三重県の絶品スイーツならココ!絶対に食べるべきおすすめな話題の人気店10選!

三重県のスイーツと言えば和菓子を思い浮かべる人も多いのでは?実際、伊勢参りの休憩処であるお茶屋さんなどでは和菓子を提供するところも多く、さまざまな種類や形状の和菓子がズラリと名を馳せています。しかし、洋菓子も負けたものではありません。ご当地食材を使った洋菓子店は全国区で知られ、名実ともにおいしいとの評判も。今回は、そんな和洋さまざまなスイーツをいただけるお店をご紹介。ふっと会いたくなる三重のあま~い顔をどうぞご覧ください。

1. やっぱり外せない!三重観光と言えば伊勢参りと「赤福」

1. やっぱり外せない!三重観光と言えば伊勢参りと「赤福」
photo by hashimotomasahito   /   embedded from Instagram

三重県といえば「赤福」、伊勢参りといえば赤福餅を思い浮かべるほど、その名の知れた名店。店内でいただける「お召し上がり”盆”」は餅をお箸で食しますが、これは餅が食事であったころの名残と言われています。伊勢神宮のそばを流れる五十鈴川のせせらぎをイメージした形状、小石を表現した白い餅など、細部にまでこだわった餅は見た目も美しいです。

また、赤福氷は、抹茶の蜜がかかった夏の風物詩。餅と餡とのハーモニーは絶妙な食感を実現しています。ただおいしいだけではない和の味の集大成、立ち寄らないわけにはいきませんよね!

■基本情報
店名:赤福本店
住所:三重県伊勢市宇治中之切町26番地
TEL:0596-22-7000
営業時間:5:00~17:00
定休日:無休
アクセス:伊勢市駅よりバスで内宮行15分、「神宮会館前」下車

HP:http://www.akafuku.co.jp/
地図:「赤福本店」への地図

2. 創業50年の三重の老舗!蜂蜜入りのパリッとした生地が美味しい「津の蜂蜜まん本舗」

2. 創業50年の三重の老舗!蜂蜜入りのパリッとした生地が美味しい「津の蜂蜜まん本舗」
photo by yuuki.86   /   embedded from Instagram

表面はパリッとしているのに、中はフワッとやわらかい。蜂蜜の甘さとうまくマッチし、甘すぎす、重くならない、食べやすい小さなサイズの津市の名物、それが「蜂蜜まん」です。この蜂蜜まんは、なんと100円でおつりが来るという値段も手頃なので、ついいくつも食べたくなってしまいます。

オススメは焼きたて。ホカホカのまんじゅうが口の中でとろけ、高齢者から子どもまでやみつきになるコト間違いなしです!店内にはイートインスペースもあるので、ゆっくり食べることも出来ます。三重に観光へ来た際に、ぜひ寄ってみてください。。

■基本情報
店名:津の蜂蜜まん本舗
住所:三重県津市大門8-5
TEL:059-228-3012
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日・第4木曜日(祝日の場合・前後に振り替え)
アクセス:津新町駅より徒歩20分

HP:http://www.geocities.jp/hp_nishi/
地図:「津の蜂蜜まん本舗」への地図

3. 地元三重県の素材を使ったスイーツへのこだわり!本物の餅屋「玉吉餅店」

3. 地元三重県の素材を使ったスイーツへのこだわり!本物の餅屋「玉吉餅店」
photo by yukiwaki920   /   embedded from Instagram

伊勢参りの旅人の疲れを癒やしてくれた餅菓子を原点に、和菓子屋でもまんじゅう屋でもない「餅屋」としてのこだわりを貫く三重の人気店が、こちらの「玉吉餅店」さんです。しかもこちらのお店ではその餅に三重産の素材を使うことで、地元の人々の口にも合う餅を実現しています。

そんな店内には、さまざまな味と作り方で伝統的なものから新しいものまで勢ぞろい。鮮やかな赤や黄色の餅米を散らした伝統菓子のけいらん、ワッフルに粒あんを包んだ古くから津に存在するオランダ、甘辛醤油でいただくみたらしややじろなど悩んでしまいますよね!ぜひ一度ご賞味ください。

■基本情報
店名:玉吉餅店
住所:三重県津市大門17-18
TEL:059-228-2594
営業時間:9:00~18:30
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:津新町駅より徒歩約23分

HP:http://www.tamakichi9.com/
地図:「玉吉餅店」への地図

4. 抹茶と季節のお菓子をおもてなし!「五十鈴茶屋」

4. 抹茶と季節のお菓子をおもてなし!「五十鈴茶屋」
photo by _____ls7   /   embedded from Instagram

伊勢参りのお客様に、地元伊勢のスイーツを味わってもらおうと創業したのが、こちらの「五十鈴茶屋」さんです。本店では、かつての伊勢地方の土蔵造りを再現し、また眼前には、日常をすっかり忘れてしまいそうな枯山水の庭園が広がっています。そんな異次元の空間でお菓子とお抹茶をいただくことができ、まさに時空を超えて、タイムスリップしたような気になってしまいます。

和菓子だけではなく、洋菓子もラインナップがさまざま。本店からさほど遠くはないところに五十鈴川店舗もあります。時間を忘れ、身も心も癒やされたい上質の旅人はぜひお越しください。

■基本情報
店名:五十鈴茶屋 本店
住所:三重県伊勢市宇治中之切町30
TEL:0596-22-3012
営業時間:8:00〜17:00 (喫茶は9:30〜16:30)
定休日:年中無休
アクセス:五十鈴川駅より車で10分

HP:http://www.isuzuchaya.com/
地図:「五十鈴茶屋 本店」への地図

5. 江戸時代から愛されている三重のスイーツ!「まつさか餅 長新」

5. 江戸時代から愛されている三重のスイーツ!「まつさか餅 長新」
photo by kuropagu_chappy   /   embedded from Instagram

三重県でまつかさと言われるものをご存知ですか?このまつかさとは、松ぼっくりのことです。ここでご紹介する”まつかさ餅”は、良質なコシヒカリを原料として作られた沖縄産黒砂糖の風味のお餅を、松ぼっくりのようにご飯粒で飾った餅です。

素材をこだわるだけではなく、添加物を一切使わず、作り置きもしないのがこだわり。購入したその日にいただく生菓子を作り続けて早300年の歴史があるとか言われています。相可と言えばまつさか餅と呼ばれるほどの銘菓です。店内のイートインスペースで、味わいながら歴史を感じたいですね。

■基本情報
店名:まつさか餅 長新
住所:三重県多気郡多気町相可564
TEL:0598-38-2018
営業時間:8:30~売切れ次第(通常16:00~17:00頃)
定休日:不定休(月2~3回)
アクセス:相可駅より徒歩8分

HP:http://matsukasamochi.la.coocan.jp/
地図:「まつさか餅 長新」への地図

6. 三重県で受け継がれる伝統的なスイーツを味わう「へんばや商店 本店」

6. 三重県で受け継がれる伝統的なスイーツを味わう「へんばや商店 本店」
photo by cocolo_the_sea   /   embedded from Instagram

へんば餅のへんばとは「返馬」のことを指します。いまを去ること9代目の創業者が茶屋を設けた際、ここから馬を返して参宮したことから、へんば餅と名付けられたとか言い伝えられています。この平らで丸く、両面に焼き色がついたへんば餅は、創業以来変わらない味を守り続けています。良質の素材を厳しく選定し、品質管理も怠りません。安心できる和の甘味。

他にも、さわ餅、黒砂糖餅、水ようかんなども楽しめます。伊勢市内に3店舗あるので、行きやすいですね!まずは歴史を感じさせる門構えの本店でご賞味してはいかがでしょうか?

■基本情報
店名:へんばや商店 本店
住所:三重県伊勢市小俣町明野1430-1
TEL:0596-22-0097
営業時間:8:00~17:00(イートイン9:00~16:00)
定休日:月曜日(祝日、振替休日の時は火曜日)
アクセス:明野駅より8分

HP:http://henbaya.jp/
地図:「へんばや商店 本店」への地図

7. 三重県桑名市の銘菓といえばここへ!「安永餅 なばなの里」

7. 三重県桑名市の銘菓といえばここへ!「安永餅 なばなの里」
photo by yoko12050401   /   embedded from Instagram

三重県の桑名市では名の知れた植物園、「なばなの里」。こちらの施設内で、地元三重県の代表的な和菓子、「安永餅」がいただけます。安永餅は、東海道五十三次の宿場である桑名宿、安永の地に安永屋として創業。以来、地元三重の名物として代表的な銘菓になったという長い長い歴史の賜物です。つぶ餡の細長い餅である安永餅、ぜひともなばなの里でいただいてほしいです。

また本店では、ほかに桑名の名産であるハマグリの形をしたサブレー、桑名の銘菓として知られる都饅頭、ゆず風味の洋風饅頭、松風などもあります。ぜひ堪能してみてください!

■基本情報
店名:安永餅 なばなの里
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270 なばなの里
TEL:0594-41-0760
アクセス:長島駅より車で8分

HP:http://www.nagamochiyarouho.co.jp/index.html
地図:「安永餅 なばなの里」への地図

8. 牧場で搾りたての牛乳を使用したおいしいスイーツがいただける「ミルクパレット」

8. 牧場で搾りたての牛乳を使用したおいしいスイーツがいただける「ミルクパレット」
photo by nat11.20   /   embedded from Instagram

搾りたての新鮮な牛乳を使用したスイーツがいただける三重の人気スイーツスポットが、こちらの「ミルクパレット」さんです。実は三重県初の牧場直営のショップとなります。ここのお店では、評判のソフトクリームをはじめ、ケーキ、パン、チーズ、プリンなど、さまざまな乳製品がズラリと並んでいます。

お土産として焼き菓子の詰め合わせもありますよ!搾りたての牛乳をそのままいただいても良いですし、あるいはミルクをふんだんに使ったスイーツをいただくものおすすめですよ!観光の際には、ぜひ行ってみてくださいね!

■基本情報
店名:ミルクパレット
住所:三重県津市一色町241-1
TEL:059-246-7521
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日 第3火曜日
アクセス:津駅より車で10分

HP:http://www.milk-palette.jp/
地図:「ミルクパレット」への地図

9. 日常を忘れられる癒しの空間でいただく絶品スイーツ「コンフィチュール アッシュ」

9. 日常を忘れられる癒しの空間でいただく絶品スイーツ「コンフィチュール アッシュ」
photo by watanabe_akiko   /   embedded from Instagram

菰野町の湯の山温泉にある「癒し」と「食」の複合温泉リゾート施設がアクアイグニス。そんなアクアイグニスの中にお店を構えるこちらの「コンフィチュール アッシュ」さんでは、地元三重県の湧き水を使ったイチゴ園の素材で考案されたスイーツをいただくことができます。

おすすめはもちろんイチゴのスイーツ。完熟の最高のいちごを、その素材を生かして形にするという、世界に認められた味を楽しむことができます。甘い香りが広がる店内は、贅沢なほど優雅な空間が演出されています。日常から離れて、リラックスしたひとときをぜひご利用ください。

■基本情報
店名:コンフィチュール アッシュ
住所:三重県三重郡菰野町菰野4800-1
TEL:059-394-7727
営業時間:11:00~18:30
定休日:年中無休
アクセス:湯の山温泉駅より徒歩8分

HP:http://www.h-tsujiguchi.jp/
地図:「コンフィチュール アッシュ」への地図

10. かわいらしい外観に色とりどりのスイーツがいただける!「CHERIR」

10. かわいらしい外観に色とりどりのスイーツがいただける!「CHERIR」
photo by maeyaman   /   embedded from Instagram

「こんなお菓子屋さんがあったらいいなぁ…」とだれもが思い浮かべてしまう絵に描いたようなかわいらしい外観が特徴的なお店がこちらの「CHERIR」さんです。ここの店内に入ると、さまざまな色のケーキがズラリと並び、見ているだけでも心がウキウキしてきます。

季節のフルーツや素材をふんだんに使ったケーキは色鮮やかで、思わず目が引かれてしまいます。定番のケーキももちろん美味。口コミ情報の評価も高く、だれからも愛されるお店です。カメラを忘れずに行きたいスポットですね!絶品スイーツをいただきましょう!

■基本情報
店名:CHERIR
住所:三重県鈴鹿市桜島町2-2-2
TEL:059-383-7000
営業時間:9:00~19:30
定休日:火曜日/月3回月曜日
アクセス:玉垣駅より徒歩11分

HP:http://cherir-suzuka.com/
地図:「CHERIR 」への地図

三重県で美味しいスイーツを食べよう!

いかがでしたでしょうか?今回は三重県へ観光や旅行に行った際に、ぜひとも一度食べてみてほしいおすすめのスイーツ店を10選ご紹介しました。甘いものが好きという人はもちろん、普段はあまり甘いスイーツを食べる機会がないという人も楽しめたのではないでしょうか?どんなに美味しいご飯を食べても甘いスイーツは別腹といいますよね!ぜひ三重のスイーツを堪能してください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事