かれていたりと、人それぞれの楽しみ方が可能。インストラクターによる詳しい解説つきの案内サービスもあります。日本文学の著名人の、その生き様を確かめに来てください。

■基本情報
名称:子規記念博物館
住所:愛媛県松山市道後公園1-30
TEL:089-931-5566
営業時間(5月~10月):9:00〜18:00
営業時間(11月~4月):9:00〜17:00
定休日:不定休
アクセス:道後温泉駅より徒歩5分

HP:http://sikihaku.lesp.co.jp/
地図:「子規記念博物館」への地図

8. 美しい景色は圧巻。愛媛にある絵になる駅「JR下灘駅」

8. 美しい景色は圧巻。愛媛にある絵になる駅「JR下灘駅」

JR下灘駅は、ホームから瀬戸内海、伊予灘を一望できる駅です。日本の映画やドラマなど数多くの映像作品にも登場することで知られる絶景スポット。とても小さな駅で、周囲には飲食店等はほとんどないですが、絶景を見るために降り立つひとが多い駅です。こちらへは松山駅から電車に乗って1時間ほど、JR予讃線で一本で行けます。

美しい海の景色は、よく晴れた昼間に見るのも良いですが、夕方もおすすめです。海の向こうに沈んでいくオレンジ色の夕焼けは美しすぎます!毎年9月には「夕焼けプラットホームコンサート」というイベントが開かれています。会場は下灘駅のホーム。美しい景色を見ながら音楽イベントを楽しみましょう!

■基本情報
名称:JR下灘駅
住所:愛媛県伊予市

地図:「JR下灘駅」への地図

9. 愛媛の地で出会える趣きある観光スポット「内子座」

9. 愛媛の地で出会える趣きある観光スポット「内子座」

内子座は、大正5年(1916年)に建てられた歴史ある芝居小屋です。瓦葺きの木造2階建て。かつて老朽化して取り壊しが決められた時があり、多くの人々の熱意によって修繕が行われました。工事が終わったあとは現在まで芝居小屋として使われ続けています。

外観だけでなく内部もまた、100年の歴史が詰まったすばらしい雰囲気。650人収容できるという客席は、1階席の他、「大向(おおむこう)」と呼ばれる2階席があり、さらに昔ながらの木の柱など、どこを見ても風情があります。

また、窓ガラスや照明器具などにも大正時代のものが使われていたりと、見どころいっぱいです。さらに舞台の「奈落」等、普段見ることのできない舞台裏の見学もできます。愛媛で伝統芸能に触れられる観光スポットです!

■基本情報
名称:内子座
住所:愛媛県喜多郡内子町内子2102
TEL:0893-44-2840
営業時間:9:00~16:30
定休日:年末年始(12月29日~1月2日)
アクセス:内子駅より徒歩7分

HP:http://sikihaku.lesp.co.jp/
地図:「内子座」への地図

10. 瀬戸内海にかかる大橋。観光スポットとしても定番の「来島海峡大橋」

10. 瀬戸内海にかかる大橋。観光スポットとしても定番の「来島海峡大橋」

四国と大島をつなぐ来島海峡大橋は、長さがなんと4.1kmもあり、しまなみ海道でも最も大きな橋です。世界でも初めての3連吊橋。瀬戸内海の美しい景色に溶け込むすっきりとしたデザインも素敵です。橋には自動車道、原付道、さらに歩行者道もあります。橋の上から眺める海の景色もすばらしいです!

そして、来島海峡大橋を眺められるおすすめのスポットと言えば糸山公園の糸山展望台が有名です。2階建ての建物ですが、すぐ目の前に来島海峡大橋と瀬戸内海が一望できます。天候や時間、季節によって様々な景色が楽しめ、不定期ですが日没後のライトアップがある日もあります!いつまでも見ていたい幻想的な景色がここにはあります。愛媛にいらした際には、ぜひ一度目に焼き付けてください。

■基本情報
名称:来島海峡大橋
住所:愛媛県今治市〜大島間
アクセス:波止浜駅より車で7分

地図:「来島海峡大橋」への地図

愛媛でおすすめの観光スポットを巡ろう!

愛媛県に観光で訪れたなら、道後温泉でのんびり身体を癒やすのも良し、ミュージアムで歴史や文化を学ぶのも良し、おいしい魚介をいただくのも良し。瀬戸内海の夕焼けを見ながらのんびり散歩をするのも最高の思い出になります。人それぞれ多種多様な楽しみ方が可能です。海も山もあり、自然にも恵まれているのが愛媛県。家族で、カップルで、友人同志で、どんな旅行にでもおすすめできる場所です!愛媛を堪能してくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者