青森県で人気の温泉はココ!日帰りでも宿泊でもおすすめな温泉施設・旅館9選!

青森県にはたくさんの有名な温泉がありますが、まだあまり知られていない秘湯や地元の人に人気のある日帰り温泉施設などもあります。今回は有名どころの宿泊ができる温泉を始め、地元の人御用達の温泉、温泉マニアからの支持率が高い温泉など厳選した10選を紹介していきます。青森県へお越しの際にはぜひ足を運んでみてください!


1. 開放感が癖になる青森県の人気温泉「不老ふ死温泉」

1. 開放感が癖になる青森県の人気温泉「不老ふ死温泉」
photo by ayu.3   /   embedded from Instagram

青森県の西津軽郡にある「不老ふ死温泉」は、青森県内で有名な日帰り温泉になります。ここは海を目の前にして絶景を眺めながら入る事のできる温泉施設です。内風呂が1つと露天風呂が2つあり、内風呂は男女別ですがひょうたん型の露天風呂は男女混浴、楕円型の露店風呂は女性専用となっているため、入る際には注意が必要です。

備え付けでシャンプーやドライヤーもあるので、女性でも観光ついでに気軽に入る事ができます。青森県へ観光にお越しになった際には、ぜひここの「不老ふ死温泉」へ行ってみてください!

■基本情報
名称:不老ふ死温泉
住所:青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
TEL:0173-74-3500
アクセス:艫作駅より徒歩15分

HP:http://www.furofushi.com/
地図:「不老ふ死温泉」への地図

2. 女性に嬉しい美肌効果!朝から温泉を楽しむ「新屋温泉」

2. 女性に嬉しい美肌効果!朝から温泉を楽しむ「新屋温泉」
photo by yewtree25   /   embedded from Instagram

美肌効果が高いと人気の温泉「新屋温泉」は、源泉かけ流しの温泉には珍しく、お湯がトロトロとした肌にまとわりつくような湯質の温泉です。お湯の色がエメラルドグリーンでまるで入浴剤を入れたような色をしているのも特徴の一つです。

そんなここの温泉は大人350円、子供150円、幼児60円とかなりのリーズナブルに楽しむことが出来ます!早朝5:30から7:30までは更に安くなり大人200円、子供100円と激安で美肌を手に入れる事ができます。せっかく観光にお越しになったのなら、朝からエネルギッシュに活動してみては?

■基本情報
名称:新屋温泉
住所:青森県平川市新屋平野84-14
TEL:0172-44-8767
営業時間:5:30~7:30 / 7:30~21:30
定休日:無休
アクセス:平賀駅より車で約10分

HP:http://www.ne.jp/asahi/araya/onsen/
地図:「新屋温泉」への地図

3. 歴史があるプレハブ小屋温泉「深沢温泉」

3. 歴史があるプレハブ小屋温泉「深沢温泉」
photo by blueminimum   /   embedded from Instagram

八甲田山北の裏側にある1983年から営業している「深沢温泉」は、日帰り温泉としてはもちろん民宿としても30年の歴史がある温泉施設です。こちらの温泉の施設内には薪ストーブがあり、地元青森県の人が入浴後の休憩場所として利用するなど賑わっていて青森独特の方言を楽しむ事も出来ます。

メインの温泉も源泉が勢いよく流れ出ていて、個々の温泉の新鮮さを感じることでしょう。また民宿へも素泊まりはもちろん、1泊2食付きの宿泊も楽しめます。値段もリーズナブルなため、気軽に利用できそうですね!ぜひ楽しんでください。

■基本情報
名称:深沢温泉
住所:青森県青森市駒込深沢650
TEL:017-738-1464
アクセス:JR青森駅より車で約1時間10分

地図:「深沢温泉」への地図

4. 開放的な広さ!ゆったりと過ごせる温泉「酸ヶ湯温泉旅館」

4. 開放的な広さ!ゆったりと過ごせる温泉「酸ヶ湯温泉旅館」
photo by usarusan1   /   embedded from Instagram

八甲田山の登山に便利な場所にある「酸ヶ湯温泉旅館」は、広さ160畳の大浴場のひば千人風呂が有名な施設です。大浴場は古いけどどこか味のある湯治場となっていて、長年愛されてきた歴史を感じる事ができます。利用時間によっては開放的な広さの大浴場を独り占めできる事もあるかもしれません。

また登山をする宿泊者にはチェックアウト後も温泉を利用する事の出来るチケットを配布しているため、温泉だけでなく登山も併せて訪れてみてはいかがでしょうか。せっかく青森県へお越しになったのなら、大自然を堪能してくださいね!

■基本情報
名称:酸ヶ湯温泉旅館
住所:青森県青森市大字荒川字南荒川山国有林小字酸湯沢50番地
TEL:017-738-6400
アクセス:青森中心部より車で約45分

HP:http://www.sukayu.jp/Tops/index
地図:「酸ヶ湯温泉旅館」への地図

5. 都会では味わえない体験ができる「ランプの宿 青荷温泉」

5. 都会では味わえない体験ができる「ランプの宿 青荷温泉」
photo by aratomara   /   embedded from Instagram

黒石市にある「ランプの宿」はその名の通り、滞在中夜はランプのみで過ごす施設です。部屋にはテレビもラジオもなく携帯も繋がらない場所のため、ランプの光のみで滝や川のせせらぎなど自然の音のみを聞きながら忙しい生活を一時忘れ、ゆったりと過ごすことができます。

温泉は青荷温泉となっており、源泉かけ流しの温泉でこちらもランプの光を頼りに入浴するため、心身ともにリラックスできること間違いなしの宿です。もし青森へお越しになったら際に、ぜひ足をはこんでみてくださいね!満足すること間違いなしです!

■基本情報
名称:ランプの宿 青荷温泉
住所:青森県黒石市沖浦青荷沢滝ノ上1-7
TEL:0172-54-8588
アクセス:長峰駅より車で約50分

HP:http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/
地図:「ランプの宿 青荷温泉」への地図

6. 森に抱かれた青森県の温泉施設「蔦温泉旅館」

6. 森に抱かれた青森県の温泉施設「蔦温泉旅館」
photo by buzzpalms   /   embedded from Instagram

青森県の十和田市にある、周りをブナの森にかこまれた「蔦温泉旅館」は、約千年も前から湧き出る源泉湧き流しの湯で有名な施設です。こちらの温泉施設は大正時代の建物をリフォームしているため、和モダンな雰囲気が漂っています。その空間は来るものを魅了しています。

ここで楽しめる湧き流しの湯は源泉と一緒に湧き出た湯の玉が身体にふんわりまとわりつき、ほっとできる温泉です。また旅館周辺は森に囲まれているため、自然をダイレクトに感じる事ができ日頃の疲れを癒してくれます。宿泊もできるので、ぜひ利用してみてくださいね!

■基本情報
名称:蔦温泉旅館
住所:青森県十和田市大字奥瀬字蔦野湯1
TEL:0176-74-2311
アクセス:十和田湖温泉郷(バス停)より車で10分

地図:「蔦温泉旅館」への地図

7. 津軽海峡冬景色を楽しめる温泉宿「龍飛崎温泉 ホテル竜飛」

7. 津軽海峡冬景色を楽しめる温泉宿「龍飛崎温泉 ホテル竜飛」
photo by t_m_k_z   /   embedded from Instagram

有名な曲津軽海峡冬景色で有名になった宿「龍飛崎温泉 ホテル竜飛」は本州で一番北にある宿で、部屋や大浴場からは海を見渡すことができます。天気が良ければ北海道を遠くに眺める事ができるほどです。また朝日や夕日も楽しむことができ、青森の絶景を見るにはおすすめのホテルです。

また近くには青函トンネル斜坑線がある為観光も楽しむことができますが、最北の地域なので、4月でもまだ雪による通行止めの道などがあります。訪れる時期によっては事前に問い合わせをする事をおすすめします。気をつけて行ってみてください。

■基本情報
名称:龍飛崎温泉 ホテル竜飛
住所:青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜54-274
TEL:0174-38-2011
アクセス:奥津軽いまべつ駅より車で約30分

HP:http://www.hoteltappi.co.jp/
地図:「龍飛崎温泉 ホテル竜飛」への地図

8. 青森県の山奥に佇む秘湯「古遠部温泉」

8. 青森県の山奥に佇む秘湯「古遠部温泉」
photo by roconajirogram   /   embedded from Instagram

青森県平川市にある「古遠部温泉」は携帯が繋がらない程の山奥にある為アクセスは不便ですが、秘湯マニアから聖地と呼ばれる程の場所です。温泉は湯船から溢れるお湯の量がものすごく、床から2cmは常にお湯がある状態のため、床に寝そべって溢れたお湯に浸かるという独特の入浴法があります。

こちらの温泉では宿泊と日帰りのどちらも可能で、日帰りの場合は大人320円、子供は無料とかなりリーズナブルに楽しめるのも魅力の一つですね!青森県の山奥に佇む、大自然に囲まれた秘湯の中の秘湯を試してみてはいかがでしょうか。

■基本情報
名称:古遠部温泉
住所:青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467
TEL:0172-46-2533
営業時間:8:30~20:00(※但し冬期は9:00~19:00)
定休日:無休
アクセス:津軽湯の沢駅より車で約14分

HP:http://www.furutoobe-onsen.com/
地図:「古遠部温泉」への地図

9. りんご畑に囲まれた温泉施設「高増温泉 不動の湯」

9. りんご畑に囲まれた温泉施設「高増温泉 不動の湯」
photo by hi_mlo   /   embedded from Instagram

青森県の名産品としてまずイメージするのは、りんごではないでしょうか?りんご畑が広がる閑静な場所にある「高増温泉 不動の湯」は見た目は、一見温泉とは思えないプレハブの建物で、地元青森のリンゴ農家の人たちから愛されている施設です。こちらの温泉の大浴場は男女1つずつあり、不動の湯ということだけあり、湯船の隅には不動明王像が飾られています。

温泉は気泡が多く、肌触りはヌルヌルが強めのまとわりつく感じの湯質なので身体の芯から温まる事ができます。青森へお越しの際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

■基本情報
名称:高増温泉 不動の湯
住所:青森県北津軽郡板柳町大字大俵字和田422-3
TEL:0172-77-2155
アクセス:板柳駅より車で約9分

地図:「高増温泉 不動の湯」への地図

青森県で温泉を堪能しよう!

いかがでしたでしょうか?寒い地方だからこそ身体の芯から温まる温泉施設が多い青森県。全国に名の知れた有名な温泉施設はもちろん、民宿や日帰り施設など大小様々な施設があります。そしてどの施設も温泉だけではなく自然を満喫する事が出来る為都会の生活を忘れリラックスしたひと時を過ごすことができます。ぜひ遊びにいらしてくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者