京都に来たら必見!「醍醐の花見」で有名な世界遺産の醍醐寺の魅力を徹底解説!

千百有余年の歴史をもつ醍醐寺は、日本仏教史上枢要な位置を占め、平成6年にはユネスコの「世界文化遺産」に登録されました。豊臣秀吉が開いたことで有名な、「醍醐の花見」を契機に秀吉と秀頼によって建立された金堂や三宝院、約10万点余りに及ぶ寺宝が収蔵されている霊宝館など、見どころいっぱいな醍醐寺についてご紹介して行きます!ぜひ参考にしてくださいね!


醍醐寺へ観光に行こう!

醍醐寺へ観光に行こう!

醍醐寺は聖宝理源大師によって建設されました。真言宗醍醐派の総本山であり、山上の上醍醐、山下の下醍醐からなります。874年、山岳信仰の霊山であった醍醐山に登った聖宝は、地主神・横尾明神より、こんこんと水が湧き出るこの山を譲り受け、観音を刻み、山上に祀りました。それが醍醐寺の始まりとされています。

現在の醍醐寺には、建造物・彫刻・絵画・書跡・工芸など十数万点もの文化財が伝えられており、そのうち約7万点が国宝・重要文化財に指定されています。そんな見所いっぱいの醍醐寺、ここからはそんな魅力をいくつかご紹介していきます。

醍醐寺開創の地!「上醍醐」

醍醐寺開創の地!「上醍醐」
photo by ryonanoda   /   embedded from Instagram

醍醐寺は山上と山下に分かれており、山上のほうを上醍醐と呼んでいます。下醍醐から1時間、山道を登ると醍醐寺開創の起源となった醍醐水をはじめ、薬師堂、清瀧宮拝殿などがあります。また、重要文化財に指定されている五大明王を祀る五大堂は災難除けのお札「御影」の祈願を行うお堂で、毎年多くの参拝者が訪れています。醍醐寺の始まりともいえるこのエリア、ぜひまず観光してみましょう!

国の重要文化財を楽しむ!「下醍醐」

国の重要文化財を楽しむ!「下醍醐」
photo by hiro__23   /   embedded from Instagram

醍醐寺の総門から入って進んで行くと目の前に現れるのが、こちらの「下醍醐」です。ここにはいくつもの仏教建築が立ち並んでおり、そのどれも国の重要文化財に指定されています。ここではそんな下醍醐で特に見てほしい、おすすめの観光スポットをピックアップしてご紹介していきます。ぜひここで、心安らぐ時間をお過ごしいただけたらと思います。

美しい日本庭園を楽しむ「三宝院」

美しい日本庭園を楽しむ「三宝院」

現在の三宝院は豊臣秀吉により再建されたもので、唐門や表書院は国宝に、その他の建造物も大半は重要文化財に指定されています。特に、三宝院の庭園は秀吉自らが設計し、覇者の証とされた明石「藤戸石」を聚楽第から運び込むなど、天下人の庭として知られています。こちらの庭園は桃山時代を代表しており、特別史跡・特別名勝にも指定され、太閤秀吉の栄華を感じることができます。

醍醐寺の本堂「金堂」

醍醐寺の本堂「金堂」

その外観は、日本の歴史ドラマや漫画にでてくるような雰囲気。ここ「金堂」が醍醐寺の本堂となります。もちろんここも国宝に指定されています。平安時代後期の建築で、豊臣秀吉の意向を受けて1600年に紀州湯浅(和歌山県)から移転されたものとされています。この金堂が醍醐寺の中心のお堂であり、安置されている薬師如来坐像が醍醐寺の本尊です。

一度は見てほしい醍醐寺の「五重塔」

一度は見てほしい醍醐寺の「五重塔」

醍醐天皇の菩提を弔うため、951年に完成しました。京都府内では現存最古の木造建築物であり、国宝に指定されています。その堂々たる見た目は見るものを常に魅了し続けています。またこの五重塔の内部には、歴史的な価値も高い壁画が大切に保管されています。五重塔は外からも中からも楽しめる、そんな観光スポットです。

醍醐寺の有名スポット!「不動堂・護摩道場」

醍醐寺の有名スポット!「不動堂・護摩道場」
photo by aya11misako03   /   embedded from Instagram

堂内には不動明王を中心に5体の明王が安置されています。堂前の護摩道場では修験道の斉燈護摩(さいとうごま)が炊かれ、様々な祈願がされます。平安時代からの修験道を感じることができるので、おすすめのスポットの1つです。その佇む石像は一見の価値ありですよ!醍醐寺へお越しの際には、ぜひこの観光スポットにも足をはこんでみてくださいね!

自然と歴史が調和した風景を「弁天堂」

自然と歴史が調和した風景を「弁天堂」

古都京都らしい自然と歴史が融合した風景を楽しむことができるのが、こちらの「弁天堂」です。堂内には音楽などの学芸や知識の女神である弁才天(七福神の1つ)が祀られています。音楽家や芸術家の方々が多く立ち寄られるそうです。また、紅葉やイチョウが色づく季節には美しい弁天堂が木々とともに水面に映し出され、非常に美しい風景を見ることができます。京都でも屈指の紅葉スポットですので、紅葉の季節にはぜひ訪れてみてくださいね。

■基本情報
名称:醍醐寺
住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス:醍醐駅より徒歩13分

HP:http://www.daigoji.or.jp/
地図:「醍醐寺」への地図

「醍醐の花見」で有名な世界文化遺産、醍醐寺へ行こう!

いかがでしたでしょうか?今回は京都の人気観光名所である「醍醐寺」の見どころをご紹介していきました。上醍醐のほうまで進めば観光に丸一日の時間は要する醍醐寺、ここでは紹介しきれないほどの見どころがございますので、是非お時間には余裕をもってご観光ください!特に三宝院では、日本の偉人である太閤秀吉のパワーをその場で感じてみてくださいね!




この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SeeingJapanの最新情報をお届けします





同じカテゴリの人気記事


この記事の著者