定番から穴場まで!青森県で秋の紅葉を見るならおすすめな人気の名所10選!

自然豊かな本州最北端、青森県。八甲田山や三内丸山遺跡など、有名な観光スポットがたくさんあります。そしてそんな雄大な自然は秋には紅葉を見ることができます。ただ見るだけではなく、包まれるような感動を与えてくれるスポットが数多くあります。今回は青森県で小さな秋ではなく、壮大な大自然の秋を10箇所、厳選してご紹介します。ぜひ行ってみてください。

1. 自然の大パノラマを上空から満喫。青森で紅葉を楽しむなら「八甲田山」

1. 自然の大パノラマを上空から満喫。青森で紅葉を楽しむなら「八甲田山」

やはり青森の観光地といったらここ。「八甲田山」は青森市の南側にそびえる日本百名山の一つです。青森県のほぼ中央にあるこの山は「八甲田ロープウェー」から、360度のパノラマが楽しめる有名観光スポット。津軽平野や陸奥湾、遠くは北海道までも見渡すことができます。ロープウェーの真下に広がるブナやナラ、カエデなどが色づいている様子を堪能できます。また、手軽なハイキング、登山もできます。

紅葉は9月下旬から始まり、山腹あたりは10月上旬から、山麓は10月中旬から紅葉し始めます。10月下旬~11月には雪が降り始め、運がよければ紅葉と雪のコントラストが楽しめますよ。

■基本情報
名称:八甲田山
住所:青森県青森市八甲田山
TEL:017-738-0343(八甲田ロープウェー株式会社)

HP:http://www.hakkoda-ropeway.jp/
地図:「八甲田山」への地図

2. 橋から眺める渓流の紅葉。青森で見るべき絶景「城ヶ倉大橋」

2. 橋から眺める渓流の紅葉。青森で見るべき絶景「城ヶ倉大橋」
photo by kavana_chang   /   embedded from Instagram

手つかずのまま残されている豊かな自然、十和田八幡平国立公園内有数の景勝池にある「城ヶ倉大橋」。美しいアーチを描く橋では、255mの支柱の間の長さが日本一となっています。開通後は、津軽と南部を結ぶ橋として非常に地元民の強い味方になっていますが、実はここからの景色も絶景なんです。

紅葉は360度の巨大パノラマで楽しめ、青森の岩木山はもちろん、青森市街地まで見渡せます。渓流を彩るナラ、ブナ、ダケカンバ、カエデなどの紅葉は見るものを魅了します。現在、渓流の遊歩道は安全のため立ち入り禁止になっているので、橋を下から眺めることができないのは残念。

■基本情報
名称:城ヶ倉大橋
住所:青森県青森市荒川字南荒川山
TEL:017-728-0200(青森県東青地域県民局地域整備部)
アクセス:青森駅より車で50分

地図:「城ヶ倉大橋」への地図

3. 登山で紅葉を満喫する日本百名山。「岩木山」

3. 登山で紅葉を満喫する日本百名山。「岩木山」
photo by do_it_as_soon_as_possible   /   embedded from Instagram

「岩木山」は青森県弘前市から西津軽郡鰺ヶ沢町にあります。標高は1,625m、青森県の最高峰で、日本百名山でもあり、新日本百名山にも選定されています。その姿から津軽富士とも呼ばれている「岩木山」は、9月中旬に山頂から色づき始め、日を追うごとに麓へと紅葉が移っていきます。

タイミングがよければ、山頂の雪の白と麓のオオヤマザクラの真っ赤な紅葉、老松の緑の見事なコントラストが見られます。見ごろは10月中旬頃。岩木山スカイラインやリフトで9合目まで登って、さらに徒歩で山頂を目指すこともできるので、登山を楽しむ人にはオススメのスポットです。ぜひ楽しんでください。

■基本情報
名称:岩木山
住所:青森県弘前市

地図:「岩木山」への地図

4. 歴史ある紅葉を夜間にも楽しめる青森の名所「中野もみじ山」

4. 歴史ある紅葉を夜間にも楽しめる青森の名所「中野もみじ山」
photo by mikari_123   /   embedded from Instagram

亨和2年(1802年)に弘前藩主が、京都から百種以上の楓苗を取寄せ移植した歴史ある「中野もみじ山」。もみじの名所として愛されている、青森県下でも有数の紅葉の名所です。林を進むと不動舘城跡や中野神社があり、樹齢がなんと200歳異常のものや、樹齢500年から700年の大杉が市の天然記念物にも指定されています。

滝と渓流と色づいた紅葉は抜群に相性がよく、10月下旬頃から11月上旬までが見頃です。紅葉期間中は夜間にライトアップもされていて、「紅葉床」なども設置されています。ご家族やカップルでお弁当をいただきながら、夜のライトアップの中で色づいた紅葉を楽しめる、素敵なスポットです。

■基本情報
名称:中野もみじ山
住所:青森県黒石市南中野不動館27
TEL:0172-52-3488(黒石観光協会)
アクセス:道黒石駅より車で15分

HP:http://kuroishi.or.jp/
地図:「中野もみじ山」への地図

5. 青森で出会う絶景!絵画のような紅葉スポット「十和田湖」

5. 青森で出会う絶景!絵画のような紅葉スポット「十和田湖」

「十和田湖」は青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがった、十和田八幡平国立公園内にある湖です。本湖は「十和田湖および奥入瀬渓流」として文化財の特別名勝と、天然記念物に指定されいます。

秋にはブナの黄、カエデの朱色に湖畔全体が染まり、それを際立たせるようにアカマツの緑も堪能できます。湖上からの景色も見逃せません。湖水に紅葉が映って、まるで絵画のような美しさに。大自然の圧倒的な雄大さを感じながら、紅葉を広域に渡って眺められる、絶景紅葉スポットです。

■基本情報
名称:十和田湖
住所:青森県十和田市

地図:「十和田湖」への地図

6. 気軽に大自然の紅葉を堪能できる青森のスポット「奥入瀬渓流」

6. 気軽に大自然の紅葉を堪能できる青森のスポット「奥入瀬渓流」

「奥入瀬渓流」は、十和田八幡平国立公園内にあり、青森県十和田市十和田湖畔子ノ口から焼山までの約14kmになる奥入瀬川の渓流です。「奥入瀬渓流」は、散策しやすいのが魅力のひとつ。渓流沿いに車道と遊歩道が整備され、秋にはブナやカエデ、ヤマモミジ、ミズナラ、オニグルミなどが、道を包むように続く紅葉のトンネルになり、訪れる人を癒してくれます。

渓流も早瀬や淵、瀞(とろ)となって流れていて、両岸には大小の滝、変化に富んだ自然の美しさを堪能できます。奥まった林や登山をすることなく、車で気軽に楽しめる大自然です。紅葉の見頃は10月下旬から11月上旬になるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

■基本情報
名称:奥入瀬渓流
住所:青森県十和田市奥瀬
TEL:0176-75-2425(十和田湖総合案内所)
アクセス:向山駅より車で1時間

地図:「奥入瀬渓流」への地図

7. 大自然の神秘的な色彩に魅せられる青森の人気スポット「蔦七沼」

7. 大自然の神秘的な色彩に魅せられる青森の人気スポット「蔦七沼」
photo by lotofstreetdreams   /   embedded from Instagram

「蔦七沼(つたななぬま)」は八戸方面から八甲田に向かった際の入口にあたる「蔦温泉」の裏手にある湖沼群です。瓢箪沼や赤沼に代表された7つの沼があり、一番大きな沼の名称を代表して、単に「蔦沼(つたぬま)」と呼ばれることも多いようです。

赤沼を除く「蔦七沼」周辺は蔦野鳥の森と呼ばれ、約2.8kmの遊歩道があり、1周で1時間30分程の行程です。見頃の10月中旬から下旬にかけて、多くの人々が訪れる人気スポットで、朝焼けの優美さは格別です。光に照らされた紅葉が、燃えるように真っ赤に染まる瞬間は、ぜひ見て欲しい圧巻の風景!風のない日は湖面に木々が映り込み、さらに神秘的な雰囲気に包まれます。この美しさ、ぜひ青森に来たら体験してください。

■基本情報
名称:蔦七沼
住所:青森県十和田市奥瀬
アクセス:三沢駅より車で1時間

地図:「蔦七沼」への地図

8. 人気スポットは桜だけじゃない!雄大な自然が紅葉するのを楽しむ「弘前公園・弘前城」

8. 人気スポットは桜だけじゃない!雄大な自然が紅葉するのを楽しむ「弘前公園・弘前城」

青森県弘前市にある「弘前公園」は弘前城跡のある公園で、園内には弘前城天守をはじめとした3隅櫓が現存し、重要文化財にもなっています。「弘前公園」は2600本の桜が有名ですが、1000本のカエデが色づく紅葉も見逃せない観光スポットです。

秋の園内は色鮮やかに染まり、城門や城、老松の緑との対比が見事です。カエデやイチョウはもちろんですが、他にもスイレンなどが秋の訪れをじっくりと感じさせてくれます。見頃の10月下旬から11月上旬には「弘前城菊と紅葉まつり」も開催されています。ぜひ堪能してください。

■基本情報
名称:弘前公園・弘前城
住所:青森県弘前市下白銀町1
TEL:0172-37-5501(弘前市立観光館)
アクセス:弘前駅より車で10分

地図:「弘前公園・弘前城」への地図

9. 散策の後の温泉や地元料理も満喫。青森の定番紅葉スポット「薬研渓流」

9. 散策の後の温泉や地元料理も満喫。青森の定番紅葉スポット「薬研渓流」
photo by hiroponkiti   /   embedded from Instagram

東北自然道の一部でもある「薬研渓流」は、手つかずの大自然の中、散策が楽しめる渓流です。遊歩道が整備され、薬研橋から奥薬研温泉までの約4kmを約1時間かけて散策できます。秋の広葉樹林に彩られた渓谷の美しさは、十和田の奥入瀬渓流にも負けないほど。

見頃の10月中旬から月下旬にかけて、青森ヒバやブナの他、ヤマザクラ、ヤマツツジ、モミジが一気に色づき、10月には紅葉まつりが開催され、地元の味覚も味わえます。温泉が近いのも嬉しい、癒しの紅葉スポットです。青森の自然、ぜひ見に行ってください。

■基本情報
名称:薬研渓流
住所:青森県むつ市大畑町薬研
アクセス:大湊駅より車で45分

地図:「薬研渓流」への地図

10. 世界遺産の紅葉に包まれる。その景色は圧巻「白神山地」

10. 世界遺産の紅葉に包まれる。その景色は圧巻「白神山地」

青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がる「白神山地」は、標高約1,000mクラスの場所で、 屋久島とならんで1993年12月にユネスコ世界遺産に登録されました。ここ「白神山地」ではブナ天然林、世界最大級の規模で分布しています。

「白神山地」から岩木川上流、通称「目屋渓」沿いの紅葉が素晴らしく、10月上旬から始まり下旬にかけてまで、カエデやもみじ、ブナをはじめ多くの木々が鮮やかに色づきます。世界遺産にも登録させている「ブナ林散策道」は、だれでも歩くことができる優しいコースです。落ち葉が敷き詰められていることで、道はふかふか。黄色く鮮やかなブナを望みながら、自然の奥深さをぞんぶんに堪能できます。ぜひその絶景を堪能してくださいね。

■基本情報
名称:白神山地
住所:青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1(白神山地ビジターセンター)
TEL:0172-85-2810(白神山地ビジターセンター)
アクセス:弘前駅より車で35分

地図:「白神山地」への地図

青森で美しく色づいた紅葉を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?今回は東北地方の青森県へ観光に来た際に、ぜひとも味わってほしいおすすめの紅葉スポットランキング10選をご紹介しました。青森県には、自然がそのまま残った場所がたくさんあるので、紅葉が綺麗なスポットも各所にあります。そんな青森県へ、美しい紅葉を求めにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?もちろん、紅葉以外にも見所は満載ですよ!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者